国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2679号】 明日、謝長廷・新台湾駐日代表を羽田空港で出迎え歓迎

2016/06/08

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成28年(2016年) 6月8日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2679]
1>> 明日、謝長廷・新台湾駐日代表を羽田空港で出迎え歓迎
2>> 複雑さとあいまいさ  村上 太輝夫(朝日新聞国際社説担当)
3>> 6月24日、王明理氏が三島由紀夫研究会で講演「台湾の新しい出発と日台関係」
4>> 6月27日、張智程氏が時局心話會で講演「蔡英文政権はどこへ行くのか」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 6月26日開催:六士先生・慰霊顕彰の集いお申し込み *new
  https://goo.gl/unFXxu

● 2016年・黒葉ライチお申し込みフォーム【締切:6月15日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn
 *ドラゴンライチのお申し込みは予定どおり5月31日に締め切りました。
 *ドラゴンライチの配達は、6月の第2週と第3週の予定です。
 *黒葉ライチのお申し込み締切は6月15日(水)です。

● 2016年・台湾特産アップルマンゴーお申し込みフォーム【締切:7月20日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

● 台湾産天然カラスミとパイナップルケーキお申し込みフォーム【随時】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第13期:6月1日〜9月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

● 熊本県開設の熊本地震義援金受入口座【平成28年4月15日〜6月30日】
  肥後銀行 県庁支店 普通預金 1639261 熊本地震義援金(クマモトジシンギエンキン)
  ゆうちょ銀行 口座記号番号:00940-0-174320 熊本地震義援金(クマモトジシンギエンキン)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 明日、謝長廷・新台湾駐日代表を羽田空港で出迎え歓迎

 沈斯淳・台北駐大阪経済文化弁事処代表(大使に相当)の後任として、謝長廷・元行政院長が明
日(6月9日)昼、日本に着任します。

 6月19日に「新任台湾駐日代表・謝長廷氏歓迎会」を主催する在日台湾同郷会や在日台湾婦女会
などは、羽田空港に歓迎の出迎えをいたします。

 なお、出迎えに際しましては、A3判より大きなボードや横断幕、家庭用サイズの日章旗など大
きな旗や旗ざおの持ち込みはご遠慮下さい。また、現場では警備関係者の指示に従って、他の方々
に迷惑を掛けないよう整然と歓送したいとのことですのでご協力のほどお願いします。

◆謝長廷・新台湾駐日代表の歓迎出迎え
 ・日 時:6月9日(木) 午後12時30分集合
 ・場 所:羽田空港・国際線旅客ターミナル 2階 到着ロビー
 *飛行機の到着時間の関係がありますので、集合時間は目安です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 複雑さとあいまいさ  村上 太輝夫(朝日新聞国際社説担当)

【朝日新聞:2016年5月27日「社説余滴」】

 5月20日、蔡英文(ツァイインウェン)・台湾総統の就任演説を聴きながら、6年前の台北着任時
を思い出した。前任支局長の案内で民進党本部へあいさつに行き、「大陸で……」と口にするが早
いか、蔡氏から「中国と言いなさいっ」と険しい表情で注意されたのである。

 「大陸」とは、台湾と中国が「一つの中国」に属するとの前提下での地域区分を意味する。中国
共産党政権、および台湾で前政権を担った国民党の立場だ。一方、「中国」といえば、台湾と中国
は別の国という意味を帯びる。これが民進党の立場だ。

 複雑な歴史を持つ政治空間には相応の複雑な用語法がある。その認識が私には足りなかった。

 就任式典の後、蔡氏を知る学者に我が失敗回顧談を話したら、慰めてくれた。「それは彼女が自
分に言い聞かせていたんじゃないか」。当時の蔡氏は入党してまだ6年。台湾独立を掲げてきた闘
士集団の中で、党首らしく振る舞おうと努めていたのだ、と。

 だが国際法学者である蔡氏は入党前、李登輝政権下で「中台は特殊な国と国の関係」と位置づけ
る検討作業に携わっていた。後に「二国論」として知られる。やはり、これらの言葉遣いには強い
こだわりがあったのではないか、とも思う。

 今回の就任演説で中台関係のくだりは「両岸」と表現するのみだ。「中国」は刺激が強すぎるか
ら使わないのは当然として、「大陸」とも言わない。8年前、馬英九氏が総統就任演説で「大陸」
を繰り返したのとは好対照だ。練りに練ったであろう必要最小限の言葉を選びとり、対中交流を重
視する姿勢を示しながら、中国の求める「一つの中国」は確認を避けた。代わりに示した原則は
「中華民国憲法」及び関連法令、である。

 孫文の思想を体現した中華民国憲法は「一つの中国」を前提にする点で、中国側に受け入れる余
地がないわけではない。実際に今年2月、中国の王毅(ワンイー)外相がそれらしいことを言っ
た。

 しかし、危うさもある。中華人民共和国のほかに憲法秩序を認めれば、台湾独立の容認に近づき
かねない。といって中華民国憲法を否定すれば、良好な関係にある国民党をも敵に回すこととな
る。

 だから蔡演説を「あいまいな態度」と批判した中国側も実のところ、あいまいさを抱えざるをえ
ない。それが中台関係なのだろう。

                           (むらかみ たきお:国際社説担当)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 6月24日、王明理氏が三島由紀夫研究会で講演「台湾の新しい出発と日台関係」

 詩人、翻訳家で台湾独立建国聯盟日本本部委員長として活躍されている王明理さんを講師にお招
きして、このほど蔡英文新政権が発足した台湾の歴史と今後の日台関係についてお話しして頂きま
す。皆さまのご来場をお待ちします。

                    記

◆日 時:6月24日(金)18時30分〜(18時開場)

◆場 所:アルカディア市ヶ谷(私学会館)
     JR・地下鉄「市ヶ谷」駅 徒歩2分

◆講 師:王明理(おう めいり 詩人、翻訳家、台湾独立建国連盟日本本部委員長)

◆演 題:台湾の新しい出発と日台関係

◆講師略歴:東京生まれ。戦後台湾独立運動のリーダーであった故王育徳氏の二女。昭和52年、慶
     應義塾大学文学部卒。現在、台湾独立建国連盟日本本部委員長として活躍。著書 
     『「昭和」を生きた台湾青年』(編集協力、草思社)、『詩集・故郷のひまわり』(台
     湾・玉山社出版)他

◆会 費:会員・学生=1,000円、一般=2,000円

◆申込み:お名前と連絡先を記して下記へ
     E-mail:yukokuki@mishima.xii.jp  FAX:03-5419-7670

◆主 催:三島由紀夫研究会(代表幹事:玉川博己)
     〒108-0073 東京都港区三田2-9-5 みずほビル2F
     TEL:090-1611-9839(玉川) FAX:03-5419-7670
      E-mail:yukokuki@mishima.xii.jp

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> 6月27日、張智程氏が時局心話會で講演「蔡英文政権はどこへ行くのか」

 馬英九氏の政策で台湾は中国に飲み込まれようとしていた。それに待ったをかけたのが「ひまわ
り運動」の学生たちであった。 その「ひまわり運動」の学生たちは台湾の政治を大きく変えた。
張氏は「ひまわり運動」の一人として台湾の立法院(国会)に突入した。

 これまで政治、経済、社会全般に及び「中国要因」に動かされてきた台湾。それに国民党は大敗
北を喫した。蔡英文新総統がこれから取る国家戦略とは何か、直面する困難とは何か、さらに台中
関係や日台関係はどこに向かうのか。なぜひまわり運動が起こったのか。台湾の政治を変えた若者
たちの考えを知るうえで貴重な講演会にご期待を。

張智程氏
1986年(昭和61年)、台湾・台中生まれ。京都大学法学研究科助教。京都大学法学博士。台湾国立
政治大学法学部卒、同大学院修士課程修了。台湾政治大学法学部、大学院、京都大学大学院博士後
期課程在籍中に、学生運動家として台湾ひまわり学生運動などの台湾学生運動に関与。現在は蔡英
文氏率いるシンクタンク「想想論壇」のコラムニストとして台湾政治や中台・日台関係などを中心
に寄稿。

                                        記

◆日 時:平成28年6月27日(月)16:00〜17:30

◆会 場:衆議院第1議員会館  B1「第1会議室」
     東京都千代田区永田町2-2-1

◆参加費:4,000円

◆連絡先:時局心話會 TEL:03-5832-7231

◆申込み:下記に氏名と連絡先をお知らせください。
     メール:shinwakai@shirt.ocn.ne.jp
     電 話:03-5832-7231
     FAX:03-5832-7232

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。台湾ビール(瓶)と台湾フルーツビールの在庫
 は大丈夫です。【2015年7月28日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *new
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 下津井よいとこ2016/06/09

    「昭憲皇太后−新しき時代の皇后−」展……6月26日迄、明治神宮文化館にて



    〈思い出の昭和天皇〉第3期「ご公務、そして晩年の日々−笑顔あふれる園遊会−」……7月31日迄、昭和天皇記念館にて



    日枝神社山王祭……神幸祭(6月10日)、稚児行列(6月11日)、各町会連合渡御(6月12日)、その他、神楽囃子、江戸の里神楽など

           (詳細はホームページなどで御確認下さい。)

    「山王祭のいま、みらい−まちが支える江戸の粋」……6月12日迄、アーツ千代田3331にて

    白山神社あじさい祭(文京区)……6月11日から6月19日迄

    第13回いきいき浅草あじさい祭……6月18日、19日、長國寺にて(入谷駅、三ノ輪駅下車)

    駒込富士神社山開き……今年も6月30日頃だと思います。

    お富士さんの植木市……6月25日、26日、浅草富士浅間神社にて

    「陸軍最後の特攻基地 幻の万世飛行場」展……6月26日迄、平和祈念展示資料館にて

    第19回渋谷・鹿児島おはら祭り……6月12日(日)

    「カメラメーカーの威信と挑戦」展……7月3日迄、日本カメラ博物館にて

    (特に戦後、我が国のカメラ産業は飛躍的に発達し、世界市場を席捲するに至りました。新技術の開発でも、品質の信頼性でも、長く世界の頂点に立ち続けてきました。この企画は、各時期の各社の最上位機種を展示して、カメラ産業の歴史を振り返ると云う内容のようです。)



    鎌倉のあじさい……ネット情報によると明月院や長谷寺などで段々開花が進んでいるようです。

    「長谷寺・仏教美術の至宝−絵画編−」……7月4日迄、長谷寺観音ミュージアムにて

    「鎌倉の映画人 女優 原節子」……7月10日迄、鎌倉市川喜多映画記念館にて



    「路面電車の日」の催し……6月12日(日)午後1時迄、都電荒川線・荒川電車営業所にて(荒川車庫前電停下車)

    「快速 鎌倉あじさい号」の運転……6月11日、12日、18日、19日の各日一往復、青梅―立川―<南武線経由>―横浜―大船―鎌倉

    (今年も189系車両で運行の予定です。全席指定で、既に満席の場合もあります。詳細は時刻表やホームページなどで御確認下さい。)

    (国鉄時代からの特急車両、国鉄技術陣が総力を挙げて開発して昭和33年から運行を開始した151系電車特急の系譜を引く車両は、現在では少なくなってしまいました。昨年秋には福知山線や阪和線、紀勢本線など近畿地方の各線で381系車両が惜しまれながら定期運用から離脱しました。今では、関東地方の「鎌倉あじさい号」「ホリデー快速富士山号」「快速富士芝桜号」「快速山梨富士号」「初日の出号」、「あずさ」「かいじ」の臨時列車等、そしてその他、189系で運用される中央本線(東)等での臨時、波動運用列車は国鉄時代の特急車両で運用される希少で貴重な列車となりました。これからも国鉄車両で運用を続けて欲しいと思います。)



    〔大阪地区〕

    住吉大社御田植神事……6月14日



    「茶碗抄」……8月7日迄、逸翁美術館にて(6月6日から6月10日は入替のため休館)

    「豊臣大阪城と徳川大阪城」(7月21日迄)、「戦国の自己アピール」(7月20日迄)……大阪城天守閣にて

    「船場花嫁物語」……6月26日迄、大阪くらしの今昔館にて

    「描かれた尼崎」展……7月10日迄、尼崎市立文化財収蔵庫にて

    「芦屋の歴史と文化財」展……11月27日迄、芦屋市立美術博物館にて



    阪堺電気軌道・第18回路面電車まつり……6月11日(土)午後4時迄(入場は3時半迄)、阪堺電車あびこ道車庫にて(あびこ道駅下車)



                       (日時等はホームページ等で御確認下さい。)