国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2769号】 【祝】 神奈川県と新北市が防災と教育に関する2つの協定を同時締結

2016/10/15

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成28年(2016年)10月15日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2769]
1>> 【祝】 神奈川県と新北市が防災と教育に関する2つの協定を同時締結
2>> 忘れられない日本の店員、彼女は私を見て驚き、全速力で駆け寄ってきた―台湾映画監督
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 映画「湾生回家」全国共通鑑賞券のお申し込み *new
    https://goo.gl/pfgzB4

● 李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟─第四次産業革命は東アジアで爆発する』
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第13期:9月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 【祝】 神奈川県と新北市が防災と教育に関する2つの協定を同時締結

 10月13日、神奈川県庁において、神奈川県と新北市が「防災に関する相互応援協定」と「高校生
の相互交流推進に関する協定」の2つの協定を締結した。

 調印式には黒岩祐治・知事、新北市の侯友宜・副市長、台北駐日経済文化代表処横浜分処の粘信
士・処長らが立ち合い、神奈川県安全防災局の和田久・局長と新北市消防局の黄徳清・局長が「防
災に関する相互応援協定」に調印し、神奈川県の桐谷次郎・教育長と新北市の●雅■雯・教育局長
が「高校生の相互交流推進に関する協定」に調印した。

●=龍の下に共(キョウ) ■=雨の下に文(ブン)

 下記に中央通信社の記事をご紹介したい。

 この記事に「新北市は静岡県とも青少年の相互交流推進に関する協定(2009年)や、防災に関す
る相互応援協定(2014年)を結んでいる」とあるように、静岡県は2009年3月14日、新北市(当時
は台北県)ばかりでなく、高雄市、高雄県、嘉義市の4つの自治体と「青少年の相互交流推進に関
する協定」を結んでいる。

 また、静岡県は防災に関して2014年2月17日、新北市をはじめ台北市、台南市、桃園県、基隆
市、嘉義県の6つ自治体と「防災に関する相互応援協定」を締結している。

 それより先に、横浜市は台北市と2006年5月22日に「都市間パートナーシップ確認書」を交換
し、文化、観光、教育、スポーツ等の分野での交流を進めてゆくことを確認しているが、教育と防
災に特化した協定という点ではいずれも日台初の提携だったようだ。

 この前後から日台間では、姉妹都市や友好交流都市という総合的な提携ではなく、日光市と台南
市の「観光友好都市協定」(2009年1月20日)を嚆矢として、観光など特定分野に特化した提携が
行われることも多くなってきている。

 ちなみに、防災に関しては、横浜市と台北市は本年1月28日に「防災分野での協力覚書」を交わ
している。また、教育に関しては、2014年5月22日に広島県教育委員会と桃園県教育局、2015年9月
7日に徳島県教育委員会と新竹市教育処がそれぞれ教育交流協定を締結している。

 その後に、今回の神奈川県と新北市による「防災に関する相互応援協定」と「高校生の相互交流
推進に関する協定」の2つの協定が続いている。心からお祝いしたい。

-----------------------------------------------------------------------------------------
新北市、神奈川県と防災・教育関連の協定締結
【中央通信社:2016年10月14日】

http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201610140008.aspx
写真:侯友宜・新北市副市長(後左3)、黒岩祐治・神奈川県知事(後右3)、粘信士・台北駐日経
   済文化代表処横浜分処処長(後左2)

 (東京 14日 中央社)新北市と神奈川県は13日、神奈川県庁新庁舎で「防災に関する相互応援協
定」と「高校生の相互交流推進に関する協定」を締結した。 

 締結式に臨んだ新北市の侯友宜副市長は、台湾と日本はともに地震など天災が頻発する隣国同士
だと指摘。今回の協定締結を通じて、両県市の交流が一層深まることに期待を示した。 

 神奈川県の黒岩祐治知事は、テレビ局の記者として1999年の台湾大地震の被災地を取材した当時
を振り返り、被災直後だったにも関わらず、台湾の人々が外国の記者を熱心にもてなしていたこと
が印象深かったと述べた。協定締結により密接な交流が図れるようになると喜んだ。 

 新北市は静岡県とも青少年の相互交流推進に関する協定(2009年)や、防災に関する相互応援協
定(2014年)を結んでいる。 

                               (楊明珠/編集:杉野浩司)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 忘れられない日本の店員、彼女は私を見て驚き、全速力で駆け寄ってきた―台湾映画監督

【Record China:2016年10月13日】

 2016年10月13日、台湾の俳優で映画監督の柯一正(クー・イーチェン)氏がフェイスブックで日
本旅行の体験談を投稿し、話題となっている。同じく台湾の俳優で映画監督の呉念真(ウー・ニエ
ンチェン)氏は「感動した」として柯氏の投稿をシェアした。柯氏は次のように語っている。

 この靴を穿くたびに、全速力で駆ける彼女の姿が脳裏に浮かぶ。

 先日、私は日本の岡山県倉敷市の美観地区を訪れ、江戸時代の建築物が保存されている街並みを
目にした。ブランドショップやコーヒーショップなどの商店が立ち並ぶ中で、歴史ある建築物はよ
り美しく感じた。

 倉敷駅の近くにアウトレットパークがあると聞き、ちょうどラフな靴が欲しかった私は足を運ん
だ。するとある店で濃いブルーの靴がとても気に入り早速試着したのだが、いつも穿く靴のサイズ
より1サイズ大きいものでも入らなかった。若い女性店員はそれより大きいサイズはないと他の靴
も勧めてくれたのだが、やはりブルーの靴が好きでやむなく店を後にした。

 その後いくつかの店で靴を見たのだが、どうしても最初に見た靴が忘れられず、同行していた友
人の「歩き過ぎて足がむくれたんじゃない?」との一言もあり、私は再びその店に向かうことにし
た。店に入ると、先ほど対応してくれた小柄な女性店員は私を見るなり驚いた表情を浮かべ、次の
瞬間私は不思議な光景を目にした。

 彼女は100メートルを走っているような全速力の速さで駆け寄って来たのだ。彼女の姿をスロー
にすれば、きっと指先がピーンと伸びた短距離走のお手本のような姿勢であったと分かるはずだ。

 私の前にたどり着くと、彼女は身をかがめ、一足の靴を取り出した。「また試着に来ることが分
かっていたのか?」と考えていた私は、靴のサイズにビックリした。それは先ほど試着した靴より
1サイズ大きいものだったのだ。彼女は笑顔で靴を差し出し、その靴は窮屈な感覚が全くないまま
私の足にフィットした。私と友人は途端に笑顔になり、彼女の対応に感動を覚えた。

 私が店を去った後も彼女は諦めることなく大きいサイズの靴を探していたのだろう。目当ての靴
を探し当てた彼女だが、私が戻るかどうかはもちろんわからず、もしかしたら私が店にいた時に見
つけられなかったことを悔やんでいたのかもしれない。私の姿を見つけ全速力で駆ける彼女の姿や
表情からは彼女の心情が見えた。

 友人の言葉がなければ私は店に戻ることはなかった。そして彼女の努力を知ることもなく、お気
に入りの靴を手に入れることもできなかった。たかが一足の靴かもしれない、だが、彼女の真剣な
対応を目にし、バブルがはじけて数十年たってもなお日本が倒れない理由が分かった気がする。

                                  (翻訳・編集/内山)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*現在、パイナップルケーキの在庫が切れご迷惑をお掛けしております。先に入荷は10月13日前後
 とご案内しましたが、船便の都合により20日前後となる予定です。【2016年10月15日】

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟─第四次産業革命は東アジアで爆発する』 *new
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』 *new
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2016/10/17

    脱法蓮舫のせいで未だに台湾人は怒り狂っているらしい「台湾の親日路線は折れそうになる」

    http://hosyusokuhou.jp/archives/48470601.html

  • 名無しさん2016/10/16

    【台湾】蓮舫が“中華民国”籍を放棄を申請すれば放棄証明を受ける「未だに証明証明書を受け取っていない」

    http://mizuhonokuni2ch.com/blog-entry-18975.html



    【速報】蓮舫が台湾政府からボロッカスに非難されるwww 民進党丸ごと中国のスパイ認定キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!! 

    http://www.news-us.jp/article/20160918-000007z.html



    台湾政府が蓮舫氏に抗議する模様 「台湾は国家ではない」発言

    http://military38.com/archives/48442364.html



    【速報】蓮舫の母親は日本人ではなかった!!! 両方とも中国人と判明キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!! 父親が と ん で も な い 人物であることも暴露される!!!

    http://www.news-us.jp/article/20160914-000003z.html



    【画像】蓮舫「台湾は国じゃない。だからセーフ」→台湾でトップニュースに!! 台湾人「蓮舫は台湾を裏切って、薄情な、残酷な女!」

    http://hosyusokuhou.jp/archives/48439116.html

  • 下津井よいとこ2016/10/15



    明治神宮例大祭……11月3日



    靖国神社例大祭……10月17日から20日迄



    帝国陸海軍軍歌 聴く!見る!唄う!軍歌祭・軍装会第二回新生大会 

            ……10月22日(土)午前11時開場、日本消防会館にて(ニッショーホール、港区虎ノ門)



    根津千駄木下町まつり……10月15日、16日、根津神社にて

    日本橋恵比寿講べったら市……10月19日、20日、宝田恵比寿神社にて



    秋のお江戸まつり……10月23日、日本橋プラザ南広場にて

    甘藷祭り(青木昆陽先生遺徳法要)……目黒不動尊にて、今年も10月28日だと思います。

    一夜城まつり……10月16日、石垣山一夜城歴史公園にて(小田原市、雨天中止)

    第59回 尊徳祭(小田原市)……10月15日、16日



    「水戸藩の名君 光圀と斉昭をめぐる薬草展」……10月16日迄、小石川後楽園にて

    「和のくらし 和のことば」……10月23日迄、石神井ふるさと文化館分室にて

    横山大観展……10月23日迄、講談社野間記念館にて



    「三ノ輪の殿様 あらかわの大名屋敷」……11月6日迄、荒川ふるさと文化館にて

    「信州高遠藩 歴史と文化」……11月20日迄、新宿区立歴史博物館にて



    第57回東京名物神田古本まつり……10月28日から11月6日迄

    第51回全国切手展……11月4日から6日迄、東京都立産業貿易センター台東館にて





    「真田幸村の生涯を彩った人達」……11月27日迄、大阪城天守閣にて

    「幕末伊丹人物伝」……11月27日迄、伊丹市立博物館にて



    平成28年大近松祭……10月23日、広済寺、近松記念館にて

    「伝えたい尼崎の伝説」(10月30日迄)……尼崎市立文化財収蔵庫にて

    「初代尼崎市長櫻井忠剛事蹟展」(11月13日迄)……尼信会館にて

    尼崎農業祭……11月6日、市役所近くの橘公園にて

      (毎年10月下旬に、尼崎・貴布禰神社でも尼芋奉納祭が催されています。)

    「やきものグラフィー」……11月21日迄、白鹿記念酒造博物館にて



    ミニ特集「淡路鉄道−廃線から50年−」……10月30日迄、洲本市立淡路文化史料館にて

     (日本遺産「淡路島」の歴史物語、も開催中です。)



    自凝島(おのころじま)神社……12月頃、山茶花が沢山咲きます。



    〔通常公開〕淡路人形浄瑠璃資料館……午前10時から午後5時迄、休館日は月曜日、月曜が祝日の場合はその翌日(南あわじ市、旧三原町)

           (嘗て栄耀を誇った淡路人形浄瑠璃の資料が見学出来ます。)