国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2672号】 思い出すこと─新会長に就任して  渡辺 利夫(日本李登輝友の会会長)

2016/06/01

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成28年(2016年)6月1日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2672]
1>> 思い出すこと─新会長に就任して  渡辺 利夫(日本李登輝友の会会長)
2>> 内向きさと反逆心と(蔡英文と台湾3)  鵜飼 啓(朝日新聞台北支局長)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 6月26日開催:六士先生・慰霊顕彰の集いお申し込み *new
  https://goo.gl/unFXxu

● 2016年・黒葉ライチお申し込みフォーム【締切:6月15日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn
 *ドラゴンライチのお申し込みは予定どおり5月31日に締め切りました。
 *ドラゴンライチの入荷は、6月の第2週半ばと第3週前半の予定です。
 *黒葉ライチのお申し込み締切は6月15日です。

● 2016年・台湾特産アップルマンゴーお申し込みフォーム【締切:7月20日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

● 台湾産天然カラスミとパイナップルケーキお申し込みフォーム【随時】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第12期:2月1日〜5月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

● 熊本県開設の熊本地震義援金受入口座【平成28年4月15日〜6月30日】
  肥後銀行 県庁支店 普通預金 1639261 熊本地震義援金(クマモトジシンギエンキン)
  ゆうちょ銀行 口座記号番号:00940-0-174320 熊本地震義援金(クマモトジシンギエンキン)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 思い出すこと─新会長に就任して  渡辺 利夫(日本李登輝友の会会長)

【機関誌「日台共栄」6月号(第39号):2016年6月1日】

 中国改革・開放の30周年の年だったから、数年前のことである。その頃、私は調査やら会議のた
めに中国に出向くことが多かった。台湾でも「中国改革・開放30年の回顧」といったテーマで国際
会議が開かれ、私も招待された。北京でのシンポジウムを終えるや成田に戻り、成田のエアポート
ホテルで一泊して、そのまま台北に向かったことがあった。北京と台北に漂っている「空気の質」
のちがいを、一週間のうちに感じさせられた希有な機会であった。空気の質としか表現できないも
ののように思われた。

 北京ではレストランで従業員が笑顔で私を迎えてくれることなどまずない。デパートの売り子は
ニコリともしないし、雑踏を歩いていてもよく人やカバンが接触するが、“すみません”の一言も
ない。空港のバッゲージクレームでは我先にと旅行カバンを取り出し、周りの人に気遣う様子はな
い。秋なのに空気はどんより沈んでいる。人々のごく普通の生活の空気が何だか乾いていて、外国
人の私は緊張させられる。昔からこうなのか、競争社会になって、こんなふうになってしまったの
か。

 台北の空港に降り立ち、市内バスに乗ってホテルに向かう。道のりはだいたいわかっているので
バスに乗ったのだが、私の背中にどこか不安げな影が浮かんでいたのであろう。バスに同乗するあ
る中年の女性が私の座席の後ろの方から近づいてきて、日本語でどちらのホテルに行くのかと問う
てくれる。それなら自分も降りるのと同じバス停だから、ご一緒に降りましょうという。

 バスを降りると、ホテルのゲートまで連れていってくれるではないか。私がホテルの玄関に入る
のを確かめて、彼女はまたさっきのバス停の方に向かい消えてしまった。本当に彼女の降りる予定
のバス停だったのか、私のためにわざわざ同じバス停だといって降りてくれたのではないか、と想
像したりもした。

 その夜は、台北の屋台でひとりビールを飲み、あれやこれやと旨そうな料理を注文して、何とも
幸せないひとときだった。街を歩く人々にどこか温かいものが感じられる。空気が乾いていないの
である。台湾てやっぱり中国じゃないんだよなあ、問わず語りに当たり前のことをつぶやく。台湾
大好き人間は日本にも多いが、私もその一人である。

 この度、日本李登輝友の会の会長を務めよという要請を、小田村四郎先生から受けた。恩人の先
生からのお申し越しに私がノーといえるはずもない。運命共同体日台の友好に少しでも尽くせそう
な機会が私にも与えられたのだ。台湾からこれまでに与えられてきた私の幸福の幾分かの恩返しが
できるのかもしれない、と感じている。

               ◇    ◇    ◇

渡辺利夫(わたなべ・としお)
昭和14年(1939年)6月、山梨県甲府市生まれ。甲府一高を経て慶應義塾大学卒業。同大学大学院
経済学研究科博士後期課程満期取得退学後、筑波大学助教授時代の同55年(1980年)に経済学博
士。筑波大学教授、東京工業大学教授、拓殖大学教授を経て同大学長、総長に就任。現在、同大学
学事顧問。平成28年(2016年)3月、日本李登輝友の会会長に就任。
主な著書に『成長のアジア停滞のアジア』(吉野作造賞)、『開発経済学』(大平正芳記念賞)
『西太平洋の時代』(アジア・太平洋賞大賞)、『神経症の時代─わが内なる森田正馬』(開高健
賞正賞)、『新脱亜論』、『アジアを救った近代日本史講義』、『国家覚醒―身捨つるほどの祖国
はありや』、『放哉と山頭火─死を生きる』など多数。第27回正論大賞受賞。山梨総研理事長。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 内向きさと反逆心と(蔡英文と台湾3)  鵜飼 啓(朝日新聞台北支局長)

【朝日新聞:2016年5月31日】

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12384732.html?rm=150
写真:対談した女子高生らと写真に納まる蔡英文氏(中央)=4月16日、台北、鵜飼啓撮影

 台湾初の女性総統となる蔡英文(ツァイインウェン)は4月16日、台湾師範大学の講堂で女子高
生たちと向き合っていた。

 「好奇心を持て、冒険的であれ、想像力を持て」。こんなメッセージの後にもう一つ、付け加え
た。

 「反逆心を持て」

 蔡は裕福な家庭に育ち、台湾一の名門、台湾大学を卒業。米英に留学して法学博士となり、台湾
に戻って若くして大学教授を務めた。選挙で2度の落選を経験しているが、順風満帆な人生を歩ん
できた。

 「反逆心」は蔡と無縁の言葉のように聞こえる。

 古くからの知人たちが蔡を語るとき、必ず出てくるのが「内向的」という評価だ。高校時代の同
級生、蕭麗玉は蔡について「とてもおとなしかった。成績も中の上くらい。台湾大学に合格したと
いうのを聞いて驚いた」と振り返る。

 蔡も自らの内向性を認めている。子どもの頃は1人で猫と遊ぶのが大好きだった。人と話すのが
苦手で、大学進学時には歴史か考古学を学ぼうと考えたという。人と関わらずに済む、というのが
理由だった。

 学業でも適応に苦労した。台湾大学で当時最もレベルが低かったという法学部に滑り込むが、蔡
は「人生の悲惨な階段にまた踏み出してしまった」と、当時を語っている。

 当時の大学教員は、戦後に国民党と共に中国から渡った人や1945年以前の日本統治時代に教育を
受けた人らが混在。中国語が不得意な教授もおり、3年時に級長だった蔡は台湾語で通訳すること
もあったという。文化的背景の多様さに混乱し、受け入れるのが難しかったと蔡は振り返る。

 成績が上向いたのは、大学後期に判例を重視する英米法に出会ってから。ケーススタディー中心
で生活と法のつながりを実感し、自分の中で消化できるようになった。留学して勉学を続けること
を決めたのも、この出会いがあったからだ。

 末娘の留学に反対する父は引き留めを図ったが、蔡はここで「反逆」した。空港では、母が涙を
流して見送ったという。一度決めると揺るがない強さが、垣間見えていた。=敬称略

                                    (台北=鵜飼啓)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。台湾ビール(瓶)と台湾フルーツビールの在庫
 は大丈夫です。【2015年7月28日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *new
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2016/06/01

    産経新聞「正論」欄もさることながら『放哉と山頭火─死を生きる』を読んで、渡辺利夫氏の卓越した文章力に魅せられました。文芸評論家として活躍してもおかしくない巧みな文章をものされる方が日台関係に深く関わっていたとは驚きです。厚みが増しました。