国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2440号】 【急報】 7月18日でアップルマンゴーのお申し込みを締め切りました!

2015/07/19

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成27年(2015年)7月19日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.2440]
1>> 【急報】 7月18日でアップルマンゴーのお申し込みを締め切りました!
2>> 洪禍―洪秀柱がかき乱す国民党の行方は?  迫田 勝敏(ジャーナリスト)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 王明理著『詩集・故郷のひまわり』お申し込み
  http://goo.gl/XHYvdt

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 【急報】 7月18日でアップルマンゴーのお申し込みを締め切りました!

 昨夕、本会がアップルマンゴーの輸入と発送を依頼している池栄青果からマンゴーの申し込みを
締め切って欲しいという突然の依頼がありました。台風の影響でマンゴーの収穫が激減、これ以上
のお申し込みに対応できないからという事情でした。

 寝耳に水の事態に驚きましたが、入荷してこないことにはお申し込みにお応えすることができま
せん。すでにお申し込みいただいている方には事情をお伝えしてお詫び申し上げました。本来なら
7月20日までお申し込みを受け付ける予定でしたが、事情をご理解いただきご賢察のほど賜ります
ようお願い致します。

 本会が台湾特産のアップルマンゴーをご紹介しはじめてから、今年でちょうど10年目。これまで
も何度か、大雨や台風で入荷がストップしてお申し込みに対応できなかったことがありました。

 今年は順調にいっていましたが、果物のことです。お天気次第とは分かっていても、本当に申し
訳ない次第となりましたことを深くお詫びいたします。

 2015年(平成27年)7月19日

                                    日本李登輝友の会

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 洪禍―洪秀柱がかき乱す国民党の行方は?  迫田 勝敏(ジャーナリスト)

 国民党は7月19日の全国代表大会(全代会=党大会)で立法院副院長(副議長)の女性、洪秀柱
を総統選の総統候補に正式決定するが、ここへ来て党内で洪降ろしの波が起きている。党内の予備
選で選ばれた洪を辞めさせれば、それでなくても信頼が薄れている国民党の信用は完全に失墜す
る。だが、アンチ洪勢力からは脱党者も出る始末で、このままでは国民党は分裂の道を歩むことに
もなりかねない。

◆洪の舌禍が「洪潮」を消す

 二線級とみられていた洪秀柱が、党主席の朱立倫や立法院長の王金平ら本命候補の出馬見送り
で、党内予備選の難関を次々に突破した。先ず無理といわれた支持率30%の壁も軽く乗り越え、洪
は「深い緑(台湾独立派)も私を支持しているの」と自信満々。この“洪秀柱ブーム”は「洪潮」
とも呼ばれた。

 その洪が正式決定の全代会を前に党内で非難の集中砲火。総統候補公認を否決、あるいは辞退を
要請などとまで言われている。学歴詐称疑惑や乳癌説なども暴露され、「洪潮」といわれ、光り輝
いたイメージは影を潜め、今では「洪禍」と国民党の疫病神のように言われる始末で、洪潮から洪
禍へのイメージダウン。だがもとはといえば洪の身から出た錆だ。

 もともと洪は「小辣椒」(唐辛子)のあだ名の通り、辛口なもの言いで知られる。党首、朱が民
進党総統選候補、蔡英文が訪米したのをみて、洪にも訪米を促したが、「私が決めればいいこと」
と一蹴。朱のメンツは丸つぶれ。総統がこだわる九二共識の「一中各表」(中国とは、中国は中華
人民共和国だといい、台湾は中華民国という)にも「中華民国ってどこにあるの?」。中国との統
一を目指す新党のような発言で「国民党の新党化」ともいわれた。

◆「船(党)を乗り換えてもいい」

 洪擁護の党主席の朱も総統、馬もさすがに不味いと思ったのだろう、洪の口封じに動いたよう
だ。洪はその後、「一中各表」遵守を明言。しかし時すでに遅し。来年1月の総統選を同日選挙で
立法委員選挙を戦う参選者の間には「洪とともに選挙はできない」という不満が党内に拡大。その結
果、一部、立法委員候補が国民党を離れ、親民党に移ったり、無所属での立候補宣言も出ている。

 これは党分裂の危機!党首脳部は当然、脱党、離党引き留めに走るかと思いきや、主席の朱は
「船を換えてもいいし、個人の政治的利益を追求するのも構わないが、党を中傷するな」というだ
け。それどころか党批判の立法委員ら5人を突然、除名した。この危急存亡の秋、前主席で総統の
馬はまるで「我、関せず」とでもいうように外遊に出て、全代会の前日に帰国する。

 相次ぐ脱党、離党を放置するような国民党中央の対応をみて、これはチャンスを思ったのか、親
民党主席、宋楚瑜が動き出した。親民党は2000年に国民党を飛び出して結党した。元はといえば同
根で、国民党の友党。現在の国民党の立法委員の中にも親民党出身者がいる。世論調査の支持率
は、宋は洪を上回る。国民党丸から親民党丸に船を乗り換える候補者があるいはまだ出てくるの
か。

◆出馬模索の宋楚瑜だが…

 だが、19日の全代会で洪の公認候補をひっくり返す可能性は少ない。それでも国民党内には洪降
ろしが続くだろう。その手立ては独裁時代から蓄えた個人の秘密情報の暴露。乳癌情報のリークも
あるいはその一弾だったのかもしれない。そんな手の内を熟知している洪は「残ったご飯が出るの
を待ってます」と第2、第3の暴露作戦を覚悟している。

 そんな内輪の争いが続けば、宋の出馬は現実味を帯びてくるが、かといって宋の勝ち目は薄い。
宋は06年の台北市長選に出て4%台の得票率で惨敗、政治からの引退を宣言したが、12年の総統選
に再度出馬、またしても3%に満たない得票率で惨敗した。国民党の大物が一群を率いて合流すれ
ば、惨敗はないだろうが、それでも国民党など藍陣営の票田を割るだけ。民進党など緑陣営の票を
得るのは難しい。

 国民党の選挙の頼みの一つは世界一といわれる資産。つまりお金だが、選挙は「地盤、看板、
鞄」。鞄だけでは勝てない。ましてや今のような党内分裂では戦はできない。しかも火中の栗を拾
い、陣営を纏めようというリーダーがいない。朱のいうように個人の政治的利益を追求するだけ。
洪禍と嘆くが、洪禍は洪の起こした禍ではなく、主席の朱以下国民党が起こした禍だ。

                     【「透視台湾」(EconoTaiwan 速報掲載)7月号】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 りました。お急ぎの場合はお申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合、送料が変わ
 ることもあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。