国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2579号】 日本が歓迎意思を表明した台湾のTPP加盟を視野に加盟12カ国が閣僚会合

2016/01/24

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成28年(2016年)1月24日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2579]
1>> 日本が歓迎意思を表明した台湾のTPP加盟を視野に加盟12カ国が閣僚会合
2>> 台湾の新動向に日本が応える一番の道  藤井 厳喜(国際政治学者)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 桜募金にご協力をお願いします!【募金要項は本誌下覧に掲載】
 *1月22日現在の募金額:24万1,500円
 *募金は来年3月末まで行い、台湾には2月に河津桜の苗木200本を寄贈予定です。

● 【戸籍問題】 本会オリジナルのネット署名にご協力を![2015/10/16]
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。
 *1月末で締め切り、2月上旬に岩城光英・法務大臣に届ける予定です。

● 【戸籍問題】 「change.org」ネット署名にもご協力を![2015/10/20]
  https://goo.gl/IUINt8

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 日本が歓迎意思を表明した台湾のTPP加盟を視野に加盟12カ国が閣僚会合

 菅義偉・官房長官は1月18日午前の記者会見において、台湾の総統選挙で蔡英文氏が当選したこ
とに祝意を表して「基本的価値観を共有し、緊密な経済関係と人的往来を有する重要なパート
ナー、大切な友人だ」と指摘、「日台間の交流のさらなる進化を図っていきたい」と述べた。

 また、蔡英文氏がTPP(環太平洋連携協定)加盟に意欲を示していることについての質問には
「歓迎したい。台湾がTPPの高い水準を満たす用意をし、参加することになれば、地域の安定と
繁栄に大きく寄与する。台湾と有意義な議論をしたい」と述べ、台湾のTPP加盟へ歓迎の意思を
明確に表明した。

 TPP加盟12カ国は来る2月3日、4日、ニュージーランドのオークランド市(Auckland City)に
おいて開催する協定署名式に合わせて「韓国や台湾の早期加盟を視野にTPP参加国・地域の拡大
に向けた調整を本格化させる」という。下記に時事通信のニュースをご紹介したい。

-----------------------------------------------------------------------------------------
TPP拡大へ調整本格化=韓国、台湾早期加盟視野―来月3、4日に12カ国閣僚会合
【時事通信:2016 年1月23日】

 環太平洋連携協定(TPP)交渉で大筋合意した日本や米国など12カ国は、協定署名式に合わせ
て2月3、4日にニュージーランド(NZ)の最大都市オークランドで閣僚会合を開き、韓国や台湾
の早期加盟を視野にTPP参加国・地域の拡大に向けた調整を本格化させる。交渉関係者が22日明
らかにした。世界の国内総生産(GDP)総額の4割近くを占める12カ国は、TPP経済圏のさら
なる拡大を目指す。

 焦点は、TPP協定の発効後に加盟を求める国・地域の扱いだ。新規加盟では日米など12カ国の
支持が前提となるため、これまで交渉に参加してこなかった韓国や台湾は早期加盟に向け、個別協
議などの働き掛けを進めている。日本との関係では、韓国、台湾が日本製の自動車や電気機器の関
税の扱いが大きな争点となる。アジア域内ではフィリピンやタイ、インドネシアもTPP参加に意
欲を示している。 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 台湾の新動向に日本が応える一番の道  藤井 厳喜(国際政治学者)

 総統選で当選した蔡英文・民進党主席や、68議席を獲得した民進党の今後の政権運営について、
国際政治学者で拓殖大学客員教授の藤井厳喜氏が、日本が為すべきことや必ずしも親日一辺倒では
ない蔡英文政権の内実などについて指摘している。

 原題は「実は親日とは言えない! 台湾『左派』政権で日台関係は後退するのか」だが、文意を
斟酌して「台湾の新動向に日本が応える一番の道」としたことをお断りしたい。

-----------------------------------------------------------------------------------------
実は親日とは言えない! 台湾「左派」政権で日台関係は後退するのか 藤井 厳喜(国際政治学者)
【オピニオンサイト「iRONNA(いろんな)」】 

 1月16日の台湾総統選挙ならびに立法委員選挙で民進党が圧勝した。民進党の蔡英文候補は約689
万5000票、得票率で56.1%を獲得し、国民党の朱立倫候補の約381万3000票、得票率31.0%に大差
をつけた。又、立法委員(国会:全113議席)の選挙においても、民進党が圧勝し、68議席(得票
率で約60.2%)を獲得。国民党は35議席(得票率で約31.0)にとどまった。

 民進党の大勝利は日本にとっては朗報である。台湾国民は、中華人民共和国との併合を拒否し、
独立を維持する意志を民主的選挙によって極めて明確に示した。これは、チャイナの脅威に直面す
る日本、アメリカ、並びに周辺諸国にとっては極めて歓迎すべき台湾国民の選択である。米中新冷
戦は激化している。日本は、尖閣列島への侵略を初めとして、チャイナの脅威に直面している。安
倍外交は対チャイナ包囲網を作り、これに対抗しようとしている。このような時に、台湾国民が独
立と民主政治を守る意志を世界に堂々と示した事は、日本の国益にとって一歩前進であった。蔡英
文候補の勝利により、日本は対チャイナ包囲網に台湾を加え、チャイナの脅威に対抗していくこと
が可能となった。

 国民党は総統選挙で大敗を喫したばかりではない。立法院選挙でも、予想外の壊滅的敗北となっ
た。台湾立法院は全113議席だが、この3分の1、つまり38議席を下回ると、重要法案に関する発言
権を確保する事が難しくなる。そこで今回の立法院選挙では、国民党が38議席できるのか、それと
も37議席以下になるのかは、国民党の将来を上回る重要な分水嶺と言われてきた。流石に底力があ
る国民党なので、40議席は確保できるのではないかという声が、選挙アナリストの間では有力で
あった。しかし結果は予想外の35議席の獲得に留まった。党内の責任追及は必至で、国民党の分裂
は不可避であろう。言い換えれば、現在まで維持されてきた中華民国体制の中での「疑似的な二大
政党制」が、いよいよ崩壊の時期を迎えているのである。

 中華人民共和国が台湾との併合を主張できるのは、あくまで国民党が作った中華民国体制が存続
しているからである。この中華民国という国名が廃棄されて、台湾共和国と名称が変われば、中華
人民共和国が「1つの中国」を建前に台湾を併合するという正当性は全く消滅してしまう。今後の
政界再編の眼目は、中華民国のまま留まるのか、それとも、台湾国民が独立建国の方向を明確に選
び、台湾共和国を創建するかどうか、の選択であろう。日本国民の大多数が台湾共和国の誕生を支
持している事は言うまでもない。

 現状では台湾世論の6割が中台関係の現状維持を望んでいると言われている。これはこれで1つ
の事実だが、それは台湾独立を望んでいても、それを公に口に出した途端に、中華民国体制と中華
人民共和国の双方から、激烈な批判を受ける為である。内心はそう思っていても、それを恐れて、
台湾独立を言い出せない国民が多いのであろう。しかし、近年の「ひまわり学生運動」などで明ら
かになったように、若年層では、明確な「台湾人意識」が益々強まっており、それは反チャイナの
台湾ナショナリズムと表裏一体の関係にある。台湾人意識の高揚は当然の事ながら、台湾共和国の
独立と建国を希求するのである。

◆日本版「台湾関係法」一日も早く立法化を!

 こういった台湾の新動向に日本が応える一番の道は、日本版の「台湾関係法」を一日も早く立法
化する事である。台湾関係法の原案は既に、日本李登輝友の会を中心として準備されている。アメ
リカの台湾関係法のように、兵器の供給までは約束できないが、台湾を事実上の独立国、中華人民
共和国とは無関係な政治的実体として認識し、これとの関係を日本の法体系に織り込もうとするの
が、この台湾関係法である。現在、多数の台湾人が日本に居住し、又、日本人が台湾に居住してい
るにも関わらず、台湾に法的な位置づけが与えられていないのは、法治社会日本の1つの汚点と
なっている。

 実務外交を進める上でも、あるいは今まで進めてきた実務外交の正統性を確保する為にも、台湾
関係法の制定は日本政治の急務である。

◆予断を許さぬ蔡英文政権の船出

 蔡英文候補と民進党は圧勝したが、蔡政権の前途は多難である。圧勝した理由の1つは、現在の
台湾経済の苦境である。多くの平均的な台湾国民は、蔡新総統に派手な外交的パフォーマンスでは
なく、経済を好転させる事を望んでいるのだ。世界経済の現状を考えると、4年間で台湾経済を、
誰が見ても分かる様な形で好転させる事は、極めて難しいと言わざるを得ない。

 又、国内には、国民党が育てた官僚制度・司法制度・マスコミ体制が厳然として存在し、この体
制との戦いは、熾烈を極めるであろう。陳水扁政権は、自ら国民党と同様の内部腐敗を起こし、国
民に見限られてしまった。これが馬英九政権の2期8年という危険な時代を招く結果となった。蔡
英文総統個人に、汚職や政治腐敗の可能性は少ないが、民進党政権全体としてみれば、国民党の腐
敗体質に汚染されている政治家も少なからず存在する。

 蔡英文新総統としては、特に軍事と外交の内実を引き締め、台湾の独立維持を可能とするような
新体制を作らなければならない。これは非常に地味だが重要な仕事である。なぜならば、馬英九総
統は、外交と軍事を骨抜きにするサボタージュ行為を行なってきたからだ。

 日本人として気を付けなければならないのは、民進党が必ずしも党をあげて親日であるというわ
けではない、という事である。これは国民党員の全てが必ずしも反日ではない、という事と表裏一
体である。確かに台湾は世界一の親日国である。しかし民進党は基本的に左派・進歩派的傾向の政
党であり、自由・民主・人権などの左派的普遍的価値観に基づいて作られた政党である。又、国民
党独裁時代は、国民党は中華民国体制を前提として、日本に親・中華民国の政治家を育成してき
た。今まで対日関係を強化してきたのは、主に国民党であったので、民進党と日本の間には、太い
パイプが存在しないのである。

 蔡英文新総統を含め、民進党の政治家の中には日本の政治家と信頼できるコネクションを持って
いる人物は極めて少ない。日本としては、民進党勝利は、全体として極めて歓迎すべき事態ではあ
るが、日本の保守層と台湾の民進党支持層の間には、かなり意識の格差もある。こういった事も十
分、認識しておくべきだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 桜募金ご協力のお願い 日本から台湾に桜を贈り一緒にお花見をしよう!!
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20151217/

【桜募金要項】

◆ 1口=2,000円

 *募金にご協力いただいた方全員のお名前のプレートを植樹した桜に掛け、長く銘記する予定です。

 *15口(3万円)以上の篤志者の方には、李登輝元総統ご揮毫の色紙「為国作見證」(印刷)
  と「我是不是我的我(私は私でない私)」文鎮を贈呈の予定です。

◆募金期間 平成27年(2015年)12月15日〜同28年(2016年)3月31日

 ・郵便貯金
  日台桜基金会 (ニッタイサクラキキンカイ)
  記号・番号:10000・30439851

 ・ゆうちょ銀行
  日台桜基金会 (ニッタイサクラキキンカイ)
  店名:〇〇八(ゼロゼロハチ) 店番:008 普通預金:3043985

 ・銀  行
  三菱東京UFJ銀行 本郷支店 普通 0149224
  日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
  (ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

 ・郵便振替  *「桜募金」と明記して下さい。
  日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
  00110−4−609117

-----------------------------------------------------------------------------------------

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 りました。お急ぎの場合はお申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合、送料が変わ
 ることもあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

* 現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。【2015年7月28日】

 輸入元の総代理店からの連絡により、現在、台湾ビールの缶の在庫切れが判明しました。入荷は
 未定だそうでご迷惑をお掛けします。台湾ビール(缶)の入荷が分かり次第、本誌でお伝えしま
 す。ただし、台湾ビール(瓶)と台湾フルーツビールの在庫は大丈夫です。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾』お申し込み *new
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。