国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2510号】 中華民国による台湾統治に正統性はあるのか? 日本は中国に台湾を返還したのか?

2015/10/26

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成27年(2015年)10月26日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2510]
1>> 中華民国による台湾統治に正統性はあるのか? 日本は中国に台湾を返還したのか?
2>> 【祝】 熊本と高雄を結ぶ定期便が10月25日に就航!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 【戸籍問題】 ネット署名を開始! *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj
 *署名に国籍制限はありません。誰でも、世界中どこからでも署名できるよう手直ししました。

● 「2016年 総統・立法委員選挙視察ツアー」お申し込み【締切:12月4日】
  https://goo.gl/BHrZHr

● 高砂義勇隊慰霊碑、台風被害「お見舞い募金」のお願い
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20150827/
 *10月23日現在の募金額:185万8,500円(179人)
 *募金は11月末まで行い、12月初旬に高砂義勇隊記念協会に持参する予定です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 中華民国による台湾統治に正統性はあるのか? 日本は中国に台湾を返還したのか?

 昨10月25日、馬英九総統は「光復節」の式典で「抗日戦争の勝利の結果、台湾は中華民国の版図
に戻った」と述べ、1943年の「カイロ宣言」などを根拠に中華民国が台湾を領有する権限があると
強調、中華民国による台湾統治の正当性を改めて主張した。

 しかし、これは70年を経ても、中華民国の台湾統治には根強い異論や反論があることを証すこと
にもなった。

 異論が出るのは当然のことだろう。昭和20年(1945年)9月2日、米艦ミズリー号上で日本は「降
伏文書」に署名するが、署名しただけで日本がアメリカの領土になったわけではないのと同じよう
に、日本が台北で降伏文書にサインしただけで領土の変更が行われ、台湾が中華民国の領土になる
ことはないからだ。

 台湾が中華民国の版図に戻ったかどうかという問題は、日本が台湾を「中国に返還」したかどう
かという問題と同じで、すでに本誌では何度か論評している。例えば平成24年(2012年) 4月8 日号
においても、この問題について下記のように述べているので、いささか長いが改めて紹介したい。

 実は、中華民国自身がその版図に台湾が戻ったことを否定し、「台湾返還」を否定していた。そ
れが歴史の事実だった。

               ◇    ◇    ◇

「台湾返還」の真実─中華民国自身が否定していた「台湾返還」
【メールマガジン日台共栄:平成24年(2012年) 4月8 日号】

 台湾を領有していた日本は大東亜戦争に敗れた後、マッカーサーが9月2日に発した蒋介石の国民
政府(中華民国)に降伏せよという「一般命令第一号」に従い、日本と中華民国は1945年10月25日
に台湾の台北市公会堂(現・中山堂)で行われた中国戦区台湾地区降伏式に臨んだ。

 この降伏式で日本は中華民国による台湾・澎湖諸島接収に応諾署名した。「台湾澎湖列島の領土
人民に対する統治権、軍政施設並びに資産を接収する」という「行政長官第一号命令」を受け入れ
る。

 するとこの日、中華民国を代表して降伏式に臨んでいた台湾省行政長官の陳儀はラジオを通じ
「台湾および澎湖列島は正式に中国の版図に再び入り、すべての土地、人民、政治はすでに中華民
国国民政府の主権下におかれた」という声明を発表する。

 実は、これが「台湾返還」という歴史捏造の真の原因だった。中華民国は台湾接収を命じられた
だけにもかかわらず、中国の領土に復帰(光復)したと宣伝したのである。これによって、台湾人
は中華民国の国籍に組み入れられた。

 その後、蒋介石の中国国民党政府は毛沢東率いる中国共産党軍との国共内戦に敗れ、1949年12
月、接収していた台湾に逃げ込み、居座らざるを得ない状況となる。大陸に帰ろうにも帰れない状
態が続く。それ故、占領軍にすぎない自分たちが台湾に居座る理由を失ってしまうため、「返還」
に固執しなければならなくなった。つまり、中華民国に都合のいい勝手な宣伝が「台湾返還」を定
着させてしまったのだった。

◆サンフランシスコ平和条約と池田首相答弁

 ところが、中華民国が宣伝するように、日本が台湾を1945年10月に中華民国に返還していたとす
るなら、その後、日本は1951年9月8日に署名したサンフランシスコ平和条約において台湾・澎湖諸
島を放棄することになるが、なぜ放棄できたのか説明がつかなくなる。

 日本がアメリカをはじめとする連合国諸国と署名したサンフランシスコ平和条約は、その第2条
b項において「日本国は、台湾及び澎湖諸島に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄する」
と謳っていて、これをもって日本は台湾と澎湖諸島を放棄した。

 このサンフランシスコ平和条約では、日本は台湾と澎湖諸島しただけで、その帰属先については
述べられていない。

 では、その帰属先を決定する権限はいったいどこにあるのだろう。

 サンフランシスコ平和条約の日本側の全権団の一人に池田勇人・大蔵大臣が入っていて、後に首
相に就く。

 その池田が首相在任時の昭和39年2月29日、衆議院予算委員会において、台湾の法的地位につい
て重大な発言をしている。その発言を下記に紹介してみたい。

≪サンフランシスコ講和条約の文面から法律的に解釈すれば、台湾は中華民国のものではございま
せん。しかし、カイロ宣言、またそれを受けたボツダム宣言等から考えますと、日本は放棄いたし
まして、帰属は連合国できまるべき問題でございますが、中華民国政府が現に台湾を支配しており
ます。しこうして、これは各国もその支配を一応経過的のものと申しますか、いまの世界の現状か
らいって一応認めて施政権がありと解釈しております。したがって、私は、台湾は中華民国のもの
なりと言ったのは施政権を持っておるということを意味したものでございます。もしそれ、あなた
がカイロ宣言、ポツダム宣言等からいって、台湾が中華民国政府の領土であるとお考えになるのな
らば、それは私の本意ではございません。そういう解釈をされるのならば私は取り消しますが、私
の真意はそうではないので、平和条約を守り、日華条約につきましては、施政権を持っておるとい
うことで中国のものなりと言っておるのでございます。≫

 つまり、台湾の帰属先はカイロ宣言やポツダム宣言で決められているのではなく「連合国できま
るべき問題」だと答弁し、台湾の帰属先は未定だと述べたのだった。

 また、この国会答弁のとき日本は中華民国と国交を結んでいたが、「台湾は中華民国のものなり
と言ったのは施政権を持っておるということを意味したもの」とも答弁している。

 つまり、日本が1945年10月の降伏式で受け入れた「行政長官第一号命令」に記す「台湾澎湖列島
の領土人民に対する統治権」とは施政権のことだった。

 施政権とは通常、立法・司法・行政の三権を指している。すなわち、日本は中華民国に施政権を
移譲しただけで、領土は「返還」していなかった。だから、サンフランシスコ平和条約に署名した
連合国諸国は、日本が条約締結時まで台湾を領有していたことを承認していたがゆえに「放棄」も
成り立ったのだった。

◆「台湾返還」を否定していた中華民国

 実は、このサンフランシスコ平和条約を、中華民国自身が平和条約発効直前に日本と調印した
「日華平和条約」で承認している。

 中華民国は中華人民共和国とともにサンフランシスコ講和会議に招請されなかったため、日本と
の戦争状態を「日華平和条約」の締結によって終了させた。調印は、サンフランシスコ平和条約が
発効する7時間30分ほど前の1952年4月28日に台北で行われている。

 日華平和条約の第2条には以下のように定められていた。

≪日本国は、1951年9月8日にアメリカ合衆国のサン・フランシスコ市で署名された日本国との平和
条約(以下「サン・フランシスコ条約」という。)第2条に基き、台湾及び澎湖諸島並びに新南群
島及び西沙群島に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄したことが承認される。≫

 中華民国がサンフランシスコ平和条約を承認したということは、この平和条約調印時まで日本が
台湾を領有していたことを連合国諸国が認めたのと同様に中華民国も認めたことになる。つまり、
中華民国に台湾を返還していなかったことを中華民国自身が認めたことに他ならない。これは、中
華民国自身が「台湾返還」を否定したことになる。

 また、池田首相が答弁したように「施政権」の移譲であったことを中華民国自身が認めたことに
なるのである。

 したがって、日本はサンフランシスコ講和条約に基づいて台湾を放棄しただけであり、「中国へ
の返還」は行っていない。それは、同条約の締結国であるアメリカやイギリスなど連合国の見解で
あるだけでなく、中華民国ですら日華平和条約を通じ、その取り極めを承認していたのである。

 それでも中華民国は自らの台湾統治を正当化すべく、馬英九総統のように何度も捏造した歴史を
繰り返し述べてきている。一方の中華人民共和国も、中華民国の承継国家として台湾を手中に収め
るべく、これまで「1945年の中国への返還」を主張してきた。

 つまり、馬英九総統は中華人民共和国の主張を容認する発言を繰り返していることになる。中国
による台湾併呑に助け船を出している、危険な主張なのだ。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾「光復」70年式典 馬総統「抗日」を強調
【産経新聞:2015年10月26日】

 【台北=田中靖人】台湾の馬英九政権は25日、日本による台湾統治の終了から70年を記念する式
典を台北市内で開いた。馬総統は「抗日戦争の勝利の結果、台湾は中華民国の版図に戻った」と述
べ、台湾独立派が主張する「地位未定論」を牽制(けんせい)した。

 式典は、1945年のこの日、台湾方面の旧日本軍の降伏式典が行われた旧台北公会堂で開かれた。
当時の中国国民党政権が同日に台湾への主権回復を宣言したため、10月25日は「台湾光復節」とさ
れている。

 馬総統は、戦後の台湾統治の正当性を強調。「台湾人民の抗日戦争は台湾割譲の1895年に始ま
り、大陸(中国)よりも42年早い」と述べ、改めて日中戦争と日本統治への抵抗運動を同列に位置
づけた。日本の統治に抵抗した人々の子孫ら55人も招待された。

 台湾人の多くは日中戦争当時、日本統治下にあった人々とその子孫で、馬政権が今年、「抗日戦
争勝利70周年」の記念行事を次々と行っていることには歴史観の違いから批判がある。

 一方で馬総統は、日本が残した「若干の建設は評価すべきだ」とも述べ、日本側に一定の配慮も
示した。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 【祝】 熊本と高雄を結ぶ定期便が10月25日に就航!

 昨日(10月25日)、熊本県の悲願だった台湾との定期便が就航した。熊本−高雄は昨年10月か
ら、チャーター便が週3回、就航していた。定期便化後は定員が従来の104人から158人に増え、
火、金、日曜の週3回往復するという。

 就航記念式典には熊本県から蒲島郁夫・知事や木原稔・衆院議員、台湾からは孫洪祥・チャイナ
エアライン会長や亜東関係協会の李嘉進会長など100名が出席してお祝いしたそうで、地元のテレ
ビ熊本がニュースで伝えているので紹介したい。

-----------------------------------------------------------------------------------------
熊本・台湾高雄定期便 きょう就航
【TKU テレビ熊本:2015年10月25日「本日のニュース」】

動画:http://www.tku.co.jp/web/news_article/%E7%86%8A%E6%9C%AC%E3%83%BB%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E9%AB%98%E9%9B%84%E5%AE%9A%E6%9C%9F%E4%BE%BF%E3%80%80%E3%81%8D%E3%82%87%E3%81%86%E5%B0%B1%E8%88%AA

 熊本と台湾・高雄を結ぶ国際定期便が25日就航し、第1便の到着に合わせて記念式典が開かれま
した。

 25日午後0時40分前、熊本空港に台湾・高雄からの定期便・第1便がほぼ定刻通りに到着し、台湾
の航空会社チャイナエアラインの機体を放水アーチが歓迎しました。そして、入国手続きを終えた
乗客たちは国際線ターミナルの到着ロビーでくまモンや熊本県の関係者などの出迎えを受けまし
た。

 このあと行われた就航記念式典には熊本県や台湾・高雄市、それにチャイナエアラインの関係者
など約100人が出席。蒲島知事が「成長著しいアジアの活力を熊本に取り込むとともにアジアの新
たなマーケットの開拓や交流拡大による県内全体の活性化が期待される」とあいさつすると、チャ
イナエアラインの孫洪祥会長も「定期便が長く続くように支持をお願いしたい」と呼びかけまし
た。

 台湾・高雄線は毎週火曜・金曜・日曜の週3往復運航され熊本空港の国際定期便はソウル線に続
き2路線目、12月には3路線目となる香港線も就航の予定です。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 りました。お急ぎの場合はお申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合、送料が変わ
 ることもあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

* 現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。【2015年7月28日】

 輸入元の総代理店からの連絡により、現在、台湾ビールの缶の在庫切れが判明しました。入荷は
 未定だそうでご迷惑をお掛けします。台湾ビール(缶)の入荷が分かり次第、本誌でお伝えしま
 す。ただし、台湾ビール(瓶)と台湾フルーツビールの在庫は大丈夫です。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』 *new
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。