国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2505号】 【祝】 国立民族学博物館と国立台湾歴史博物館が学術研究交流協定を締結

2015/10/19

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成27年(2015年)10月19日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2505]
1>> 【祝】 国立民族学博物館と国立台湾歴史博物館が学術研究交流協定を締結
2>> 【祝】 秋田県仙北市の角館高校と台北市の国立師範大付属高級中学校が姉妹校を提携
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 【戸籍問題】 ネット署名を開始! *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a5gxiadcmygj

●  【戸籍問題】 本会HPに岩城光英法務大臣宛の署名用紙を掲載!
  http://www.ritouki.jp/index.php/recommendations/syomei/

● 「2016年 総統・立法委員選挙視察ツアー」お申し込み【締切:12月4日】
  https://goo.gl/BHrZHr

● 高砂義勇隊慰霊碑、台風被害「お見舞い募金」のお願い
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20150827/
 *10月16日現在の募金額:177万500円(171人)
 *募金は11月末まで行い、12月初旬に高砂義勇隊記念協会に持参する予定です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 【祝】 国立民族学博物館と国立台湾歴史博物館が学術研究交流協定を締結

 一昨年(2013年)の9月12日から11月26日まで台湾・台南市の国立台湾歴史博物館(呂理政館
長)との共催で企画展「台湾平埔族の歴史と文化」を開催して公表を博した大阪府吹田市にある国
立民族学博物館(須藤健一館長)は10月16日、その国立台湾歴史博物館と学術研究交流協定を締結
しました。

 心から祝意を表するとともに、それを伝える中央通信社のニュースを紹介します。

 国立民族学博物館は通称「みんぱく」と呼ばれています。これは、千葉県佐倉市にある国立歴史
民俗博物館の名称と似通っているため、こちらは通称「歴博」と呼ばれて区別されています。

 この記事にもあるように、「歴博」こと国立歴史民俗博物館は昨年(2014年)7月に国立台湾歴
史博物館とも交流協定を結んでいます。

 記事にはありませんが、「歴博」は一昨年(2013年)5月に台北市北投区にある国立台北芸術大
学(朱宗慶学長)とも交流協定を結んでいます。また、この協定に先行する4年前の2009年5月、国
立民族学博物館は国立台北芸術大学と交流を推進する学術協定を結んでいます。

 いささか分かりにくい説明だったかもしれませんので、年代順に示します。つまり、大阪の国立
民族学博物館と千葉の国立歴史民俗博物館は、時期こそ違え、台湾の国立台北芸術大学と国立台湾
歴史博物館と協定を結んだということです。

・2009年05月、国立民族学博物館と国立台北芸術大学が学術協定を締結。
・2013年05月、国立歴史民俗博物館と国立台北芸術大学が交流協定を締結。
・2014年07月、国立歴史民俗博物館と国立台湾歴史博物館が交流協定を締結。
・2015年10月、国立民族学博物館と国立台湾歴史博物館が学術研究交流協定を締結。

 実は、日台間では学術協定や博物館同士の提携はさほど珍しいことではありません。上記の協定
を加えて、それらを2013年から年代順に並べてみますと下記のようになります。ただし、これは
ニュースになった記事だけを基にしていることをお断りします。

・2013年05月、国立歴史民俗博物館と国立台北芸術大学が交流協定を締結。
・2013年09月、京都大学と成功大学が博物館協力覚書を締結。
・2013年11月、日本映画大学と台湾・国立台北芸術大学が学術交流協定を締結。
・2013年11月、福井県立大学と国立台中科技大学が学術交流協定を締結。
・2013年12月、西都原考古博物館と十三行博物館が姉妹締結。
・2014年02月、台湾大学が名古屋大学と学術交流協定を締結。
・2014年03月、国立国語研究所と中央研究院言語学研究所が協力覚書を締結。
・2014年07月、国立歴史民俗博物館と国立台湾歴史博物館が交流協定を締結。
・2015年03月、北海道大学と国立金門大学が学術交流協定を締結。
・2015年03月、広島大学と国立金門大学が学術交流協定を締結。
・2015年10月、国立民族学博物館と国立台湾歴史博物館が学術研究交流協定を締結。

 このように日台間では頻繁に学術協定や博物館同士の提携が行われています。しかし、今回の国
立民族学博物館と国立台湾歴史博物館のようにニュースとして報じられれば分かるのですが、大学
や博物館では協定締結についてはホームページに掲載する程度で、対外的な広報活動をしていない
ところが多いようですから、ニュースにならないことの方が多いような感触です。

 しかし、日台間では学術協定や博物館同士の提携が着実に行われています。日台間の姉妹都市提
携なども同様ですが、協定を締結するということはその必要があって結んでいるわけですから、こ
ういうところにこそ日台交流の重要なポイントが潜んでいます。日本メディアに目を向けて欲しい
ところです。

-----------------------------------------------------------------------------------------
国立台湾歴史博物館、日本の「みんぱく」と交流協定を締結
【中央通信社:2015年10月18 日】
http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201510180003.aspx

 (台北 18日 中央社)国立台湾歴史博物館(台南市)は16日、国立民族学博物館(大阪府吹田
市)と学術研究交流協定を締結した。研究や展示での協力を通じて内容の充実化を図る。 

 台湾歴史博物館の呂理政館長と民族学博物館の須藤健一館長が協定書に調印した。 

 双方は2013年に台湾の先住民「平埔族」に焦点を当てた特別展を共催するなど関係を深めてき
た。15日〜17日には台南でワークショップが開かれ、博物館のあり方に関する講演や研究発表が行
われた。 

 台湾歴史博物館では開館以来、海外で所蔵されている台湾関連資料の把握に尽力。2014年には国
立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)とも協力協定を結んでおり、今後も国外の博物館との交流を深
めたいとしている。 

                                   (編集:齊藤啓介)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 【祝】 秋田県仙北市の角館高校と台北市の国立師範大付属高級中学校が姉妹校を提携

 本誌の9月10日号において、9月7日に徳島県教育委員会と新竹市教育処が教育交流協定を締結し
たことをお伝えしました。

 これは、広島県教育委員会と桃園県教育局が昨年(2014年)5月22日に結んだ教育協定に続く2例
目で、鳴門渦潮高校と新竹市の成徳高級中学(高校)が昨年8月に姉妹校となったことがきっかけ
だったそうです。

 このことを知った台湾政府や新竹市が、徳島県の他の学校とも交流を深めたいと徳島県教委に協
定締結の申し出をして今回の締結に至ったということでした。

 台湾との交流に力を入れている秋田県で、去る10月14日、仙北市の角館高校が修学旅行で同校を
訪問していた台湾国立師範大付属高級中学校(高校に相当)と姉妹校提携を結んだということで
す。地元紙の秋田魁新報が伝えています。

 ちなみに、仙北市の門脇光浩市長は台湾との交流に力を入れていて、昨年8月19日、秋田県ス
キー連盟と台湾スキー協会が友好協定を締結した際も、秋田県の佐竹敬久知事に同行して訪台し、
この珍しいスキー協定の締結に立ち会っています。

 角館高校と国立師範大付属高級中学校の姉妹校提携がきっかけで、徳島県教委のように、台湾の
教育委員会と協定締結に至ることを願いつつ心から祝意を表します。

 ちなみに、教育協定を結んだ広島県では、台湾の高校との姉妹提携校が急増し、県内で109校が
海外と姉妹校を結んでいて、台湾とは26校でトップ(平成26年3月末現在、広島県教育委員会)
で、これに伴い、修学旅行先に台湾を選択する高校も急増しています。

 秋田県の佐竹知事は、秋田と台北を結ぶ航空便のチャーター便運航をなんとか実現しようと頑
張っています。実は、修学旅行先に台湾を訪問する高校が増えますと、1学年単位で訪台するとな
りますと300人ほどが一気に移動しますので、チャーター便運航の可能性は断然高まります。

 秋田県には、台湾からの修学旅行誘致もさることながら、この角館高校の姉妹校提携を機に秋田
から台湾への修学旅行を実施し、秋田県教育委員会と台湾の教育委員会が提携できるよう期待して
います。

-----------------------------------------------------------------------------------------
角館高と台湾・高級中学が姉妹提携 相互訪問などで交流へ
【秋田魁新報:2015年10月15日】

http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20151015e
写真:姉妹校提携の締結書に調印し笑顔を見せる青柳校長(右)と洪校長

 秋田県仙北市の角館高校(青柳徹校長)は14日、台湾国立師範大付属高級中学校(台湾・台北
市)と姉妹校提携を結んだ。今後、修学旅行による相互訪問や教職員の研修、研究発表などを通し
て交流を深める。

 台湾国立師範大は台湾を代表する教育大学。高級中学は日本の高校に相当する。

 高級中学の2年生31人は2013年、仙北市が進める台湾からの修学旅行誘致の一環で初めて訪問。
今回の両校の姉妹校提携は、市の後押しもあって角館高での国際交流の機運が高まったことから実
現した。

 同高体育館での締結式には青柳校長と高級中学の洪仁進(ホンリンジン)校長、仙北市の門脇光
浩市長に加え、同高生徒と高級中学の生徒36人が出席した。高級中学の生徒は修学旅行で13日から
同市を訪れていた。

 青柳校長は「姉妹校提携が文化や教育をはじめ、多くの分野において視野を一層広げるきっかけ
になることを期待する」、洪校長は「今回の訪問を機により深い信頼関係を築きたい」などとあい
さつ、締結書に調印した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 りました。お急ぎの場合はお申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合、送料が変わ
 ることもあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

* 現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。【2015年7月28日】

 輸入元の総代理店からの連絡により、現在、台湾ビールの缶の在庫切れが判明しました。入荷は
 未定だそうでご迷惑をお掛けします。台湾ビール(缶)の入荷が分かり次第、本誌でお伝えしま
 す。ただし、台湾ビール(瓶)と台湾フルーツビールの在庫は大丈夫です。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』 *new
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2015/10/19

    署名しましたよ。(`・ω・´)ゞ