国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2541号】 【報告】 高砂義勇隊慰霊碑「お見舞い募金」の使途について  日本李登輝友の会

2015/12/07

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成27年(2015年)12月7日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2541]
1>> 【報告】 高砂義勇隊慰霊碑「お見舞い募金」の使途について  日本李登輝友の会
2>> 今なぜ台湾で「懐日映画」が大ヒットするのか  野嶋 剛(ジャーナリスト)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 2015年・台湾ポンカンお申し込みは予定どおり12月5日に締め切りました
  今年も多くの方からお申し込みいただき、ありがとうございました。12月中旬に2回入荷予定
  です。入荷次第、配送いたします。

● 台湾向け「青森県産サンふじ」りんごお申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma
 ・12月下旬配送【締切:2015年12月10日(木)】
 ・01月下旬配送【締切:2016年01月10日(日)】

● 12月19日開催「平成27年 日台共栄の夕べ」のお申し込み【締切:12月15日】
  http://goo.gl/4LDSbD

●【戸籍問題】「change.org」ネット署名にもご協力を![10/20]
  https://goo.gl/IUINt8

● 【戸籍問題】 本会オリジナルのネット署名にご協力を![10/16]
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 【報告】 高砂義勇隊慰霊碑「お見舞い募金」の使途について  日本李登輝友の会

 本誌12月1日号で、台風の被害を受けた高砂義勇隊慰霊碑の復旧のために募っていたお見舞い募
金を予定どおり11月30日に締め切った旨をお伝えしました。

 12月3日午前、本会の「役員・支部長訪台団」(団長:梅原克彦・常務理事、副団長:辻井正
房・常務理事)の参加者15名は烏来の高砂義勇隊慰霊碑を訪問、梅原団長からお見舞い募金として
2万6,000NT$(日本円で10万円)を高砂義勇隊記念協会の馬偕理牧(マカイ・リムイ)総幹事に手
渡しました。

 本誌でお伝えしましたように、本会は募金の趣旨をきちんと生かしていただくよう使途の透明性
を確保したいと考え、馬偕総幹事とも親しい原住民研究の第一人者で、本会主催の李登輝学校研修
団で何度も講師をつとめていただいている中央研究院民族学研究所の黄智慧先生に事前に相談しま
した。

 そこで12月2日夕方、黄智慧先生と役員・支部長訪台団で訪れていた柚原正敬・本会事務局長ら
が宿泊ホテルにおいて懇談し、改めて黄智慧先生のお考えを伺いました。

 黄智慧先生は、本会からのお見舞い募金の使い道についてすでに新北市烏来区の高富貫・区長と
も相談していて、復旧には1年以上かかる見通しなので、この間に、黄智慧先生を中心とした高砂
義勇隊記念協会へ助言や協力を行う顧問団を創設し、支援者を増やすようにしたいそうです。

 また、若い世代に高砂義勇隊の歴史がほとんど伝わっていない現状から、原住民各部落の青年た
ちとの連携をはかるためにも、長老協会を中心にした歴史セミナーなどを開くことを考えられてい
るそうです。さらに、講習会を開いて観光ガイドの育成もしたいという意向でした。

 そこで本会としては、お見舞い募金が活用されることだけを願っていますので、今後のことは黄
智慧先生や高富貫区長などに一任することとしました。

 なお、11月30日時点でのお見舞い募金は197人の方々から204万円とお伝えしましたが、その後、
2人の方から2万円の募金があり、総額で206万円となっています。

 そこで、使い道が決まるまで、残金の196万円は本会理事で台北事務所長の早川友久氏に管理を
委託し、黄智慧先生から連絡があれば早川所長からお見舞い募金を手渡すことに致しました。

 今後、使い道については、黄智慧先生から本会と早川所長にご連絡いただけることになりました
ので、本会ホームページや本誌でお伝えする予定です。

 なお、土砂崩れに遭った高砂義勇隊慰霊碑ですが、さざれ石などの周辺は倒木がきれいに片づけ
られ、8月の時点からは様変わりしていました。相変わらず大量の土砂が慰霊碑を覆っていたもの
の、土砂に埋もれていた高砂義勇隊の銅像は重機で引揚げられて広場に立てられていました。早期
の復旧を願いながら役員・支部長訪台団一行は烏来を後にした次第です。

 平成27年(2015年)12月吉日

                                    日本李登輝友の会

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 今なぜ台湾で「懐日映画」が大ヒットするのか  野嶋 剛(ジャーナリスト)
   戦後70年、無視されてきた「人間の歴史」

【東洋経済ONLINE:2015年12月2日】

 台湾で今年最も話題を集めた映画の一つが、終戦後に台湾から日本に引き揚げた人々を追ったド
キュメンタリー映画「湾生回家」である。

 「湾生(わんせい)」とは、戦前、台湾で生まれ育った日本人のことを指す。映画の日本語タイ
トルは「故郷−湾生帰郷物語」。ドキュメンタリーとしては、興行収入1億円を超える台湾で異例
のヒットとなり、来年には日本でも公開される予定だ。

 この映画は、「回家」という言葉が示すように、湾生たちは日本に帰った後も、忘れようとして
も忘れられなかった「台湾=故郷」に、戦後70年を経て、深い感慨とともに戻っていく物語を描
く。映画のなかでは、高齢に達した湾生たちが、それぞれの「故郷」で懐かしい人々や景色と再び
出会い、台湾への愛惜や戦後の人生を語り尽くすところが見どころだ。

◆「懐日ブーム」を担うのは20代、30代

 なぜ、湾生たちを取り上げた映画が台湾でヒットしたのか。それは、近年台湾で広がる「懐日
(日本を懐かしむ)」ブームと深く関係している。

 台湾には、 1895年から 1945年にかけての日本統治時代の多くの建築物や産業遺跡が残っている
が、これらの保存・再活用を通して、「日式」を台湾に残そうという取り組みが各地で活発化して
いるのだ。

 昨年は日本でも公開された、戦前の日本統治下の台湾から高校野球・嘉義農林チームが日本本土
の甲子園に出場し、準優勝する活躍を描いた映画「 KANO」も大ヒットした。台湾には、戦前に日
本語教育を受けた人々もいるが、いまの「懐日」ブームを担うのは20代、30代の若者だという点が
特に興味深いポイントだ。

 私は映画「湾生回家」を台北市内の映画館で見たのだが、観客の年齢層が意外に若いことに驚か
された。隣に座った20代の女性は、映画の最初から最後まで、涙をハンカチで拭い続けていた。

 「湾生回家」は一カ月以上も上映が続くという、台湾では珍しいロングランとなり、私が見に
行った日も平日の午後というのにほぼ満席。11月21日に受賞発表式があった台湾アカデミー賞「金
馬奨」でも最優秀ドキュメンタリー作品にノミネートされた。映画と同じタイトルの書籍も5万冊
を売り上げ、「湾生」はにわかに台湾で注目される存在になった。

 ドキュメンタリー作品は、実は台湾では根強いマーケットを持っており、しばしばドキュメンタ
リーがロードショーの映画館で上映され、「湾生回家」のように億超えのヒットとなることもあ
る。台湾の人々が社会問題に対する高い関心を持っている背景もあり、また、優秀な人材がドキュ
メンタリー界にひしめいていることも関係しているようだ。

 こういった環境が「ドキュメンタリーは単館上映」と相場が決まっている日本といささか違うの
は確かだが、いずれにせよ、「湾生回家」は娯楽性とメッセージ性を兼ね備えた優れた作品だと高
く評価されている。

◆戦後70年の節目に、新たに発掘された価値

 湾生とは、どういう人々なのだろうか。

 敗戦によって日本は台湾の領有権を放棄し、中華民国政府は日本人(当時台湾では内地人と呼ば
れた)を全員、日本に帰す方針をとった。1949年までに日本人の帰還事業は完了。当時、台湾から
引き揚げた日本人は軍民あわせて50万人と言われる。台湾生まれではなくても、台湾で長期にわ
たって少年期や青年期を過ごした人々も湾生である。

 「湾生回家」の作品の価値は、激動の歴史を歩んだ台湾の近代史のなかで、「台湾から日本に
戻ったあとも、台湾を忘れず生きてきた」という湾生の物語を、戦後70年という節目に新たに発掘
したところにあるだろう。

 台湾社会のなかで、1945年以降に台湾を去った日本人たちが、これほど台湾を深く懐かしみ、思
い続けたことは、これまでほとんど語られなかった話だった。そればかりでなく、むしろ日本人は
「台湾を捨てた」と広く受け止められてきた。

 李登輝との対談で知られる司馬遼太郎著「台湾紀行」では、司馬遼太郎が、台湾である老婦人か
ら「日本は台湾を二度捨てた」と詰め寄られ、答えに窮したところが描かれている。私自身、台湾
で暮らしている間に、何度か高齢の方々にそう言われ、心のなかに罪悪感が残った記憶がある。

 二度捨てた、というのは、1945年と、1972年のことだ。前者は日本の敗戦による台湾の放棄、後
者は日華断交である。前者も後者も、日本にとっては、かなりの部分、自力ではどうしようもない
ものだった。

 前者については降伏の条件として台湾放棄を約束させられた。後者もまた、日本の国益のため、
世界の潮流に乗り遅れないよう、やむを得ない判断だったと、いまからすれば言うこともできるだ
ろう。しかし、台湾にとってみれば「捨てる」という言葉で言いたくなる気持ちも理解できる。

◆歴史のなかで忘却された、湾生たちの「人間の歴史」

 終戦当時、台湾にいた日本人のなかにもいろいろな考え方があっただろうが、「台湾を離れたく
ない」という気持ちでありながら、国家が定めた運命によって無理矢理台湾から引き離された人々
がいたことは、この作品を見れば十分に伝わってくる。

 こうした人間レベルの関係は、戦後の日台関係のなかで政治的に隠されてきた部分がある。台湾
では国民党の「中国化教育」によって日本への思いは「皇民意識」として克服すべき対象となっ
た。日本でも、台湾統治という植民地領有行為そのものが批判の対象となった。

 その結果、国家の領有や放棄というレベルとは本来別次元であるべき湾生たちの「人間の歴史」
までが忘却され、軽視されてきたのである。

 しかし、台湾では近年、「中国は中国、台湾は台湾」という認識が完全に定着し、その分、台湾
へ向ける人々の郷土愛が盛んに強調されるようになっている。「愛台湾(台湾を愛する)」という
スローガンは、もはや独立志向が強い民進党支持者だけでなく、国民党の候補者も語らなければ選
挙に勝てない状態だ。その意味では、この湾生回家のヒットは「日本人も愛した台湾」という点
が、より台湾の人々の涙腺を刺激するのだろう。

 記憶は環境によって育てられる面はある。台湾における日本時代への懐かしみは、国民党の苛烈
な統治や弾圧が強化したものであろう。

 日本での湾生たちの台湾思慕も、敗戦によって焦土となった日本は当時の台湾に比べてはるかに
暮らしにくかったことや、日本で引揚者が受けた差別的視線なども関係しているはずだ。戦前の台
湾の経済水準は、日本の地方都市を大きくしのぎ、給料面でも東京に遜色ない金額を得ることがで
きた。日本に戻った「湾生」たちが台湾での生活をより一層懐かしんだことは疑いようがない。

 だが、やはり重要な問題は、人間にとってのアイデンティティは、必ずしも教育やイデオロギー
だけで決まるものではなく、個々人が抱いている実体験によってしか本当の意味で形成されないと
いうことだと思う。

◆他人に語れない「台湾の私」を抱えて生活してきた

 映画のなかの印象深いセリフに「(湾生たちが育った台湾東部の)花蓮のあの自然、景色をその
まま日本に持って帰りたい」という言葉がある。彼らには、そんな気持ちにさせられる景色は花蓮
以外に存在しないだろう。そこに経済的豊かさがあろうがなかろうが、国籍が日本であろうが中華
民国であろうが、それはひとりの人間にとって絶対的な体験なのである。

 映画で湾生たちは、口々に「私の故郷は台湾」と語っていた。そして、戦後の日本でずっと他人
に語れない「台湾の私」を抱え込んで生活してきた。その感覚を映画の主人公のひとりである老婦
人は「自分がいつも異邦人のような気持ちだった」と明かしている。

 「湾生回家」は、そうした湾生たちの思いを、いまを生きる台湾の人々に「懐日」というトレン
ドのなかで、より深く理解させ、共感を得られたからこそ、ここまでの大ヒットになったに違いな
い。

                ◇    ◇    ◇

野嶋 剛(のじま・つよし)
ジャーナリスト
1968年生まれ。上智大学新聞学科卒業後、朝日新聞社入社。シンガポール支局長、政治部、台北支
局長などを経験。京都大学非常勤講師。仕事や留学で暮らした中国、香港、台湾、東南アジアを含
めた「大中華圏」(グレーターチャイナ)を自由自在に動き回り、書くことをライフワークにして
いる。著書に「ふたつの故宮博物院」(新潮社)「銀輪の巨人?GIANT」(東洋経済新報社)
「ラスト・バタリオン?蒋介石と日本軍人たち」(講談社)など。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 りました。お急ぎの場合はお申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合、送料が変わ
 ることもあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

* 現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。【2015年7月28日】

 輸入元の総代理店からの連絡により、現在、台湾ビールの缶の在庫切れが判明しました。入荷は
 未定だそうでご迷惑をお掛けします。台湾ビール(缶)の入荷が分かり次第、本誌でお伝えしま
 す。ただし、台湾ビール(瓶)と台湾フルーツビールの在庫は大丈夫です。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』 *new
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。