国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2687号】 李登輝元総統in石垣─講演会とレセプションのご案内

2016/06/22

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成28年(2016年) 6月22日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2687]
1>> 李登輝元総統in石垣─講演会とレセプションのご案内
2>> 牡丹社事件の「大日本琉球藩民五十四名墓」で催される日台交流会で芸能を奉納
3>> 選挙重ね「戦闘力」回復(蔡英文と台湾16)  鵜飼 啓(朝日新聞台北支局長)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 李登輝元総統in石垣:講演会・レセプション・ホテルのお申し込み *new
  https://goo.gl/QXKUwZ

● 6月26日開催:六士先生・慰霊顕彰の集いお申し込み
  https://goo.gl/unFXxu
 *当日は平服でお越しいただきますようお願いします。

● 2016年・台湾特産アップルマンゴーお申し込みフォーム【締切:7月20日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz
 *6月下旬配達のお申し込みは、入荷の都合により6月9日に締め切りました。

● 2016年・黒葉ライチお申し込みフォーム【締切:6月15日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn
 *ドラゴンライチは、予定どおり6月第2週と第3週に配達を完了しています。
 *黒葉ライチのお申し込みは6月15日に締め切りました。配達は第4週と第5週の予定です。

● 台湾産天然カラスミとパイナップルケーキお申し込みフォーム【随時】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第13期:6月1日〜9月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

● 熊本県開設の熊本地震義援金受入口座【平成28年4月15日〜6月30日】
  肥後銀行 県庁支店 普通預金 1639261 熊本地震義援金(クマモトジシンギエンキン)
  ゆうちょ銀行 口座記号番号:00940-0-174320 熊本地震義援金(クマモトジシンギエンキン)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 李登輝元総統in石垣─講演会とレセプションのご案内

 台湾の李登輝元総統が曾文恵夫人などご家族と一緒に、来る7月30日から8月3日にかけて沖縄県
石垣市を訪問し、講演会とレセプションに臨まれることとなりました。総統を退任されてから8度
目で、3年続けてのご来日となります。

 招聘は「李登輝先生沖縄県石垣市招聘事業実行委員会」(代表世話人:吉田信解・全国青年市長
会会長・埼玉県本庄市長、副代表世話人:中山義隆・全国青年市長会副会長・沖縄県石垣市長)
で、本会は共催し、後援は全国青年市長会会員市長有志一同と八重山経済人会議です。

 李元総統は、台湾がいかにして自由と民主主義、人権の尊重を獲得していったか、東アジアの平
和と安定などを巡って講演される予定です。

 つきましては、本会では今年度の事業計画に「関係各所と協力しつつ実り豊かな来日となるよう
全力を尽くす」ことを掲げており、ぜひ李元総統の謦咳に接していただきたく、ここに講演会とレ
セプションの石垣ツアーをご案内申し上げます。

 なお、このツアーは原則として現地(石垣市)集合とし、お申し込み者に宿泊先のご案内をいた
します。ツアーの詳しい内容につきましては下記をご覧ください。

 平成28年(2016年)6月吉日

                                    日本李登輝友の会

               ◇    ◇    ◇

◆講演会

 日 時:平成28年7月31日(日) 14時〜15時(開場13時)
 会 場:ANAインターコンチネンタル タワーウィング 1F 真栄里
     〒907-0002 沖縄県石垣市真栄里354-1 TEL:0980-88-7111(代)
 参加費:2,000円

◆レセプション

 日 時:平成28年7月31日(日) 17時30分〜19時(開場17時)
 会 場:ANAインターコンチネンタル タワーウィング 1F 真栄里
 参加費:15,000円

◆申込み:お申し込みフォーム、メール、FAX、郵送にて。*本会HPからも可
     フォーム:https://goo.gl/QXKUwZ
     E-mail:info@ritouki.jp  FAX:03-3868-2101

◆定 員:70名
     *定員およびホテルが満室になり次第、締め切らせていただきます。
     *本会会員の方のお申し込みを優先させていただきます。

【石垣ツアーのご案内】

◆ホテル:

 シングルは1泊=7,000円前後から、ツインは1泊=16,000円前後からご用意しています。下記か
 ら選んで、お申込書に希望するホテルの番号を記して下さい。不要の方は「不要」に丸印をお願
 いします。

 1)7,000円前後のホテル(シングル) ピースランド石垣島、ピースアイランド石垣in八島
 2)8,000円前後のホテル(シングル) スーパーホテル石垣島
 3)10,000円前後のホテル(シングル) アパホテル石垣島  *7/30だけ高くなります。
 4)13,000円前後のホテル(シングル) ベッセルホテル石垣島
 5)16,000円(1人=8,000円)前後のホテル(ツイン) ルートイングランティア石垣
 6)36,000円(1人=18,500円)前後のリゾートホテル(ツイン) ビーチホテルサンシャイン、ホテル日航八重山
 7)106,800円〜の李登輝元総統と同じホテル(1室=4名まで可)

 *上記の宿泊代は会員価格です。一般の方は合計金額プラス3,000円となります。
 *宿泊日は7月30日から設定していますが、前日からの宿泊も承ります。
 *6月30日以降にキャンセルされる場合、キャンセル料が発生するホテルもございますのでご了
  承ください。

◆お申し込み後の流れ

 お申し込み後、事務局よりご宿泊ホテル名と合計金額をご連絡します。ご連絡後、1週間以内に
 ご入金をお願いします。ご入金確認後、ご宿泊券等を送らせていただきますので、お名前と宿泊
 日をご確認ください。なお、ご入金が確認できない場合は自動的にキャンセルとさせていただき
 ます。

◆羽田空港と石垣空港間のエアーチケット

 羽田⇔石垣(直行・乗り継ぎ)便のエアーチケットは、沖縄ツーリスト東京支店営業二課で承っ
 ております。ご希望の方はTEL:03-5408-5201までご連絡ください。

◆お問い合わせ:日本李登輝友の会
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp
 HP:http://www.ritouki.jp/

-----------------------------------------------------------------------------------------
李登輝元総統in石垣:講演会・レセプション・ホテルのお申し込み

・ご氏名: 
・ツインの場合は同室者のご氏名:
・お電話:
・FAX:
・メール:
・ご住所:                                       
・講演会:出席・欠席
・レセプション:出席・欠席
・会 籍:会員・一般・入会希望  
・同室者会籍:会員・一般・入会希望
・ホテル:希望番号   番・不要
・チェックイン:    月    日 〜 チェックアウト:    月    日

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 牡丹社事件の「大日本琉球藩民五十四名墓」で催される日台交流会で芸能を奉納

 ノンフィクション作家の平野久美子さんに、牡丹社事件をテーマとする「145年の時空を超えて
─牡丹社事件遺族の気持ちが、台湾に届いた!」を本会の機関誌「日台共栄」6月号に寄せていた
だいた。

 牡丹社事件は狭義には、1871年(明治4年)、首里の琉球王府に年貢を納め終わった宮古島と八
重山の貢納船が10月半ばに那覇を出港したあと台風に遭い、宮古島船1艘が台湾南東部の八謡湾に
漂着。11月上旬、乗組員69名のうち、溺死した3名を除いた66名が山中をさまよった末にパイワン
族の村へたどり着いたものの、54名が首をはねられて殺害された事件を指す。琉球漂流民殺害事件
とも宮古島民台湾遭難事件とも称される。

 ただし、その後の台湾出兵と日清戦争により台湾が日本に割譲されることとなり、この一連の歴
史も広義的に牡丹社事件と称されている。

 台湾に出兵した日本軍は、殺害された54名の宮古島島民を自国民として現地に「大日本琉球藩民
五十四名墓」(屏東県車城郷統埔村統埔路39号)建立している。

 来る6月26日、このお墓の前で屏東県政府が主催する日本と台湾の交流会が開かれ、八重山台湾
親善交流協会沖縄支部の方々が芸能を奉納するという。地元紙の琉球新報が伝えているので下記に
紹介したい。

 なお、この記事に2012年に石垣市名蔵に「台湾農業者入植顕頌碑」が建立されたとある。この顕
頌碑は、戦前の1935年(昭和10年)、台湾の農業者が石垣市名蔵に入植してパイン産業と水牛耕作
という技術革新をもたらし、農業に多大な貢献をしたことから、それを讃えるための碑で、2012年
8月10日に除幕式が行われている。

 来る7月30日から石垣市を訪問される李登輝元総統は、この「台湾農業者入植顕頌碑」を訪問さ
れる予定だという。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾遭難犠牲者を慰霊 八重山交流協が芸能奉納へ
【琉球新報:2016年6月15日】

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-298198.html
写真:芸能を奉納する八重山台湾親善交流協会沖縄支部の宮野照男支部長(前列中央)、安里國昭
   副支部長(後列左)、与儀徹事務局長(同右)、舞踊家の川井民枝さん(前列右)、喜舎場
   慶子さん=13日、琉球新報社

 1871年に台湾屏東県に漂着し、先住民に殺害された宮古住民を慰霊しようと、八重山台湾親善交
流協会沖縄支部(宮野照男支部長)が26日、「大日本琉球藩民五十四名墓」で催される交流会(屏
東県主催)で芸能を奉納する。現地の人々も芸能を奉納する。宮野支部長は「この痛ましい事件が
日台関係史の出発点だ。犠牲者を慰霊し、未来に向けて交流を進めたい」としている。

 2012年に石垣市名蔵に「台湾農業者入植顕頌(けんしょう)碑」が建立されたことを機に、同協
会が13年に発足した。今回は芸能団24人を中心とする計37人で台湾を訪れる。26日夜には屏東県芸
術館でも公演する。

 墓前では「とぅばらーま」「無蔵念仏節」などの歌や踊りを奉納する。「とぅばらーま」は顕頌
碑建立に関わった三木健さんが「肝(くぃむ)やふぁやふぁとぅ すらし給(た)ぼり(心安らか
に癒やされてください)」などといった慰霊の歌詞を書いた。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 選挙重ね「戦闘力」回復(蔡英文と台湾16)  鵜飼 啓(朝日新聞台北支局長)

【朝日新聞:2016年6月17日】
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12412768.html?rm=150
写真:新北市長選に立候補し、市場を回る蔡英文氏(右)=2010年10月、台湾・中央通信社提供

 「我が党は苦しい道を歩んできたが、谷底は脱した」。2009年暮れの県市長選で、民進党は現有
から1増の四つのポストを得て、党主席だった蔡英文(ツァイインウェン)はそう総括した。得票
率も約45%に回復していた。

 民進党の再生は与党・国民党の「敵失」が後押しした面もある。同年9月の雲林県での立法委員
補欠選挙の直前、南部で700人を超す死者・行方不明者が出る水害が起き、対応が遅れたと馬英九
(マーインチウ)政権への強い批判の声が上がっていた。

 蔡個人の試練となったのは、翌年の直轄市長選だった。蔡は、台北を取り巻くように位置する新
北市長選に出ることになる。

 蔡にとっては初めての自身の選挙戦。100カ所以上の市場を訪ね、商店主らと握手して回った。
民進党の選挙戦の専門家、陳俊麟は「エレベーターの隅でうつむき、誰にも気づかれたくないとい
うような人だったが、選挙でだいぶ変わった」と振り返る。

 この選挙では、投開票の前夜に国民党幹部が銃撃されて重傷を負う事件が発生し、空気が一変。
蔡も落選する。だが、蔡の腹心の一人、劉建忻は「勝てなかったが、よくやったと受け止められ
た。蔡のイメージで有権者の党に対する見方も変わっていった」と話す。

 党の「体質改善」も進んだ。その一つが、党中央の若いスタッフの地方選挙への派遣だ。次世代
の人材育成と、現地の情報収集が狙いだった。

 今回、総統府報道官に起用された黄重諺は09年の県市長選の際、離島の澎湖県に3カ月余り入っ
た。地方の支持者と面識もなく、手探りだったが、選挙グッズの作成やイベント開催などを手伝っ
た。当初は世論調査で30〜40ポイントの差をつけられていたが、ふたを開けてみると国民党の現職
に600票差まで迫っていた。

 地方の選挙を手伝ったとき、やくざに脅されたこともあったが、「選挙を終えて戻るころには地
方の事情も分かってきて、国民党のやり方もつかめた」と黄はその効果を語る。選挙を重ねるた
び、民進党の「戦闘力」は回復していった。=敬称略

                                    (台北=鵜飼啓)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。台湾ビール(瓶)と台湾フルーツビールの在庫
 は大丈夫です。【2015年7月28日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。