国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2791号】 トランプはオバマがぶっ壊したアメリカを再建できるか  アンディ・チャン

2016/11/13

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成28年(2016年)11月13日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2791]
1>> トランプはオバマがぶっ壊したアメリカを再建できるか  アンディ・チャン
2>> 台湾民間団体の国連演説、中国大陸の圧力で中止に
3>> 本日13時、李久惟氏を講師に熊本の日台交流をすすめる会が「日台交流の夕べ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 門田隆将氏講演の2016年「日台共栄の夕べ」(12月23日開催)お申し込み *new
  http://goo.gl/4LDSbD

● 青森県「サンふじ」(台湾向け)のお申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma

● 台湾ポンカンのお申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a0mm6tpx6wtx

● 2016年「台湾出身戦歿者慰霊祭」お申し込み *new
  https://goo.gl/YLbmyj

● 映画「湾生回家」全国共通鑑賞券のお申し込み 【1,400円+送料】
    https://goo.gl/pfgzB4
 *岩波ホール上映:11月12日(土)〜12月16日(金) https://www.iwanami-hall.com/movie/
 *映画「湾生回家」公式HP:http://www.wansei.com/
 *全国各地での上映日程は本誌下欄をご覧ください。

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第13期:9月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> トランプはオバマがぶっ壊したアメリカを再建できるか  アンディ・チャン

【Andy の国際ニュース解説 AC論説(No.618):2016年11月11日「期待と危惧」】

 投票の結果は意外なことに小悪が巨悪を制してトランプが当選した。トランプの勝利を予期して
いた人は殆どいなかったので世界中が瞠目した。結果がでたあといろいろな分析が出ているが、み
んな後出しじゃんけんである。トランプが勝ったのではない、ヒラリー反対とオバマ批判が勝利し
たのである。

 過去15か月間、ヒラリーの支持率は一貫して45%、トランプの支持率は乱高下したけれど43%ぐ
らいだった。2つ合わせて88%、残った未決の12%がトランプに票を入れたから当選したのであ
る。真のトランプ支持は43%だけである。

 トランプにとって非常に幸運だったことは、本人の当選だけでなく国会で上院と下院が共和党優
勢となったことだ。つまり共和党の完全執政が可能となり、オバマがぶっ壊したアメリカ、国威の
衰退と人種と政治の両極化を直す機会が来たのである。

●意外な結果、いろいろな憶測

 トランプが当選すると各大都市でトランプ反対の群衆デモが起き、カリフォルニアではCALEXIT
(連邦脱退)を主張する声もある。意外な結果が民衆の不安を呼ぶのである。また、当選のあとす
ぐにトランプを礼賛する声もトランプの策略が正しかったと褒めるオベッカ評論もある。反対も賛
成も一時的なものであり、時間がたつにつれて評論も変わるだろう。

 トランプは幸運なことに当選と完全執政のチャンスを得たが、私は彼が幼稚な暴言で当選したラ
ンボーであると思っている。トランプ大統領は独裁者になる可能性があり、新政権の閣僚たちが幼
稚な自大狂トランプをコントロールできるかでアメリカが立ち直るか、または国際関係が悪化して
経済が衰退するかである。

 まだ当選したばかりだからいろいろな希望的観測、期待と危惧が入り混じっている。トランプの
選挙公約はたくさんあるが、期待と危惧が半々である。国民の期待するものが幾つか成功すればト
ランプ政権は成功した大統領と言えるだろう。

●トランプに期待すること

 トランプは既に最初の100日の計画を発表している。記事によると最初の100日で、オバマケア
(健康保険制度)を廃止する、NAFTAとTPPの再検討、ヒラリー個人とクリントン基金の調査、メキ
シコ国境に塀を作る、オバマの発布した大統領命令をすべて廃止するなど、みな国民が大きく期待
していることである。

 大きな期待はヒラリー断罪とクリントン・マフィアの徹底的調査であろう。クリントン夫婦は過
去40年の間にたくさんの罪を犯したのに一度も断罪できなかった。国民が期待するのはクリントン
一家の調査である。オバマ大統領はヒラリーを赦免するだろうか。赦免すれば国民は失望する、オ
バマの評価はゼロになる。

 オバマ政権の第1期は国会の民主党優勢でいろいろな法案をごり押しで通したが、第2期になると
共和党優勢で法案が通らなくなり、オバマは大統領命令を乱発して法案を通した。法案は国会が批
准しなければならない。大統領命令で国会を無視して法案を実施したのである。50以上のオバマ大
統領命令を廃止し、オバマケアも廃止すればオバマ業績(レガシー)はゼロ、史上最悪の大統領と
いう評価が決まる。国民は大喝采するだろう。

 過去8年間に共和党の提出した法案がすべてオバマに反対されたが、新国会は早急に多くの法案
を通すだろう。更に重要なことは最高裁判事の任命である。トランプは将来4年間に少なくとも4名
の最高裁判事を任命できる。これでサヨクは影を潜め、アメリカは国威を再現できる。トランプの
スローガン、Make America great againが実現できるのだ。

●トランプ政権の危惧

 良いことばかりではない。第一に心配すべきことはサヨクの反対が更なる国民の両極化を促すこ
と、United States がDived States になって政治が停頓することだ。

 トランプはすでに気候温暖化について反対意見を打ち出している。国内では石炭業の再開始や、
オバマが反対を続けていたカナダから通すキーストーン・パイプラインを許可する。国内ではフ
ラッキングと呼ぶオイルシェール採取を許可する。これらは気候温暖化を推進するグループに反対
される可能性が大きい。

 次に懸念すべきことは移民問題やメキシコ国境に塀を作ってメキシコに金を出させる、そして違
法移民を国外追放するといった強引な政策が国際関係を悪化させることだ。

 これに続きNAFTAやTPPの廃止もしくは見直し交渉でアメリカが過分で不公平な条件を強要するこ
とだ。国際関係の悪化は世界経済の悪化につながる。大きな懸念は国際関係の悪化に伴う中東問
題、中国の覇権進出などに歯止めが利かなくなることである。

●戦い済んで日が暮れて

 選挙が終わって3日目、メディアもヒラリーもトランプが当選するとは思っていなかった。国会
の主導権も失ってオバマ・レガシーは限りなくゼロに近くなった。今年の選挙は小悪と巨悪の戦
い、アメリカの史上最悪の候補者の戦いだったが、意外な結果はリベラルの大敗北、神はアメリカ
を見捨てなかった。

 トランプはラッキーだったが、しかし民主党側が簡単に泡沫化して新政権が順調に動くとは思え
ず、反対は激化するだろう。共和党側が自大狂トランプを制御できなかったらアメリカは分裂す
る。

 アメリカ再建は成功するだろうか。期待が大きければ失望も大きい。新政権の100日ハニームー
ンが終われば、反対派の攻撃は激化するに違いない。来年3月ごろになれば新政権の評価は大きく
変わるかもしれない。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 台湾民間団体の国連演説、中国大陸の圧力で中止に

 中国の妨害によって、台湾の国際機関への参加ができなくなるケースが相次いでいる。7月の国
連食糧農業機関の水産委員会会議、9月下旬の国際民間航空機関(ICAO)総会、11月初旬の国際刑
事警察機構(ICPO、インターポール)年次総会へも台湾は参加を認められなかった。

 今度はニューヨークの国連本部で11月11日に開かれた国連の「希少疾患非政府組織委員会」の設
立式典でも、招かれていた台湾の専門家の曽敏傑・罕見(かんけん)疾病基金会董事長が演説しよ
うとしたところ、「開催当日になって中国が国連に対して台湾人の入場に抗議を申し入れてきたた
め、出席できなくなったという」と共同通信は伝えている。

 中国は今後も台湾に対してこのような圧力を加え続けるだろう。しかし、蔡英文総統は「中国か
らの圧力には屈しない」「衝突と対立という古い路線には戻らない」と言明している。この台湾
を、アメリカ、日本、EUがどのようにバックアップするのか、価値観同盟の真価が問われてい
る。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾民間団体の国連演説、中国大陸の圧力で中止に
【中央通信社:2016年11月12日】

 (台北 12日 中央社)台湾の民間団体、罕見疾病基金会の曽敏傑董事長(会長)が米東部時間の
11日午前、基調演説を行う予定だった国連「希少疾患非政府組織委員会」の設立式典で、出席を拒
否されていたことが分かった。同基金会によると、直前に中国大陸が抗議を行っていた。 

 式典は同日午前10時から米ニューヨークの国連本部で開催。曽氏は東アジア代表として招待され
ていたが、開始の30分前、他国の出席者から入場できなくなったことを知らされた。これを受け
て、欧州の代表らが曽氏を出席させるよう委員会側に求めたが聞き入れられなかった。 

 1999年から希少疾患の患者に対する支援などを続けてきた同基金会は、今回の事態に対して深い
遺憾の意を表明。また、衛生福利部(衛生省)は、演説の内容は政治とは無関係だったとして中国
大陸を厳しく非難した。 

 中華民国(台湾)は1971年、代表権を失ったことから国連を脱退。以降、国連機関などへの関与
が大きく制限されている。今年9月には、中国大陸の柳芳氏が事務局長を務める国際民間航空機関
(ICAO)の総会に招待されないなどの問題も起きた。

                               (張茗喧/編集:杉野浩司)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 本日13時、李久惟氏を講師に熊本の日台交流をすすめる会が「日台交流の夕べ」

 昨年開催した「日台交流の夕べ」が好評を博し、今年で3回目となる「日台交流の夕べ」を開催
することとなりました。今年は東京から拓殖大学客員教授で日本李登輝友の会理事の李久惟氏をお
招きし、日本と台湾の今後を講演していただきます。会場の定員の都合により、お申し込みはお電
話もしくはメールでお知らせ下さい。

◆日 時:平成28年11月13日(日)開場13:00 開演13:30

◆場 所:熊本大学 黒髪キャンパス くすの木会館1階 (定員90名)

     熊本市中央区黒髪2-39-1 電話:096-342-3160

◆料 金:講 演 資料代 1000円(台湾人学生は無料)

     懇親会 社会人 4000円 学生 1000円(台湾人学生は無料)

     ※懇親会の定員は30名(先着)

◆講 師:李久惟氏(拓殖大学客員教授)

◆演 題:台湾に伝わる日本の精神と文化〜3.11の震災支援世界一の台湾はなぜ親日なのか〜

◆懇親会:「日台交流の夕べ」

     熊本大学正門から徒歩2分の「一膳屋わ」にて16時より開始予定
     一膳屋わ電話番号 096-342-0068

◆李久惟氏プロフィール
 1975年、台湾・高雄生まれ。2000年、東京外国語大学卒業。卒業後、台湾新幹線プロジェクトに
 従事。専門は語学教育、歴史、比較文化、国際関係論、異文化コミュニケーション。15ヵ国の外
 国語を話すマルチリンガル。拓殖大学客員教授、日本李登輝友の会理事。主な主著に『本当は語
 学が得意な日本人』(フォレスト出版)『日本人に隠された「真実の台湾史」』(ヒカルラン
 ド)など。

◆主 催:日台交流をすすめる会(代表 廣瀬勝)

◆連絡先:電話090-1927-1905
     E-mail:bunkabouei@yahoo.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 映画「湾生回家」全国共通鑑賞券のお申し込み【1,400円+送料】
    https://goo.gl/pfgzB4

*当日の岩波ホールでの一般券は1,800円、シニア・学生は1,500円。(ローソンチケット等でも 
 1,500円で鑑賞券の取り扱いがございますが、岩波ホールのみ鑑賞可能な単館券になります。)
 障害者の方は1,400円、小・中・高校生は1,200円、上映最終回に限り大学・大学院・専門学校生
 の方も1,200円です。その他劇場の公開情報、当日料金等は『湾生回家』公式ホームページをご
 確認ください。

*チケットは、理由の如何を問わず、取替、変更、キャンセルはお受けできませんのでご了承のほ
 どお願いします。

● 映画「湾生回家」劇場情報【2016年11月12日現在】http://www.wansei.com/theater/

・東 京:11月12日〜 岩波ホール(03-3262-5252)
・福 井:11月22日〜 メトロ劇場(0776-22-1772)
・大 阪:11月26日〜 シネ・リーブル梅田(06-6440-5930)
・奈 良:11月26日〜 ユナイテッド・シネマ橿原(0744-26-2501)
・徳 島:11月26日〜 ufotable CINEMA(088-678-9113)
・福 岡:12月10日〜 KBCシネマ(092-751-4268)
・青 森:12月10日〜 シネマ・ディクト (017-722-2068)
・京 都:12月17日〜 京都シネマ(075-353-4723)
・宮 城:12月24日〜 フォーラム仙台(022-728-7866)
・愛 知:12月25日〜 名古屋シネマテーク(052-733-3959)
・鹿児島:01月14日〜 ガーデンズシネマ(099-222-8746)

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟─第四次産業革命は東アジアで爆発する』 *new
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』 *new
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。