国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2436号】>> 【祝】 三菱東京UFJ銀行と台湾銀行が7月15日に業務提携文書に調印

2015/07/14

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成27年(2015年)7月14日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.2436]
1>> 【祝】三菱東京UFJ銀行と台湾銀行が7月15日に業務提携文書に調印
2>> 被害者と加害者  アンディ・チャン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆台湾特産アップルマンゴーの7月中旬配達のお申し込みは、予定どおり7月7日に締め切りまし
 た。7月8日から20日(今年のお申し込み最終日)までのお申し込みは、7月下旬の配達となりま
 す。

● 2015年・台湾特産アップルマンゴーお申し込みフォーム【締切:7月20日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

● 片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 王明理著『詩集・故郷のひまわり』お申し込み
  http://goo.gl/XHYvdt

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 【祝】三菱東京UFJ銀行と台湾銀行が7月15日に業務提携文書に調印

 明日7月15日、三菱東京UFJ銀行が台湾最大手の台湾銀行と組んでアジア通貨の調達拡大を図
るため業務提携するという。日本経済新聞が伝えているので紹介したい。

 すでに昨年10月28日、中国信託ホールディングと日本の四大銀行(三菱東京UFJ銀行、みずほ
銀行、三井住友銀行、りそな銀行)のひとつである三井住友信託銀行が業務提携の覚書を締結して
おり、三菱東京UFJ銀行と台湾銀行はそれに続く。

 ちなみに、中国信託ホールディング傘下の中国信託商業銀行は台湾の民間銀行最大手で、昨年6
月に東京スター銀行を買収。これは日本初の外国金融機関による買収で、日本から叙勲の栄に浴し
た江丙坤氏が取締役会長に就任している。

 日台間は金融関係でも密度を濃くしていることに、心から祝意を表したい。

-----------------------------------------------------------------------------------------
三菱UFJ銀、台湾最大手銀と提携 アジア通貨調達拡大 
【日本経済新聞:2015年7月14日】 

 三菱東京UFJ銀行は台湾最大手の台湾銀行と組み、アジア通貨の調達拡大に乗り出す。双方で
余った円や台湾ドル、人民元を融通し合い、海外事業に使う外貨を安定的に確保する。国際的な協
調融資案件でも連携を強める。台湾を含めてアジアでは企業の海外投資が活発で融資などの取引拡
大が見込まれる。事業拡大に備え、資金手当ての基盤を強化する。

 三菱東京UFJ銀の平野信行頭取と台湾銀行の李紀珠会長が15日、都内で業務提携の文書に調印
する。政府系の台湾銀行は2014年末時点の預金が約13.2兆円、貸出金は約8.7兆円といずれも台湾
で最大だ。

 三菱東京UFJ銀は中国法人などが持つ人民元や円、台湾銀行は余った台湾ドルを互いに融通し
合う。三菱東京UFJ銀は年度内にも台湾・高雄市と対岸にある中国・福州市に新たな拠点を開業
する計画で、台湾ドル建ての融資が増える。台湾企業の日本や中国本土への進出拡大を受け、台湾
銀行も人民元や円の需要増を見込んでいる。

 三菱東京UFJ銀行は1月にもインドネシア国営のマンディリ銀行とインドネシアルピアを融通
する契約を締結。現地通貨の調達戦略を加速させている。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 被害者と加害者  アンディ・チャン

[AC通信(No.549):2015年7月13日]

 人は誰でも被害者になることもあるし加害者になることもある。国もそうである。人間関係、国
際関係とはそういうものだ。

 千葉に住むNさんは戦後生まれなので、台湾が嘗て日本の領土であったことは知っていたが、台
湾がアメリカの空襲で大きな被害があったことは知らなかった。私とのメールのやり取りでこのこ
とを知って、スミマセンでしたとメールしてきた。戦争があったのはNさんの責任でもないし関係
のないことである。Nさんは日本人だから謝ったのだが、謝られた私の方は複雑な気持ちである。

 私は昭和一桁生まれだから戦争中は日本人だった。台湾が空襲を受けた当時は日本人意識があっ
た。台湾人意識は戦後になってから覚えたのである。台湾は日本領だから敵国米軍の空襲に逢った
のは当然と思う。Nさんは戦後生まれだから、台湾は日本と違う国という意識がある。だから台湾
が空襲に逢ったのは日本の責任で、日本の国民として謝罪する気持ち、たとえ必要がなくても愛国
心があるからスミマセンと言う。

 Nさんにこう言われるといろいろ複雑な思いが起きる。思いつくままに書いてみると:

(1)台湾は日本と一緒に戦ったのだから日本が台湾に謝ることはない。加害者はアメリカであ
   る。

(2)空襲は米軍の責任だから米国が謝るべきである。

(3)戦争は軍の責任で個人の責任ではない。

(4)戦争責任はすでに終戦裁判で清算されたから、いつまでも追及したり謝ったりする必要はな
   い。

(5)加害者の罪悪感、被害者の怨恨はいつまで持ち続ける必要があるのか。

 ここに挙げた幾つかの思いは個人的なものだから、読者にもいろいろ違う意見があるに違いな
い。戦前・戦後の生まれ。台湾・日本の生まれ。戦争体験など個人的な立場が違うから思惑も違っ
てくる。

 韓国の朴槿恵が「正しい歴史を認めろ」と言っても「正解」はない。加害者と被害者は違うから
何が正しいのかいくら論争しても解決はない。

●戦争とアメリカの責任

 戦争は破壊行為である。戦争に勝ち負けはあっても責任は双方の軍隊にあり民間が被害者であ
る。空襲で都市、飛行場、工場などが爆撃され、民家が焼け人が死んだ。台湾でも日本でも、南方
諸島でも被害は大きかった。東京大爆撃では十万人が死んだと言う。

 原爆を投下したアメリカは謝罪したことはない。アメリカ政府、歴代の大統領だけでなく、Nさ
んのようにスミマセンと謝ったとは聞いていない。日本政府がアメリカの謝罪、原爆投下の罪を追
及したこともない。

●被害者の恨み

 Nさんは台湾各地が空襲に逢ったから台湾人は日本人を恨んでいないかと案じる。戦後に日本を
訪問する台湾人は日本に対しどんな気持ちを持っているのかと思い、済まないと思う。しかしそれ
は違う。

 台湾人は戦争で被害にあったけれど、日本人を憎む気持ちはない。

 日本は戦争に負けて米軍が日本を占領したが、日本人にはアメリカを恨む気持ちはないし、アメ
リカに旅行しアメリカに住んでも別に違和感はないはずだ。

 私の父は医者で、病院を経営していた。戦争中のある日、憲兵がやって来て父の病院を接収して
憲兵隊本部にすると言った。父は入院患者もいるし、来院患者も多いので接収を拒否した。すると
憲兵は「臭い飯を食わしてやる」と言って父を警察署の留置場に入れた。

 留置場で臭い飯を食わされたお蔭で父はチブスにかかり2か月も重体で寝ていた。1か月ほど後に
米軍の大空襲があり、付近の家が焼けだして消防車が来たとき警察が、あの病院はほって置けと命
令したので病院は焼けてしまった。

 父や家族は日本や日本人を恨んだことはない。悪いのは戦争であり憲兵隊である。戦争が終わり
軍隊は解散し、日本は良い国になり父は何度も日本に旅行した。

 日本人は原爆を落とされたけれど原爆の被害を覚えている人は少ないし、アメリカを憎むことも
ない。原爆の被害者でアメリカに住んでいる人も多い。

●中国人への恨みは消えない

 ところが、台湾人は中国人が台湾で行った228事件虐殺や、38年に及ぶ白色恐怖を忘れない。中
国人は酷いことをしたが謝罪したことはない、今でも傲慢である。台湾人は中国人ではないこと
は、中国人の態度でよくわかる。台湾人は中国人の悪逆非道を忘れることはない。

 ひとりひとりの中国人に恨みはないが、警戒心は絶対忘れない。

 戦争が終わって間もなく、国民党の軍隊が大陸から撤退してきて、小学校の教室を占領して駐屯
した。数日後、営長(大隊長)の妻が死産で産婆の手に負えなくなり父の病院に入院した。父のお
かげで死んだ赤ん坊を産んだが産婦が退院しても死んだ嬰児を病院に残し、翌日取りに来たとき、
手術室の隅に放置された死児にネズミが齧った痕があった。

 その夜、剣付き鉄砲を持った兵士を2人従えた大隊長が来て、テーブルに座るなり拳銃をテーブ
ルに置いて死んだ嬰児に傷がついたと言って父を脅迫した。父に命じて金庫を開けさせ現金全部、
3千円を強奪した。当時の3千円は現在の数百万円と思われる。

 私はこの事件を忘れることはない。戦争で病院が焼けても恨みは残らないが、死んだ嬰児の言い
がかりをつけて剣付き鉄砲で脅迫し金を強奪した恨みは今でも忘れない。中国人にも善い人も居る
だろうが中国人に心を許すことはない、許してはならない。

●謝罪する日本人と謝罪しない中国人

 Nさんは日本人として日本人が戦争を始めて各地に被害があったことで済まないと思っている。
これは素晴らしいことだ。日本国民には愛国心があり、自分の責任でなくても日本人として責任感
があり、国民全体が道徳心と謙虚な心を持っている。

 日本人や台湾人と違って、中国人は愛国心がないから国の責任を感じることがない。蒋介石、毛
沢東、習近平などみんな個人の責任で、個人が遺憾に思うことはないのである。

 しかも、そんな中国人や韓国人は挙国一致ですでに清算した日本の戦争責任を譴責し、現在の若
い日本人に謝罪を要求し、いくら謝罪しても「謝罪が足りない」という。道徳心の違う国と議論し
ても無駄である。戦争が終わって70年たつ。慰安婦問題、戦争責任、すべて過去のことである。道
徳心のない中国人と論争しても無駄である。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 りました。お急ぎの場合はお申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合、送料が変わ
 ることもあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。