国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2594号】 【戸籍問題】 小田村会長が岩城法務大臣に賛同署名とともに「要望書」を送達

2016/02/10

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成28年(2016年)2月10日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2594]
1>> 【戸籍問題】 小田村会長が岩城法務大臣に賛同署名とともに「要望書」を送達
2>> 【台湾南部地震】 倒壊ビル建設の業者の身柄を拘束 死者は41人に
3>> 【台湾南部地震】 100万ドル支援表明の日本政府、物資寄贈も決定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 台湾南部地震「お見舞い募金」【2月7日開設】
 *2月9日現在の募金額:28万6,800円(30人)
 *募金は2月末まで行い、頼清徳・台南市長にお渡しする予定です。

● 桜募金にご協力を!【募金要項は本誌下覧に掲載】
 *2月8日現在の募金額:44万500円(45人)
 *募金は3月末まで行い、2月中に河津桜の苗木200本を寄贈予定です。

● 【戸籍問題】 本会オリジナルのネット署名にご協力を!【次期は5月末締切】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

● 【戸籍問題】 「change.org」ネット署名にもご協力を![2015/10/20]
  https://goo.gl/IUINt8

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 【戸籍問題】小田村会長が岩城法務大臣に賛同署名とともに「要望書」を送達

 本会の小田村四郎会長は2月7日、岩城光英・法務大臣に賛同署名とともに「台湾出身者の戸籍表
記是正を求める要望書」をお送りしました。ここに「要望書」の全文をご紹介します。

 本会は設立以来、在日台湾同郷会や在日台湾婦女会など台湾出身の皆さまとともに「外国人登録
証明書」問題の解決に取り組み、平成21年(2009年)7月、「出入国管理及び難民認定法」の法改
正をもって台湾出身者の「国籍・地域」表記を「中国」から「台湾」に変えることに成功しまし
た。

 その翌年の平成22年(2010年)11月からは、戸籍問題の解決に取り組んでまいりました。民主党
政権下では法務大臣が魚の目のようにコロコロ替っていたこともあり、解決の糸口さえ見出せませ
んでした。しかし、自民党の安倍晋三総理時代となり、安倍政権が台湾の位置づけを鮮明にしたこ
とで、この戸籍問題にも曙光が見えてきたように感じています。

 岩城法務大臣は、福田内閣のときに副官房長官として台湾を担当していたこともあり、台湾には
造詣が深いと言われています。昨年10月に第三次安倍内閣の法務大臣就任し、その直後、台湾出身
戦歿者も祀られている靖国神社に参拝しています。

 小田村会長の「要望書」にあるように、すでに民事局長通達が出されてから50年以上も過ぎ、台
湾出身者を「中国」と表記することは時勢にかなっていない上、同じ法務省でも、台湾出身者につ
いて、入国管理局では「台湾」としながら、民事局では「中国」と表記するという不整合状態にあ
ります。法治国家を誇る日本の中核である法務省内の異常とも言うべきこの不整合状態を解消する
ためにも、民事局長通達の出し直しは喫緊の課題です。

 本会は今後とも、署名活動などを通じて戸籍問題の解決に向け微力ながら力を尽くしてまいりま
す。さらなるご理解を賜り、またいっそうのご協力をお願い申し上げます。

 平成28年(2016年)2月10日

                                    日本李登輝友の会

                ◇    ◇    ◇

台湾出身者の戸籍表記是正を求める要望書

 私ども日本李登輝友の会は、文化交流を主とした日本と台湾の新しい関係を構築することを目的
として活動している民間団体です。

 法務省はこれまで、台湾出身者が日本人と結婚したり帰化した場合、戸籍の国籍や出生地を「中
国」や「中国台湾省」と表記してきました。中国とは中華人民共和国のことであり、中国台湾省と
は中華人民共和国の行政区を指します。即ち、台湾出身者を中国人としているのが現在の戸籍制度
です。

 戸籍において、台湾出身者の国籍を「中国」としたのは、昭和39(1964)年6月19日付で出され
た法務省民事局長による「中華民国の国籍の表示を『中国』と記載することについて」という通達
でした。このことは政府も、大江康弘・参議院議員の「質問主意書」に対する平成23年8月19日の
「答弁書」で明確に認めています。

 昭和39年といえば今から50年以上も前、東京オリンピックが開催された年で、日本が中華民国と
国交を結んでいた時代です。しかしその後、日本は中華民国と断交して中国と国交を結ぶなど、日
本と台湾・中国の関係は大きく変わってきています。

 日本政府は、平成17年9月には台湾観光客に対するビザ免除を恒久化し、平成19年9月には台湾と
自動車運転免許証の相互承認を行い、中国と異なる対応をしています。東京都も平成20年5月、住
民基本台帳の表記について、台湾からの転入・台湾への転出の際には「台湾」の表記を認めるとい
う通知を出しています。

 さらに平成24年7月9日、外登証を廃止し新たな在留カードの交付に際しては「国籍・地域」欄を
設け、台湾出身者は「中国」ではなく「台湾」と明記しています。同時に実施された外国人住民基
本台帳でも、台湾出身者の「国籍・地域」は「台湾」と表記するようになりました。もちろん、台
湾が官民挙げて歓迎していることは周知の通りです。

 ましてや台湾は、これまで一度たりとも中華人民共和国の統治を受けたことはなく、台湾を中国
領土とするのは、台湾侵略を正当化するための中国の政治宣伝以外のなにものでもありません。事
実、この戸籍表記は日本政府の見解にも合致しておらず、これを放置しておくことは中国の覇権主
義的主張を受け入れているとみなされかねません。

 ついては、法務大臣は戸籍の国籍欄および出生地欄を在留カードにならって「国籍・地域」と改
め、台湾出身者は「中国」ではなく「台湾」と表記すべく、早急に民事局長通達を出し直すよう要
望します。併せて、ここに私どもの要望に賛同する署名(第11期)2180人分を呈します。

 なお、賛同署名は平成23年11月の第1期以来、一昨年3月末の第10期まで3万4351人分の署名を要
望書とともに送付していることを申し添えます。

 法務大臣におかれては、在留カードや外国人住民基本台帳が実施されている現在、法務省内の整
合性を図るためにも、早急に民事局長通達を出し直し、台湾出身者は「台湾」と表記するよう要望
します。

 平成28年2月7日

                           日本李登輝友の会会長 小田村 四郎

法務大臣 岩城光英殿

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 【台湾南部地震】 倒壊ビル建設の業者の身柄を拘束 死者は41人に

 台湾南部地震から4日目を迎え、倒壊した台南市永康区の16階建てマンションにはいまだに103人
が閉じ込められていると見られ、このマンション関係だけで39人の死亡が確認され、死亡者は41人
になったと報じられている。今朝のNHKニュースを下記にご紹介したい。

 NHKニュースでも伝えているように、台南地方検察署は8日夜、マンションの建設会社元社長
ら幹部3人を「業務上過失致死」の疑いで拘束した。

 朝日新聞は、台南市からの委託を受け、倒壊原因の調査に当たっている「台南市土木技師公会」
の鄭明昌理事長に取材、「構造上の欠陥やコンクリートの強度不足などがあったとの見方を示し
た」と伝えている。

 また、この倒壊したマンションの柱の中から一斗缶や発泡スチロールが大量に見つかり、「手抜
き工事」だったのではないかという見方に関しては、次のように報じている。

<鄭氏は「かつては見かけをよくするためにこうした工法が使われていた」と説明。コンクリート
の中から発泡スチロールが見つかったケースもあったが、ともに強度には影響しないとの見方を示
した。>

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾地震 発生から丸4日 救助作業続く
【NHKニュース:2016年2月10日】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160210/k10010404161000.html

 台湾の南部で起きた地震は、発生から丸4日が過ぎ、倒壊したマンションの中に取り残された人
たちの救助作業が夜を徹して続けられる一方、地元の司法当局は建物の建設に関わった業者の元幹
部らの身柄を拘束し、業務上過失致死などの疑いで捜査を進めています。

 台湾南部で今月6日に起きた地震では、これまでに合わせて41人の死亡が確認されました。この
うち39人は、台南市郊外で倒壊した16階建てのマンションで亡くなっていますが、地元の当局は、
この建物の中には依然としておよそ100人が取り残されているおそれがあるとみています。

 現場では9日夜、救助を待つ人の反応があったということで、発生から丸4が過ぎて時間との戦い
となるなかで、救助隊員が夜を徹しての救助作業を続けています。

 マンションの近くには家族のための待機所が設けられ、安否を気遣う人々が大勢詰めかけていま
すが、次第に疲労の色を濃くしています。

 一方、台湾の司法当局は、マンションの建設に関わった業者の元幹部や設計士ら合わせて3人の
身柄を拘束し、業務上過失致死などの疑いで捜査を始めました。

 地元メディアによりますと、当局は建物が倒れた東側の1階から5階の柱と「はり」をつなぐ部分
の強度が不足するなど、手抜き工事の疑いがあるとみており、関係者から事情を聞くなどして調べ
を進めることにしています。 

◆待機所で見守る人は

 台南市郊外のマンションの倒壊現場のそばには、取り残された人たちの家族のための待機所が設
けられ、発生から丸4日が過ぎた今も、多くの家族が夜通し救助活動の様子を見守っています。

 このなかの1人、鄭凱文さんは、2歳年下の弟、凱中さんとその妻の救助を待ち続けています。

 弟の一家の部屋は12階にありましたが、地震で建物は倒れ、今では地面に接し、大きく壊れてい
ます。2人の娘は大けがをしながらも助け出されましたが、夫婦はまだ部屋に取り残されたままと
みられます。

 鄭さんは、弟夫婦は助かるはずと信じてずっと待機所で寝泊まりして情報を待ち続けてきました
が、9日、生存率が急激に下がるとされる発生から72時間を過ぎて、焦りと疲労を感じるようにな
りました。

 鄭さんは、「気をもみ、憂うつになり、諦めそうにすらなります。とにかく早く弟夫婦を見つけ
出してあげたい。どんな結果であっても受け入れたいと思っています」と話していました。そして
「弟は同僚や友人から慕われ、妻や子どもに優しい家族思いの男です。その人柄を思い起こすと最
もつらく、悲しい気持ちになります」と声を詰まらせていました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 【台湾南部地震】 100万ドル支援表明の日本政府、物資寄贈も決定

 台湾南部地震への日本からの支援が相次いでいる。台北駐日経済文化代表処にも支援の申し出が
相当数寄せられ、東日本大震災の被災地でも支援活動が始まっている。

 福島県相馬市では市役所など3カ所に募金箱を設置することを決め、岩手県も県庁の1階に募金箱
を設置するという。 宮城県南三陸町台湾赤十字に100万円の義援金を贈ることを決め、町内商店街
の各店舗に募金箱が設置し、集まった支援金は台南市の台日友好交流協会に贈る予定だと伝えられ
ている。

 日本政府も2月8日、菅義偉・官房長官が100万ドル(約1億2000万円)規模の支援を表明し、9日
には「台南市政府と確認した結果、4リットルの貯水容器を3600本、4メートル×50メートルのグラ
ウンドシートを200枚贈ることにした」(中央通信社)と伝えられた。

 ちなみに、中国政府も2月8日、台湾の海峡交流基金会に、中国赤十字を通じて人民元200万元の
義援金を提供すると伝えてきたという。200万元は約3500万円(1人民元=17.5円)に相当する。

 プロ野球の楽天イーグルスも選手会が100万円の寄付を表明し、今年の11月に台湾でクラシック
カーイベントを開催する「ラリーニッポン」も9日、台北駐日経済文化代表処を訪れて義援金100万
円を手渡すなど、多くの日本企業や団体が厚志を寄せはじめた。

 本会も2月7日にお見舞い募金活動を決定して8日に発表するや、2日間で30人の方から28万6,800
円もの義捐金を寄せていただいている。この場を借りて深く御礼申し上げます。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾南部地震 100万ドル支援表明の日本政府、物資寄贈も決定
【中央通信社:2016年2月9日】

 (台北 9日 中央社)6日未明に台湾南部で起きたマグニチュード6.4の地震。災害救助や復旧復
興のため、日本政府は、100万米ドル規模の支援実施を8日に表明したのに続き、救援物資の寄贈も
決めたことが9日、分かった。 

 外交部(日本の外務省に相当)によると、日本側は対台湾窓口機関・交流協会の高雄事務所を通
じ、被災地のニーズを台南市政府と確認した結果、4リットルの貯水容器を3600本、4メートル×50
メートルのグラウンドシートを200枚贈ることにしたという。 

 寄贈式は11日に行われる予定。 

                                    (編集:羅友辰)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 桜募金ご協力のお願い 日本から台湾に桜を贈り一緒にお花見をしよう!!
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20151217/

【桜募金要項】

◆ 1口=2,000円

 *募金にご協力いただいた方全員のお名前のプレートを植樹した桜に掛け、長く銘記する予定です。

 *15口(3万円)以上の篤志者の方には、李登輝元総統ご揮毫の色紙「為国作見證」(印刷)
  と「我是不是我的我(私は私でない私)」文鎮を贈呈の予定です。

◆募金期間 平成27年(2015年)12月15日〜同28年(2016年)3月31日

 ・郵便貯金
  日台桜基金会 (ニッタイサクラキキンカイ)
  記号・番号:10000・30439851

 ・ゆうちょ銀行
  日台桜基金会 (ニッタイサクラキキンカイ)
  店名:〇〇八(ゼロゼロハチ) 店番:008 普通預金:3043985

 ・銀  行
  三菱東京UFJ銀行 本郷支店 普通 0149224
  日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
  (ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

 ・郵便振替  *「桜募金」と明記して下さい。
  日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
  00110−4−609117

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

-----------------------------------------------------------------------------------------

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 りました。お急ぎの場合はお申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合、送料が変わ
 ることもあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

* 現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。【2015年7月28日】

 輸入元の総代理店からの連絡により、現在、台湾ビールの缶の在庫切れが判明しました。入荷は
 未定だそうでご迷惑をお掛けします。台湾ビール(缶)の入荷が分かり次第、本誌でお伝えしま
 す。ただし、台湾ビール(瓶)と台湾フルーツビールの在庫は大丈夫です。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』お申し込み *new
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。