国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2638号】 羅福全・元駐日大使の回顧録『台湾と日本のはざまを生きて』

2016/04/13

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成28年(2016年)4月13日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2638]
1>> 羅福全・元駐日大使の回顧録『台湾と日本のはざまを生きて』
2>> 林全・次期行政院長が蔡英文政権の閣僚人事の第二弾を発表 陳美伶氏が官房長官に
3>> 台湾がアジアインフラ投資銀行(AIIB)への加盟を断念
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第12期:2月1日〜5月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

● 【戸籍問題】 「change.org」ネット署名にもご協力を![2015/10/20]
  https://goo.gl/IUINt8

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 羅福全・元駐日大使の回顧録『台湾と日本のはざまを生きて』

【本会ホームページ「お知らせ」:2016年4月8日】
http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160408/

 2000年から2004年の民進党政権で駐日代表を務めた羅福全氏の回顧録『台湾と日本のはざまを生
きて』が藤原書店より刊行されました。

 この本は、日本時代の台湾や人物の著作も多いジャーナリストの陳柔縉女史が羅大使の口述をま
とめたもので、台湾では2013年8月に天下文化出版社から『榮町少年走天下:羅福全回憶?』のタ
イトルで出版されたものの日本語訳です。

 奇しくも、3月に本会会長に就任したばかりの渡辺利夫・前拓殖大学総長が「『棄(すつ)るは
取るの法なり』の人生を生きた台湾人」と題した序文を寄せ「羅福全の人生は、一面では、台湾の
運命によって余儀なくされた不可避のものであった。しかし、他面では、国民党のブラックリスト
に載せられて安住の地を放棄させられ、母上逝去の報せを受けても帰郷できないという、普通の人
間であれば呪うべき己の人生を、まるで逆手に取るように自在に操り、ついには世界に知のネット
ワークを張ることに成功した希有の人物である」と評している。

・『台湾と日本のはざまを生きて─世界人、羅福全の回想』
・羅福全/著 陳柔縉/編著 小金丸貴志/訳 渡辺利夫/序
・四六判、上製、 352ページ ISBN: 9784865780611
・刊行日: 2016年2月
・定価:3,888円(税込)
http://www.fujiwara-shoten.co.jp/shop/index.php?main_page=product_info&products_id=1487

 下記に4月3日付の毎日新聞「今週の本棚・新刊」欄に掲載された書評をご紹介したい。

                ◇    ◇    ◇

台湾で出版された『榮町少年走天下:羅福全回憶?』

 2000〜04年に台湾駐日代表を務めた羅福全氏の回顧録。1935年生まれの羅氏は裕福で教育熱心な
家に育ち、6歳の時、「より良い就学環境」を求める母に連れられ日本へ渡り、戦時中の学童疎開
も経験した。台湾に戻ったのは戦後の46年。

 台湾大卒業後、早稲田大大学院を経て米ペンシルベニア大大学院へ留学した。台湾独立運動に参
加したため国民党独裁下の台湾へ戻れなくなったが、国連の経済専門家として長年、世界中を飛び
回った。

 数奇を極めた人生の中で独特な人脈を築いたことに驚かされる。後にノーベル経済学賞を受賞す
るクラインに師事し、米駐日大使を務めたライシャワーや朱鎔基元中国首相ら多くの著名な学者、
政治家らと出会っている。中国が反発した李登輝元総統の訪日は、羅氏が駐日代表の時だった。

 60年安保闘争でブントの中枢にいた生田浩二と、米留学時代に親友だったことも興味深い。不慮
の火事で亡くなった生田夫妻の葬儀、追悼式は羅氏がおこなったという。

 談話を台湾のコラムニストがまとめたものだが、含蓄に富むエピソードが平易につづられ、一気
に読ませる。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 林全・次期行政院長が蔡英文政権の閣僚人事の第二弾を発表 陳美伶氏が官房長官に

 蔡英文・次期総統の閣僚人事が粛々と進んでいる。昨日、林全・次期行政院長は総統府秘書長
(官房長官に相当)に台南市政府の秘書長を務める陳美伶氏を充てるなど閣僚人事の第二弾を発表
した。

 ちなみに陳美伶氏は、1958年、花蓮県に生まれ、政治大学で法学を専攻して博士課程を修了後に
法務部(法務省に相当)に入り、科長や参事などを経、行政院副秘書長や文化大学副教授などを歴
任後、2010年から頼清徳市長の下で台南市政府の秘書長をつとめている。

 蔡英文政権は初の女性総統であり、総統と副総統を除く総統府トップで閣僚級の秘書長も女性と
なる。

----------------------------------------------------------------------------------------

新政権の閣僚人事第二弾が発表
【台湾国際放送:2016年4月12日】

 新たな政権での行政院長に決まっている林全氏が閣僚人事第二弾を発表した。今年1月の次期総
統選挙で最大野党・民進党の候補、蔡英文・主席が当選したことで、5月20日には政権が交代す
る。林全氏は組閣作業にあたっているが、12日、閣僚人事第二弾を明らかにした。

 それによると、官房長官に相当する行政院の秘書長には、現在、台湾南部・台南市で市政府の秘
書長を務める陳美伶・女史、法務部長には台湾北部・桃園市の邱太三・前副市長、さらに行政院農
業委員会主任委員には台湾南部・屏東県の曹啓鴻・前県長、行政院環境保護署長には民進党籍の立
法委員(比例代表)の李応元氏が就任する。

 また、労働部長は、現在の労働部次長である郭芳煜氏、国家発展委員会の主任委員は国立台湾大
学経済学部の陳添枝・教授が担当する。そして、台湾南部・高雄市の呉宏謀・副市長が行政院公共
工程委員会の主任委員を務める。陳添枝氏と呉宏謀氏は、無任所大臣に相当する政務委員も兼務す
る。

 林全氏は、向こう一週間以内に第三弾の人事を発表するとしている。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 台湾がアジアインフラ投資銀行(AIIB)への加盟を断念

 中国が主導して昨年12月に57カ国を創設メンバーとして発足したアジアインフラ投資銀行
(AIIB)への台湾加盟について、習近平・国家主席は何度も歓迎すると表明していたものの、中国
による実質的な加盟拒絶により、台湾が加盟を断念した。

 理由は簡単だ。香港と同じように、中国の財政部を通じて加盟申請しなければならないとAII
B総裁が発表したことによる。つまり、中国は台湾を主権国家と認めなかったからだ。下記に産経
新聞の記事を紹介したい。

 案の定というべき中国の台湾拒否となった。だが、AIIBには未だ日本もアメリカも加盟して
いない。なぜなら、AIIB構想と同時に発表した「一帯一路構想」は言うまでもなく、AIIB
構想と表裏一体を為す。パキスタンや中央アジアばかりでなく、東南アジア諸国をも政治的・経済
的な勢力圏内に収めようというのが中国の思惑と考えているからだろう。

 ましてや、日本やアメリカは1966年に発足したアジア開発銀行(ADB)の出資比率1位と2位の
国であり、安倍晋三首相は昨年5月21日、東京で開催された「アジアの未来」の晩餐会で、今後5年
間で13兆円をアジア開発銀行と連携するかたちでアジアのインフラ建設に投じると表明している。

 台湾はアジア開発銀行の創設メンバーだ。中国の実質的な加盟拒絶は、台湾が日米とともに歩む
道を指示してくれたとも言える。

-----------------------------------------------------------------------------------------

【アジアインフラ銀】台湾が加盟見送り
加盟は中国財務省を通じて行う必要あるとの見解で決裂 「条件受け入れられない」
【産経新聞:2016年4月12日】

 【台北=田中靖人】台湾の張盛和財政部長(財務相に相当)は12日、中国が主導して設立したア
ジアインフラ投資銀行(AIIB)への加盟問題で、AIIB側が示している条件を「受け入れら
れない」として、加盟交渉が事実上、決裂したことを明らかにした。

 複数の台湾メディアの取材に答えた。

 報道によると、AIIBの金立群総裁は7日に香港で講演。香港の加盟申請は中国財務省を通じ
て行う必要があるとし、「台湾の状況も同じだ」と述べた。

 AIIB設立協定の第3条3項は、申請者が主権国家でない場合、「その国際関係に責任を負う加
盟国」が同意するか、申請手続きを代行する必要があると定めている。中国政府は台湾を「中国の
一部」とみなしており、元中国財務次官の金総裁の発言は、この原則を“代弁”するものだ。

 台湾側は昨年3 月、創設メンバーとしての加盟を申請したが、中国側が拒否。馬英九総統はその
後も「尊厳と平等」を条件に加盟を求めるとし、中国の習近平国家主席は同11月の中台首脳会談で
「適当な方法」での台湾の加盟に言及した。だが、AIIB側は、再申請の必要があるかどうかな
どの問い合わせに一切回答していないという。

 一連の対応を受け、張氏は、再申請はしないと明言。加盟問題は「新政権が決めるべきだ」とも
述べたが、5月に発足する民主進歩党政権がAIIB側の条件を受け入れる可能性は低いとみられ
る。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。台湾ビール(瓶)と台湾フルーツビールの在庫
 は大丈夫です。【2015年7月28日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *new
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。