国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2437号】 監察院が衛生福利部食品薬物管理署に食品規制の過失と不手際を指摘し改善求める!

2015/07/15

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成27年(2015年)7月15日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.2437]
1>> 監察院が衛生福利部食品薬物管理署に食品規制の過失と不手際を指摘し改善求める!
2>> 7月20日、ラジオNIKKEI特別番組「21世紀の台湾と日本(20)〜台湾の元気を訪ねて」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆台湾特産アップルマンゴーの7月中旬配達のお申し込みは、予定どおり7月7日に締め切りまし
 た。7月8日から20日(今年のお申し込み最終日)までのお申し込みは、7月下旬の配達となりま
 す。

● 2015年・台湾特産アップルマンゴーお申し込みフォーム【締切:7月20日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

● 片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 王明理著『詩集・故郷のひまわり』お申し込み
  http://goo.gl/XHYvdt

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 監察院が衛生福利部食品薬物管理署に食品規制の過失と不手際を指摘し改善求める!

 7月13日、公務員や国家機関の不正を弾劾し、各種国家機関の会計監査などを行う行政機関の監
督役を担う台湾の監察院(張博雅院長)は、日本に対する食品規制実施に際し、担当する行政院・
衛生福利部食品薬物管理署(食薬署)の「確認作業が完全ではなく、抜け穴があったと指摘。国民
の食品安全に対する不安をあおったことは過失」「輸入規制の追加措置についても、実施までの過
程に多くの不手際があった」(中央通訊社)と指摘、2カ月以内に改善策をまとめて報告を求めた
と伝えられる。

 日本の国会議員が規制撤廃を求めて4月末に訪台したとき「科学的根拠を示して欲しい」と要求
したにもかかわらず、のらりくらりと言を左右にして答えなかったのが、この食品薬物管理署を所
轄する衛生福利部。出席した国会議員によれば、まったく貸す耳をもっていない雰囲気だったとい
う。

 その後、馬英九総統の「偽装問題の解決が先」の鶴ならぬ馬の一声で5月15日をもって日本から
の食品に対する輸入規制強化が実施されることになる。衛生福利部としては従うしかなかったのか
もしれないが、日本の国会議員たちはその強硬な姿勢に驚いたともいう。

 本誌でも規制強化の非を指摘してきたが、食品規制担当部署の「過失」と「不手際」が白日の下
にさらされ、自浄のために監察院が動き出した。監察院の張博雅院長は、この7月20日にも来日す
ると伝えられている。

 昨日の産経新聞がこれまでの食品規制強化を受けた日本側の様子を伝えている。下記に紹介した
い。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾・馬政権は“反日”に舵?…日本からの食品輸入を規制強化
【産経新聞:2015年7月15日】

 台湾が日本からの食品輸入規制を強化し、産地証明などを義務づけた。九州も青果を中心に台湾
への輸出が盛んなだけに、関係者に懸念が広がる。親日傾向が顕著な台湾だが、馬英九総統はここ
にきて、“反日”に舵を切ったかのような言動をしている。規制が長引けば、日台の経済交流に水
を差しかねない。(津田大資)

 台湾当局は5月15日付で、日本からの食品輸入の規制を強化した。日本側との事前協議もなく、
一方的だったことから、農林水産省など関係機関に衝撃が走った。

 台湾側が挙げる理由は、東京電力・福島第1原発事故だ。

 台湾は平成23年3月の事故直後から、福島、茨城、栃木、群馬、千葉の5県産の食品輸入を禁止し
ている。今回、この5県を除く42都道府県で作られた生鮮・加工食品について、都道府県までの産
地証明が必要とした。

 さらに、岩手、宮城、東京、愛媛4都県の水産品については放射性物質の検査報告書の添付を義
務づけた。事故現場から遠く離れた愛媛県が対象となったことで明らかなように、合理的・科学的
な理由はまったくなく、日本側は撤回を求めた。

 「本当に驚いており、理解できない。かといって、農水省が(産地の)証明書を発行すれば、か
えって日本の食に危険性があるように受け止められる。台湾内で風評が広まり、日本産食品の販売
に支障がでかねない」

 農水省輸出促進グループの担当者はこう憤った。

 台湾当局の規制強化の結果、特に加工食品では、県や商工会議所の証明書を新たに添付する必要
が生じた。

 農水省によると、青果や水産物が輸出できなかった事例はないというが、関係者は悩みを深め
る。

 福岡産の高級イチゴ「博多あまおう」など、主に九州産青果の輸出を手がける福岡農産物通商
(福岡市中央区)の輸出担当者は「植物検疫証明書の条件などを、急に厳しくされる可能性もあ
り、不安は払拭できない」と語った。

■先行き不透明

 今回、台湾当局が規制強化に乗り出した直接のきっかけは、今年3月に発生した産地偽装事件
だった。

 台湾の地元業者が、輸入が禁止されている福島など5県産の食品に他県産のラベルを張り、市場
に流した。

 事件後、国会にあたる立法院で、野党議員が「日本の食品は放射能に汚染されている可能性が高
い」と追及。馬総統が「消費者や立法院に説明できない」として規制強化を断行した。

 すでに台湾検察当局が偽装した地元業者2人を詐欺罪などで起訴しており、規制緩和がなされる
との見方もあるが、先行きは不透明だ。

 不透明感が漂う理由には、馬総統の姿勢もある。来年1月の総統選を前に、馬氏は終戦70年の今
年を「抗日戦争勝利70周年」と位置付け、イベントを企画する。馬氏は「私は反日派でも親日派で
もない。友日派だ」と、台湾世論と中国、日本の三方の顔色をうかがったような発言をしている。

■3位の輸出先

 日本から台湾への農水産物・食品の輸出額は735億円(平成25年)で、前年比2割も増えた。輸出
額は香港、米国に続く3位となっている。

 輸出品には、九州産も多く含まれる。イチゴ「博多あまおう」のほか、大分の「日田梨」や干し
シイタケなど、九州の農産物にとって、重要な販売先といえる。

 だからこそ九州経済連合会は香港やシンガポールと並び、台湾を重視する。

 九経連は平成24年6月、台湾最大規模の経済団体である「中華民国工商協進会」と経済交流の促
進を図る覚書を交わした。工業やサービス業、文化コンテンツなどを含めた商談会を重ねている。

 今年3月に台北で開催したビジネス交流会では、九州から17社、台湾から32社が参加し約80件の
商談のうち食品関連が半分を占めたという。

 人口減で市場縮小が避けられない九州農業にとって欠かせない地域だ。

 九経連国際部の担当者は「地道な活動を続け、ようやく九州産品の販路として確立してきた中
で、規制強化は残念だ。風評や関係悪化などに至らないうちに規制を解除してもらいたい」と語っ
た。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 7月20日、ラジオNIKKEI特別番組「21世紀の台湾と日本(20)〜台湾の元気を訪ねて」

【台湾週報:2015年7月14日】

 ラジオNIKKEI第1で7月20日(月・祝)17:30〜19:00に、「21世紀の台湾と日本(20)〜台湾の
元気を訪ねて〜」と題し、今回で20回目となる台湾と日本の交流特別番組が放送されます。

 番組の中では、台北駐日経済文化代表処の沈斯淳・駐日代表が出演し、日本のリスナーの皆さん
に向け、メッセージを語ります。また、今年6月にオープンした台北駐日経済文化代表処「台湾文
化センター」について紹介します。

 同番組は今回も国際文化コーディネーターの市村潔子さんと、台湾大好きアナウンサーの山本直
也さんがパーソナリティーを務め、山下和成・日本経済新聞台北支局長、宝塚歌劇団花組男役トッ
プの明日海りおさん、よしもと台湾“住みます”芸人の漫才少爺(マンザイボンボン)、映画『共
犯』の張栄吉(チャン・ロンジー)監督、映画『KANO』の魏徳聖(ウェイ・ダーション)プロ
デューサー、エッセイストの哈日杏子さん、東京国立博物館の銭谷眞美館長、その他台日交流にゆ
かりのある方々が出演し、最新の台日交流を熱く語ります。

                ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

ラジオNIKKEI第1
「21世紀の台湾と日本(20)〜台湾の元気を訪ねて〜」

放送日時:7月20日(月・祝)17:30〜19:00

ラジオNIKKEIの聴き方については以下のウェブサイトを参照
http://www.radionikkei.jp/style/

※ ラジオ、スマートフォン、パソコン、iPodいずれでも聞くことができます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 りました。お急ぎの場合はお申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合、送料が変わ
 ることもあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。