国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2426号】 鄭弘儀氏が馬総統の抗日戦争勝利70周年に「勝利を祝う必要はあるのか」と異論

2015/06/29

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成27年(2015年) 6月29日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
             日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.2426]
1>> 鄭弘儀氏が馬総統の抗日戦争勝利70周年に「勝利を祝う必要はあるのか」と異論
2>> 台湾の総統選挙  アンディ・チャン
3>> 7月4日、在日台湾同郷会などが「顔銘緯さん(基進側翼政団発言人)と語る会」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 2015年・台湾特産アップルマンゴーお申し込みフォーム【締切:7月20日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム *12本セットも!
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 鄭弘儀氏が馬総統の抗日戦争勝利70周年に「勝利を祝う必要はあるのか」と異論

 今年は大東亜戦争終結から70年の節目の年。日本でも様々な催しが開かれている。

 靖國神社では3月21日から12月8日まで「大東亜戦争70年展」の最終章として、硫黄島の戦い、沖
縄の戦い、本土防衛、樺太・占守島の戦いを主軸とした関係史資料を展示している。

 昭和20年の台湾のバシー海峡では、米潜水艦による魚雷攻撃により、南方に向かう多くの日本軍
の輸送船沈没、戦没者数は「20万人以上」とも「およそ10万人」とも言われ、8月2日、潮音寺で
「2015年台湾バシー海峡戦没者慰霊祭」が開かれる。

 一方、台湾の馬英九総統は今年を「抗日戦争勝利70周年」と位置付け、今朝(6月29日)の産経
新聞は「台湾・馬総統が反日転換?」の見出しの下、下記のように報じている。

<国防部(国防省に相当)は7月4日、北部・新竹県の陸軍基地内で、記念の軍事パレードを行う。
日中戦争の発端となった盧溝橋事件が発生した7月7日にはシンポジウム、旧日本軍の降伏式典が行
われた10月25日の「台湾光復節」には記念大会など、16項目のイベントを企画。今月23日には「中
央銀行」が記念のメダルの発行を発表した。>

<「反日」に舵を切ったかのような馬総統の言動に、日本の対台湾窓口機関、交流協会の幹部は
「首をかしげる」と不快感を示す。>

<台湾は先の大戦時は日本の統治下にあり、末期には徴兵制が施行され、米軍空爆で民間人の死傷
者も出た。ある著名な政治評論家がテレビ番組で「抗戦勝利を祝う人々は、日本人だった私の父の
ような人の気持ちを考えたことがあるのか」と発言し、波紋を広げている。>

 そもそも馬英九総統は学生時代から日本に批判的で、中国国民党主席として国民党本部ビルに
「抗日戦争勝利60周年記念」の垂れ幕を掲げるなど「反日」の証左はいくらでもある。

 それはさて置き、上記の産経の記事に出てくる「ある著名な政治評論家」とは、鄭弘儀氏のこと
だ。鄭氏が具体的にどのような発言をしたのか、FOCUS-ASIA.COMが詳しく伝えているのでご紹介し
たい。

 今年3月、日台交流をすすめる会(廣瀬勝代表)が鄭弘儀、黄文雄氏、三橋貴明氏を招いて日台
交流シンポジウムを開催したが、鄭氏の発言に多くの日本人が賛同した。そのときのプロフィール
を下記に紹介する。

◆鄭弘儀 1961年(昭和36年)生まれ。台湾嘉義の農家の出身。国立政治大学商学院修士号取得。
 中国時報記者(取材チーム副主任)、非凡テレビ(ニュース部部長)、年代テレビ(ディレク
 ター)、テレビのトーク番組「大話新聞(ニュースを話そう)」「新聞●●哇(ニュースを掘
 る)」など人気番組の司会者。(●=手偏に空のエが乙)

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾の司会者が抗戦勝利70周年の祝賀ムードに苦言、「当時日本人だった父の気持ちは・・・」
【FOCUS-ASIA.COM:2015年6月25日】

 台湾の時事討論番組「新聞クワクワ哇」の司会者、鄭弘儀が抗戦勝利70周年を記念する動きにつ
いて、「自分の父は当時、日本人だった。抗戦勝利70周年を祝うことを父がどう思うか」と発言
し、物議を醸している。25日付で観察者網が伝えた。

 22日の放送は抗戦勝利70周年記念をテーマとし、司会の鄭弘儀と複数のゲストが議論を展開し
た。その中で、鄭弘儀が抗戦勝利70周年を記念する動きについて、「出来るだけこの土地で暮らす
人々の気持ちを傷つけるべきではないと思う。自分の父にとって・・・父は日本の小学校で学び、
日本海軍の軍人となり、日本が降伏した当時は日本人だった。戦地に送り出される直前に日本が降
伏したので、行かなくて済んだ」と疑問を呈した。

 続いて、「父は10代で日本海軍の軍人となった。当時は兵の数が不足していたから・・・。何が
言いたいかというと、父の気持ちを考えたことがあるのか、ということ。当時、中国が戦った相手
は台湾を含む日本で、米国の戦闘機が台湾を爆撃した。父にとっては敵だった相手だ。それが今、
台湾にやってきて、勝利を祝おうと言っている。祝いたい人たちの気分を損ねようというのではな
い。ただ、勝利を祝う必要はあるのか」と問いかけた。

                                (編集翻訳 小豆沢紀子)
 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 台湾の総統選挙  アンディ・チャン

【AC通信(No.547):2015年6月25】

 来年1月に台湾の総統と立法委員(国会議員)の選挙が行われる。

 去年11月の市町村選挙で国民党が大敗して以来、台湾人の本土意識が高まり、中国と共に台湾統
一を推進していた国民党政権はすっかり落ち込んでしまった。来年の総統選挙に勝ち目はないと言
われ、国民党の候補者選びは難航したが、ようやく洪秀柱・立法院副議長に決まるらしい。民意調
査では彼女は負けると言う。負けたら国民党は没落するだろう。

 戦後70年、台湾の政治は一貫して国民党独裁、外省人の天下だったが来年の選挙で総統と国会が
台湾人優勢となり、強力な台湾人政権が誕生するかもしれない。外国関係、米中関係の冷え込みと
中国の経済衰退が台湾の選挙に大きく影響する。

●米台関係の変遷

 これまでアメリカは一貫して「現状維持」を要求し、国民党を支持してきた。ところが馬英九が
政権を取って統一路線を取りはじめ、中国の南シナ海の岩礁埋め立てなどでアメリカはようやく中
国に強い警戒心を持ち、台湾の政治に対する態度が変わってきた。

 アメリカが本気で警戒心を抱いたのは南シナ海ではなく、中国がアメリカに仕掛けた大規模なサ
イバー攻撃である。ホワイトハウスや国務省、国防省やほとんどの政府部門が中国のハッカー攻撃
にやられた。しかもオバマは防御も反撃もできない。中国は最悪な敵であるという認識がオバマに
はなかったのだ。

 だから今年春の蔡英文の米国訪問は、ホワイトハウスや国務省で歓待を受け、TIMEマガジンが雑
誌の表面に出して蔡英文特集を組んで、米国が台湾人政党を支持する気配が出てきた。米国の国際
戦略が大きく修正されたのだ。2012年の台湾総統選挙ではダグラス・パールを派遣して投票2日前
に馬英九支持を発表したアメリカは、あの時から4年後に蔡英文を支持する政策に切り替えたの
だ。

 米国の「現状維持」政策とは動乱が起きない穏やかな変遷を続けることだ。だから間違った政策
はなかなか改善されない。戦後からこれまでアメリカは蒋介石の反共を支持してきた。やがて反共
から台湾海峡の平和維持に変わった。台湾は第一列島線の中央に位置し、中国が台湾を併呑すれば
米国はアジアの覇権を失い、中国の太平洋進出を防ぐことができなくなる。このため米国は台湾の
国民党政権を支持してきたが、やがて2009年に馬英九が中国接近をはじめた。オバマは中台関係に
姑息な態度を取り、2012年の総統選挙ではダグラス・パールが蔡英文不支持を表明したのだ。

 そして去年のヒマワリ運動と11月の市町村選挙で国民党が大敗し、台湾人の反中国、反統一が明
確になって、アメリカは国民党を捨てて台湾人政党支持に切り替えた。米国の国際戦略が、反共→
中華民国断交→国民党支持→台湾人政党支持と変化しているのがわかる。

●中台関係の変遷

 このような国際情勢の変遷で、台湾の中華民国政権も蒋介石の反攻大陸から反共、李登輝の特殊
な二国関係、陳水扁の台湾中国一辺一国、馬英九の中国接近統一路線に変った。そして米国はこれ
までの国民党支持から台湾本土路線に賛同したとみられる。これが本当なら台湾人は大歓迎であ
る。

 米国は中国の台湾併呑に反対だが、中華民国が台湾にある限りは併呑されないと思っていた。だ
から中華民国を認めていたが情勢がだんだんと変わり、1978年に中華民国と断交した。この時に台
湾をどうするかという問題が起き、米国国会は「台湾関係法」を制定した。

 台湾関係法の第15条には、米国は中華民国を認めないから、今後の米台関係において、「台湾
(TAIWAN)とは台湾統治当局」と定義し、台湾当局が中華民国政権の続行でも、中華民国政権に代
わる新政権が出来ても支持すると定義した。

 つまり米国の台湾政策は、蒋介石支持から中華民国支持に変わり、中華民国と断交して「台湾当
局」と名称を変えた国民党支持となり、国民党政権から台湾人政権になっても一貫して「台湾の存
在」を支持するようになっている。

●台湾内部の変遷

 終戦から70年たった。台湾は終戦後まもなく蒋介石が大陸から追い出されて台湾で中華民国を維
持してきた。アメリカは反共の立場から中華民国を支持したが、中華民国は中国人の外来政権であ
る。中華民国は外省人の貴族階級が台湾人を統治する独裁である。

 人種差別とは中華民族の特徴と言える。中国人と台湾人は違う。だから少数の中国人が多数の台
湾人に同化することはない。中国人は台湾統一を主張する。だが台湾人は中国に併呑されることを
拒否し独立を主張する。中国は台湾併呑で太平洋に進出したい。アメリカは中国の野心を知りなが
ら台湾独立を援助せず現状維持である。

 台湾独立は台湾人政権を樹立すること、台湾人の夢である。だがその方法論にいろいろな違いが
ある。大まかに言って二つのグループ、現行の中華民国体制を修正して正名制憲で台湾国を樹立す
る「体制内派」と、中華民国体制を打倒して台湾政権を樹立する「体制外派」だが、双方の派閥の
中にもいろいろ違った方法論があり、相互批判や攻撃でなかなか合作する気配がない。

●台湾人の夢

 台湾独立運動はすでに40年以上の歴史があるが、少しも進展していない。理由は簡単、中国も米
国も台湾独立を支持しないからだ。陳水扁が総統になった時、アメリカは陳水扁に「四歩一没有
(独立せず、国名変更せず、両国論で憲法改正せず、統一、独立を公民投票にせず、など)」を押
し付けて独立意識をシャットアウトした。つまり米国はこれまで台湾独立を拒否してきたのであ
る。

 このため独立運動は進展していなかった。体制内派(修正派)も体制外派(革命派)も米国の支
持を得られなかったのである。もちろん中国は初めから独立に反対だから、どんな理論、方法論で
も中米両国が反対すれば独立できるはずがない。

 米国の国際戦略が変化の兆しを見せたので、来年の選挙で台湾人総統と国会で台湾人多数となれ
ば台湾の政治に大変化が起きる。もちろん数年で台湾独立を実現することはない。米国が反対せ
ず、中国の衰退、米中関係の悪化が独立に有利な展開となる。

 一部の体制外派の人たちは選挙に勝っても中華民国体制は変わらないと悲観的な主張をしてい
る。ある人は投票に行くなと言い、あまつさえ蔡英文批判をするが、こんな言論は国民党を援助す
るだけ、国民党が勝てばもっと悲惨である。

 選挙も一法、革命も一法、台湾のためになるなら構わない。米国の国際戦略の変化が台湾独立に
有利となるなら選挙で政権を取るのも応援すべきである。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 7月4日、在日台湾同郷会などが「顔銘緯さん(基進側翼政団発言人)と語る会」

【台湾の声:2015年6月28日】

基進側翼政団発言人・顔銘緯さんと語る会
「太陽花学運」から「反黒箱課綱」、そしてこれから

 太陽花(ヒマワリ)学生運動後に台湾へ行くたび、「自己的国家自己救」(自分の国は自分で救
う)と書かれたシャツを着る若者達をあちこちで見かけ、一種の昂揚感を覚えます。そして彼らが
どのような考えを持っているのかを聞きたいと思いました。

 そうした中、去年の「九合一選挙」で多数の若い候補者を立て、政治への参与を試みた基進側翼
政団のスポークスマン、顔銘緯さんが来日されます。そこで顔さんをお招きし、下記のように「語
る会」を開催することとなりました。

 既存政党に頼らず自分たちで立ち上がり、理想の台湾社会の実現を目指す青年達の将来像や、そ
してそれを達成するための処方箋とは? また、顔さんが馬英九総統に『裏切られた台湾』の本を
投げつけた時の胸の内は? 皆様からのいろいろな質問に答えていただこうという企画ですので、
ぜひお誘い合わせの上ご来場ください。

                             在日台湾同郷会会長 岡山 文章

                   記

◆日 時:2015年7月4日(土)18:00〜 (受付開始17:30)

◆会 場:台湾料理「青葉」

     東京都新宿区歌舞伎町1-12-6 歌舞伎町ビルB1
     Tel 03-3200-5585
     交通:JR新宿駅東口より徒歩約5分/西武新宿駅より徒歩3分

◆語る会(Q&A方式)

◆登壇者:顔銘緯さん(基進側翼政団発言人)

◆テーマ:「太陽花学運」から「反黒箱課綱」、そしてこれから・・・

◆言 語:台湾で通用する言語(通訳なし)

◆参加費:¥3,000

◆主 催:在日台湾同郷会、在日台湾婦女会、日本台湾医師連合

◆申込み:電話、FAX、メールにてお申し込み下さい(7月2日締切)

     Tel:0424−22−4604(張信恵)
     Fax:03-5974-1795 (黄)
     Eメール:tehaino@nifty.com (丘)  

-----------------------------------------------------------------------------------------
7月4日「顔銘緯さんと語る会」申込書(7月2日締切)

ご氏名:

お電話:

FAX:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 りました。お急ぎの場合はお申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合、送料が変わ
 ることもあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』*new
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』*new
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。