国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2628号】 台湾の新政権と蔡英文  アンディ・チャン

2016/03/28

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成28年(2016年)3月28日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2628]
1>> 台湾の新政権と蔡英文  アンディ・チャン
2>> 訃報 高菊花さん  片倉 佳史
3>> 熊本の教育者・志賀哲太郎…台湾で慕われる「聖人」の顕彰進む
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 台湾南部地震「お見舞い募金」【2月7日開設】
 *3月24日現在の募金額:520万円(493人)
 *2月29日に締め切りましたが、その後も寄せていただいていますので表示を続けます。
 *本会facebookで、募金者イニシャルや募金額などの一覧を公表しています。
  http://goo.gl/qQUX1
 *4月7日、頼清徳・台南市長にお会いして募金を直接手渡すことになりました。

● 桜募金にご協力を!【募金要項は本誌下覧に掲載】
 *3月25日現在の募金額:65万8,500円(64人)
 *募金は3月末まで行い、台日文化経済協会への河津桜の苗木200本は3月29日に寄贈予定です。

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第12期:2月1日〜5月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

● 【戸籍問題】 「change.org」ネット署名にもご協力を![2015/10/20]
  https://goo.gl/IUINt8

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 台湾の新政権と蔡英文  アンディ・チャン

【Andyの国際ニュース解説(AC通信No.586):2016年3月26日】

 ロスの台湾同郷会で「台湾の政治現状討論会」と言う催しがあり、私もパネリストとして招かれ
ていたのだが、ちょうど前日に奥歯を抜いたところだったので参加できなかった。

 討論会の主旨は海外に住む台湾人が蔡英文の新政権に対する期待や意見を討論したいということ
である。今年1月の選挙で蔡英文が総統に選出され、立法院つまり国会議員の選挙では国民党が惨
敗した。このあと新国会はすでに開会したが総統の就任式は5月20日、あと2か月ある。

 戦後70年の間、台湾は国民党独裁に統治されていた。2000〜2007年に台湾人の陳水扁が総統に選
出されたが、陳水扁執政の時代でも立法院は国民党多数で、政策は中国人の国民党に振り回され、
陳水扁総統が任期を終えるとすぐに冤罪で監獄に入れられた。

 今年の選挙で初めて総統と国会が台湾人多数となり、中国人の独裁を断ち切ることが出来たので
台湾人は新政権に大きく期待している。外省人(中国人)独裁が70年も続いていたのだから新政権
がなすべきことはたくさんある。海外に住む台湾人にも新政権に期待している。私は討論会に参加
できなかったのでここで意見を述べてみたい。

●有益なこと、無益なこと

 民衆は直接政治に携わっていない。新政権にいろいろ注文しても政府が全て期待通りにならな
い。出来ること、出来ないこと、優先順序がある。

 台湾には200以上の政治団体があり、そのほとんどが台湾独立を主張する団体である。民進党と
時代力量党の2つの政党の外は国会議員を出していないから、政治に直接関与できない。また団体
がいくつもあるということは、政治主張や独立の方法に違いがあるからだ。

 これらの政治団体が団結して一つの政党を作れば大きな政治力を発揮できるが、今のところ団結
する気配はない。従って、彼らはそれぞれが新しく選出された蔡英文総統が理想通りに台湾独立を
完成することに希望を持っているのである。

 海外の台湾人も台湾独立にいろいろ意見があるがまとまっていない。蔡英文、民進党について期
待もあり懸念もある。殊に4年前の選挙の際に蔡英文は「台湾は中華民国であり、中華民国は台湾
である」と発言したので、多くの人が失望した。今回はこのような発言はしていない。

 新政権がまだ発足していないうちから反対意見を出す人もいる。まだ就任していないうちから批
判や反対をされたら、蔡英文はやり難い。海外の台湾人はなるべく無益な批判をせず、応援と建言
に止めるべきである。

●蔡英文は台湾人が選んだ総統である

 台湾は中国の領土ではない。だが台湾は、まだ独立していないし、台湾と呼ぶ国はまだない。
従って、台湾名義で国連に参加することはできない。国連に参加するなら台湾国が成立してからで
ある。台湾が独立していないのに国連への加入運動は無駄である。

 ある団体はアメリカが台湾の主権を握っていると主張しているが、これには根拠がないしアメリ
カも承認しない。彼らはサンフランシスコ平和条約の第23条にアメリカが主要占領国である書いて
いると言うが、第23条にはアメリカが台湾の主権を持つと書いていない。

 アメリカは戦後日本の主要占領国だった。サンフランシスコ平和条約の第6条に、占領軍は本条
約の発効90日以内に日本から撤退しなければならないと明記している。つまり、日本占領はサンフ
ランシスコ平和条約で終結したのである。

 日本は条約の第2条bで台湾・澎湖の主権を放棄したが、アメリカに譲与したのではない。

 台湾の主権は台湾人民にある。台湾独立は中華民国政権を倒して台湾国を建国する革命方法、も
う一つは台湾正名と台湾憲法の制定によって独立する2つの道がある。

 今回の選挙で大多数の台湾人が中華民国の投票で政権を取得し、蔡英文を総統に選出した。革命
は多数意見ではない。アメリカは台湾の主権を持っていないから、蔡英文当選に祝電を送った。

 つまり、蔡英文は人民が選んだ総統で、人民は正名制憲の道を選んだのである。これまで台湾独
立を主張し、中華民国に反対する団体は中国人の政権に反対だったが、これからは蔡英文政権を批
判すれば台湾人の選んだ方法に反対することになる。

●新政権の諸問題と民間提案

 蔡英文は5月にならなければ政権を発足できない。まだ就任していないのにすでに民間からあれ
これ注文をつけられている。それだけ人民の期待が大きいわけだ。

 新政権にやるべきことはいろいろある。司法改革、軍隊と警察の非国民党化、マフィア追放と治
安の改善、国民党が違法に私有した日本時代の財産の返還、国民投票法改正、正名制憲、陳水扁冤
罪の調査、現状維持と独立主張、新憲法の作成、経済政策と国際貿易、中台、日台、米台関係な
ど、問題が山積している。

 民間人にできることは、第1に新政権の批判を控えること、第2に諸問題について優先順序を提案
すること、諸問題について草案を作り提案すること、第3に政府の政策に反対ではなく改良を提案
すること、などである。

 私見を言えば、新政権が真っ先にすべきことは司法改革である。司法の独立を確立し、政治家や
大物犯罪者を正しく裁き罰する法律を作ることである。これまで国民党は政治家や有名人の違法行
為を処罰せず正義が通らなかった。真の民主主義国家とは司法の独立と実行力を確立することであ
る。

 次にすべきことは中国、中国人の影響力を排除すること。政治家や警察、公務員などが国民党の
影響下で新政権をボイコットするようでは何もできない。台湾の軍隊は中国と戦う戦力と士気があ
るか。警察はマフィアに無力で、警察とマフィアの狎れ合いや汚職を一掃しなければ正義は通らず
治安は維持できない。

 司法、立法、行政が確立してこそ新政権は成功し独立を達成できる。

 われわれ人民は新政権を監督し建言は出来るがなるべく批判や反対を控え、新政権を見守り応援
すべきである。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 訃報 高菊花さん  片倉 佳史

 3年前の2013年7月6日、映画「台湾人生」の酒井充子(さかい・あつこ)監督の映画「台湾アイ
デンティティー」が東京・東中野の「ポレポレ東中野」で公開され、全国ロードショウーが開始さ
れた。

 映画「台湾アイデンティティー」に登場したのは日本語世代の6人。

 台湾少年工として神奈川県の高座海軍工廠で働き、挺身隊員だった妻を連れて戦後台湾に戻って
小学校教員を務めた黄茂己さん。

 日本兵として終戦を迎えたインドネシアに残り、同志とともにインドネシア独立運動を戦った宮
原永治さん。

 航空通信士として北朝鮮で敗戦を迎え、苛酷なシベリア抑留を体験して日本へ戻り、日本人女性
と結婚した本会理事の呉正男さん。

 台湾人の父と日本人の母をもち、台湾独立派の日本語冊子を翻訳しようとして反乱罪で逮捕さ
れ、緑島に8年間収監された張幹男さん。

 そして、エリートの父親を蒋介石の白色テロで処刑され、自身も長年にわたって執拗な尋問を受
け続けた台湾原住民族、ツオウ族の高菊花さんだ。高菊花さんの叔父で、海軍志願兵となった鄭茂
李さんも登場した。

 その高菊花さんが去る2月20日に亡くなったという。片倉佳史氏のメルマガ「片倉佳史の台湾便
り」で知った。謹んでご冥福をお祈りするとともに哀悼の意を表し、映画「台湾アイデンティティー」
で紹介されたプロフィールを掲載したい。

高菊花:(日本名:矢多喜久子/ツオウ族名:パイツ・ヤタウヨガナ)
1932年(昭和7年)、阿里山のふもと達邦(タッパン)で生まれる。ツオウ族のリーダーだった高
一生(日本名:矢多一生、ツオウ族名:ウオン・ヤタウヨガナ)の長女。戦前は日本人と同じ小学
校に通い、6年生のときに敗戦。戦後は師範学校に学び、米国留学準備中に父が逮捕、処刑され
る。母と9人の兄弟姉妹の生活を支えるため歌手となるも、国民党による尋問が続いた。1971年
(昭和46年)、自首証を提出し、17年ぶりにほぼ自由の身となる。

◆映画「台湾アイデンティティー」DVD
 https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

-----------------------------------------------------------------------------------------
【片倉佳史の台湾便り:2016年3月26日(第102号)】
http://katakura.net/

 2月20日、嘉義県在住の高菊花さんが他界されました。阿里山ツォウ族のエリートであり、国民
党による白色テロの犠牲者でもあったウオング・ヤタウヨガナ(日本名・矢多一生、漢名・高一
生)の娘さんです。

 私はご縁をいただき、何度かお話をうかがう機会をいただきました。白色テロ、そして、国民党
独裁政権時代と、とてもつらい日々を過ごしてきたにもかかわらず、いつも力のある表情を見せて
くれていました。

 私は「キクさん」と呼ばせていただいていましたが、もう一度、ゆっくりお会いしたかったで
す。合掌。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 熊本の教育者・志賀哲太郎…台湾で慕われる「聖人」の顕彰進む

 一昨日の本誌で、今でも台湾で「大甲(たいこう)の聖人」と慕われる教育者の志賀哲太郎(し
が・てつたろう)が故郷・熊本県益城町(ましきまち)において顕彰の機運が盛り上がり、来る5
月28日には、志賀哲太郎先生顕彰会実行委員会の主催により「志賀哲太郎先生生誕150年記念顕彰
会」(共催:益城町、益城町教育委員会)開催の運びになったことをお伝えした。

 また併せて、志賀のご遺族の澤田寛旨(さわだ・ひろし)氏を団長に有志7名が事績調査を兼ね
て台中市大甲区訪問をレポートした折田豊生氏(志賀哲太郎先生顕彰会実行委員会事務局)による
「台湾大甲訪問記」も紹介した。

 奇しくも、翌日の産経新聞がこの動きを詳しく報じた。下記にご紹介したい。

-----------------------------------------------------------------------------------------
熊本の教育者・志賀哲太郎…台湾で慕われる「聖人」の顕彰進む
【産経新聞:2016年3月27日】

http://www.sankei.com/region/news/160327/rgn1603270022-n1.html
写真:台湾で志賀哲太郎の墓参りを行う「志賀哲太郎先生顕彰会」の先遣訪問団(同会提供)

 明治から大正期にかけ、日本統治下の台湾に熊本から渡り、小学校の見習い教員(代用教員)と
して児童教育に一身をささげた日本人がいた。熊本県益城町出身の志賀哲太郎(1865−1924)で、
台湾では「聖人」として敬愛されている。昨年生誕150年を迎えて以後、志賀の功績を後世に伝え
ようと、台湾、熊本の双方で顕彰活動が本格化している。(南九州支局 谷田智恒)

               ◇    ◇    ◇

 志賀は慶応元年に生まれた。青年期に熊本から上京し、法律を学んだ。明治29年に32歳で台湾に
渡った。

 その数年後、「教育に情熱を注ごう」と決意し、台中の北西部の街、大甲で、台湾人の子弟が通
う公学校(小学校)の見習い教員になった。その後、59歳で死去するまで四半世紀にわたり、現地
で子供たちの教育にあたった。

 当時は、教育への父母の理解が得られず、就学率も高くはなかった。そんな中、志賀は日曜日に
なると手弁当で就学適齢期の子供たちの家を訪ねて回り、根気強く登校を勧めた。

 小学校では、文具を持たない子供たちには自ら買い与えたり、学費が払えない子供には身銭を
切ってでも通学させるなど、支援を惜しまなかった。

 そんな努力と誠意はやがて実を結ぶ。出席率や進学率は群を抜き、大甲から台湾各界で活躍する
人材を数多く輩出した。

 志賀は台湾の教育界に多大な貢献をした。だが、台湾総督府の官吏による圧政と、台湾人の民族
運動の高まりで、両者の板挟みに遭う。思い悩んだ末、大正13(1924)年、入水自殺した。

 教え子らは志賀をしのび、山の中腹に墓碑を建てた。志賀はいつしか「大甲の聖人」と呼ばれる
ようになった。戦後、台湾にあった日本人墓地は一カ所に移転するため取り壊されたが、地元の住
民は志賀の墓を守った。

                  ×  ×  ×

 志賀の名前は長らく忘れられていたが、ここにきて熊本県の教育関係者や益城町の間で「郷土の
偉人、志賀の人となりを見つめ直してはどうか」と顕彰の動きが持ち上がった。

 昨年秋、郷土史家や熊本の「日台交流を進める会」などと「志賀哲太郎先生顕彰会」を発足させ
た。

 台湾の高雄と熊本を結ぶ航空直行便も就航し、台湾への関心が高まった。

 顕彰の動きは生誕150年をきっかけに、活発化した。顕彰会は今年2月、先遣訪問団7人が台湾で
お墓参りをした。大甲区公所(区役所)を表敬訪問し、教鞭(きょうべん)を執った小学校などゆ
かりの地を訪ねた。

 顕彰会事務局の折田豊生氏は「現地で台湾の街の文化的基礎を作り上げた、神様のような存在と
して志賀が語り継がれていることに、驚くほかなかった」と話す。

 帰国後、折田氏らは早速、志賀の一生をたどる冊子作りに取りかかった。5月28日には益城町文
化会館で生誕150年の記念イベントを開催することも決めた。

 顕彰会のアドバイザー、県立大津高校元校長の白浜裕氏は「今の台湾が親日なのは志賀ら日本人
教育者が一生懸命、子供たちを育てた成果だ。将来、益城町と大甲区の子供たちの交換ホームステ
イなど草の根交流につなげたい」と語った。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 桜募金ご協力のお願い 日本から台湾に桜を贈り一緒にお花見をしよう!!
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20151217/

【桜募金要項】

◆ 1口=2,000円

 *募金にご協力いただいた方全員のお名前のプレートを植樹した桜に掛け、長く銘記する予定です。

 *15口(3万円)以上の篤志者の方には、李登輝元総統ご揮毫の色紙「為国作見證」(印刷)と
  「我是不是我的我(私は私でない私)」文鎮を贈呈の予定です。

◆募金期間 平成27年(2015年)12月15日〜同28年(2016年)3月31日

 ・郵便貯金
  日台桜基金会 (ニッタイサクラキキンカイ)
  記号・番号:10000・30439851

 ・ゆうちょ銀行
  日台桜基金会 (ニッタイサクラキキンカイ)
  店名:〇〇八(ゼロゼロハチ) 店番:008 普通預金:3043985

 ・銀  行
  三菱東京UFJ銀行 本郷支店 普通 0149224
  日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
  (ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

 ・郵便振替  *「桜募金」と明記して下さい。
  日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
  00110−4−609117

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

-----------------------------------------------------------------------------------------

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。台湾ビール(瓶)と台湾フルーツビールの在庫
 は大丈夫です。【2015年7月28日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *new
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。