国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2622号】 オピニオンサイト「iRONNA(いろんな)」で李登輝総統を特集

2016/03/22

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成28年(2016年)3月22日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2622]
1>> オピニオンサイト「iRONNA(いろんな)」で李登輝総統を特集
2>> 蔡英文氏に頌彦守真・群馬県台湾総会事務局長が寄贈した高崎だるまが台湾で大人気
3>> NHK交響楽団が6月3日、4日に断交後初の台湾公演を実施
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 台湾南部地震「お見舞い募金」【2月7日開設】
 *3月20日現在の募金額:517万9,061円(490人)
 *募金は2月29日に締め切りましたが、その後も寄せていただいていますので表示を続けます。
 *本会facebookで、募金者イニシャルや募金額などの一覧を公表しています。
  http://goo.gl/qQUX1

● 桜募金にご協力を!【募金要項は本誌下覧に掲載】
 *3月14日現在の募金額:60万2,500円(59人)
 *募金は3月末まで行い、台日文化経済協会への河津桜の苗木200本は3月29日に寄贈予定です。

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第12期:2月1日〜5月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

● 【戸籍問題】 「change.org」ネット署名にもご協力を![2015/10/20]
  https://goo.gl/IUINt8

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> オピニオンサイト「iRONNA(いろんな)」で李登輝総統を特集

【本会ホームページ「お知らせ」:2016年3月21日】
http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160321-2/

 オピニオンサイト「iRONNA(いろんな)」をご存知だろうか。

 開設は2014年9月とのことで、運営元は産経新聞グループの産経デジタルだが、国内の出版社5社
と提携して豊富な雑誌記事や論文を掲載し、総合的なオピニオンサイトを目指しているということ
だ。

 このサイトの目玉は、著名な雑誌編集長らが交代で「当番編集長」を務め、テーマに沿ったまと
め編集を行うことにあるという。

 確かにサイトに紹介されている「当番編集長」一覧を見ると、『月刊WILL』の花田紀凱編集長を
はじめ『月刊Voice』や『正論』『月刊Wedge』『歴史通』など、台湾に関心を寄せる人にはお馴染
みの雑誌の編集長が顔を揃えている。

 このオピニオンサイト「iRONNA(いろんな)」が「なぜ李登輝は日本を愛するのか」と題した李
登輝総統特集を掲載しているのでお知らせしたい。

 特集の冒頭では「『尖閣は日本固有の領土である』。いま国際社会でこう公言できる指導者がど
れだけいるだろうか。親日家として知られる元台湾総統、李登輝氏は、中国の覇権が拡大し、わが
国を取り巻く危機的情勢を誰よりも憂慮する一人である。なぜ李登輝は日本をこれほど愛するの
か。その素顔に迫る」と紹介され「わが友、日本人へ」「日本人が忘れた絆」「李登輝と司馬遼太
郎」「学者総統の脱帽」などのテーマで、産経新聞や提携する出版社掲載の論文を一挙に掲載して
いる。

 5月の蔡英文政権発足を控え、日本でも「新しい台湾」のスタートに大きな関心が集まってい
る。ただ、退任して時間が経つとはいえ、日本ではまだまだ「台湾といえば李登輝」という求心力
の高さは一向に衰えていない。台湾を愛し、日本を愛する李総統の日本人に向けたエールを今一度
とっくりお読みいただきたい。

◆オピニオンサイト「iRONNA(いろんな)」李登輝総統特集「なぜ李登輝は日本を愛するのか」
 http://ironna.jp/theme/319

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 蔡英文氏に頌彦守真・群馬県台湾総会事務局長が寄贈した高崎だるまが台湾で大人気

 総統選挙で当選した蔡英文氏が主席をつとめる民進党の選挙対策本部に、日本から贈った「高崎
だるま」が人気を博しているという。

 これは、昨年10月の蔡英文氏来日時に、本会理事で群馬県台湾総会会長の頌彦真賢(うたさと・
しんけん)氏夫人で、同総会事務局長の頌彦守真(うたさと・もりみ)さんが贈った高崎だるま。

 本会が1月に実施した「2016年 総統・立法委員選挙視察ツアー」でも成田空港で仕入れた「だる
ま」を持参し、台南市の民進党候補の林俊憲氏、台中市の時代力量候補の洪慈庸氏、台北市の時代
力量候補の林昶佐氏にそれぞれ差し上げている。もちろん、全員当選している。

 1月16日の開票速報を見守った台湾独立建国聯盟本部にもだるまを贈り、蔡英文氏の当確が出た
時点で、陳南天・主席がだるまに墨を入れて両目を開き、参加者全員で万歳をした。

 台湾の人々もこの日本ではお馴染みの風習を受け入れ、特に若者を中心に人気を博しているとい
う。産経新聞の記事をご紹介したい。

               ◇    ◇    ◇

高崎だるまが台湾総統選で「御利益」 現地で若者中心に人気
【産経新聞:2016年3月22日】

 高崎市の名産品「高崎だるま」が、台湾で人気だ。1月の総統選で勝利した民主進歩党(民進
党)の蔡英文主席の選挙対策本部に置かれ、話題になった。「勝利に一役買った」だるまは、現地
の国史研究所で一般展示される話も持ち上がっているという。

 蔡氏の「選挙だるま」を作ったのは高崎市の「だるまのふるさと大門屋」の中田純一さん
(63)。職人歴約40年で、福田康夫元首相がジョージ・ブッシュ前米大統領に土産で渡すだるまに
絵付けしたこともある。

 昨年10月、蔡氏が来日した際、県内の台湾出身者らがつくる「県台湾総会」事務局長の頌彦守真
(うたさと・もりみ)さん(58)の依頼でだるまに「蔡英文」「必勝」などと書き入れた。蔡氏は
東京都内のホテルで日本の支援者を前に、笑顔で片目に墨を入れ、年末には中田さんに蔡氏の礼状
が届いた。

 だるまは地元メディアにも紹介され、御利益もあってか、総統選で蔡氏が圧勝。頌彦さんによる
と、選挙後、だるまは若者を中心に人気で、2月下旬、追加注文の約3千個を台湾に発送。総統府直
属の「国史館」から「一般向けに展示したいが、おたき上げしないで大丈夫だろうか」と問い合わ
せもあったという。

 中田さんは約5年前からフランスや中国で絵付けの実演をしているほか、群馬を訪れる台湾の修
学旅行生にも絵付けの指導を続けてきた。「伝統工芸のだるまが世界に広がることはうれしい。一
生懸命作った物を届けたい」と話している。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> NHK交響楽団が6月3日、4日に断交後初の台湾公演を実施

 日本最初のプロ・オーケストラの「N響」こと「NHK交響楽団」が来る6月、台湾で1971年以
来、45年ぶりに公演するという。台湾の台湾国際放送の記事をご紹介したい。

 日本と台湾が断交したのは1972年(昭和47年)9月。つまり、断交後、初の公演となる。東日本
大震災当時、台湾が提供した様々な支援に改めて感謝の気持ちを伝えることが目的だという。

 NHK交響楽団は公共放送のNHKによる交付金を中心に支援を受けている公益財団法人。中国
の妨害を想定し、東日本大震災への感謝という「大義」を立てたのだろうが、交付金は、放送法で
「放送番組編集上必要な劇団、音楽団を維持し、養成し、又は助成すること」を根拠に支出されて
いるというから、公益財団法人とはいうものの、NHKからの出向者が歴代の理事長を務め、交付
金で成り立っているいわば「公共楽団」と言ってもいい、準国家楽団だ。

 公共性が強いこのNHK交響楽団が国交のない台湾で公演する意義は深い。日台関係が確実に変
わり始めている証左と見ていいだろう。

               ◇    ◇    ◇

NHK交響楽団、45年ぶりに台湾公演
【台湾国際放送:2016年3月21日】

 日本のNHK交響楽団が45年ぶりに台湾で演奏する。NHK交響楽団は今年で創設90周年。日本
で最初のプロの交響楽団で、アジアを代表するオーケストラの一つだという。

 NHK交響楽団の木田幸紀理事長は21日の記者会見で、今年6月に台湾で公演すると明らかにし
た。木田理事長によると、このオーケストラが前回、台湾で演奏したのは1971年で、今年の公演は
45年ぶりとなる。今回、NHK交響楽団は、東日本大震災から5年となったことから、進んで台湾
公演を計画、当時、台湾が提供した様々な支援に改めて感謝の気持ちを伝えることにした。

 NHK交響楽団は6月3日と4日に、国家コンサートホールで演奏。指揮は下野竜也氏が務める。
曲目は、モーツァルトのフィガロの結婚、ドボルザークの交響曲第9番第三楽章、ブラームスの交
響曲第2番などで、二日目には国際的なコンクールで数多くの受賞経験のあるバイオリニスト、神
尾真由子さんが共演、チャイコフスキーのバイオリン協奏曲第一楽章を披露するという。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 桜募金ご協力のお願い 日本から台湾に桜を贈り一緒にお花見をしよう!!
 http://www.ritouki.jp/index.php/info/20151217/

【桜募金要項】

◆ 1口=2,000円

 *募金にご協力いただいた方全員のお名前のプレートを植樹した桜に掛け、長く銘記する予定です。

 *15口(3万円)以上の篤志者の方には、李登輝元総統ご揮毫の色紙「為国作見證」(印刷)
  と「我是不是我的我(私は私でない私)」文鎮を贈呈の予定です。

◆募金期間 平成27年(2015年)12月15日〜同28年(2016年)3月31日

 ・郵便貯金
  日台桜基金会 (ニッタイサクラキキンカイ)
  記号・番号:10000・30439851

 ・ゆうちょ銀行
  日台桜基金会 (ニッタイサクラキキンカイ)
  店名:〇〇八(ゼロゼロハチ) 店番:008 普通預金:3043985

 ・銀  行
  三菱東京UFJ銀行 本郷支店 普通 0149224
  日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
  (ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

 ・郵便振替  *「桜募金」と明記して下さい。
  日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
  00110−4−609117

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

-----------------------------------------------------------------------------------------

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。台湾ビール(瓶)と台湾フルーツビールの在庫
 は大丈夫です。【2015年7月28日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *new
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。