国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2760号】 蔡英文総統がWSJインタビューで「中国からの圧力には屈しない」と言明

2016/10/06

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成28年(2016年)10月6日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2760]
1>> 蔡英文総統がWSJインタビューで「中国からの圧力には屈しない」と言明
2>> 台中市、大分県にサイクリング交流を提案 自転車道の同盟締結目指す
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 第26回李登輝学校研修団お申し込み【11月11日〜15日】のお申し込み
  http://goo.gl/KKnEAO

 *ご参加方法の羽田空港発(11/11 NH851&11/15 NH854)ですが、当会手配の団体席が満席とな
  りました。以後、羽田空港発をご利用になる方は個別席となるため料金が変動いたしますこと
  をご了承下さい。もちろんご自身でエアチケットを手配して現地合流することも可能ですの
  で、お選びいただきますようお願い致します。

 *定員の40人に達しました。しかし、まだ参加を希望される方がいらっしゃいますので定員を50
  人に増やします。参加ご希望の方はお早めにお願いします。

● 李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟─第四次産業革命は東アジアで爆発する』
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第13期:9月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 蔡英文総統がWSJインタビューで「中国からの圧力には屈しない」と言明

 台湾の総統府は昨日(10月5日)、蔡英文総統が4日にアメリカの経済紙「ウォール・ストリー
ト・ジャーナル」の単独インタビューを受けたことを明らかにして、その詳細を公開した。

 その「ウォール・ストリート・ジャーナル」は昨日、インタビュー概要について発表、蔡総統が
「中国本土が現在の状況について誤解したり判断を誤ったり、台湾の人を圧力で従わせられると
思ったりしないよう願っている」「台湾では、どんな政権も市民の意見に反する決定はできない」
と述べ、「中国からの圧力には屈しない」「衝突と対立という古い路線には戻らない」と言明した
と伝えている。

 蔡総統はまた「台中は双方とも、自身が5月に行った就任演説を思い出すべきだ」とも述べたと
いう。本誌では何度か就任演説の重要性について強調してきたが、やはり蔡総統の基本姿勢はこの
就任演説に込められていると見ていい。

-----------------------------------------------------------------------------------------
蔡総統、台湾は中国の圧力に屈しない=WSJインタビュー
前提条件なしの対話を中国政府に呼び掛け
【ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ):2016年10月5日 By CHARLES HUTZLER and JENNY W. HSU】

http://jp.wsj.com/articles/SB12557326889379443597104582354551415175754
写真:台湾の蔡英文総統はWSJとのインタビューで、中国が強めている圧力に台湾が屈しないと言
   明する一方、対立を回避すると述べ、中国政府に対話を呼びかけた(英語音声、英語字幕あ
   り)Photo: Craig Ferguson for The Wall Street Journal.

 【台北】台湾の蔡英文総統(60)は4日、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)とのインタ
ビューで、中国が強めている圧力に台湾が屈しないと言明する一方、対立を回避すると述べ、中国
政府に対話を呼びかけた。

 蔡氏は台中関係をリセットする機会を中国政府に提供した形だ。中国はこの数カ月、経済力と外
交を駆使して蔡政権の政策や方向性を確かめようとしてきた。蔡氏は、両者が誤解を排除するた
め、前提条件なしに協議の席に着くべきだとの考えを示した。

 蔡氏は「中国本土が現在の状況について誤解したり判断を誤ったり、台湾の人を圧力で従わせら
れると思ったりしないよう願っている。民主主義社会では、この種の圧力は誰もが感じ取る」と
し、「台湾では、どんな政権も市民の意見に反する決定はできない」と話した。

 また、台湾経済の中国依存を低減する意向をあらためて表明。双方の経済は補完し合っていると
いうよりも競合していると述べた。台湾にとって安全保障上最も重要なパートナーである米国との
関係については、共和党ドナルド・トランプ候補と民主党ヒラリー・クリントン候補のどちらが次
期大統領になっても、強固であることは変わらないことを望むと語った。

 民主進歩党の蔡氏は選挙で圧勝し、5月に台湾総統に就任した。長らく野党だった同党は過半数
議席を獲得している。この政権交代は中国を動揺させ、長らく台湾の与党だった国民党を脇に追い
やった。国民党については多くの台湾人が、同党の親中姿勢から恩恵を受ける者は少ないとみてい
た。

 1時間を超えるインタビュー中、蔡氏は本格的な民主主義と中国の複雑な関係に何度か言及し
た。中国は依然として台湾が自国の一部だと主張している。

 法学を専門とする元教授で貿易交渉に携わったこともある蔡氏は、言葉を慎重に選びながらコメ
ント。台中は双方とも、自身が5月に行った就任演説を思い出すべきだと述べた。この演説で蔡氏
は、現状を維持し、前政権と中国政府との了解事項を尊重することで、「最大限の柔軟性」に努め
るとしていた。

 蔡氏は「私たちが過去にした約束は変わっていない。前向きの姿勢も変わっていない。しかし、
中国からの圧力には屈しない」とし、「衝突と対立という古い路線には戻らない」と述べた。

◆中国政府による締め出し

 だが中国政府は初めから、蔡氏を抑えようとするシグナルを送ってきた。民進党が正式に掲げる
台湾独立の方針は、中国にとっては好ましくない。

 台湾の小規模なビジネスにとって追い風となっている本土からの団体旅行客は落ち込んでいる。
中国政府は、台湾政府との公式連絡ルートを停止したほか、台湾の国際民間航空機関(ICAO)の総
会への出席を阻止したのだ。中国政府は直接これらの措置に関連づけてはいないが、これまで、台
中が「一つの中国」の原則を確認したとする1992年の合意を蔡氏が認めることを条件に挙げること
があった。

 蔡氏は中国政府が好む「92年コンセンサス」という言葉を使うことを拒否しており、インタ
ビューでもその言葉を口にすることを控えた。

 香港との比較では、台湾は「主権のある独立した国」だが、香港の人々のように「民主主義、自
由、人権」を求めていると話した。

 蔡氏の政府そして多くの台湾人が不満なのは、台湾が外交面で相対的に孤立しており、多くの国
際機関から締め出されていることだ。これは、中国政府の反対によるところが大きい。直近では、
台湾は9月のICAO総会への出席を止められた。2013年に行われた前回の総会には出席していた。

 蔡氏は、台湾政府が中国政府に台湾の参加を認めさせようとしたと述べた。いくつかの国が賛成
を表明したが、「国際社会の強力な支援が必要だ」としている。

 南シナ海について台湾は、中国による領有権主張の大半を無効とした国際仲裁裁判所の7月の判
決を拒否し、周辺の多くの政府を驚かせた。中国政府も判決を拒否している。台湾は最大の島を実
効支配しており、その主張は理論的には中国政府のそれと似通っている。蔡氏は台湾政府の決定に
ついて、不公平感を反映している面もあると説明した。仲裁裁判所は、台湾政府を中国の一部扱い
する表現を使ったのだ。

 蔡氏は「利害関係者として、私たちは交渉の一部でなければならない。他の権利主張者と同様、
参加を認められなくてはならない」と述べた。

 経済については、繁栄に向けてイノベーションを促し、貿易と投資を中国から東南アジアや南ア
ジアにシフトする必要があると話した。「他の市場や経済に拡大する方針を政治化する気はない」
としている。

 中国の習近平国家主席との会談には、臨む準備はあるが、条件がないことが前提だと話した。
「意義のある対話を持つ前に政治的な前提条件をつけるのが中国の長年の慣行だ。これが私たちの
関係発展を妨げていると思う」としている。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 台中市、大分県にサイクリング交流を提案 自転車道の同盟締結目指す

 瀬戸内しまなみ海道と日月譚自転車道が姉妹自転車道を提携したのは2014年10月25日。日台のサ
イクリングロード同士による初めての姉妹提携だった。

 このほど、台中市政府の観光旅遊局が自転車業界関係者らと大分県を訪れ、サイクリング交流推
進を提案した。台中市の「東豊自行車緑廊」と、日本で最も美しい自転車道と評される中津市の
「メイプル耶馬サイクリングロード」とのサイクリングロード同盟を希望したところ、中津市の奥
塚正典(おくづか・まさのり)市長も乗り気だという。

 こういう提案が台湾側から持ち込まれることは、観光客による町の活性化をはかっている日本の
自治体にとっては願ったり叶ったりだろう。

 下記に紹介する中央通信社の記事にあるように「台中市と大分県は最近1年余り、密接な交流を
進めている。今年2月に双方の温泉関係団体が協定書を交わしたほか、先月8日には両県・市が友好
交流に関する覚書(MOU)を締結。また、同15日には双方を結ぶ定期チャーター便が就航」してい
る。同盟締結の下地はできている。順調に運ぶことを大いに期待したい。

 一方、島根県松江市の「松江しんじ湖温泉駅」と広島県尾道市の「尾道駅」を結ぶ全長187キロ
の「やまなみ街道サイクリングロード」の整備が県を挙げて進められている。

 2014年7月25日に島根県松江市と台北市は交流促進覚書」を結び、今年8月25日には、台湾が誇る
自転車メーカーのジャイアントが松江市に出店していて、環境整備が着々と進んでいる。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台中市、大分県にサイクリング交流を提案 自転車道の同盟締結目指す
【中央通信社:2016年10月4日】

 (台中 4日 中央社)台中市政府観光旅遊局はこのほど、市内の自転車業界関係者らと大分県を
訪れ、サイクリング交流の推進を提案した。双方の自転車道で同盟を結び、サイクリングと温泉を
組み合わせた旅行を広めることで、九州北部と台湾中部の観光客の相互訪問を活性化させたい考
え。 

 大分を訪問したのは、同局の曹忠猷科長やサイクリングの普及活動を行う台中市競達単車協会、
自転車・健康テクノロジー工業研究発展センターなどの代表者計8人。一行は岡本天津男大分県観
光・地域局長、奥塚正典中津市長とそれぞれ面会した。 

 同盟の締結案が上がっているのは、台中市の「東豊自行車緑廊」と日本で最も美しい自転車道と
評される中津市の「メイプル耶馬サイクリングロード」。両者はともに鉄道廃線を利用した自転車
道という共通点がある。 

 奥塚市長は台中市との交流について高い意欲を表明。台中市が8日に開催する「台湾サイクリン
グフェスティバル」(自行車節)の関連イベントに観光部門の職員などを派遣し、台湾中部の自転
車旅行環境について理解したいとしている。また、自転車道同盟の締結に向けて努力する方針を示
した。 

 台中市と大分県は最近1年余り、密接な交流を進めている。今年2月に双方の温泉関係団体が協定
書を交わしたほか、先月8日には両県・市が友好交流に関する覚書(MOU)を締結。また、同15日に
は双方を結ぶ定期チャーター便が就航した。 

 観光旅遊局は、自転車道同盟の締結により、双方の観光発展と利益をさらに拡大させていければ
と期待を示している。 

                               (趙麗妍/編集:名切千絵)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*現在、パイナップルケーキの在庫が切れご迷惑をお掛けしております。入荷は10月13日(木)前
 後となる予定です。【2016年10月6日】

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟─第四次産業革命は東アジアで爆発する』 *new
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』 *new
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2016/10/06

    最近の中国による台湾妨害工作をみていると、台湾と中国のWTO同時加盟問題から大陸委員会主任まで努めた経験のある蔡総統に中国も手こずっているという印象が強い。ウォール・ストリート・ジャーナルのインタビュー概要で改めて台湾の民意を何よりも大切にし、政治的前提を抜きに中国と渡り合おうとする蔡英文氏の姿勢を確認し、手こずっているという印象は間違っていないと確信した。