国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2676号】 「一つの中国」の呪縛を解け  浅野 和生(平成国際大学教授)

2016/06/05

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成28年(2016年)6月5日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2676]
1>> 「一つの中国」の呪縛を解け  浅野 和生(平成国際大学教授)
2>> 謝長廷・新駐日台湾代表は6月9日に着任
3>> 対中実務、豊かな経験(蔡英文と台湾7)  鵜飼 啓(朝日新聞台北支局長)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 6月26日開催:六士先生・慰霊顕彰の集いお申し込み *new
  https://goo.gl/unFXxu

● 2016年・黒葉ライチお申し込みフォーム【締切:6月15日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn
 *ドラゴンライチのお申し込みは予定どおり5月31日に締め切りました。
 *ドラゴンライチの配達は、6月の第2週と第3週の予定です。
 *黒葉ライチのお申し込み締切は6月15日(水)です。

● 2016年・台湾特産アップルマンゴーお申し込みフォーム【締切:7月20日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

● 台湾産天然カラスミとパイナップルケーキお申し込みフォーム【随時】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第13期:6月1日〜9月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

● 熊本県開設の熊本地震義援金受入口座【平成28年4月15日〜6月30日】
  肥後銀行 県庁支店 普通預金 1639261 熊本地震義援金(クマモトジシンギエンキン)
  ゆうちょ銀行 口座記号番号:00940-0-174320 熊本地震義援金(クマモトジシンギエンキン)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 「一つの中国」の呪縛を解け  浅野 和生(平成国際大学教授)

【世界日報:2016年5月31日「Viewpoint」】

 中国が主張する「一つの中国」原則とは、台湾も中国の一部であると認めることである。中国
は、「一つの中国」原則の承認が、中台間の交渉、交流の基礎であると繰り返し表明している。し
かし1月の総統選挙で示された台湾の民意は、台湾は台湾であって、中国の一部ではない、という
ことであった。

 馬英九政権は、「中国」が何を意味するかに留保条件を付して、「一つの中国」原則を認めた。
こうして中国との経済交流を緊密化、さらには政府間定期協議の道を拓いた。これに対して蔡英文
総統は、選挙の最中から、中台関係については「現状維持」とのみ述べて、「一つの中国」を認め
なかった。

 そこで中国は、蔡英文候補の総統当選が決まると、「一つの中国」原則を認めさせようとの圧力
を高めた。就任式の直前には、中国人民解放軍が台湾の対岸、厦門で上陸演習を実施するなど示威
行動も見せた。

 しかし、5月20日、蔡英文総統は就任演説で、92年からの中台間の交渉、交流の事実を認め、評
価したものの「一つの中国」には言及しなかった。このため、中国政府は「これでは未完成の答案
だ」と批判し、さらに台湾弁公室の馬暁光報道官は、このままでは「台湾側との対話・連絡メカニ
ズムは継続できない」と言明して、新政権に「一つの中国」を認めさせる圧力を強めている。

 また、新政権発足前の5月16日、中国の王毅外相は、ケリー米国務長官に、アメリカが「一つの
中国」原則を厳守するよう通告、就任式当日には、中国外務省の華春瑩報道官が、「『一つの中
国』原則は中国と世界各国の関係において重要な政治的基礎であり前提だ」と強調して、台湾ばか
りでなく関係各国にも圧力を加えている。

 ところで、蔡英文総統は、台湾が一つの国家であると主張し、台湾を一つの国家として中国にも
承認して欲しいと願っているが、中国が「現在は承認したくないのなら、それはそれで構わない。
それで直ちに戦争が発生するとか、往来が断絶することを意味するものではない」(『週刊東洋経
済』2008年11月1日号のインタビュー記事)とし、「世界には直ちに解決できない問題がたくさん
ある」と述べていた。

 確かに、中国と台湾が台湾海峡を挟んで対峙する状況は、1949年から始まって、すでに67年経過
しているが、まだまだ「直ちに解決できない」問題である。

 他方、蔡英文総統は、台湾は「民主・自由・人権を共有する日米との関係を重視し、優先すべき
だ」との考えを示してきた。さらに、台湾が東アジア地域の安定に関与するため「米国とその東ア
ジアでの同盟諸国(つまり日本)との連携も強化せねばらない」と語っている。昨年10月に来日し
た際にも、日本の安全保障法制について「日本が地域の平和に重要な役割を果たすことを期待して
いる」と述べている。つまり、中国の軍事的、経済的圧力が増大する中で、日米台協力による東ア
ジアの安定が蔡英文総統の持論である。

 対する安倍政権も、蔡英文総統の当選が決まった1月16日夜に、岸田外相が「基本的な価値観を
共有し、緊密な経済関係と人的往来を有する重要なパートナーであり、大切な友人」と台湾を評し
「祝意」を表した。2日後には、参議院予算委員会で、全閣僚出席の下、安倍首相が蔡英文当選に
祝意を示し、「台湾は古くからの友人だ、自由な言論の上に選挙でリーダーを決める総統選は台湾
の自由と民主主義の証しと考える」と述べた。さらに、5月20日の就任式当日には、菅義偉官房長
官が蔡英文政権発足を「歓迎する」と述べ、台湾との「協力と交流のさらなる深化を図る」と表明
した。

 蔡英文政権は、行政院長(首相)、民進党主席などの経歴がある謝長廷氏を駐日代表に据えた。
また、台湾政府の対日関係担当部局である亜東関係協会の会長も民進党の軍師、邱義仁氏に替わっ
た。邱氏といえば、民進党秘書長、国家安全会議秘書長、総統府秘書長、行政院秘書長を歴任し
た、いわば舞台回しの最高実力者である。

 これらの人事からは、蔡英文政権が日本を重視していることが明らかである。蔡英文総統と安倍
首相の平仄が合っている今、日台関係はレベルアップの好機である。

 中国が南シナ海を中国の海にしようとし、西太平洋への進出を図っている現在、日本にとって
も、東アジアの平和と安定のためにも、日米台の紐帯の強化、とりわけ安全保障協力の強化が急務
である。

 蔡英文総統が、就任演説で「一つの中国」原則を認めなかったことは、むしろ予想通りであっ
た。中国は、これからも陰に陽に、民進党政権への圧力を高めていくだろう。問題は、台湾の人び
とが中国との軋轢の高まりをがまんできるかどうかにある。それは日本やアメリカが、台湾を支援
する姿勢をどれだけ明快に示せるかにもかかっている。陳水扁政権の末期、アメリカも日本も、中
国に気兼ねして、台湾をトラブルメーカー扱いにし、政権の求心力を失わせた事実がある。真のト
ラブルメーカーは、「一つの中国」原則に固執する中国ではないか。

               ◇    ◇    ◇

浅野和生(あさの・かずお)
昭和34(1959)年、東京都生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業後、同大学大学院博士課程修了。関
東学園大学講師、同大助教授、平成国際大学助教授などを経て、平成16年、同大教授に就任。法学
博士。
主な著書・共著に『大正デモクラシーと陸軍』『君は台湾のたくましさを知っているか』『日米同
盟と台湾』『馬英九政権の台湾と東アジア』など。編著に『日台関係と日中関係』『台湾民主化の
かたち』『中華民国の台湾化と中国』『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』『1895-1945 日本統治
下の台湾』など。
日本選挙学会理事、日本法政学会理事、日台関係研究会事務局長、日本李登輝友の会常務理事、日
米台の安全保障等に関する研究会委員。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 謝長廷・新駐日台湾代表は6月9日に着任

 6月3日の総統令によって台北駐日経済文化代表処代表(駐日台湾大使に相当)に任命された謝長
廷・元行政院長は、中央通信社の報道によれば6月9日に着任するという。

 謝長廷・新代表は着任の翌10日には熊本県に入り、日本円で約2億円(6,200万NT$)の義援金
を持って熊本県を訪問する高雄市の陳菊市長と台南市の頼清徳市長と合流し、「10日に蒲島郁夫知
事、11日には大西一史熊本市長をそれぞれ表敬訪問し、計約2億円の義援金の目録を手渡す。熊本
城も視察し、12日まで滞在する計画」(6月3日付「産経新聞」)だという。

 6月19日には、在日台湾同郷会、在日台湾婦女会、日本台湾医師連合、日本中華聯合総会が主催
し、本会など11団体が共催して京王プラザホテルで開催する「新任台湾駐日代表・謝長廷氏歓迎
会」に臨む。

◆6月19日、新任台湾駐日代表・謝長廷氏歓迎会 【要申込み:6月15日締切】
 http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160603/

-----------------------------------------------------------------------------------------
新駐日代表、関係深化に意欲 「盤石の友好体制築く」
【中央通信社:2016年6月4日】

 (台北 4日 中央社)台北駐日経済文化代表処代表(駐日大使に相当)に任命された謝長廷氏は4
日、記者団と懇談した。今後の目標は、政権が交代しても日本との良好な関係が変わることのない
メカニズムの構築だと意気込みを述べた。9日に着任する。 

 謝氏は、双方の友好関係を安定、深化させるよう蔡英文総統から指示を受けたと明かした。ま
た、これまで与党・民進党の中央常務委員を長年務めており、党主席を兼任する蔡総統との意思疎
通には何らの問題もないと自信を見せた。 

 沖之鳥(日本名:沖之鳥島)周辺の排他的経済水域をめぐる問題については、外交交渉によって
台湾の漁民の権益を守る必要があると主張。慰安婦問題に関しては、今すぐ解決できない問題であ
り、時間をかけて協議すべきだとした。 

 このほか、謝氏は、9日の着任に先立ち、日本と関係の深い李登輝元総統や元駐日代表に助言を
仰いだという。 

                               (唐佩君/編集:杉野浩司)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 対中実務、豊かな経験(蔡英文と台湾7)  鵜飼 啓(朝日新聞台北支局長)

【朝日新聞:2016年6月4日】

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12392199.html?rm=150
写真:1998年10月、北京で海峡交流基金会の辜振甫理事長(左から3人目)の会見に同席した蔡英
   文氏(左端)=許恵祐氏提供

 台湾・民進党政権の独立志向を警戒する中国は、総統に就いた蔡英文(ツァイインウェン)の言
動に神経をとがらせている。

 だが歴代総統の中で、就任前の対中政策の実務経験が最も豊かなのが蔡だ。

 訪中経験もある。台湾の対中窓口機関、海峡交流基金会(海基会)理事長の辜振甫が1998年10
月、中国側の海峡両岸関係協会(海協会)会長、汪道涵との会談、「辜汪会談」で訪中するのに同行した。

 台湾の解放を目指した中国と、大陸反攻を夢見た台湾はかつて、交流が厳しく制限されていた。
当局間の接触は出来ず、これを解決するために「民間組織」として91年に設けられたのが海基会と
海協会だ。

 事務レベル協議を経て、政権を代表する形で初の辜汪会談がシンガポールで開かれたのは93年の
こと。この会談は、中台往来の新たな歴史を切り開いたものとして記憶されている。

 だが、関係改善は一気には進まなかった。95年、総統・李登輝の母校・米コーネル大学訪問に中
国が反発。96年の初の総統直接選挙の際は、中国が台湾近海でミサイル演習をした。98年の辜汪会
談は、曲折の末の2度目の会談だった。

 当時の蔡の肩書は政治大学教授。李登輝政権のブレーンとして、対中政策を担う行政院大陸委員
会の諮問委員を務めていたが、表に出る機会はまれだった。


 会見時の英語通訳を任されたが、李に食い込んでいた台湾紙・自由時報の名物記者、鄒景ブンは
上海での辜汪会談後の会見での蔡を見て、「下を向いてばかりではだめ」と、総統府幹部に電話し
たという。

 一行の会見は上海の1回だけの予定だったが、北京での辜と中国国家主席、江沢民の会談後にも
急きょ設定された。蔡は会談には同席しなかったが、海基会幹部として同行した許恵祐は「北京の
会見は蔡のアイデアだった」と話す。

 「大陸の民主化は統一問題のカギとなる」。辜は会談で民主化について取り上げた、と会見で強
調した。許は言う。「会見したことで、台湾の立場から会談のテーマを世界に伝えることができ
た」=敬称略

                                    (台北=鵜飼啓)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。台湾ビール(瓶)と台湾フルーツビールの在庫
 は大丈夫です。【2015年7月28日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *new
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。