国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2612号】 タイワンダー☆と日台若手交流会が頼清徳・台南市長に義捐金を手渡す

2016/03/07

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成28年(2016年)3月7日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2612]
1>> タイワンダー☆と日台若手交流会が頼清徳・台南市長に義捐金を手渡す
2>> 国民党の主席選挙で路線対立が顕在化 洪秀柱氏が優勢か
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 台湾南部地震「お見舞い募金」【2月7日開設】
 *3月4日現在の募金額:494万2,401円(485人)
 *募金は2月29日に締め切りましたが、郵便振替の振り込み確認にタイムラグが生じていること
  や締切後にも寄せていただいていますので、募金額表示を続けます。
 *本会facebookで、募金者イニシャルや募金額などの一覧を公表しています。
  http://goo.gl/qQUX1

● 王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)のお申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 桜募金にご協力を!【募金要項は本誌下覧に掲載】
 *3月4日現在の募金額:56万2,500円(55人)
 *募金は3月末まで行い、台湾側の受け入れ事情により河津桜の苗木200本は3月中旬の寄贈予定
  となっています。

● 【戸籍問題】 本会のネット署名にご協力を!【第12期:2月1日〜5月31日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

● 【戸籍問題】 「change.org」ネット署名にもご協力を![2015/10/20]
  https://goo.gl/IUINt8

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> タイワンダー☆と日台若手交流会が頼清徳・台南市長に義捐金を手渡す

 本誌前号でお伝えしたように、3月4日、台湾応援ゆるキャラの「タイワンダー☆」が初めて里帰
りし、日台若手交流会の加藤秀彦代表とともに頼清徳・台南市長に義捐金を届けた。

 台南市政府の広報が伝えるとともに、中央通信社が報じているので下記に紹介したい。

◆?市長感謝「台灣達」來台南親交善款 並以實際行動宣傳台南
 http://www.tainan.gov.tw/tainan/news.asp?id={126C707F-632B-4619-B7AD-B5F9C364573A}

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾南部地震 日本民間団体のゆるキャラら、175万円を寄付
【中央通信社:2016年3月5日】

http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201603050009.aspx
写真:左から日台若手交流会の加藤秀彦代表、タイワンダー☆、台南市の頼清徳市長=台南市政府
   提供

 (台南 5日 中央社)117人が亡くなった先月6日の台湾南部地震。日本の民間団体「台湾を応援
する会」のゆるキャラ「タイワンダー☆」と、日台若手交流会の加藤秀彦代表が4日、被災地の台
南市を訪問し、日本で集めた義援金175万円を同市の頼清徳市長に手渡した。 

 頼氏のフェイスブックによると、同市政府はこれまでに、日本から100通を超える見舞いの手紙
と、9000万円以上の義援金を受け取ったという。頼氏は、東日本大震災と今回の地震で、台湾人と
日本人が互いに行った支援は、双方の関係の深さを表していると指摘。台南は無事であり、より多
くの日本人に同市を訪れてほしいと語っている。 

 台湾を応援する会は、東日本大震災で台湾が世界最多の義援金を送ったことをきっかけに、日台
の絆を深めようと発足された。同会のゆるキャラ「タイワンダー☆」は5日から、同市の観光地を
巡り、PR映像の撮影などを行っている。 

                               (張栄祥/編集:杉野浩司)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 国民党の主席選挙で路線対立が顕在化 洪秀柱氏が優勢か

 先の総統選挙と立法委員選挙で大敗北を喫した台湾の中国国民党は、その後どうなったのかいさ
さか気になっていた。2月22日、主席選挙の届け出があり、投票日は3月26日だという。

 産経新聞がこの間の国民党の情勢について、「路線対立が早くも顕在化」し「内紛の火種を残し
たまま民主進歩党政権に立ち向かうことになる」として「党勢回復が見通せない」と報じている。

 主席選挙に立候補には、200万元から160万元に引き下げられた供託金の納入と、党員の3%
(9,600人)の署名届け出が義務付けられている。この条件をクリアしたのは、総統候補から降ろ
された前立法院副院長で外省人派の洪秀柱氏や前嘉義市長で本土派の黄敏恵氏ら4人だが、戦いは
この女性候補2人に絞られたようだ。

 産経記事にあるように、国民党の党員は約32万人。そのうち活発な投票行動をするのが退役軍人
とその家族9万人で作る党内組織「黄復興党部」といわれ、この黄復興党部が洪秀柱氏を支持して
いるという。

 総統選挙と立法委員選挙で国民党が大敗した原因は馬英九政権の経済政策の失敗にあるが、台湾
の民意を組み取れなかったことにもある。優勢が伝えられる洪秀柱氏は、朱立倫主席からでさえ
「台湾の主流の民意から離れている」と批判され、総統選の候補者から降ろされた経緯がある。し
かし、洪氏が「台湾と中国との統一」発言を捨てたとは寡聞にして知らない。

 つまり、国民党は少数野党に転落したことで求心力を失って先鋭化することが予想され、やはり
洪秀柱氏が主席に当選する可能性は高い。主席に当選したら、いっそう中国との関係を強化する方
向に転じていくものと予測される。

 蔡英文政権の中国政策も見逃せないが、国民党主席に誰が当選するかも見逃せない。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾・国民党はついに内紛含みに 主席補選で路線対立が顕在化 党名から「中国」削除案も…
【産経新聞:2016年3月6日「国際情勢分析」】

 1月16日の総統選で敗れた台湾の中国国民党の党勢回復が見通せない。総統選の候補者だった朱
立倫氏(54)の主席辞任に伴う補選の受付を今月22日にようやく行ったものの、路線対立が早くも
顕在化している。補選の結果、有力女性候補2人のいずれが主席に就任しても、内紛の火種を残し
たまま民主進歩党政権に立ち向かうことになる。

◆党名から「中国」削除案も

 国民党は3日の中央常務委員会で、1月16日の総統選と立法委員(国会議員に相当)選の敗北を総
括する報告書を採択した。報告書は、敗戦は予想していたものの、総統選で約300万票という大差
と、立法委員選で改選前から29議席減らして35議席に転落した結果は「予想と相当程度の差があっ
た」と認めた。その上で、敗因は、2014年11月末の統一地方選の敗北後、党改革の成果を出せず、
本来の支持者と中間層の双方の支持を得られなかったためだと分析。「00年に初めての政権交代で
直面した時よりも厳しい局面であることは疑いがない」と危機感をあらわにした。

 これに先立つ1月末には、敗戦当日に党報道官を辞任した楊偉中氏(44)ら党内の若手が、党名
から「中国」を削除し正式名称を「国民党」とすることや、「党産」と呼ばれる一党独裁時代の流
れをくむ党営企業や不動産などの財産の精算、党内の民主化などを訴えた。

 党名から「中国」を外す案は、00年と04年の総統選で敗れた時にも議論されたことがある。今回
も、有権者の「台湾人」意識が高まり、世論調査で自らを「中国人」だと答える人がわずか3.3%
(15年6月)にとどまる中、党のイメージを中間層寄りにする案として提案されたが、主席補選に
いち早く名乗りを上げた洪秀柱前立法院副院長(67)は、直ちに「反対」を表明。他の候補者にも
賛成者はなく、立ち消えになっている。

 背景には、退役軍人とその家族で作る党内組織「黄復興党部」の存在があるとみられる。黄復興
党部には、国共内戦に敗れて台湾に渡ってきた外省人系の党員が多く、「中国人」意識が根強く残
る。1月24日付の自由時報によると、現在約32万人の党員のうち、黄復興党部には9万人以上が所属
している。

 過去3回の主席選の投票率は50%台だが、黄復興党部の党員は投票に熱心で、主席選や党内予備
選の「勝負の鍵を握る」という。

 党名変更を提案した楊氏は、黄復興党部の解散も訴えたが、外省人の洪氏は黄復興党部の支持が
高い。中国大陸ではなく台湾を「本土」とみなす「本土派」を代表し、洪氏に対抗する形で出した
黄敏恵代理主席(57)も組織票の動向を気にしてか、解散には賛成していない。

◆本土派VS非本土派

 ただ、補選は外省人で「非本土派」の洪氏と、本土派の黄氏の事実上の一騎打ちになる見通し
だ。黄氏は立候補を届け出た22日、記者団に「絶対に本土派、非本土派(の戦い)ではない」と強
調したが、本土派の勢力を結集して洪氏の当選を阻止するために立候補を取り止めた人物もおり、
双方の対立の根は深い。

 洪氏は総統選の候補者だった昨年10月、台湾は「最後は(中国との)統一が必要だ」と発言。朱
主席(当時)から「台湾の主流の民意から離れている」と批判されて、候補者交代を強いられた経
緯がある。

 黄氏も、主席補選は「主流の民意と非主流の民意」の戦いだとした上で「支持されるのは中道路
線だ」と述べ、洪氏を牽制(けんせい)している。

 国民党は伝統的に党中央は外省人系、地方組織は本土派が強い。西南部・嘉義市の市長を経験し
た黄氏が主席に当選すれば、本土派の代表として国民党の「台湾化」を象徴する人事になるとみら
れるが、その結果、外省人系が離党するのではないかという見方もある。

 加えて、国民党は次世代の有力者の育成が進んでいない。本土派の元幹部ですら、20年の次期総
統選も「(外省人系の)朱前主席で戦うしかない」と話しており、党勢回復の見通しは暗いまま
だ。(台北支局 田中靖人)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 桜募金ご協力のお願い 日本から台湾に桜を贈り一緒にお花見をしよう!!
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20151217/

【桜募金要項】

◆ 1口=2,000円

 *募金にご協力いただいた方全員のお名前のプレートを植樹した桜に掛け、長く銘記する予定です。

 *15口(3万円)以上の篤志者の方には、李登輝元総統ご揮毫の色紙「為国作見證」(印刷)
  と「我是不是我的我(私は私でない私)」文鎮を贈呈の予定です。

◆募金期間 平成27年(2015年)12月15日〜同28年(2016年)3月31日

 ・郵便貯金
  日台桜基金会 (ニッタイサクラキキンカイ)
  記号・番号:10000・30439851

 ・ゆうちょ銀行
  日台桜基金会 (ニッタイサクラキキンカイ)
  店名:〇〇八(ゼロゼロハチ) 店番:008 普通預金:3043985

 ・銀  行
  三菱東京UFJ銀行 本郷支店 普通 0149224
  日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
  (ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

 ・郵便振替  *「桜募金」と明記して下さい。
  日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
  00110−4−609117

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

-----------------------------------------------------------------------------------------

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。台湾ビール(瓶)と台湾フルーツビールの在庫
 は大丈夫です。【2015年7月28日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *new
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。