国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2519号】 国民党よ、ついに台湾を売り渡すのか  王 明理(台湾独立建国聯盟日本本部委員長)

2015/11/06

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成27年(2015年)11月6日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2519]
1>> 国民党よ、ついに台湾を売り渡すのか  王 明理(台湾独立建国聯盟日本本部委員長)
2>> 【祝】 群馬県渋川市が彰化県員林鎮と「観光・教育友好協力協定」を締結していた!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 台湾向け「青森県産サンふじ」りんごお申し込み  *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma

● 2015年・台湾ポンカンお申し込み 【締切:12月5日】 *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a0mm6tpx6wtx

● 12月19日開催「平成27年 日台共栄の夕べ」のお申し込み *new
  http://goo.gl/4LDSbD

● 11月23日開催「台湾出身戦歿者慰霊祭と講演会」のお申し込み *new
  https://goo.gl/YLbmyj

●【戸籍問題】「change.org」ネット署名にもご協力を![10/20]
  https://goo.gl/IUINt8

● 【戸籍問題】 本会オリジナルのネット署名にご協力を![10/16]
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できます。

● 「2016年 総統・立法委員選挙視察ツアー」お申し込み【締切:12月4日】
  https://goo.gl/BHrZHr

● 高砂義勇隊慰霊碑、台風被害「お見舞い募金」のお願い
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20150827/
 *11月5日現在の募金額:191万2,000円(185人)
 *募金は11月末まで行い、12月初旬に高砂義勇隊記念協会に持参する予定です。
 *昨日、募金人数を191人としましたが183人の誤りでした。お詫びして訂正します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 国民党よ、ついに台湾を売り渡すのか  王 明理(台湾独立建国聯盟日本本部委員長)

 昨日、11月7日にシンガポールで中国の習近平・国家主席と会談する馬英九総統は台北市内で記
者会見し、その意義について「常態化の第一歩」となることを強調、また、会談の目的は現状維持
だと述べた。さらに「会談は次の選挙のためではなく、次世代の幸福のために行う」と耳障りのい
い言葉を並べた。

 しかし、元中日新聞論説委員で台北支局長をつとめたジャーナリストの迫田勝敏氏が指摘するよ
うに「馬政権は会談で協定を結んだり、共同声明を発表しないとしているが、中国側の求めで台湾
の針路を拘束するような密約などをすれば、来年の政権交代後に大きな問題となる」(11月5日
「中日新聞」)心配がある。

 そこで、迫田氏は「中国が密約を盾に実行を迫れば、台湾人の反中感情がさらに高まることも予
想され、会談内容によっては、国民党にとっても中国にとっても一つの賭けになる」と指摘してい
る。正鵠を射た指摘だろう。馬氏は「会談の目的は現状維持」と平穏を装っているものの、やはり
これは台湾の将来を左右しかねない危険な「一つの賭け」だ。

 迫田氏が指摘する「台湾の針路を拘束するような密約」を突き詰めると「台湾を中国に売り渡
す」という表現にもなる。王明理・台湾独立建国聯盟日本本部委員長がそれを杞憂し、以下の一文
を表明している。

-----------------------------------------------------------------------------------------
国民党よ、ついに台湾を売り渡すのか  王 明理(台湾独立建国聯盟日本本部委員長)
【台湾の声:2015年11月4日】

 11月7日に総統・馬英九と中国の国家主席・習近平がシンガポールで会談すると台湾総統府が発
表した。

 日本のメディア報道が言うような、“首脳会談で「一つの中国」を中台交流の基礎として確認
し、これを認めない民進党をけん制するとみられる”というような甘いものではない。

 1895年から1945年までの日本統治下で、未開発の台湾島は近代社会へと変貌を遂げた。その宝の
島を、わがもの顔に占領したのが中国国民党で、台湾人は我が家を乗っ取られた被害者である。

 中国人による虐殺、戒厳令下の行動と言論の自由剥奪、「中国人化教育」に対して、台湾人は少
しずつ努力して民主化に成功し、やっとの思いで、台湾人が政権を担えるまでにもって来た。来年
の総統選挙で民進党の蔡英文女史が総統に選出されれば、台湾は新しい歴史の幕を開ける。

 それを嫌う中国国民党の馬英九(総統)と中国共産党の習近平が、民主選挙の前に強引に台湾の
運命を決めようと考えている。

 台湾に70年間お世話になっておきながら、中国国民党は、相変わらず、台湾民衆の幸せを考えて
いない。彼らが一番に考えているのは、党の利益、中国人の幸せなのである。

 どう考えても、国民党の生きていく場所は、もはや台湾にしかないはずである。他者を排除する
中国人の激烈さは、国民党なら一番分かっているはずである。かつての内戦の折の容赦ない殺戮、
文化大革命の時の大虐殺、チベット民族、ウイグル民族を殲滅しようとしている現在の共産党の狡
猾な手段。国民党よ、それらを見てもなお、まだ、中国に未練があるのか。なぜ、温厚で優しい台
湾人をこそ、自分たちの同胞として大切にしないのか。

 台湾を中国に売り渡す権利は今の馬英九にはない。あってはならない。4年前の総統選挙の際、
多額の賄賂と言葉巧みな表現で当選を果たしたが、現在では、馬英九を自分たちの代表として外交
を任せる気持ちは台湾人には皆無である。むしろ、台湾人の利益に反する行動をしてきた馬英九に
大反対するものである。

 なお、各メディアは「1949年の分断後初の歴史的中台首脳会談」と書いているが、分断したの
は、中国人同士の話であり、台湾人とは関係のない話であったことをもう一度、主張しておきた
い。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 【祝】 群馬県渋川市が彰化県員林鎮と「観光・教育友好協力協定」を締結していた!

 昨日、日台間の姉妹提携について、ある大手メディアから群馬県渋川市が彰化県員林鎮と協定を
結んでいると連絡いただきました。早速、確認してみますと確かに今年の4月16日、渋川市は彰化
県員林鎮と「観光分野及び教育旅行における友好協力に関する協定」を締結していました。

 地元紙や全国紙がニュースとして出してくれれば伝わってくるのですが、これまでも日台間の姉
妹提携はほとんどニュースにならないため、なかなか把握が難しい面があります。

 それはともかく、群馬県渋川市は昨年(2014年)11月7日の彰化県社頭郷に引き続き、彰化県員
林鎮と友好協力協定を結んでいました。

 先に述べましたように、ニュースとして伝わって来なかったり、見落としたりして、本会が把握
できていない提携もあろうかとは思いますが、これで本会調査による日台間の自治体提携は40件に
上ります。心から祝意を表するとともに、下記に渋川市が発表している協定内容をご紹介します。

              ◇    ◇    ◇

「観光分野及び教育旅行における友好協力に関する協定」
4月16日 台湾・員林鎮と締結

1 目 的

  観光分野及び教育旅行における交流を推進するため、台湾・員林鎮と友好協力協定を結び、今
 後、お互いの地域に経済的利益をもたらし、両地域の発展に大きく貢献することを目指します。

2 締結先

  台湾彰化県員林鎮(いんりんちん)

  鎮長: 張錦昆(ちようきんこん)

  人口:124,741人  面積:40.038平方キロメートル 戸数:38,343戸

3 経緯および内容

  本市では観光基本計画後期計画において、「伊香保温泉を核とした外国人観光客誘致の促進と
 外国人観光客への対応力強化」を施策として掲げています。

  群馬県では、東アジアからの誘客を図るため観光戦略に取り組み、台湾彰化県と互いの地域の
 発展を目指すことを目的に、観光や農畜産物などの経済分野において、相互に協力し合うことを
 内容とする友好都市協定を締結しています。

  本市では県と連携し、外国人観光客誘致に取り組むこととし、平成26年5月に本市との交流先
 自治体の紹介を彰化県長に依頼したところ2ケ所の締結先を紹介いただきました。

  そのうち1ヶ所である社頭郷とは平成26年11月に「観光分野における友好協力に関する協定」
 の締結を行いました。今回は、台湾からの観光誘客促進に向け、市長がトップセールスのため4
 月16日〜18日の3日間台湾を訪問し、16日にもう1ヶ所である員林鎮と調印の日から3年間の「観
 光分野及び教育旅行における友好協力に関する協定」に調印しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 りました。お急ぎの場合はお申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合、送料が変わ
 ることもあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

* 現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。【2015年7月28日】

 輸入元の総代理店からの連絡により、現在、台湾ビールの缶の在庫切れが判明しました。入荷は
 未定だそうでご迷惑をお掛けします。台湾ビール(缶)の入荷が分かり次第、本誌でお伝えしま
 す。ただし、台湾ビール(瓶)と台湾フルーツビールの在庫は大丈夫です。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』 *new
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。