国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2535号】 蔡焜燦氏の評伝を月刊「WiLL」新年特大号が掲載

2015/11/28

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成27年(2015年)11月28日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2535]
1>> 蔡焜燦氏の評伝を月刊「WiLL」新年特大号が掲載
2>> 【祝】日本と台湾が「租税協定」(日台民間租税取決め)を予定どおり締結!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 台湾向け「青森県産サンふじ」りんごお申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma

● 2015年・台湾ポンカンお申し込み 【締切:12月5日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a0mm6tpx6wtx

● 「2016年 総統・立法委員選挙視察ツアー」お申し込み【締切:12月4日】
  https://goo.gl/BHrZHr

● 12月19日開催「平成27年 日台共栄の夕べ」のお申し込み【締切:12月15日】
  http://goo.gl/4LDSbD

●【戸籍問題】「change.org」ネット署名にもご協力を![10/20]
  https://goo.gl/IUINt8

● 【戸籍問題】 本会オリジナルのネット署名にご協力を![10/16]
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

● 高砂義勇隊慰霊碑、台風被害「お見舞い募金」のお願い
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20150827/
 *11月27日現在の募金額:203万5,000円(196人)
 *募金は11月末まで行い、12月初旬に高砂義勇隊記念協会に持参する予定です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 蔡焜燦氏の評伝を月刊「WiLL」新年特大号が掲載

 一昨日(11月26日)発売の月刊「WiLL」新年特別号で、作家の瀬戸内みなみさんが連載し
ている「わが人生に悔いなし」(第12回)に、台湾の蔡焜燦先生を取り上げています。題して
「母国は日本、祖国は台湾」。

 この連載は今年2月号で画家の横尾忠則氏を取り上げて始まっていて、バックナンバーを繰る
と、これまではすべて日本人で、海外からは蔡先生が初めてのようです。

 ただ、蔡先生は常々「18歳まで日本人だった」と言われている台湾を代表する日本語世代です
ので、海外初というのもどこか違和感がありますが、それはともかく、12ページにわたる評伝は
実によくまとめられていて、その姿が生き生きと描かれ読み応えがあります。

 ある宴席での蔡先生の「博覧強記」ぶりを発揮する場面から書き起こされ、昭和2年の出生か
ら公学校時代、陸軍航空学校時代、帰台してからの体育教師時代、実業家としての活躍、そして
現在、代表をつとめる台湾歌壇のことは事務局長の三宅教子さんへのインタビューも交えて紹介
しています。

 また、あまり蔡李明霞夫人のことを人前で話さない蔡先生ですが、夫人とのやり取りも少しだ
けですが紹介していて、その少しだけの描写が的確に夫人の横顔を伝えています。

 昨春、旭日双光章を受章されたときの交流協会台北事務所における授章式での蔡李明霞夫人と
の写真をはじめ、清水(きよみず)公学校時代や辛亥革命にも参加した清水行之助氏との千鳥ヶ
淵でのツーショット、台湾歌壇の光景など、6枚の写真も添えられています。

 蔡焜燦先生は年が明けた1月9日には満88歳を迎えられます。かつて2週間毎晩、国賓大飯店で
宴席を持ち、さすがに喰い飽きたそうですが、今はそこまではないものの、日本から多くの方が
訪台して蔡先生とお会いしています。

 いみじくも、蔡先生は『台湾人と日本精神』の「あとがき」の最後の最後に「この書を、台湾
の独立建国を待たずして永眠された諸先輩の霊に捧ぐ」と書かれています。蔡先生の志が奈辺に
あるかを示しています。

 この評伝を執筆した瀬戸内みなみさんも、そこを見逃していません。「蔡が祖国を愛する気持
ちは、切ないほどだ。そしてその愛する祖国は、台湾と日本の二つ。愛しているからこそ、蔡の
声は聞く人の胸を揺さぶる」と剔抉しています。

 ぜひご一読を!

◆月刊「WiLL」新年特大号(11月26日発売、定価820円)
 http://web-wac.co.jp/magazine/will/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 【祝】日本と台湾が「租税協定」(日台民間租税取決め)を予定どおり締結!

 11月26日、日本の公益財団法人交流協会と台湾亜東関係協会は「租税協定」(日台民間租税取
決め)を予定どおり締結しました。

 本誌でもお伝えしたように、進出企業の税負担を軽減して双方の投資を促すため、日台間では
これまで二重課税回避問題などを解決すべく租税協定について話し合いが続けてきていて、それ
がようやく実現しました。「租税協定」と同時に「日台競争法了解覚書」、「日台防災実務協力
覚書」も締結しています。

 いよいよ日台の自由貿易協定(FTA)締結が近づいてきました。下記に交流協会の報告と、
それを伝える日本経済新聞の記事をご紹介します。

-----------------------------------------------------------------------------------------

「所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための公益財団法人交流協会と亜
東関係協会との間の取決め」(略称「日台民間租税取決め」)
【公益財団法人交流協会:2015年11月26日】

1.11月26日、公益財団法人交流協会と亜東関係協会との間で「所得に対する租税に関する二重
 課税の回避及び脱税の防止のための公益財団法人交流協会と亜東関係協会との間の取決め」に
 署名しました。

2.本取決めは、所得が生じる地域(源泉地)の課税の制限、課税上の問題の解決、税務上の協
 力関係について、日台それぞれの関係当局の必要な同意が得られるよう両協会が相互に協力す
 ることを定めるものであり、日台間の健全な投資・経済交流の促進に資する内容となっていま
 す。

3.本取決めでは、具体的に以下のような内容が規定されています。

(1)日台間で支払われる配当などについて、源泉地における課税の税率を以下のとおり引下げ

   配当  利子  使用料
   10%  10%  10%

(2)企業が進出先の税務当局から受けた課税について問題が生じた場合に、これを解決する枠
   組みを創設。

(3)日台それぞれにおけるより効果的な税務行政の執行のため、租税に関する情報を日台間で
   交換する枠組みを創設。

○日台民間租税取決め(英文)(本文)
http://www.koryu.or.jp/ez3_contents.nsf/0/84d04e1b9ad3d03b49257f090009454a/$FILE/sozei-E.pdf

○日台民間租税取決め(和文仮訳)(本文)
http://www.koryu.or.jp/ez3_contents.nsf/15aef977a6d6761f49256de4002084ae/84d04e1b9ad3d03b49257f090009454a/$FILE/sozei-J.pdf

-----------------------------------------------------------------------------------------
日台、租税協定の締結を正式発表 議会など承認経て発効  
【2015年11月26日】

 【台北=山下和成】日本の対台湾の交流窓口機関、交流協会は26日、二重課税の回避などにつ
ながる租税協定を、台湾側の窓口機関である亜東関係協会と東京都内で結んだと正式発表した。
日台双方の議会などの承認を経て発効する。日台の企業の投資や拠点開設の促進が期待でき、日
台経済が一段と緊密化する。

 例えば、日本企業の台湾子会社が配当を日本に送金する場合、現在は台湾で金額20%を課税さ
れている。協定発効後はこれが10%に引き下げられ負担軽減になる。日台の租税の担当機関によ
る情報交換なども始める。

 日台の窓口機関はこのほか、独占禁止法の適用に際しての情報交換などで協力するための協定
や、防災に関する協力のための協定も結んだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変
 わりました。お急ぎの場合はお申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合、送料が
 変わることもあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

* 現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。【2015年7月28日】

 輸入元の総代理店からの連絡により、現在、台湾ビールの缶の在庫切れが判明しました。入荷
 は未定だそうでご迷惑をお掛けします。台湾ビール(缶)の入荷が分かり次第、本誌でお伝え
 します。ただし、台湾ビール(瓶)と台湾フルーツビールの在庫は大丈夫です。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いた
 だきます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』 *new
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情
報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。