国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2698号】 【祝】 江ノ電と高雄メトロが観光連携協定を締結

2016/07/06

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成28年(2016年)7月6日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2698]
1>> 【祝】 江ノ電と高雄メトロが観光連携協定を締結
2>> 【祝】 沖縄のリウボウと台湾の太平洋そごうが百貨店の業務提携
3>> ジェイアール名古屋タカシマヤにおけるライチ販売をめぐる事の真偽を確認!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 李登輝元総統in石垣:講演会・レセプションのお申し込み 【沖縄県内在住の方】*new
  http://111.89.135.208/cgi-def/admin/C-101/ritouki-ishigaki/form.html

● 李登輝元総統in石垣:講演会・レセプション・ホテルのお申し込み 【沖縄県外在住の方】
  https://goo.gl/QXKUwZ
 *定員:70名(本会会員を優先登録させていただきますのでご了承ください)。
 *お申し込みと同時にご入会いただいた場合は会員扱いと致します。

● 2016年・台湾特産アップルマンゴーお申し込みフォーム【締切:7月20日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz
 *7月中旬配達分のお申し込みは、7月7日(木)締め切りです。
 *7月上旬配達分のお申し込みは6月30日に締め切りました。

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第13期:6月1日〜9月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 【祝】 江ノ電と高雄メトロが観光連携協定を締結

 江ノ電(小田急グループの江ノ島電鉄)と平渓線(台湾鉄路管理局)が観光連携協定を結んだの
は3年前の2013年4月23日。その直前の4月20日には黒部峡谷鉄道と阿里山森林鉄道が姉妹提携を結
び、10月13日にはJR四国の松山駅と台湾鉄道の松山駅が姉妹駅提携している。

 江ノ電と平渓線の協定は双方の観光客誘致にかなりの成果を挙げたことから、この協定の影響は
大きく、その翌年から、秋田の鳥海山ろく線と平渓線の姉妹鉄道協定(2014年4月30日)、千葉の
いすみ線と集集線の姉妹鉄道協定(2014年10月28日)、山陽電鉄と宜蘭線の姉妹鉄道協定(2014年
12月22日)など、鉄道提携が次々と結ばれ、本年6月1日のいわて銀河鉄道と台中線(山線)、三陸
鉄道と海岸線(海線)のW姉妹鉄道協定にいたるまで、日台間ではこの4年間で実に20件もの鉄道
協定が結ばれている。

 鉄道協定を牽引していた江ノ電は、今年3月15日に台湾鉄路管理局と友好鉄道協定を締結したの
に引き続き、7月4日には高雄メトロ(高雄捷運)と観光連携協定締結したと発表した。下記にその
プレスリリースをご紹介したい。これで江ノ電の協定は3件目となり、日台の姉妹鉄道提携は22件
(下記)となる。心からお祝い申し上げます。

                ◇    ◇    ◇

1)1986年01月25日 大井川鐵道と阿里山森林鉄道が姉妹鉄道
2)2013年04月20日 黒部峡谷鉄道と阿里山森林鉄道が姉妹
3)2013年04月23日 江ノ電と平渓線が観光連携協定
4)2013年10月13日 JR四国の松山駅と台湾鉄道の松山駅が姉妹駅
5)2014年04月30日 秋田の鳥海山ろく線と平渓線が姉妹鉄道協定
6)2014年10月28日 千葉のいすみ線と集集線が姉妹鉄道協定
7)2014年12月22日 山陽電鉄と宜蘭線が姉妹鉄道協定
8)2014年12月22日 山陽電鉄の亀山駅と宜蘭線の亀山駅が姉妹駅
9)2015年02月12日 東京駅と新竹駅が姉妹駅
10)2015年02月26日 京浜急行電鉄と台湾鉄路管理局が友好鉄道協定
11)2015年03月14日 西武ホールディングスと台湾鉄路管理局が友好協定
12)2015年03月14日 西武鉄道と台湾鉄路管理局が姉妹鉄道協定
13)2015年09月04日 長良川鉄道と内湾線が姉妹鉄道協定
14)2015年12月04日 大阪駅と台北駅が姉妹駅
15)2015年12月18日 東武鉄道と台湾鉄路管理局が友好鉄道協定
16)2015年12月21日 山陽電鉄と台湾鉄路管理局が観光連携協定
17)2016年01月21日 鉄道総合技術研究所と台湾鉄路管理局が技術協力協定
18)2016年02月25日 JR四国と台湾鉄路管理局が友好鉄道協定
19)2016年03月15日 江ノ島電鉄と台湾鉄路管理局が友好鉄道協定
20)2016年06月01日 いわて銀河鉄道と台中線(山線)が姉妹鉄道協定
21)2016年06月01日 三陸鉄道と海岸線(海線)が姉妹鉄道協定
22)2016年07月04日 江ノ電と高雄メトロが観光連携協定

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾との絆を、より深く。江ノ電×高雄メトロ 観光連携協定締結
台湾鉄路管理局に続いて高雄メトロとの連携事業を開始
【小田急電鉄株式会社プレスリリース:2016年7月4日】
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000130.000012974.html

 小田急グループの江ノ島電鉄株式会社(本社:神奈川県藤沢市 社長:天野泉)では、台湾鉄路
管理局との友好鉄道協定に引き続き、台湾南部の都市、高雄市の鉄道事業者「高雄捷運股份有限公
司(通称、高雄メトロ)」との間で観光連携協定を締結いたしました。高雄メトロとの観光連携協
定では、すでに台湾鉄路管理局との連携事業として実施している特典 付きガイドブックの配布
を、2016年7月15日(金)から、新たに高雄メトロに拡大して実施いたします。

1.配布物名
 江ノ電側配布は「江ノ電沿線 PASSPORT」、平渓線側配布は「平渓線沿線 PASSPORT」、高雄メト
 ロ側配布は「高雄メトロ沿線 PASSPORT」となります。

2.引換箇所
 「江ノ電沿線 PASSPORT」は藤沢駅、江ノ島駅、鎌倉駅、「平渓線沿線 PASSPORT」は台北駅およ
 び瑞芳駅、「高雄メトロ沿線 PASSPORT」は高雄捷運 高雄国際空港駅、凱旋駅、高雄駅、左営
 駅、鹽埕埔駅にて交換となります。

3.引換対象
 「江ノ電沿線 PASSPORT」は平渓線の周遊券または高雄メトロの周遊券、一日券、二日券(但
 し、一日券、二日券は講入証明書となります)が必要となり、「平渓線 沿線 PASSPORT」と「高
 雄メトロ PASSPORT」は江ノ電一日乗車券「のりおりくん」 が必要です。

4.その他
 沿線パスポートの引き換えは一枚の「のりおりくん」に対して、平渓線沿線パス ポート また
 は高雄メトロ沿線パスポートのどちらかになります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 【祝】 沖縄のリウボウと台湾の太平洋そごうが百貨店の業務提携

 7月4日、沖縄県で百貨店を手掛けるリウボウインダストリーが台湾百貨店大手の太平洋そごうと
業務提携したと正式に発表した。

 ちなみに、リウボウインダストリーの「リウボウ」の名前は、その前身の「琉球貿易商事株式会
社」に由来すると言われる。また、太平洋そごうは、日本のそごう・西武と提携している台湾資本
(遠東グループ)の百貨店で、台湾全土に8店を展開。旗艦店の忠孝館の売上高は500億円で、企業
年商は1400億円(流通ニュース)だという。

 日台間では、自治体の都市間提携や鉄道提携、学校間の姉妹提携、学術協定、図書館協定、温泉
協定などさまざまな協定が網の目のように結ばれている。銀行間の業務提携も進んでいる。今度は
デパート同士の業務提携だ。恐らく日台初のデパート提携だろう。心から祝意を表するとともに、
それを伝える日本経済新聞の記事を紹介したい。

-----------------------------------------------------------------------------------------
リウボウ、台湾百貨店と提携発表
【日本経済新聞:2016年7月4日】

 沖縄県で百貨店を手掛けるリウボウインダストリー(那覇市、糸数剛一社長)は4日、台湾百貨
店大手の太平洋そごうと業務提携したと正式に発表した。太平洋そごうが発行するポイントカード
を持つ訪日客に特典を与えるほか、26日から台北市で開催する物産展をプロデュースする。台湾で
知名度を上げ、インバウンド(訪日外国人)の買い物需要を固める。

 提携の柱はポイントサービスの拡充だ。台湾の百貨店やコンビニが加盟する最大の共通ポイント
サービス「ハッピーゴー」のカードを持つ顧客がデパートリウボウで買い物する際に割引サービス
を受けられる。

 カードとパスポートを提示すれば、3千円以上の買い物で5%割引の優待券がもらえる。「爆買
い」を念頭に30万円利用するごとに台湾のそごう各店で使える約1万円分のクーポン券の引換券も
配布する。

 台湾で沖縄観光やリウボウの知名度を上げるための施策も展開する。7月26日から8月9日まで台
北市の太平洋そごうの旗艦店で開く物産展「日本今昔 全国商品展」に参加。リウボウが選んだ
エーデルワイス沖縄の洋菓子やフォーモストブルーシールのアイスクリームなどの食料品、伝統工
芸を生かしたバッグやアクセサリーを販売する。

 糸数社長は4日の記者会見で「沖縄も将来は人口が減少し、市場は縮小する。アジアの成長を取
り込まないと今後の成長はない」と強調した。香港や韓国などアジアの他地域への営業を増やす考
えを示した。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> ジェイアール名古屋タカシマヤにおけるライチ販売をめぐる事の真偽を確認!

 本誌のバックナンバーを開きますと、「最新のコメント」欄があります。6月29日、「やえ」と
いうお名前の方と思われますが、6月29日、ジェイアール名古屋タカシマヤにおけるライチ販売を
めぐって、下記のコメントを寄せていただきました。

≪初めてコメントいたします。

 私の母は幼少期に台湾で暮らしたからか南国の果物が大好物です。

 最近はデパートでも台湾産の生のライチが手に入るようになり、喜んでおりました。

 今年は不作とかで諦めかけていたところ、JR名古屋タカシマヤで見つけましたが残念ながら中国
産・・・諦めきれず「台湾産はまだですか?」と尋ねたところ「台湾産だけれど農林水産省の通達
で今年から中国産と表示しなければならなくなりました」というではありませんか!その上「台湾
は中国の一部」とか「中国の台湾省だから」など、火に油を注ぐ発言に我慢ならず大喧嘩になりま
した。

 今の日本で中国産を台湾産に詐称することはあっても、台湾産を中国産に詐称するメリットなん
て全くないと思います。ならば、本当に農林水産省から通達とやらがあったのか、ネットで探しま
したがわかりませんでした。また、通販サイトでは「台湾産」が販売されていました。(ついで
に、こちらで通販されていたことも知りました)

 タカシマヤの販売員がとっさに中国産を台湾産だと思わせようとしたのなら(腹は立ちますが)
一人のバカの話です。が、農林水産省がそのような中国に媚びるようなことをしているのなら、こ
ちらは大問題です。

 もし、詳細をご存知ならお教えください。よろしくお願い致します。≫

 このコメントにありますように、農林水産省が今年から台湾産ライチを中国産と表示するような
通達を出していたとしたら、まさに大問題です。

 また、ジェイアール名古屋タカシマヤで応対した店員が「台湾は中国の一部」とか「中国の台湾
省だから」などと説明したことが本当であれば問題ですし、そもそもお客さんと大喧嘩するような
接客姿勢そのものが問題ではないかと思われました。

 そこで、メルマガ編集部としては事の真偽を確認する必要があると考え、JR東海傘下のジェイ
アール名古屋タカシマヤに連絡してみました。

 対応していただいたのは、ジェイアール名古屋タカシマヤでライチなどの生鮮食料を取り扱って
いる「生鮮グループ」のグループマネージャーのN氏。

 マネージャー氏は、編集部からの事情説明を聞き終えると、自分の名刺をFAXで送るので、まず
メールでそのコメントを見せていただき、早急に調査して連絡するとの返答。間もなくFAXが届
き、コメントをメールで送りました。すると約2時間後、マネージャー氏から電話。

 まず、農林水産省からそのような通達は出ていないことを関係機関で確認したと述べ、次に、フ
ルーツを取り扱う2つの店(地下2階)の1つで、確かに日本人の男性店員とお客さんとの間でその
ようなトラブルがあったことと、店員がそのような発言をしたのは事実であることが、他の店員の
証言で明らかになったと伝えていただきました。

 マネージャー氏はまた、トラブルを起こした店員が言った農水省や「台湾は中国の一部」云々の
発言は、その店員のまったくの思い込みによるものだったと説明し、販売していたのは中国産ライ
チであり、明らかに不適切な発言だったので、お客様には深くお詫びしたい旨を伝えていただきま
した。

 すでにマネージャー氏からは、その店員と店舗に出向いて厳重に注意し、店舗を出している京都
本社にも事情を伝えるとともに、今後はお客様とこういうトラブルを起こさないよう厳重注意した
とのことでした。

 さらに、このマネージャー氏から「明日はいらっしゃいますか?」と尋ねられました。どうして
かと問い返しますと「お詫びにお伺いしたいから」とのこと。編集部としては、このコメントを寄
せていただいた方の心中を察すると事の真偽を明らかにすべきと考えて尋ねただけで、すでに真偽
を明らかにしていただいたのだからと、その迅速かつ鄭重な対応に感謝しながら電話を切りまし
た。

 フルーツショップの店員がどうしてそのような「ウソ」を言ったのかは分かりかねますが、コメ
ントにもありますように、中国産を台湾産だと思わせて買わせようとしたのなら、確かに「(腹は
立ちますが)一人のバカの話」です。それを裏づけるため、とっさに農林水産省云々を付け加えた
ものと思われます。

 それにしても、この店員、「台湾は中国の一部」とか「中国の台湾省だから」などという発言を
みると、中国と台湾について少し知識があるように見え、いわゆる「媚中派」かもしれません。し
かし、一般に「台湾は中国の一部」という認識がはびこっているとも考えられ、ますます本会の活
動を徹底して進める必要も考えさせられた、ジェイアール名古屋タカシマヤにおけるライチ販売を
巡っての事件でした。

 コメントを寄せていただいた「やえ」様がこのメルマガを読んでいただくことを願っています。

◆メルマガ「最新のコメント」(6月29日)
 http://melma.com/backnumber_100557/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。