国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2659号】 李登輝元総統が国立中興大学から名誉博士号授与 5ヶ月ぶりに公の場に

2016/05/15

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成28年(2016年)5月15日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2659]
1>> 李登輝元総統が国立中興大学から名誉博士号授与 5ヶ月ぶりに公の場に
2>> 平成28年「春の叙勲」に台湾から宋文薫・中央研究院院士
3>> 本日14時30分、本会群馬県支部が呉正男氏を講師に講演会【参加費無料、要申込み】
4>> 本日10時、11名が登壇して「第2回台湾大講演会」を開催 【入退場自由・事前予約不要】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 2016年・ドラゴンライチ、黒葉ライチお申し込みフォーム【締切:5月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn
 
● 2016年・台湾特産アップルマンゴーお申し込みフォーム【締切:7月20日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

● 台湾産天然カラスミとパイナップルケーキお申し込みフォーム【随時】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第12期:2月1日〜5月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

● 熊本県開設の熊本地震義援金受入口座【平成28年4月15日〜6月30日】
  肥後銀行 県庁支店 普通預金 1639261 熊本地震義援金(クマモトジシンギエンキン)
  ゆうちょ銀行 口座記号番号:00940-0-174320 熊本地震義援金(クマモトジシンギエンキン)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 李登輝元総統が国立中興大学から名誉博士号授与 5ヶ月ぶりに公の場に

 5月12日、李登輝元総統は、総統在任中に万年国会を終結させ、民主化を推進し、政党政治を確
立させたなどの功績により、台中市の国立中興大学から名誉管理学博士号の学位を授与された。

 李元総統は曽文恵夫人とともに授与式に臨まれたが、このような公の場に出られるのは、昨年11
月末に軽い脳梗塞を発症してご自宅で療養されていたことから5ヶ月ぶりとなる。授与式には、林
佳龍・台中市長も駆けつけた。本会ホームページに写真入りで掲載している。

 中央通信社は、李元総統が授与式で、国家の改革の成功には若者が不可欠で、若者に対して、
「理想と情熱を抱き、国家のために責任を負う勇気と使命感を持たなければならない」とエールを
送ったと伝えている。また、国立中興大学のホームページでも写真入りで報じている。

 ちなみに、台中市にある国立中興大学は、日本時代の1919年(大正8年)、台北に設立された
「台湾総督府農林専門学校」を源流とし、1943年(昭和18年)に台中市に移転した「台湾総督府台
中高等農林学校」を祖としており、農業分野に強い名門国立大学として知られている。

 李元総統と中興大学の縁は深く、60年ほど前の1957年に中興大学に農業経済研究所が開設された
とき、台湾大学助教授の傍ら聯合農村復興委員会の技正として指導に当たり、少なくない有為の人
材を育てられたという。

◆李登輝獲頒興大名譽管理學博士學位【中興大学ホームページ:2016年5月13日】
 http://www.nchu.edu.tw/news-detail.php?id=36594

-----------------------------------------------------------------------------------------
5ヶ月ぶりに公の場に 李登輝総統が国立中興大学で名誉博士号授与式典に出席
【本会ホームページ「お知らせ」:2016年5月12日】
http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160512-1/
写真:林佳龍・台中市長もお祝いに、薛富盛学長から名誉博士号を授与

 李登輝総統は本日午後、台中市の国立中興大学で名誉管理学博士号授与式典に出席した。

 昨年11月末に軽い脳梗塞で入院、休養生活に入られて以来、5ヶ月ぶりに公の場に姿を見せたこ
とになる。

 李総統は曽文恵夫人とともに式典に出席。台中市の林佳龍市長も駆けつけた。式典では中興大学
の薛富盛・学長自ら李総統へ名誉博士号を授与。李総統は20分ほどの記念講演を行った。

              ◇    ◇    ◇

李登輝氏、台湾の若者にエール「理想と情熱を抱け」
【中央通信社:2016年5月13日】

 (台中 13日 中央社)李登輝元総統は12日、中興大学(台中市)で開かれた名誉博士号の授与式
で、若者に対して、「理想と情熱を抱き、国家のために責任を負う勇気と使命感を持たなければな
らない」とエールを送った。 

 李氏は1988年の総統就任以来、頭の中にあるのは「国家のため」「人民のため」という言葉のみ
だと語る一方、指導者が人民の声に耳を傾けようとしなければ、台湾は見かけだけが民主主義の独
裁(国家)になってしまうと強調した。 

 李氏は事例として馬英九政権が2013年に中国大陸と結んだ「サービス貿易取り決め」を取り上
げ、締結前に国民と十分な意思疎通を行わなかったため、2014年の「ヒマワリ学生運動」を引き起
こし、同年の統一地方選と今年1月の総統・立法委員(国会議員)選での与党・国民党の大敗を招
いたと語った。 

 また、国家の改革の成功には若者が不可欠で、若者の未来は国家の展望に等しいと指摘。若者が
立たされる苦境は国家と社会の危機だとした。 

                               (廖壬楷/編集:杉野浩司)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 平成28年「春の叙勲」に台湾から宋文薫・中央研究院院士

【本会ホームページ「お知らせ」:2016年5月11日】
http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160511/

 日本政府は4月29日、平成28年春の叙勲受章者名簿を発表した。ただ、残念なことに29日の新聞
紙面には台湾出身の方のお名前はなかった。

 ここ数年、特に東日本大震災翌年の平成24年春以降、毎年春秋2回の叙勲では複数の台湾の方が
受章されていることを考えると残念でならない。

 ところが、5月10日に日本政府が公益財団法人交流協会のHPなどを通じて発表したところによ
ると、実はもともと台湾からは宋文薫・中央研究院院士が叙勲されることが決まっていたものの、
まさに発表日前日に急逝され、名簿から削除されたのだという。そのため、結果的には台湾からの
受章者がいなくなってしまったという状況のようだ。

 そこで改めて内閣府賞勲局より、死亡叙勲のかたちで受章が発表された。受章された宋文薫院士
の功績に敬意を表す意味で、下記に宋氏の経歴をご紹介しつつ、ご冥福をお祈り申し上げたい。

 なお、これまでの台湾の叙勲者一覧(本会まとめ)は下記からご覧いただきたい。宋文薫・中央
研究院院士の叙勲で42人目となる。

◆台湾の叙勲者一覧
 http://www.ritouki.jp/index.php/info/20151106/

宋文薫(そう・ぶんくん)

 1924年(大正13年)、日本時代の新竹州竹東郡生まれ。考古学者、中央研究院院士、台湾大学人
類学系名誉教授。

 1943年(昭和18年)、明治大学予科入学。1945年(昭和20年)、台湾に戻り台湾大学歴史学系を
卒業。恩師は台湾考古学の父とも呼ばれた国分直一だった。

 台湾大学人類学系で教鞭をとるかたわら、台湾最古の旧石器文化である長濱文化や卑南の住居遺
跡などを発見した。さらに、台湾における考古学教育、遺跡の保存方法に関する研究を進め、1994
年には台湾大学人類学系名誉教授に就任。

 その後も中央研究院で研究を続け、2012年には、考古学研究や遺跡保存など長年の考古学界への
貢献が認められ、第2回国家文化資産保存賞終身成就賞が贈られている。

 2016年4月28日逝去。奇しくも、翌日が春の叙勲発表の日だった。

 ここに改めてご冥福をお祈りするとともに、交流協会台北事務所HPに掲載された死亡叙勲につ
いての発表を下記にご紹介したい。

               ◇    ◇    ◇

平成28年外国人叙勲における台湾の受章者
【交流協会台北事務所ホームページ:2016年5月10日】

 平成28年外国人叙勲については、台湾より、宋文薫氏(台湾大学名誉教授)の旭日中綬章受章が
決定していましたが、同氏は、4月29日の発令直前に急逝されました。

 このたび、宋文薫氏に対し、死亡叙勲が決定いたしましたのでご報告いたします。

勲  章    旭日中綬章
氏  名    宋 文薫(ソウ・ブンクン)
主要経歴  台湾大学名誉教授
       中央研究院院士
       台湾大学 人類学科教授
功労概要 日本と台湾の考古学分野における学術交流に寄与。

 宋文薫氏は、考古学研究において数々の発見をし優れた業績を残すとともに、同分野における日
台の学術交流に尽力。日本統治時代の考古学研究を継承・発展させ、今日の台湾考古学の発展に多
大な貢献をした。

 交流協会といたしましても、生前の宋文薫氏のご功績に心より敬意と感謝を表し、同氏のご冥福
をお祈り申し上げます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 本日14時30分、本会群馬県支部が呉正男氏を講師に講演会【参加費無料、要申込み】

【呉正男先生高崎講演会】「台湾人の軍国少年、幸運の人生」

 笑いと涙の、ソ連(カザフスタン)抑留体験!

 昭和2年、台湾・斗六生まれの呉正男さんは、東京の中学に進学、在学中に陸軍特別幹部候補生
を志願、北朝鮮に駐留時敗戦。

 その結果、中央アジアの捕虜収監所で2年間、強制労働を余儀なくされる。

 いつも「死」と背中合わせだったはず・・・ですが、そこは呉正男さんです。

 辛く苦しいはずの体験を、呉正男さんは独特のユーモアで笑いにかえてしまいます。

 そんな呉正男さんのお話を聞きに、ちょっと高崎まで出かけてみませんか?

 東京や上野から、新幹線なら1時間弱、在来線でも2時間程度です。

 昼頃出発するもよし、朝早めに出発して榛名神社を参拝するとか、前橋も名所旧跡を訪ねるのも
いいと思います、最高の季節の日曜日を満喫しましょう!

                     記

◆日 時:平成28年5月15日(日) 14時30分(開場:14時10分)

◆会 場:ホテルメトロポリタン高崎 6階 「うぐいす」
     http://takasaki.metropolitan.jp/

◆参加費:無料!

◆申込み:要(申込みの際は、お名前・ご住所・連絡先を明記願います)
     E-mail:gunma_ritouki@yahoo.co.jp 
     FAX:027-352-7691

◆主催後援:日本李登輝友の会群馬県支部、台湾悠遊倶楽部

◆問合せ 090-5798-8196 山本まで

◆懇親会:あり(参加費:5,000円)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4>> 本日10時、11名が登壇して「第2回台湾大講演会」を開催 【入退場自由・事前予約不要】

 去る2月6日、本会副会長でもある文明史家の黄文雄氏は、台湾総統選後の台湾の現状、これから
の台湾の進路、さらには台湾と世界の国々とのこれからの関係についてなどをテーマに、黄文雄氏
をはじめ川村純彦(岡崎研究所副理事長)、多田恵(在日台湾同郷会理事)など6名が登壇して
「台湾大講演会」を開催した。

 本日、その第2弾の台湾大講演会を開催する。テーマは、第1部「台湾文化」、第2部「世界の台
湾」、第3部「台湾の安全保障問題」で、それぞれに興味深い。今回の登壇者は黄文雄氏を入れて
11名。朝10時からお昼をはさんで夕方4時50分までの長丁場で、参加費500円は安い。ふるってご参
加ください。

               ◇    ◇    ◇

◆日 時:平成28年5月15日(日)10:00〜16:50

◆場 所:文京区民センター 3階 3A会議室
     東京都文京区本郷4-15-14

     都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分、
     東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5分
     東京メトロ南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分
     JR水道橋駅東口徒歩15分
     都バス(都02・都02乙・上69・上60)春日駅 徒歩2分

◆プログラム

 第1部 【台湾文化】  10:00〜11:40       司会:黄文雄

  講師 洪  有錫(医療法人社団ダイワン会理事長)
     「瘴癘の島から美麗島に変わるまでのイラ・フォルモサ」
     山田 智美(ジャーナリスト)
     「台湾原住民の歴史文化とその未来」
     梶山 憲一(月刊「な〜るほど・ザ・台湾」顧問)
     「台湾アイデンティティーの行方 〜形成されつつある『台湾文化』とは?」

第2部 【世界の台湾】 13:00〜14:40      司会:柚原正敬

  講師 宮脇 淳子(歴史学者)
     「中国周辺諸民族と台湾」
     浅野 和生(平成国際大学教授・日台関係研究会事務局長)
     「日台関係基本法制定の必要性と制定の機運」
     柚原 正敬(日本李登輝友の会事務局長)
     「日本の台湾認識 姉妹都市と戸籍問題」

第3部 【台湾の安全保障問題】 15:00〜16:50  司会:澁谷司

  講師 宮崎 正弘(評論家・作家)
     「国際新秩序と台湾の安保」
     佐藤  守(元南西航空混成団司令・空将)
     「台湾の戦略環境─中国のミサイルに怯える必要はない!」
     石井  望(長崎純心大学准教授・笹川財団島嶼調査委員)
     「新南・尖閣の歴史が台湾の安全を決定する」
     澁谷  司(拓殖大学海外事情研究所教授)
     「中国を封鎖する『J型包囲網』の構築」

◆参加費:500円(資料代として)
     ※入退場自由。事前予約不要。

◆後 援:在日台湾同郷会 在日台湾婦女会 日本台湾医師連合 怡友会 台湾独立建国聯盟日本
     本部 日本李登輝友の会 日台関係研究会

◆主催・お問い合わせ
 黄文雄事務所
 FAX :03-3356-4717
 E-mail :humiozimu@hotmail.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。台湾ビール(瓶)と台湾フルーツビールの在庫
 は大丈夫です。【2015年7月28日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *new
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。