国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2543号】 李登輝元総統からの本会と台日文化経済協会の姉妹提携へのご祝辞

2015/12/09

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成27年(2015年)12月9日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2543]
1>> 李登輝元総統からの本会と台日文化経済協会の姉妹提携へのご祝辞
2>> 中台首脳会談─間違いだらけの論考  鈴木上方人(中国問題研究家)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 2015年・台湾ポンカンお申し込みは予定どおり12月5日に締め切りました
  今年も多くの方からお申し込みいただき、ありがとうございました。12月中旬に2回入荷予定
  です。入荷次第、配送いたします。

● 台湾向け「青森県産サンふじ」りんごお申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma
 ・12月下旬配送【締切:2015年12月10日(木)】
 ・01月下旬配送【締切:2016年01月10日(日)】

● 12月19日開催「日台共栄の夕べ」のお申し込み【締切:12月15日】
  http://goo.gl/4LDSbD

● 【戸籍問題】 本会オリジナルのネット署名にご協力を![10/16]
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

● 【戸籍問題】 「change.org」ネット署名にもご協力を![10/20]
  https://goo.gl/IUINt8

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 李登輝元総統からの本会と台日文化経済協会の姉妹提携へのご祝辞

 去る12月4日、台北市内の国賓大飯店において本会は台湾の台日文化経済協会(黄天麟会長)
と、双方の会員の親善、友好および協力関係を促進するため姉妹団体を締結しました。

 本来ですと、姉妹提携の調印式には李登輝元総統にお立会いいただく予定で、李登輝元総統も楽
しみにされていたそうですが、入院中だったため残念ながら叶いませんでした。

 そこで、李元総統からご祝辞を寄せていただきました。本誌でこのことをお伝えしたとき、李登
輝元総統からのご祝辞の一部を紹介しましたが、ここにその全文をご紹介します。

 台日文化経済協会は1952年(昭和27年)7月に設立され、日本との交流を続ける台湾でもっとも
長い歴史を有する団体で、1950〜1980年代は半官半民の組織だったそうですが、1987年の戒厳令解
除後は民間団体になっています。

 1989年(平成元年)に日華親善協会全国連合会(平沼赳夫会長)と姉妹提携し、2005年(平成17
年)6月には「中日文化経済協会」から「台日文化経済協会」に改称して現在に至っています。

 ご存じのように、本会とは河津桜の寄贈を通じて交流しはじめ、その後、桜ツアーや「役員・支
部長訪台団」などで交流を深めてまいりました。

 今後は「相互訪問および交流促進に関する情報の共有」などを定めた「姉妹協定」に沿って、引
き続き河津桜をお贈りし、また政策提言の共有や青年部同士の交流なども視野に交流してゆく予定
です。

-----------------------------------------------------------------------------------------

 日本李登輝友の会・役員支部長訪台団の梅原克彦団長をはじめとする訪台団の皆さま、台日文化
経済協会の黄天麟会長をはじめとする会員の皆さま、こんばんは。

 本日、日本李登輝友の会と台日文化経済協会の姉妹締結が調印されるにあたり、心よりお祝い申
し上げます。

 本来であれば、私もこの場に立会人として出席することになっておりましたが、体調を崩してし
まい、欠席せざるを得なくなったのが残念でなりません。

 台日文化経済協会は、台湾でもことのほか長い歴史を有する日台交流団体であり、今般、日本李
登輝友の会との姉妹締結が調印されることで、両団体が今後よりいっそう日本と台湾の心と心の絆
が深まるよう寄与してくださることを願っております。

 また、私の健康について皆さまがご心配くださっていること、大変有り難く感じております。お
かげさまで病状もかなり改善し、来週には退院できるようですのでどうかご安心下さい。

 本日の調印式と晩餐会が滞りなく、かつ盛会になることを心より祈念し、私のメッセージといた
します。

 2015年12月4日

                                        李 登輝

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 中台首脳会談─間違いだらけの論考  鈴木上方人(中国問題研究家)

【ヴェクトル21(第97号):2015年12月1日】

 2015年11月7日、シンガポールで行われた馬英九・習近平首脳会談は国際社会のビッグ・ニュー
スとなった。会談という形にはしているが、実際は習近平が訪問先のシンガポールに馬英九を呼び
つけたと言った方が正しい。

 この会談に対し、世界中の中国ウォッチャーは様々な分析をしている。それらの論点を総合して
みると、来年に行われる総統選挙と立法委員選挙の選挙戦で劣勢になっている国民党へのテコ入れ
や「一つの中国」という原則を馬英九の在任中に固定化し、後任者に拘束するため、もしくは南シ
ナ海紛争でアメリカと対抗するために中国は台湾を抱き込みたいというのもあれば、馬英九の個人
的なレガシーを残してあげる等々の説まである。だが、そのいずれも的外れだと言えるだろう。

 馬英九が習近平と会いたがっていることは周知の事実であり、習近平はそれを頑なに拒んでいた
のである。それが何故この時期になって馬英九に念願を叶えさせたのか。それは習近平側の事情を
理解しなければ全貌を掴めない。

◆会談は国民党にプラスに働くか

 国民党の選挙の劣勢を挽回しようという説は一見もっともらしい。だが、これは台湾の内情を知
らない皮相的な憶測であろう。そもそも国民党の劣勢とは、馬英九の中国一辺倒路線が台湾人に拒
否された結果なのだ。それ故、中国に接近すればするほど、国民党の支持率は当然のこととして下
がる。習近平との会談は、台湾を一層中国に近づける行為であるため、国民党の支持率は上がるは
ずもない。実際、会談後の国民党の支持率は下がっている。

 習近平に南シナ海の紛争で台湾を抱き込みたい気持ちは大いにあるのだろうが、実際問題として
現実に台湾と中国が共闘できるのか、ということを忘れてはならない。台湾は実質的なアメリカの
保護国である。中国が台湾を抱き込もうとすれば途端にアメリカは必ず強く反発し、それによって
緊張が一気に高まるのは想像に難くない。

 果たして台湾がこの大変な問題に対し、アメリカの意向に逆らってまで中国の肩を持てるのか。
習近平であっても馬英九であってもこのぐらいの判断はできるだろう。

◆台湾を「一つの中国」に嵌められるか

 では「一つの中国」という枷を次期の台湾総統に嵌めることができるだろうか。台湾を「一つの
中国」という枷に嵌めておくことは、中国の一貫した政策であって、中国の指導者ならば誰であ
れ、これを遂行する以外の選択肢はない。台湾の指導者と会談する程度で「一つの中国」という枷
を今まで以上に台湾に嵌めることができるのであれば、中国はとっくにやっているのである。

 習近平は中国歴代の指導者よりも自信があったからこそ中台首脳会談をできたとの説もあるが、
それも表面的な観察でしかない。少なくとも毛沢東やトウ小平と比べれば、習近平の権力基盤は決
して安泰ではなく、毛やトウほどの自信があるというわけでもない。そのような習近平が、レーム
ダックになっている馬英九と約束したところで台湾人がこの「一つの中国」という枷を大人しく頂
戴するのか。

 中台間には「92年コンセンサス」が存在する前提で、馬英九政権は2008年から、日米接近路線か
ら中国一辺倒路線に舵を切った。この「92年コンセンサス」を中国は、台湾を中華人民共和国の一
省である前提の「一つの中国」と解釈しているが、馬英九は「一つの中国」を認めつつも、その中
国とは各自に解釈するいわゆる「一中各表」と台湾人に説明している。

 つまり、馬英九は「一つの中国」とは「中華人民共和国」ではなく「中華民国」であると言い
張っているわけだ。この二つの解釈のいずれも台湾人にとっては受け入れがたいものなのだが、馬
英九政権は中国の虎の威を借りて「92年コンセンサス」を台湾人に押し付けていた。

 にもかかわらず、今度の会談で習近平を前にした馬英九は、自身の解釈である「92年コンセンサ
ス」で「一つの中国」の部分のみを定義し、「各自に解釈する」部分を消してしまったのである。
「92年コンセンサス」イコール「一つの中国」となったこの結果は、当然習近平の欲するものだ
が、台湾人にとって絶対に受け入れることのできない定義だ。台湾人が受け入れられない合意に有
効性があるはずもなく、台湾を中国に近づけることはできないのである。

 来年5月に退任する馬英九としてはこの会談を自分の花道にしたいところだが、習近平は馬英九
の個人的レガシーに協力するようなお人よしではない。馬英九が欲しがる歴史的地位やレガシーと
いうものは、習近平が彼にやったエサに過ぎないのだ。

◆会談は習近平の失政を隠すため

 何故習近平はこの会談をやろうとしたのか。その答えは10月29日に閉幕した第18回共産党中央委
員会五中全会にあった。もともと五中全会の目玉議題は習近平の推薦人事であったが、それはこと
ごとく却下された。つまり、習近平は完全に権力を掌握できなかったのだ。そのことが原因で、習
近平の「強い指導者」というメッキが剥がれ落ちた。

 習近平は6月の株暴落に対する対応で信じられないほどの素人ぶりを露呈し、世界の笑い者に
なった。国賓としての訪米も一つの成果も出せず、挙句の果てにはヒラリー・クリントン氏にツ
イッターで「恥知らず」と罵られ、惨憺たる結果となった。その後のイギリス訪問での大判振る舞
いさえも、何故その大金を中国に投資しないのかと国内では不満が噴出した。

 肝心の南シナ海の問題に至っては、米国イージス艦の人工島12海里内の「領海侵犯」に対して弱
気の応酬で終始しているだけで終わった始末である。

 強面とされる習近平だが、現実には内政も外交も躓きの連続で求心力が急速に低下している状態
だったわけだ。そのような現状であるからこそ、目玉になる政策を打ち出せない五中全会でとっく
に有名無実化された「一胎化政策」(一人っ子政策)の廃止を発表したのである。

 世界のマスコミはこの政策転換を大々的に報道しているが、これは経済や外交の失政をぼやかす
ためのカムフラージュに過ぎなかった。

 結局「中台首脳会談」も、習近平が自分の権力基盤を強化するために切った台湾カードだった。
この会談で自らの失政を隠すと同時に、中国人に「台湾統一の一歩前進」という陶酔感を与えるた
めのショーに過ぎなかった。

 連日の中国官製メディアの宣伝を見ていると、習近平の思惑は簡単にわかる。台湾を併呑するこ
とは中国人の悲願だ。この歴史的な会談に陶酔するのも無理はない。しかしその一方で台湾人の多
くは、この会談で合意された台湾を「一つの中国」に固定する結論に強く反発している。台湾人の
反発を見てわかることは少なくとも、この会談が「統一の一歩前進」になるというよりは「統一の
一歩後退」となったことである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 りました。お急ぎの場合はお申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合、送料が変わ
 ることもあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

* 現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。【2015年7月28日】

 輸入元の総代理店からの連絡により、現在、台湾ビールの缶の在庫切れが判明しました。入荷は
 未定だそうでご迷惑をお掛けします。台湾ビール(缶)の入荷が分かり次第、本誌でお伝えしま
 す。ただし、台湾ビール(瓶)と台湾フルーツビールの在庫は大丈夫です。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』 *new
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。