国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2511号】 李登輝元総統が月刊「WiLL」12月号で櫻井よしこ氏と特別対談

2015/10/28

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成27年(2015年)10月28日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2511]
1>> 李登輝元総統が月刊「WiLL」12月号で櫻井よしこ氏と特別対談
2>> 李登輝元総統が月刊「致知」11月号で下村博文・文部科学大臣と対談
3>> 歴史を画す李元総統7度目のご来日  柚原 正敬(常務理事・事務局長)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 【戸籍問題】 ネット署名を開始! *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できるよう手直ししました。

● 「2016年 総統・立法委員選挙視察ツアー」お申し込み【締切:12月4日】
  https://goo.gl/BHrZHr

● 高砂義勇隊慰霊碑、台風被害「お見舞い募金」のお願い
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20150827/
 *10月27日現在の募金額:186万8,500円(180人)
 *募金は11月末まで行い、12月初旬に高砂義勇隊記念協会に持参する予定です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 李登輝元総統が月刊「WiLL」12月号で櫻井よしこ氏と特別対談

 10月26日発売の月刊「WiLL」12月号がジャーナリストで国家基本問題研究所理事長をつとめ
る櫻井よしこ氏を大々的に取り上げ、「櫻井よしこさんへエール!」と銘打つ「総力大特集」を組
み、その冒頭に、櫻井氏と李登輝元総統の特別対談「台湾が感動した安倍総理のひと言」を掲載し
ている。

 また、9月19日に台北市内の台大医院国際会議センターで行われた台湾安保協会(羅福全理事
長)が主催する国際シンポジウム「両岸関係とアジア太平洋地域の平和」において、櫻井氏が「日
本の集団的自衛権と日中関係」(日本集體自衛權與日中關係)と題して基調講演した内容を「日台
で『対中包囲網』を!」と改題して掲載している。

 対談は李元総統のご自宅で行われたようで、対談劈頭の写真に李元総統を真ん中に、左に曾文恵
夫人、右に櫻井氏が写る写真が掲載されている。

 対談は終始、李元総統のペースで進み、櫻井氏がインタビュアーのような役割という印象を受け
るが、その息はピッタリ。安倍総理の「アベノミクス」から始まり、李元総統は新しい技術(イノ
ベーション)が日本の経済成長を可能にすると提案し、その具体案として「IOT(Internet of 
Things)」の分野で日台の協力提携を挙げる。

 また、現在の中国経済についての分析から軍備増強の話に展開し、李元総統の「台湾が中国の侵
略を受けた場合、最も打撃を受けるのは日本」との指摘に、櫻井氏も「台湾の重要性は机上の戦略
論ではなく、日本に大変な実害が及ぶ」と応答。

 話の流れは自然に李元総統ご来日直前に衆議院で可決された平和安全法制に移り、李元総統は
「日本はもちろん、東アジアの安定に大きく寄与する」と、その成立に満腔の賛意を示す。

 アメリカの内向き、中国とロシアの台頭という現状について、櫻井氏は「そうした時代に、日本
がどのような方向を目指せば台湾を含めてアジアの国々を安定させられると思いますか」と質問す
ると、李元総統は日米関係と日台関係の重要性を説く。それに応え、櫻井氏が日本版台湾関係法を
制定する動きを紹介し「日本の明確な意思表示は日台双方の国益のみならず、アジア全体に希望を
与えるのではないでしょうか」と述べると、李登輝元総統は「是非、進めていただき、台湾を諸外
国と同様に扱ってもらいたい」と応じている。

 その他にも、来年の総統選挙や総統就任式までの「魔の4ヵ月問題」などについても話は及んで
いる。

 最後に、李登輝元総統が「暴れん坊将軍」のファンだったエピソードが初めて明かされるなど、
櫻井氏ならではの李元総統との息の合った対談となっている。李元総統と櫻井氏の生き生きとした
声が聞こえてくるような対談でもある。

 ちなみに、李元総統が7月に来日されたとき、7月22日の午後、衆議院第一議員会館で講演されて
いるが、その日の午前、櫻井氏は宿泊先のザ・キャピトルホテル東急の部屋まで訪ねて歓談してい
る。

◆月刊「WiLL」12月号【特別定価820円(税込)】
 http://web-wac.co.jp/magazine/will/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 李登輝元総統が月刊「致知」11月号で下村博文・文部科学大臣と対談

 いささか紹介が遅くなったが、月刊「致知」11月号(10月1日発売)に李登輝元総統と下村博
文・文部科学大臣(当時)との対談「一国の未来は将の覚悟にあり」が掲載された。

 月刊「致知」は書店販売ではなく定期購読制をとっているため、一般の目には触れにくいもの
の、愛読者が数万人もいるという「いつの時代も変わらない、人間の生き方の原理原則を満載して
読者の皆様の元にお届けする定期購読の月刊誌」だ。

 この対談は、来日された折の7月22日、衆議院第一議員会館における講演を終えた直後に行われ
たことで、この講演の模様から始まる。

 本誌でも何度かお伝えしたが、この講演会には現役の国会議員が292人も参加したことについ
て、下村大臣はまだその余韻が残っていることを感じさせながら「空前絶後」と表現した。

 この講演会は、下村大臣も発起人の一人である「李登輝先生の講演を実現する国会議員の会」が
主催したが、ダライ・ラマ法王の120人をはるかにしのぐ国会議員が集まったことに心底驚いたよ
うだ。

 対談では、台湾と韓国の日本に対する見方が違う理由や、李元総統が蒋経国によって副総統に取
り立てられた経緯、12年間の総統時代にもっとも苦労されたこと、先に紹介した月刊「WiLL」
12月号の櫻井よしこ氏との対談でも触れていたアベノミクスの成長戦略としてイノベーション「I
OT(Internet of Things)」の分野で日台の協力提携、いかにして安全な原発を造るかなど多方
面に及んだ。

 ほとんど下村大臣が聞き手に回り、李元総統が一方的に話すという、対談というよりも下村大臣
による李元総統へのインタビューといった趣で、下村大臣の台湾観や日台関係への見方がもっと示
されていればと物足りなく思うものの、李元総統の考えを分かりやすく引き出している点で読み応
えがある。

◆月刊「致知」11月号
 http://www.chichi.co.jp/info/month_back

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 歴史を画す李元総統7度目のご来日  柚原 正敬(常務理事・事務局長)

 月刊「致知」11月号掲載の李登輝元総統と下村博文・文部科学大臣の対談を掲載したが、ここで
改めて李登輝元総統のご来日の全貌について、機関誌「日台共栄」10月号からご紹介したい。

 なお、この柚原事務局長のレポートは、越野充博氏(常務理事・JET日本語学校理事長)の巻頭
エッセイ「バシー海峡の戦没者慰霊祭」や佐藤健一氏(神職・本会会員)の「屏東・高士村に高士
神社を再興」などとともに、本会ホームページで、PDF版で掲載している。

◆機関誌「日台共栄」10月号
 http://www.ritouki.jp/index.php/magazine/magazine038/

              ◇    ◇    ◇

歴史を画す李元総統七度目のご来日─超党派の国会議員が招聘して実現した断交後初の講演会

                             常務理事・事務局長 柚原 正敬

◆白眉は衆議院議員会館の講演会

 去る7月21日、李登輝元総統が昨年9月に続いて来日された。羽田空港に、本会会員らが日の丸の
小旗や緑の台湾旗で歓迎する中、お元気な様子で降り立たれた。

 今回、曾文恵夫人は体調を崩したため来日を中止されたが、李安娜、李安[女尼]さん姉妹、李安
[女尼]さん夫君の頼國洲氏、若くして癌で亡くなった長男の李憲文氏夫人の張月雲さん、令孫の李
坤儀さんの5人を伴って来日された。

 総統を退任してから7度目の来日となり、5泊6日の充実した日程をこなし、26日に仙台空港から
ご家族とともに元気に帰台された。

 今回のご来日の白眉は、何といっても衆議院第一議員会館で開催された講演会であろう。主催
は、安倍内閣の麻生太郎・財務大臣と下村博文・文部科学大臣の現役閣僚2人を含む、超党派の衆
参国会議員40名が発起人となって設立した「李登輝先生の講演を実現する国会議員の会」。昭和47
年9月に日台が断交して以来、日本の国会議員が台湾要人を招聘するのは初めてであり、国会内施
設で講演会を開くことも初めてだった。

 そればかりではない。講演会には全国会議員の40.7%に当る292人が出席、秘書等の代理112人を
含めると実に56.3%に当たる404人が出席した。

 7月22日の講演会当日、李元総統は宿泊先のザ・キャピトルホテル東急から車に乗り、衆議院第
一議員会館に到着。玄関で待ち受けていた日台若手議連会長の岸信夫・衆議院議員が控室へ案内。
ここで下村博文・文科大臣などとしばし歓談。それから岸議員が司会をつとめる講演会に臨み、
「台湾のパラダイムの変遷」と題して話された(本誌4頁参照)。

 講演が終わるや、なんと議員の方々が次々と立ち上がって拍手し始めた。音楽会などではよくス
タンディングオベーションを見かけるが、講演会では珍しい。国民を代表する国会議員が惜しみな
い拍手を送り続けたのだった。

◆本会主催の歓迎晩餐会

 国会での講演を終えられた李元総統は、ザ・キャピトルホテル東急において午後7時から開かれ
た本会主催の歓迎晩餐会に臨まれた。

 王明理・理事と梅原克彦・常務理事のW司会で始められた晩餐会には約200人が集い、まず本会
を代表して川村純彦・副会長が開会の挨拶を述べ、渡辺利夫・拓大総長と葛西敬之・JR東海代表
取締役名誉会長が来賓を代表して挨拶。これに答えて李元総統がご挨拶(12頁参照)。引き続き、
作家の曽野綾子さんが花束を贈呈し、JET日本語学校名誉理事長の金美齢さんに乾杯の発声をい
ただいた。

 宴たけなわとなったところで、岸信夫・衆院議員、小池百合子・衆院議員、池田維・元交流協会
台北事務所代表、秋元司・衆院議員、ノンフィクション作家の門田隆将氏が次々と挨拶。

 しかし、国会講演をこなされた李登輝元総統はさすがにお疲れのご様子。本来はこの後に和田政
宗・参院議員と江口克彦・参院議員の挨拶も控えていたが、ここで中締めとした。

◆日本外国人特派員協会で記者会見

 7月23日には、日本外国特派員協会が李元総統を招いて記者会見を開催した。会場後方にはNH
Kやフジテレビ、TBSなどのテレビカメラが20台ほど並び、200人以上の記者が参加し、2007年
来日時の記者会見を再現した観があり、まさに壮観の一語に尽きた。

 冒頭、李元総統は「台湾の主体性を確立する道」と題し、台湾は大中華思想というまやかしから
脱出しなければならず、新しい時代の台湾人を自覚することで民主的かつ自由な台湾が作り上げら
れると力説した。その後の質疑応答では、安保法案を巡る質問には、アジアの平和、世界の平和に
貢献するとして支持を表明するとともに、安倍総理の手腕を高く評価。尖閣諸島の領有権をめぐる
質問にも、これまでと同様「日本のものであり、台湾のものではない」と明言された。

◆最先端の放射線癌治療施設を視察

 7月24日は東北新幹線に乗って郡山にある、2018年度の治療開始を目指している「総合南東北病
院・BNCT(ホウ素中性子補足療法)研究センター」へ。

 総合南東北病院では、理事長の渡邉一夫氏をはじめ、瀬戸?一・BNCTセンター長、吉本高
志・最高顧問、寺西寧・院長などが出迎え、BNCT施設は瀬戸BNCTセンター長が説明しなが
ら案内。陽子線や重粒子などの放射線治療に詳しい李元総統は、台湾では癌による死者がもっとも
多いことや自身の大腸癌の経験を挙げ、BNCTの台湾導入に意欲を示された。

 また、実際の治療に使用予定の加速器などを視察し、これまでの治療法とBNCTによる治療法
の違いや治療費などについて質問、瀬戸センター長が返答に戸惑う場面もあった。

◆瑞巌寺で句碑を参観

 総合南東北病院を後にした李元総統は仙台へ。仙台駅では本会宮城県支部の方々をはじめ100人
を超える人々が手に手に日の丸や緑の台湾旗を持って出迎えた。これには李元総統も満面に笑みを
たたえ、嬉しそうに手を振って応えられていたのが印象的だった。

 翌25日は松島へ。まず瑞巌寺の隣に位置する円通院にて昼食。李登輝元総統とご昵懇の江口克
彦・参院議員ご夫妻や宮城選出の和田政宗・参院議員なども同席し、精進料理を召し上がられた。
この松島行きには、本会の梅原克彦常務理事の差配により、仙台厚生病院の医師と看護士も同行
し、また万一に備えて救急車も同行していた。

 食事を終えられた李元総統一行は、徒歩で句碑が建立されている瑞巌寺境内へ。句碑の周りは落
石防止の工事中だったが、フェンスに紅白の幕を張り巡らし、いかにもお祝いの式典という雰囲気
の中、相沢光哉・日台親善協会会長、瑞巌寺の吉田道彦住職、大橋健男・松島町長などの挨拶に続
いて李元総統が挨拶。その後、関係者と句碑の披露除幕式が行われ、李安娜さん、李安[女尼]さん
と植樹式に臨まれた。お手植えになった木は日本原産の山法師。

 その後、聖和学園の高校生たちが野点で李元総統一行をもてなし、「花は咲く」などを合唱して
歓待した。

◆宮城県などが主催し歓迎の夕べ

 この日の6時からは、宮城県と宮城県日台親善協会、そして本会宮城県支部の共催により、仙台
勝山館で「李登輝先生を歓迎する夕べ」が開かれ、約250人が参加。秋田や青森からの参加者も少
なくなかった。

 常盤木学園の生徒たちが「さくら」などを合唱する中を李元総統一行が入場。まず、村井嘉浩・
知事が歓迎の挨拶を述べ、続いて前仙台市長の梅原常務理事が挨拶。それに答え、李元総統が句碑
建立への感謝の念を表した。

 乾杯は、仙台出身でJR東日本会長の清野智氏。盛宴の中、和楽器演奏や各界からのスピーチな
どが行われ、相沢光哉氏が閉会の挨拶を述べ、嶋津紀夫氏が三本締めで締めくくった。

◆千年希望の丘で献花

 最終日の7月26日は、仙台でお世話になった方々とホテル内で昼食を召し上がった後、東日本大
震災の被災地の一つ、岩沼市の千年希望の丘へ。

 千年希望の丘では、菊地啓夫・岩沼市長や、この丘を造成した井口経明・前岩沼市長、丘の造成
に協力した輪王寺住職の日置道隆氏、また被災者の方々が待っていた。

 慰霊碑の前まで進んだ李元総統は、菊地市長が打ち鳴らした鎮魂の鐘の音が残る中を粛々と献
花。その後、仮設テントに待機していた被災者の方々の手を握りながら「大変だったと思うがよく
頑張ってくれました。ご苦労さまでした」と励まされた。

 その後、李元総統ご一行は仙台空港へ。空港には村井知事夫妻がお見送りに来ていて、貴賓室で
1時間ほど談笑。その後、搭乗するエバー航空機に向かわれると、はからずも「李登輝先生、万
歳」の声が挙がった。万歳の声を後に機内に入って行かれ、つつがなく全ての日程をこなして帰台
された。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 りました。お急ぎの場合はお申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合、送料が変わ
 ることもあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

* 現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。【2015年7月28日】

 輸入元の総代理店からの連絡により、現在、台湾ビールの缶の在庫切れが判明しました。入荷は
 未定だそうでご迷惑をお掛けします。台湾ビール(缶)の入荷が分かり次第、本誌でお伝えしま
 す。ただし、台湾ビール(瓶)と台湾フルーツビールの在庫は大丈夫です。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』 *new
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。