国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2756号】 楽天の子会社が台湾大手出版社と提携して繁体字の電子書籍ストアを開設

2016/10/01

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成28年(2016年)10月1日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2756]
1>> 楽天の子会社が台湾大手出版社と提携して繁体字の電子書籍ストアを開設
2>> 10月2日、台湾文化センターで蒋竹山氏が「日本統治時代・台湾人女性の青春群像」
3>> 10月29日、沖縄翼友会が沖縄県の平和祈念公園で台湾出身戦歿者慰霊祭を開催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 第26回李登輝学校研修団お申し込み【11月11日〜15日】のお申し込み
  http://goo.gl/KKnEAO

 *ご参加方法の羽田空港発(11/11 NH851&11/15 NH854)ですが、当会手配の団体席が満席とな
  りました。以後、羽田空港発をご利用になる方は個別席となるため料金が変動いたしますこと
  をご了承下さい。もちろんご自身でエアチケットを手配して現地合流することも可能ですの
  で、お選びいただきますようお願い致します。
 *間もなく定員です。参加ご希望の方はできるだけお早めにお申し込みを!

● 李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟─第四次産業革命は東アジアで爆発する』
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第13期:9月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 楽天の子会社が台湾大手出版社と提携して繁体字の電子書籍ストアを開設

 楽天は10月29日、台湾の大手出版社12社と提携し、世界で中国語(繁体字)の書籍を配信すると
発表した。

 日本経済新聞は「三木谷浩史会長兼社長は29日、台北市内で記者会見し、中国語を使って『台湾
は我々の世界展開で最も重要な市場だ』と強調した。これまで20カ国・地域で現地語のコンテンツ
を配信する体制を整備したが、アジアでは台湾が初めてとなる」と報じている。下記に記事の全文
を紹介したい。

 台湾向けに電子書籍ストア「樂天Kobo電子書商店」を開設したのは、カナダのトロント市に本社
を置く楽天の子会社のRakuten Kobo Inc.(Kobo)。台湾の城邦出版集團や遠流出版公司、讀書共和
國、圓神出版集團、時報出版など12社と提携しているという。

 なるほど、日本と台湾の提携はこういう分野もあったのかと気づかされた。楽天のプレスリリー
スでは「電子書籍ストアは、現地の専任チームにより管理されます。台湾の人気作家による小説や
ビジネス書、雑誌、旅行ガイドなど、中国語で人気の数千タイトルの豊富なラインナップを提供し
ます」「世界約190カ国で利用可能」と発表しているから、台湾の人々は日本に限らず世界のほと
んどの国で繁体字の旅行ガイドなどを読むことができるようになるらしい。繁体字を使う台湾や香
港にとっては朗報だ。

-----------------------------------------------------------------------------------------
楽天、中国語の電子書籍配信 台湾出版社と提携
【日本経済新聞:2016年9月29日】

 【台北=伊原健作】楽天は中国語の電子書籍の配信に本格参入する。29日、台湾の大手出版社12
社と提携し、世界で中国語(繁体字)の書籍を配信すると発表。世界の華人向け需要を取り込む。
台湾ではクレジットカードや旅行予約も手掛けており、電子書籍事業の強化によって利用者の囲い
込みをねらう。

 三木谷浩史会長兼社長は29日、台北市内で記者会見し、中国語を使って「台湾は我々の世界展開
で最も重要な市場だ」と強調した。これまで20カ国・地域で現地語のコンテンツを配信する体制を
整備したが、アジアでは台湾が初めてとなる。世界共通のインターネットストアから購入すること
ができ、約190カ国・地域で台湾発の中国語のコンテンツが読めるようになる。

 現地の人気作家の小説やビジネス書、中国語に翻訳した海外書籍など数千のコンテンツの配信を
開始した。「台湾だけでなく繁体字を読める世界の人々に使ってほしい」(同社)としている。

 楽天は海外事業の立て直しを急いでいる。2月に競争が激しい東南アジアでのネット通販事業縮
小を発表した。インドネシアやシンガポールなどでサイトを閉鎖し、今後は中古品を売買するフリ
マアプリに転換する方針で、地域特性に合わせて事業内容を再構成している。

 同社の台湾への参入時期は2008年からと比較的早く、昨年1月にはクレジットカード事業にも乗
り出した。旅行予約も手掛けており、海外で唯一、日本と同じように多様なサービスで利用者を囲
い込む「楽天経済圏」が整ってきている地域だ。電子書籍の本格展開で一段とサービスを広げ、そ
れぞれのサービスの拡大にも弾みをつける考えだ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 10月2日、台湾文化センターで蒋竹山氏が「日本統治時代・台湾人女性の青春群像」

講座:台湾カルチャーミーティング第6回「日本統治時代・台湾人女性の青春群像」
   歴史家・蔣竹山さんのトーク 
   http://jp.taiwan.culture.tw/information_34_54290.html

 ハヤシ百貨店や松山文創園区など、日本統治時代の建築がリノベーションされて観光スポットと
なり、注目されています。では、近代化な街並みが急速に整備されていた当時、台湾の人びとは何
を着て、何を食べ、何を楽しんでいたのでしょう? ファッション、ショッピング、旅、カフェ、
音楽…… セピア色の「懐かしさ」のなかから、まばゆいようなあの頃の青春と流行、そして色あ
ざやかな女性たちの生き方を見つけてみましょう。 

 今回は、日本統治時代・台湾の大衆文化史を詳らかにする力作『島嶼浮世繪:日治臺灣的大衆生
活』などの著作がある、歴史家・蒋竹山さんをお招きし、消費と都市という観点から当時の普通の
人びとの生活について語っていただきます。 

・日 時:10月2日(日)14時から(1時間半程度)

・会 場:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター(最寄りは東京メトロ虎ノ門駅) 

・定 員:80名(入場無料、予約制。30分前開場、自由席)

 → ご予約の方は本ページ下の「参加申込」をクリックしてください。必要事項を記入のうえ、
   申込みいただくと、予約確認メールが自動返信されます(迷惑メールに分類される場合があ
   ります。事前に設定をご確認ください)。

   *記入項目のCAPTCHAは「音声再生」の左の4文字(MUTJ)です。 

・予 約:http://jp.taiwan.culture.tw/onlineobject_34_90_54290.html

・ゲスト:蒋竹山(歴史家、東華大学歴史学部副教授) 

・司会、通訳:天野健太郎(『日本統治時代の台湾』、『台湾少女、洋裁に出会う』訳者)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 10月29日、沖縄翼友会が沖縄県の平和祈念公園で台湾出身戦歿者慰霊祭を開催

 大東亜戦争には約20万人の台湾出身者が軍人・軍属として出征し、3万304人が尊い命を日本に捧
げられ、現在、靖國神社にはその内の2万7,864人の方々がご祭神としてお祀りされている。

 そこで、本会主催により毎年の春秋に実施している日本李登輝学校台湾研修団の卒業生でつくる
李登輝学校日本校友会は、平成17年(2005年)12月4日に第1回を靖國神社において斎行して以来、
毎年11月23日に「台湾出身戦歿者慰霊祭」を執り行っている。本年も11月23日に靖國神社にて行う
こととなっている。

 また、東京奥多摩町の笠松展望園に建立されている台湾人戦没者の慰霊碑・慰霊塔では、平成23
年(2011年)5月に東京台湾の会の会長だった喜久四郎氏(現、名誉会長)が慰霊祭を執り行った
ことを嚆矢に、それ以来、現在まで実施されていて、現在は東京台湾の会、台湾協会、日本李登輝
友の会の共催で開催している。

 今年6月25日には、沖縄県の平和祈念公園内に、沖縄翼友会が同会の「空華の塔」のエリア内の
土地を無償で提供し、日本台湾平和基金会が台湾出身戦歿者を慰霊する「台湾の塔」を建立したそ
うで、来る10月29日、追悼式典を開催するという。

 9月29日、台湾教授協会の許文堂・秘書長や中山成彬元文科相らが台北市内で記者会見を開いて
明らかにしたことを台湾メディアが報じている。下記に「台湾国際放送」の記事を紹介したい。

 なお、台湾には台湾出身戦歿者を祀るところとして、台中市・宝覚禅寺境内に建立の「霊安故郷
碑」(李登輝総統揮毫)、新北市・烏来の高砂義勇隊慰霊碑(李登輝元総統揮毫)、新竹市・北埔
郷の南天山済化宮、高雄市・旗津の戦争と和平記念公園など4ヵ所あると言われている。昨年、再
建された屏東の高士神社は、大東亜戦争で戦歿した高士村出身者を祀っているという。

 一方、日本国内で台湾出身戦歿者を祀るところは、靖國神社、奥多摩の笠松展望園祭、広島県の
比治山陸軍墓地に昭和39年(1964年)10月に建立の「大東亜戦争台湾出身戦没者供養碑」の3ヵ所
が確認されていて、ここに沖縄の「台湾の塔」が加わった。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾元日本兵追悼式、10/29沖縄で
【台湾国際放送:2016年9月29日】

http://japanese.rti.org.tw/news/?recordId=55213
写真:台湾の元兵士たちを支援する団体の呉祝栄・理事長、台湾教授協会の許文堂・秘書長、日本
   の中山成彬元文科相らが29日、台湾北部・台北市内で記者会見を開き、沖縄における台湾の
   塔慰霊碑について説明、台湾籍の元日本兵の歴史についての関心を呼びかけた。(写真:CNA)

 日本の沖縄で、第二次世界大戦で犠牲になった台湾籍の日本兵を追悼する催しが行われる。昨年
10月31日、日本軍の元航空兵によって組織された団体、沖縄翼友会は沖縄の平和祈念公園で慰霊祭
を行った。その中で、沖縄翼友会の浜松昭事務局長は、同会の「空華の塔」のエリアに無償でス
ペースを提供、第二次世界大戦において日本兵の身分で命を落とした、台湾籍の人たちのための慰
霊碑を建てると宣言した。

 そして今年6月25日、日本台湾平和基金会が資金を調達して作った台湾の塔がここに建立され
た。台湾教授協会は29日午前、「台湾の烈士を忘れず、台湾と日本の友情を強化しよう」と題した
記者会見を行い、出席した浜松昭さんは、多くの人が第二次世界大戦の歴史を知らないことが残念
だと述べた。記者会見では、今年10月29日、沖縄で行われる追悼式典に台湾の各界から大勢の人が
参加してくれるよう呼びかけた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*現在、パイナップルケーキの在庫が切れご迷惑をお掛けしております。入荷は9月中旬となる予
 定です。【2016年8月10日】

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟─第四次産業革命は東アジアで爆発する』 *new
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』 *new
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。