国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2494号】 中国国民党党の瓦解─3分の1議席を取れるかどうか存亡の鍵  アンディ・チャン

2015/10/03

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成27年(2015年)10月3日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.2494]
1>> 中国国民党党の瓦解─3分の1議席を取れるかどうか存亡の鍵  アンディ・チャン
2>> 11月15日、川村純彦氏と梅原克彦氏を招いて秋田「神遊(かみあそび)」が特別講演会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 蔡英文氏を羽田空港で歓迎!
  10月6日(火)正午(12時)集合 羽田空港・国際線旅客ターミナル 2階 到着ロビー

● 第24回「日本李登輝学校台湾研修団」お申し込み 【申込締切:10月9日】
  http://goo.gl/KKnEAO

● 高砂義勇隊慰霊碑、台風被害「お見舞い募金」のお願い
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20150827/
 *10月2日現在の募金額:155万3,000円(154人)
 *募金は11月末まで行い、12月初旬に高砂義勇隊記念協会に持参する予定です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 中国国民党党の瓦解─3分の1議席を取れるかどうか存亡の鍵  アンディ・チャン

 来年1月16日に投開票が行われる台湾の総統選挙。同時に、立法委員選挙も行われる。総統選
は、中国国民党から洪秀柱氏(立法院副院長)、民進党から蔡英文主席、親民党から宋楚瑜主席が
名乗りを挙げている。

 報道によると、10月2日、洪秀柱氏はラジオ番組で、台湾は「最後は(中国との)統一が必要
だ」と述べ、さらに、馬英九総統の「統一せず、独立せず、武力行使せず」の方針についても「役
割を終えた」とし、中国当局との統一交渉を意味しかねない「政治対話」の必要を改めて訴えた
(産経新聞)という。

 どうも洪秀柱氏の人気が上がらない。支持率も3人の中では最低だ。多くの台湾人が「現状維
持」を望んでいる現在、自身のこのような急進的な統一発言が足を引っ張っていることもあるが、
それよりも党内での不人気ぶりが目立つ。立法委員の候補者が応援演説を頼まない。

 一方の宋楚瑜氏の出馬は、総統選に勝つことは端から目的ではなく、親民党の立法委員を当選さ
せることにあると言われている。民進党も中国国民党も立法委員選挙で過半数を取れなかった場
合、親民党がキャスティングボートを握る立場に置きたいからだという。

 米国訪問で成果を挙げた蔡英文氏が総統選に勝利するのはほぼ確実視されている。10月6日から9
日に来日する。日台若手議連会長の岸信夫・衆議院議員の案内で山口県を訪問したり、民主党や自
民党議員などと交流するという。

 米国在住のアンディ・チャン氏が総統選を中心にした中国国民党と民進党の選挙情勢を分析して
いる。李登輝元総統が、選挙後は王金平・立法院長を中軸とした「台湾国民党」を作ったらよいと
提案したことには触れていないが、廖了以・元台中県長が雲林県の張栄味・元雲林県長と「台湾国
民党」を組織すると言い出したことに触れている。「国民党が惨敗すれば中華民国の滅亡は時間の
問題」だという。なかなか興味深い分析だ。

-----------------------------------------------------------------------------------------
國民黨の瓦解─国民党は3分の1議席を取れるかどうかが存亡の鍵となる
【Andyの国際ニュース解説(AC通信:No.561):2015年10月1日】

 来年1月の総統選挙では民進党の蔡英文当選確実、国民党の洪秀柱落選と言われ、メディアは国
民党の内部分裂で洪秀柱を降して代わりに党主席の朱立倫を立てると報道している。調査では、朱
立倫が出馬しても蔡英文に勝てないから朱立倫が出馬するわけがない。

 国民党内部で洪秀柱おろしの噂が絶えないのは、立法委員の候補者が洪秀柱と一緒に選挙運動を
したら人が集まらないと言うので彼女を敬遠するからだ。

 国民党員の間では党の人気が低いのは洪秀柱が原因だろうか。立法委員選挙も総統選挙も負ける
としても負け方による、惨敗すれば国民党の存続にかかわる一大事と言う。現在の調査では、国民
党は国会の30〜40議席しか取れず、過半数の57席に及ばないと言う。

●洪秀柱の不人気は国民党の責任だ

 洪秀柱は総統になる資格はないと言うが、5月に党が候補者探しをしていた時は有力候補とみな
されていた朱立倫、王金平などがみな出馬を断ったので候補者がいなかった。その時に洪秀柱が出
馬すると言いだして、7月19日の党大会で洪秀柱が国民党の公認候補となったのだ。人気がないと
はいえ、党の公認を得たのだから、党が支持しなければならないのは当然である。

 ところが7月以降も人気は低迷を続け、立法委員の候補者たちは洪秀柱と一緒に選挙運動をした
ら人が集まらず、立候補を辞退する者や個別に選挙活動をする者が出てきた。国民党の有力地区と
言われる新北市、桃園、新竹、苗粟などでも国民党の人気は下がる一方だから、党員の危機感が高
まり、洪秀柱を降して朱立倫を立てる「換柱挺朱」が表面化したのだ。

 党公認の候補を降ろすのは規則違反である。しかも、朱立倫が出馬しても落選するなら、彼は出
馬するほどバカではない。それでも朱を立てる理由は何故かと言うと、洪秀柱なら国会では30議席
しか取れないが、朱立倫が出馬すれば朱が落選しても国会で40議席は取れる、国民党としては3分
の1以上の議席を確保したいのだ。

 党公認の候補を支持するのは党員全体の責任だが、党員たちは逆に彼女に責任を押し付けてい
る。党公認の洪秀柱が自分から辞任する条件、慰撫金か国民党の地位かを模索中という。

 洪秀柱はこのような噂にかなり不満で、「国民党員は総数88万人、党員が一人10票を集めれば少
なくとも800万票、当選は確実である」と述べた。だが、不人気な国民党の党員が一人10票集めら
れるか疑問である。

 国民党がこれほど落ち目になったのは台湾人の反中国意識が強烈になった、中国の台湾統一路線
がシャットアウトされたからである。

 去年のヒマワリ学生運動、11月の中間選挙の惨敗に加え、国民党の名誉主席連戦が中国の「抗日
70周年記念パレード」に参加したことで人民の反中国意識が高まったので国民党は惨敗するだろ
う。

●「台湾国民党」の提案

 最新の満意度/不満意度の調査では、馬英九(15.8/73.8)、国民党(19.8/61.3)、民進党
(40.3/35.6)となっている。馬英九に対する不満は73.8%、国民党に不満が61.3%では政権交代
は当然である。

 国民党が最も驚いたのは、本土派と言われる党員が分裂を起こす気配が出てきたことである。9
月29日の新聞では、台中県地方派の重鎮と言われる廖了以・元台中県長が雲林県の張栄味・元雲林
県長と合同で「台湾国民党」を組織すると言い出した。国民党の派閥を作るのか、それとも国民党
を脱退して新政党を作るのかは不明だが、報道によると国民党本土派は洪秀柱に不満だから分裂し
たとしている。

●民進党も振わない

 しかし調査データを見れば、民進党に対する不満度も35.6%、決して安心できる数字ではない。
民衆は国民党に不満だから民進黨に票を入れても、民進党が政権を取って中国の脅威から逃れ、台
湾独立を達成できるかが知りたいのだ。

 蔡英文に対する不満は2012年の選挙で「台湾は中華民国で、中華民国は台湾だ」と述べたことで
ある。台湾は中華民国ではない。独立が台湾人の願いである。民進党が現状維持を続けて中華民国
の名義を台湾共和国に変更しなければ独立はできない、これが不満なのである。

 台湾の国際関係は複雑である。中国は台湾併呑を目ざしているから、台湾が独立すれば武力行使
もありうると恫喝している。米国は現状維持を要求しているから独立に反対である。

 今年春に蔡英文がアメリカを訪問した際に、台湾は独立ではなく現状維持を続けると述べて米国
の了解を得たと言われている。現状維持が民進党に対する不満の原因の一部だが、最大の不満は新
潮流派の主張する親中路線である。民進党の新潮流派の幹部には中国に投資しているものが多いと
言われている。彼らにとっては独立よりも現状維持が有利なのだ。

 蔡英文は親中派と独立派を抱える民進党で綱渡りをしているようなものだが、9月30日に台南市
の市議会で頼清徳・台南市長(民進党)が台湾独立を主張すると述べたので大騒ぎとなった。頼市
長の独立主張は蔡英文の現状維持とは大いに違うから、民進党の投票率に影響するかもしれない。
しかし、政治家が公然と独立を主張できるようになった台湾の現状はプラスの効果が大きいかもし
れない。

●国民党惨敗で中華民国は滅亡

 以上のような状態で、民進党は国会で過半数を取れない。しかし、民進党のほかに独立主張を表
明する台聯党、時代力量、自由台湾、台湾独立党などの候補が当選して民進党を助けることになる
と言われている。

 国民党は3分の1議席を取れるかどうかが存亡の鍵となる。国会の3分の2議席が「台湾派」なら国
民党の主張はすべて通らなくなる。国民党が惨敗すれば中華民国の滅亡は時間の問題である。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 11月15日、川村純彦氏と梅原克彦氏を招いて秋田「神遊(かみあそび)」が特別講演会

 本会副会長の川村純彦氏が11月15日に秋田市内で講演し、その後、本会常務理事でもある国際教
養大学教授の梅原克彦氏と対談するイベントが行われます。

 オバマ・習近平会談でも、オバマ大統領は中国が南シナ海で進めている滑走路建設などの覇権的
行為を批判しましたが、その海洋進出はアメリカや日本、フィリピン、ベトナム、そして台湾に深
刻な脅威を与えつつあります。

 本会の「政策提言」をまとめている「日米台の安全保障等に関する研究会」の座長でもある川村
氏は、かねてよりこの中国の海洋進出に警鐘を鳴らしてきています。本会の今年の政策提言「中国
のサラミ・スライス戦術に対処するため新たな対中戦略の策定を急げ」も、川村座長の原案です。

 一方の梅原氏も「日米台の安全保障等に関する研究会」のメンバーです。本会は2012年に「政策
提言」として「集団的自衛権に関する現行憲法解釈を修正せよ」と「台湾との自由貿易協定(FT
A)を早期に締結せよ」の2つを発表していますが、FTAは梅原氏の原案です。それだけに、川
村氏との息はピッタリ。

 南シナ海問題に、日米台、そしてフィリピン・ベトナムはいかに立ち向かうべきか、国際安全保
障協力の観点から講演されます。本会も後援しています。ふるってご参加ください。

               ◇    ◇    ◇

・日 時:2015年11月15日(日)14:00〜16:00

・会 場:秋田拠点センター「ALVE(アルヴェ)」1階 音楽交流室D

     秋田市東通仲町4-1 TEL:018-825-3000
     【交通】JR秋田駅直結 徒歩3分
     http://www.e-alve.com/

・テーマ:中国の海洋進出とアジア・太平洋地域の安全保障
     中国の“サラミ・スライス戦術”の危険性と国際安全保障協力の重要性

 第1部 基調講演「中国の海洋進出とアジア・太平洋地域の安全保障」
     川村純彦氏(元海将補、元統幕学校副校長)

 第2部 対談 川村純彦氏×梅原克彦氏

     川村純彦(かわむら・すみひこ)
     昭和11(1936)年、鹿児島市生まれ。防衛大学校卒業(4期)。海上自衛隊入隊後、対
     潜哨戒機パイロット、在米大使館防衛駐在官、第5(那覇)及び第4(厚木)航空群司
     令、統幕学校副校長などを経て平成3年、海将補で退官。主な著書に『尖閣を獲りに来
     る中国海軍の実力』など。共著に『「核武装」が日本を救う』『国防論』など。現在、
     川村研究所代表、岡崎研究所副理事長、日本李登輝友の会副会長。

     梅原克彦(うめはら・かつひこ)
     昭和29(1954)年、宮城県仙台市生まれ。東京大学法学部卒業。昭和53年に通産省入省
     後、通商政策局地域協力課長、通商政策局通商交渉官などを歴任。在職中、わが国初の
     経済連携協定(EPA)「日本・シンガポール経済連携協定」の企画・立案・政府間交
     渉を担当。その後、仙台市長(平成17年8月〜21年8月)を経て、現在、国際教養大学ア
     ジア地域研究連携機構教授、日本李登輝友の会常務理事。

・参加費:1,500円(学生:500円)

・定 員:40名 *定員になり次第、締め切らせていただきます。

・問合せ:090-4884-5044(土門)

・主 催:神遊(かみあそび)

・共 催:ChannelAJER 
     *政治経済専門のインターネット放送局です。http://ajer.jp/

・後 援:日本李登輝友の会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 りました。お急ぎの場合はお申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合、送料が変わ
 ることもあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

* 現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。【2015年7月28日】

 輸入元の総代理店からの連絡により、現在、台湾ビールの缶の在庫切れが判明しました。入荷は
 未定だそうでご迷惑をお掛けします。台湾ビール(缶)の入荷が分かり次第、本誌でお伝えしま
 す。ただし、台湾ビール(瓶)と台湾フルーツビールの在庫は大丈夫です。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園』 *new
・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。