国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2675号】 李登輝元総統が7月30日から訪日 石垣島で講演

2016/06/04

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成28年(2016年)6月4日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2675]
1>> 李登輝元総統が7月30日から訪日 石垣島で講演
2>> 蔡英文総統、「知日派」の謝長廷氏を駐日代表に任命
3>> 「圧力」への対処法(蔡英文と台湾6)  鵜飼 啓(朝日新聞台北支局長)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 6月26日開催:六士先生・慰霊顕彰の集いお申し込み *new
  https://goo.gl/unFXxu

● 2016年・黒葉ライチお申し込みフォーム【締切:6月15日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn
 *ドラゴンライチのお申し込みは予定どおり5月31日に締め切りました。
 *ドラゴンライチの配達は、6月の第2週と第3週の予定です。
 *黒葉ライチのお申し込み締切は6月15日です。

● 2016年・台湾特産アップルマンゴーお申し込みフォーム【締切:7月20日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

● 台湾産天然カラスミとパイナップルケーキお申し込みフォーム【随時】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第13期:6月1日〜9月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

● 熊本県開設の熊本地震義援金受入口座【平成28年4月15日〜6月30日】
  肥後銀行 県庁支店 普通預金 1639261 熊本地震義援金(クマモトジシンギエンキン)
  ゆうちょ銀行 口座記号番号:00940-0-174320 熊本地震義援金(クマモトジシンギエンキン)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 李登輝元総統が7月30日から訪日 石垣島で講演

【本会ホームページ「お知らせ」:2016年6月3日】
http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160603-1/

 本会理事の吉田信解(よしだ・しんげ)埼玉県本庄(ほんじょう)市長と、中山義隆(なかや
ま・よしたか)石垣市長は本日(6月3日)午後5時半から沖縄県庁記者クラブで会見を開き、李登
輝元総統が7月30日から8月3日まで、5日間の日程で沖縄県石垣市を訪問することを発表した。会見
には浦添(うらそえ)市の松本哲治(まつもと・てつじ)市長、豊見城(とみぐすく)市の宜保晴
毅(ぎぼ・はるき)市長らも同席した。

 会見によると、今回の訪日は、吉田市長が会長を務める全国青年市長会の有志を主体とする実行
委員会の招聘に応えたもので、次期会長に就任予定である中山義隆・石垣市長の地元であること、
台湾から石垣島までは直行便で55分と、李元総統の身体への負担が軽いことなどから石垣島が候補
地として選ばれた。

 また、5月上旬には吉田市長と中山市長が訪台し、李元総統からも快諾を受けているという。今
回の訪日は本会も協賛し、八重山経済人会議が後援する。

 7月31日には石垣市内の会場で講演とレセプションが行われ、本会でもツアーを実施する予定。
詳細については近日中に本会HPやメールマガジン「日台共栄」などで発表する。

 李元総統は昨年、一昨年と訪日されており、今回の訪日で3年連続となる。2008年9月には沖縄本
島を訪問しているが、石垣島への訪問は初めて。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 蔡英文総統、「知日派」の謝長廷氏を駐日代表に任命

 台湾の総統府は6月3日、謝長廷・元行政院長(70歳)を台北駐日経済文化代表処代表に任命する
総統令を公布した。報道によれば、謝長廷代表の日本着任は6月9日か10日になるという。

 すでに、日本との窓口機関で、交流協会のカウンターパートの亜東関係協会会長には邱義仁氏
(66歳)が就任している。邱氏は総統府秘書長などの要職を歴任した与党・民進党の重鎮で、蔡総
統の側近。行政院副院長を退任後は北海道大学や京都産業大学で客員研究員をつとめた知日派とし
ても知られている。

 就任に際して邱氏は「最近の国際情勢の変化により台日関係は新たな段階に入るとした上で、先
人の努力などを基礎として、双方の関係を進展させたい」と抱負を語っていた。

 一方の謝長廷氏は、駐日代表に内定したことを報道陣に明かした4月下旬、「台日の友好関係を
経済、文化の各方面でさらに格上げしたい」(毎日新聞)と述べ、また「駐日代表として台日を一
般的なパートナー関係から戦略的なパートナー関係、さらには共生する運命共同体に変えたい」
(中央通信社)と強い意気込みを表明している。

 対日関係をになう亜東関係協会とその出先機関の台北駐大阪経済文化弁事処に大物を配し、蔡英
文総統の日本重視姿勢はよりいっそう鮮明になった。

 ちなみに、謝長廷氏が行政院長をつとめた2005年2月から2006年1月までの間、邱義仁氏は総統府
直轄機関である国家安全会議の秘書長をつとめている。邱氏は2002年3月から1年間、秘書長をつと
め、2004年5月から2007年2月まで2度目の秘書長をつとめた。

 国家安全会議の歴代秘書長は総統の側近が就く。現在の秘書長は、林全・行政院長とともに蔡総
統の側近と言われる呉[金リ]燮氏が就任している。

              ◇    ◇    ◇

蔡英文総統、「知日派」の謝長廷氏を駐日代表に任命
【中央通信社:2016年6月3日】

 (台北 3日 中央社)総統府は3日、同日付で台北駐日経済文化代表処の代表(駐日大使に相当)
に謝長廷・元行政院長(首相)を任命する人事を発表した。与党・民進党の重鎮である謝氏は、日
本留学経験を持つ「知日派」として知られ、代表起用は先月20日に発足した蔡英文政権の「対日重
視」の表れだとされている。

 日本には9日か10日に着任する見通し。当初は中旬の予定だったが、10日から熊本を訪問する頼
清徳・台南市長、陳菊・高雄市長らと合流するため、時期を早めた。頼氏らは、4月の熊本地震の
被災地を視察するほか、義援金約6200万台湾元(約2億700万円)を寄付するとしている。

 謝氏は4月下旬、駐日代表として台日を一般的なパートナー関係から戦略的なパートナー関係、
さらには共生する運命共同体に変えたいと意気込みを語っている。

                              (呂欣ケイ/編集:杉野浩司)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 「圧力」への対処法(蔡英文と台湾6)  鵜飼 啓(朝日新聞台北支局長)

【朝日新聞:2016年6月3日】
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12390256.html?rm=150
写真:貿易交渉にかかわった1980年代、米通商代表部前で写真に納まる蔡英文氏(中央手前から3
   人目)=台湾・総統府提供

 台湾が2002年に世界貿易機関(WTO)に加盟した後、初代のWTO大使となった顔慶章は
「1990年ごろ、台湾で国際経済法が分かるのは私と蔡英文(ツァイインウェン)くらいだった」と
話す。

 台湾は90年に関税貿易一般協定(GATT)加盟を申請し、92年に加盟作業部会が設置された。
関税水準をどうするのログイン前の続きか、補助金をどうするのか。多角的な貿易体制への加盟
は、さまざまな産業に大きな影響を与える。準備作業は膨大なものだった。

 「申請時に提出した30ページの覚書に対し、加盟国から約470の質問が寄せられた」。国際貿易
局の科長として加盟交渉に携わった徐純芳は当時の驚きを語る。一つ一つ回答が必要で、法的観点
も不可欠。そこで同局が頼ったのが、以前に米国との知的財産権交渉で顧問を務めた蔡だ。蔡を中
心に法律顧問団を組むように頼んだのだ。

 部局横断会議には40〜50人が参加していたが、当局全体では1千人以上が関わっていた。蔡は法
律顧問トップとして、全体情勢に目を配る立場にあった。

 交渉入り後も各国から問題が次々に提起された。台湾はこうした交渉の経験が乏しく、交渉の場
では直接回答せず、持ち帰って検討する作戦を採った。

 ジュネーブでの交渉では、代表団は一日を終えるとホテルに戻ってそれぞれ担当の回答を作成。
蔡はすべての情報が出そろってから、翌日の発言内容の取りまとめにかかったという。蔡自身が直
接交渉するわけではなかったが、「交渉で蔡が果たした役割は非常に重要だった」と徐は話す。

 交渉に携わった経験は蔡に大きな影響を与えた。喜怒哀楽を表に出さない性格も、交渉時に顔色
を読み取られないようにするため身についた、と語っている。

 自伝には、蔡のその後のスタイルを象徴するこんなことも書かれている。

「交渉で学んだことは、絶対に圧力のもとで決定を急いではいけないということ。圧力下での決定
はたいてい間違っているし、圧力で望む結果が得られると思えば、相手は圧力をかけ続けるだろ
う」=敬称略

                                    (台北=鵜飼啓)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。台湾ビール(瓶)と台湾フルーツビールの在庫
 は大丈夫です。【2015年7月28日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *new
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2016/06/05

    アイドルグループSMAPのメンバー、木村拓哉さんを起用した台湾観光PRフィルムの解禁を受けて、交通部観光局は木村さんの集客力によってさらに多くの日本人観光客を呼び込めればと期待を寄せている。  

    http://www.taiwannohannou.com/archives/44640390.html