国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2743号】 青森県弘前市が台湾ソフトボール協会と東京五輪の事前合宿地として協定締結を予定

2016/09/12

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成28年(2016年)9月12日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2743]
1>> 青森県弘前市が台湾ソフトボール協会と東京五輪の事前合宿地として協定締結を予定
2>> 台湾の李登輝元総統のお話  上田 真弓(成田市)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 第26回李登輝学校研修団お申し込み【11月11日〜15日】のお申し込み *new
  http://goo.gl/KKnEAO

● 李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟─第四次産業革命は東アジアで爆発する』 *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』 *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第13期:9月1日〜12月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 青森県弘前市が台湾ソフトボール協会と東京五輪の事前合宿地として協定締結を予定

 青森県弘前市は、東日本大震災直後の2011年7月から台湾との交流を求め、葛西憲之(かさい・
のりゆき)市長自らりんごキャンペーンや観光客誘致のために台湾を訪問している。2014年からは
「中学生台湾交流事業」を始め、弘前市内の中学生らが高雄市や台南市の中学校を訪問する一方
で、高雄市や台南市の小学生や中学生の農家民泊を通じた交流も続けている。

 本年1月4日には、交流を進めてきた台南市との間で、早ければ2016年度に友好交流促進協定を締
結、農業、観光、教育分野を中心に、人材交流や修学旅行の相互訪問などを行い、連携を深める意
向を明らかにしている(2016年1月5日付「東奥日報」)。

 このたび野球・ソフトボールが2020年の東京オリンピックで正式種目に復活したことを受け、台
湾ソフトボール協会と誘致交渉を重ね、9月8日、弘前市内で事前合宿を行う方針であることを明ら
かにし、また協定を締結する予定であることも明らかになったという。下記に毎日新聞の記事をご
紹介したい。

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは、静岡県の御殿場市が「2014年から台湾サッ
カー女子代表チームが市内で合宿するなど、民間レベルでのスポーツ、経済交流が盛ん。これまで
の実績を生かし、事前合宿誘致を進める」として、本年6月14日、台湾の選手と地域住民の交流を
促進する「ホストタウン」に登録され、同市は7月12日に台湾バナナの普及や人的交流の促進を盛
り込んだ覚書を台湾の農業委員会と結んでいる。

 共同通信は「台北で覚書に調印した若林洋平市長は『五輪合宿誘致だけでなく、これを機会に観
光、教育分野などにも交流を広げたい』と抱負を語った」と報じている。

 ちなみに、内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局の
発表している「ホストタウン一覧」(6月14日現在)によれば、2020年の東京オリンピック・パラ
リンピックにおいてホストタウンに登録されているのは91件で、台湾のホストタウンは、北海道は
士別市と名寄市、山形県は山形市、静岡県は静岡市、掛川市、御殿場市の6自治体6件。

 6自治体はいずれも台湾との交流があり、例えば名寄市は「2015年には名寄日台親善協会を設立
し関係強化を進めている。また、Sport for Tomorrowの事業として、台湾とスポーツ交流を行って
おり、こうした縁を活かし、台湾の事前合宿誘致を進める」として申請し、本年1月26日に登録さ
れている。

 また、加藤剛士(かとう・たけし)市長は全国青年市長会のメンバーとして、7月31日に石垣市
で開かれた李登輝元総統の講演会とその後のレセプションに参加し、9月2日には交流自治体である
杉並区の田中良区長と一緒に謝長廷・台北駐日経済文化代表処代表を表敬訪問するなど、殊のほか
台湾との交流に熱心だ。

 余談になるが、中国の自治体と日本の自治体の姉妹都市は361件(2015年12月末、自治体国際化
協会北京事務所発表)にも及ぶ。しかし、今のところ91件のホストタウンに中国を登録した自治体
は見当たらない。

 東京オリンピックの事前合宿地やホストタウンをきっかけに、台湾との交流が始まったり深まっ
たりするケースも出て来ている。この交流が姉妹都市などに順調に発展してゆくことを願いたい。

◆東京オリンピック・パラリンピックにおけるホストタウン一覧(2016年6月14日)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tokyo2020_suishin_honbu/hosttown_suisin/gaiyou_dai1.html

-----------------------------------------------------------------------------------------
<20年東京五輪> 弘前で事前合宿 台湾ソフトと協定締結へ
【毎日新聞:2016年9月9日】

 弘前市は8日、2020年の東京五輪に向け、台湾ソフトボールチームが市内で事前合宿を行う方針
であることを明らかにした。今年度中に台湾側と協定を締結する予定。葛西憲之市長が9月市議会
一般質問で答弁した。

 市によると、ソフトボールが東京五輪の追加種目に決定した後、北京五輪ソフトボール女子日本
代表監督として金メダルを獲得した斎藤春香さん(同市職員)を通じて台湾ソフトボール協会と誘
致交渉を重ねた。五輪出場が決定した場合、弘前市のはるか夢球場などで事前合宿することでほぼ
合意したという。

 三浦直美・市民スポーツ振興課長は「合意の背景には、リンゴとアップルマンゴーの果物交流や
小中学生の交歓など、台湾と交流を積み上げてきた実績がある」と話す。

 東京五輪に向けた事前合宿では、今別町がモンゴルのフェンシングチームを受け入れることで基
本合意している。【松山彦蔵】

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 台湾の李登輝元総統のお話  上田 真弓(成田市)

【稲毛新聞:2016年9月9日号「読者論壇」】

 私は台湾との交流を続けているが、きっかけは李登輝氏が書かれた『台湾の主張』を読んだこと
だ。

 当時は現役の総統で、世の中にはこんな素晴らしい人物がいるのかと驚き、これほど日本を愛し
てくれている李登輝氏の思いに感動した。

 政治家として、人間として、22歳まで日本人であった台湾人として、クリスチャンとして、こん
なに尊敬できる人物がいることを知って感激し、他の著書も読んで尊敬の念を深めた。ぜひ一度お
会いしたいと思っていたところ、現役を退いた後の2003年に産経新聞社が李登輝氏にお会いするツ
アーを企画したので、迷わず参加した。

 李登輝氏の姿を見ただけで感激したが、お話を聴いて、からだが震えるほど感動した。

「私は台湾の総統にまでなりましたが、私の上には常に神様がいます。人間はどんなに偉くなって
も神にはなれません」

「奥の細道を歩くことが私の夢なんです。日本の文化や俳句について本を書きたいと思っていま
す。日本語で書いて、それを中国語や英語にも翻訳して、日本を世界に広めたいんです」

 これほど日本を愛している人に出会ったのは初めてで、私たちよりも日本のことをよく知ってい
た。

 私は産経新聞が企画するツアーに連続5回参加して李登輝氏のお話を聴いた。

「上田さんは千葉県から来たんですね。私は昭和20年3月10日未明の東京大空襲の時、千葉の稲毛
の高射砲部隊にいたんだ。出動命令が出て東京に移動してB29に高射砲を撃ったんだけど、弾が届
かないんだ。それまでのアメリカ軍の飛行機はもっと低いところを飛んでいたから弾が届いたんだ
が、最新鋭機のB29は高度1万メートルを飛ぶから高射砲が届かないんだ。日本とアメリカの技術
の差を目の当たりにして悔しかった。B29が落とす焼夷弾で、多くの人たちが死んでいくのを見た
よ。本当に悔しかった。1999年に台湾で大地震が起きた時、私はすぐに軍隊に出動を命じて、私も
すぐに現地に飛んで陣頭指揮を執った。東京大空襲の時の悲惨な光景が目に浮かんで、絶対にあん
な状況にしてはならないと思ったんだ。被害をできるだけ抑えることができたのは、東京大空襲の
経験があったからなんだよ」。

 李登輝氏は真剣な眼差しで私に切々とお話をしてくださった。

 私はこの貴重な経験に心から感謝した。

 産経新聞の台北支局長の紹介で日本語世代の方々とも知り合い、貴重なお話をたくさん伺って、
皆さんの日本を愛する熱い思いに心を動かされた。

 読者の皆様も、高齢となった日本語世代の台湾の方々のお話が聴けるうちに、ぜひ台湾を訪れて
いただきたいと思っている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*現在、パイナップルケーキの在庫が切れご迷惑をお掛けしております。入荷は9月中旬となる
 予定です。【2016年8月10日】

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟─第四次産業革命は東アジアで爆発する』 *new
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』 *new
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。