国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2452号】 日本李登輝友の会「第4回青年部台湾研修団」参加者を募集中!【締切:8月14日】

2015/08/04

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成27年(2015年)8月4日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.2452]
1>> 日本李登輝友の会「第4回青年部台湾研修団」参加者を募集中!【締切:8月14日】
2>> 8月15日、靖国神社で「終戦70年若人の集い─未来へつなぐ追悼・平和・友好の誓い」
3>> 8月24日、群馬県高崎市で森敬恵さんが「終戦70年記念追悼、再生コンサート」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 日本李登輝友の会「第4回青年部台湾研修団」のお申し込み 【締切:8月14日】
  http://goo.gl/QlmBVL(PC・スマートフォン・携帯兼用)

◆ 現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。【入荷は未定】
  輸入元の総代理店からの連絡により、現在、台湾ビールの缶の在庫切れが判明しました。入荷
  は未定だそうでご迷惑をお掛けします。台湾ビール(缶)の入荷が分かり次第、本誌でお伝え
  します。ただし、台湾ビール(瓶)と台湾フルーツビールの在庫は大丈夫です。

● 片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 王明理著『詩集・故郷のひまわり』お申し込み
  http://goo.gl/XHYvdt

■本会事務局の夏期休暇 → 8月12日(水)〜17日(月)
 *8月18日(火)から通常業務に戻ります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 日本李登輝友の会「第4回青年部台湾研修団」参加者を募集中!【締切:8月14日】

 8月20日から8月23日まで、今回で4回目となる青年部主催の台湾研修団を開催致します。メイン
は李登輝元総統への表敬訪問です。

 李登輝元総統への表敬訪問の他に、台湾人青年たちとの交流会と市内散策など、一般のツアーで
は味わうことができない普段の台湾での生活を学んだり、李登輝基金会主催パーティーに参加と
いった内容です。ぜひともご参加ください!

 なお研修団という性格上、途中合流・途中離脱などは認められませんので、ご了承ください。

 平成27年(2015年)7月吉日

                        日本李登輝友の会 青年部部長 杉本 拓朗

                 ◇   ◇   ◇

◆参 加 費

 58,500円(ツイン利用) 78,500円(シングル利用) 43,500円(現地在住者)

・参加料金に航空券は含まれていません。
・ご希望の方には、中華航空やエバー航空の航空券の手配も別途承ります。
・参加方式は現地ホテル合流。ホテルは台北市内の上賓大飯店(VIPホテル)を予定して
 います。
・ご相談などは日本李登輝友の会・杉本までご連絡ください。

◆参加資格

・日本李登輝友の会の会員であること(申し込みと共に入会すればOKです)。
・青年部の資格である40歳までであること。
・高校生までのお子様が参加した場合は、保護者も可能です(お子様・保護者ともに会員で
 あることが必須です)。

◆日程と主なスケジュール

 8月20日(木) 台北市内ホテルにて合流 → 大稲[土呈]を散策するなど台湾の歴史を知る
 8月21日(金) 双連市場など普段着の台湾の生活を知る → 李登輝元総統への表敬訪問
 8月22日(土) 台湾人青年たちとの交流 → 台北市内散策 → 李登輝基金会パーティー
         に参加
 8月23日(日) 自由行動 → 昼食後解散

 ※移動は公共交通機関やタクシーを利用します。
 ※朝食3回・昼食2回・夕食2回(予定)

◆お申込み締切

 8月14日(金)

◆お申込みフォーム

 http://goo.gl/QlmBVL(PC・スマートフォン・携帯兼用)

◆お問い合わせ・ご連絡先
 日本李登輝友の会(担当:杉本)
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101 E-mail:info@ritouki.jp

*8月12日〜8月17日の間はメールでのご連絡でお願いいたします。

◆手配会社
 共栄ツアーズ(東京都知事登録旅行業第3-6208号)総合旅行業取扱管理者 片木裕一

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 8月15日、靖国神社で「終戦70年若人の集い─未来へつなぐ追悼・平和・友好の誓い」

 今年の8月15日で大東亜戦争が終結して70年を迎えます。

 当時のことを知る多くの方がご高齢となった今日、英霊を追悼し、感謝の誠を捧げる「慰霊の
心」と、当時の若者達の「民族の誇り」を次代を担う日本人が受け継いでいくべきときを迎えてい
ます。

 この時に当たり、多くの日本の若者と共に世界の留学生に呼びかけ、次の趣旨のもとに「終戦70
年若人の集い」を開催することとなりました。

1、終戦70年の本年8月15日、靖國神社に多くの日本の若者が集い、今日の平和の礎となった英霊
  に追悼と感謝の誠を捧げ、これからの日本や世界の平和、友好、繁栄に寄与することを誓う。

2、世界の留学生や若者にも呼びかけ、自由と独立のために散華した全ての戦歿者を追悼し、世
  界の平和、友好、繁栄を築く願いを共にする中、若者同士の連携を図る。

 皆様におかれましては戦後70年の節目となる本企画を成功させるために、ぜひとも集いへのご参
加、ご支援をお願い申し上げます。

 なお本企画の趣旨の通り10〜40代のための行事になりますので、あらかじめご了承ください。

 8月15日は靖國神社で会いましょう。

◆日 程:2015年8月15日(土)開会13:15(受付12:15 開場12:45)

◆場 所: ?國神社境内:参道特設ステージ〈大村益次郎銅像下〉

◆参加費:無料(10代〜40代のための行事です)

 *ご参加に際しましては、下記の資料をダウンロードの上必ずお読みください。

 ダウンロードはこちら
 http://firestorage.jp/photo/13c5e15112a443b014bef9e46f1c7cb867256f2d

 フェイスブック
 https://www.facebook.com/events/973095006054640/

 当日は、インターネットでの生中継を行います。URLは次の通り。
 http://www.ustream.tv/channel/20150815live

 ※アクセスが集中した場合や回線状況によっては、正常に視聴出来ないことがあります。また、
  1部の登壇者が視聴できない場合があります。

 ※確実に、広告なしで、すべての登壇者を視聴できる特定用のURLもあります。〈詳細は事務
  局まで〉

◆集いの内容

 司会:葛城奈海(キャスター・俳優)

 国歌斉唱

 わが国はじめ全ての戦歿者へ黙祷

 開会挨拶 〈共同代表より〉

 追悼・平和・友好の誓い

 世界からのメッセージ ベトナム、ミャンマー、インド、バングラディッシュより

 英霊追悼・感謝のこころを未来へ

 若者からの提言
 KAZUYA、兼次映利加(ジャーナリスト)、遺骨収集団参加学生、パラオ慰霊奉迎団参加学
 生、中高生

 宣言文朗読

 「故郷」斉唱  先導:山口采希(歌手)

 閉会挨拶 〈共同代表より〉

◆共同代表:(50音順)
 赤木 衛(特定非営利活動法人JYMA日本青年遺骨収集団理事長)
 井上和彦(ジャーナリスト)
 小川榮太郎(文藝評論家)
 室舘 勲(株式会社キャリアコンサルティング代表取締役社長)

◆主催:「終戦70年若人の集い」実行委員会
 〒153-0042東京都目黒区青葉台3-10-1-601 日本会議内
 TEL 03-3476-5611   FAX 03-3476-5612
 (担当:大葉勢)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 8月24日、群馬県高崎市で森敬恵さんが「終戦70年記念追悼、再生コンサート」

 戦後、お金やものを追い求めて半世紀あまり経ちました。

 物質的には豊かになりましたが、日本の青少年の「心の破壊」の進行は激しく、全国各地で痛ま
しい事件が相次いでいます。

 物が少なかったころ、人々は優しく助け合いました。それが「日本人の心」でした。これは日本
には子守唄、童謡、唱歌といった世界に類を見ない子供の心を豊かにする音楽ジャンルが存在した
ことが大きく寄与していると考えられます。

 母親に抱っこされ歌を聞かされている間に、子供たちは、親の愛情を感じ、生きている喜びを知
らず知らずのうちに感じているのです。愛されることの喜びを知ってはじめて、人を愛することが
できるようになります。

 このすばらしい日本の伝統文化である童謡を改めて見直そうと、ソプラノ歌手、森敬惠が提唱し
て生まれたのが「日本の心歌い継ぐ会」です。全国各地の自治体、企業、学校、幼稚園などで童謡
を歌い、トークで「日本人の心を呼び 戻そう」と訴え、海外へも活躍の場を広げています。(童
謡と唱歌で呼び戻そう! 日本の心歌い継ぐ会「趣旨」より)

 森敬恵さんは、我が国における社会や青少年の精神的荒廃に対し、「甦れ!日本の心・コンサー
ト」活動を始め、平成14年(2002年)12月、大阪での同コンサート、平成15年(2003年)3月、松山で
の同コンサート後に、大阪でこの活動を支援していこうとする組織「日本の心歌い継ぐ会」が発足
しました。

 平成15年(2003年)は「甦れ、日本の心コンサート」全国28個所で行い、同年10月には台湾政府に
招聘され「日本の心歌う会・日台文化交流コンサート」(読売新聞掲載)を、台北市内三個所で行
い、台湾の人々に大きな感動を与えています。

                ◇   ◇   ◇

・歌とお話:森敬恵(ソプラノ歌手、二期会正会員)

      森敬恵(もり・としえ)愛媛県長浜町出身。済美高等学校芸術コース卒業。愛媛大学
      特設音楽科卒業。東京芸術大学大学院オペラ科修了

・友情出演:長井静親子、少年飛行兵17期生

・曲目:日の丸の旗、おうま、夏の思い出、夏は来ぬ、浜辺の歌、四季の歌、燃ゆる大空、荒城の
    月、故郷、海ゆかば

◆日 時:2015年8月24日(月)午後6時開場、7時開演

◆会 場:高崎シティギャラリーコアホール

     〒370-0829 群馬県高崎市高松町35-1
     TEL:027-328-5050
     http://www.takasaki-bs.jp/gallery/

◆入場料:1,000円

◆後 援:日本会議群馬県本部、日本女性の会、日本李登輝友の会群馬県支部、日本会議地方議員
     連盟、日本教育再生機構、日本政策研究センター、東京都郷友会、産経新聞前橋支局

◆主催・問合先:
 日本の心歌い継ぐ会群馬支部
 阿久澤弘:090-5569-6640

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 りました。お急ぎの場合はお申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合、送料が変わ
 ることもあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。入荷は未定です。台湾ビール(瓶)と台湾フ
 ルーツビールの在庫は大丈夫です。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。