国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2425号】 台湾産アップルマンゴーの配達は7月中旬以降となります!

2015/06/27

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━平成27年(2015年) 6月27日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.2425]
1>> 台湾産アップルマンゴーの配達は7月中旬以降となります!
2>> 平渓線と姉妹鉄道を結んだ秋田の由利高原鉄道に台湾からの観光客が倍増!
3>> 花巻空港─台北の定期便(中華航空)が2017年度から就航で合意
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 2015年・台湾特産アップルマンゴーお申し込みフォーム【締切:7月20日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム *12本セットも!
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 台湾産アップルマンゴーの配達は7月中旬以降となります!

 マンゴーの7月初旬配達のお申し込みは、伝票作成などの関係で6月24日に締め切っています。今
後のお申し込みは7中旬以降の配達となります。

 平成27年(2015年)6月吉日

                                    日本李登輝友の会

                ◇   ◇   ◇

 美味しくてお値段も手頃な台湾産のアップルマンゴーは、すっかり日本でも定着したようです。
お陰様で、今年は例年よりお申し込みが多いようで、スタッフは配送の手配に追われています。

 今年もこれまでの2.5kgと5kgに加え、ご要望が多かった3玉パックをご用意。贈答用にもご
家庭用にもピッタリの、糖度13度以上でサイズのそろった特選品です。産地は7月初旬までのお届
けは屏東産、台南産は7月中旬からのお届けになる予定です。

*これまでライチやマンゴーなどお申し込みの方にはご案内チラシをお送りしています。裏面の
 「お申し込み書」に必要事項をご記入いただき、FAXでお申し込みください。

◆本会ホームページでも、お申し込みについての詳細や召し上がり方などを案内し、「お申し込み
 書」もダウンロードできます。

 日本李登輝友の会ホームページ:http://www.ritouki.jp/

◆ご自宅用などは下記のお手軽で簡単な「お申し込みフォーム」からどうぞ。また、5名様までお
 送りできます。

 2015年・台湾特産アップルマンゴーお申し込みフォーム
 https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

-----------------------------------------------------------------------------------------

1.商品の種類と価格

  アップルマンゴー  3玉           = 3,200円(税・送料込)
  アップルマンゴー  2.5kg(5〜7玉)  = 5,200円(税・送料込)
  アップルマンゴー  5kg (10〜14玉)  = 7,800円(税・送料込)

2.お申し込みとお支払い方法【前金制】

 1)「お申し込み書」に必要事項をご記入いただき、FAXでお申し込みください。

   日本李登輝友の会 FAX:03-3868-2101

 2)お申し込みと同時に、下記の郵便貯金口座もしくは銀行口座までご入金ください。

  ・郵便貯金口座
   記号番号 10180 95214171
   日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

  ・銀行口座
   みずほ銀行 本郷支店 普通預金 口座番号 2750564
   日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬(ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

  *代金前払い制、振込手数料はご負担願います。

3.配送について

 *今後の配達時期は、7月中旬、下旬を予定しています(配送は冷蔵便です)。

 *ご希望の配達時期を必ずお書き添えください(配達時間をご希望の方は、時間帯もお書き添え
  ください)。

 *配達時期は、入荷タイミングによってご希望に沿えないこともあります。ご了承願います。

 *生ものですので、お届け先様が長期間不在の場合は送り主様へ転送いたしますことをご了承願
  います。

 *熨斗(のし)紙は「御中元」の他にもご用意しております。

 *生鮮食品ですので、届きましたらすぐご開封の上、中身をご確認ください。

4.申込締切……7月20日(月・祝)

5.輸入・協力……池栄青果(株) 台湾物産館
         〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-15-7

■日本李登輝友の会
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp
 ホームページ:http://www.ritouki.jp/
 Facebook:http://goo.gl/qQUX1

*月〜金、10:00〜18:00 土・日・祝日は休み

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 平渓線と姉妹鉄道を結んだ秋田の由利高原鉄道に台湾からの観光客が倍増!

 昨年(2014年)4月30日、秋田県由利本荘市の由利高原鉄道が運営する「鳥海山ろく線」は、非
電化の単線で、列車のすれ違いにはタブレット交換による閉塞方式を採用しているという共通点が
あったことで、台湾鉄路管理局(台湾鉄道)の平渓線と姉妹鉄道協定を結んだ。

 仕掛けたのは由利高原鉄道。1年後、その結果が出た。台湾からの観光客が倍増したという。読
売新聞が伝えているので下記に紹介したい。

 由利高原鉄道と平渓線が姉妹鉄道を結ぶ一週間前の昨年4月23日、この平渓線と江ノ電(江ノ島
電鉄)が観光連携協定を結んで一日乗車券の無償交換サービスを始めているが、たいへん好調で今
年も延長している。

 また、今年の3月14日、西武ホールディングスと台湾鉄路管理局が友好協定を締結し、西武鉄道
が台湾鉄路管理局と姉妹鉄道協定を結んだことで、4月13日から6月30日まで、傘下の新宿プリンス
ホテル、サンシャインシティプリンスホテル、川越プリンスホテルで「台湾料理キャンペーン」を
開き、西武ライオンズ球場では4月11日と12日を「台湾デー」としてイニング中に台湾の伝統芸能
を披露、8月11日には西武ライオンズ対北海道日本ハムファイターズ戦で、タイアップ企画「KA
NOデー」を開催する。

 このように、日台間の鉄道姉妹提携は一見して地味なニュースに見えるかもしれないが、その地
域にとってはさまざまな波及効果を及ぼし、活性化を促している。そして、日台の絆は確実に強く
なっている。

-----------------------------------------------------------------------------------------
由利鉄 台湾客倍増
【読売新聞:2015年6月25日】

◆相互交流、観光PR奏功

 由利高原鉄道(由利本荘市)が、台湾からの観光客の利用を順調に伸ばしている。今年1月から6
月までの利用客は24日現在、351人で、前年同期(184人)の1・9倍に達している。台湾北部のロー
カル線・平渓線と姉妹提携を結ぶなど、台湾の鉄道、観光業界への積極的なPRと営業活動が奏功
した格好だ。

 由利鉄を利用する台湾からの観光客は今年に入って増え始め、4月の229人を最多に、半年間で
351人に上った。同社が昨年から営業をかけている台湾の旅行会社が、鳥海山観光をルートに組み
入れ、ほとんどのツアーがチャーター便で東北の空港に乗り入れている。由利本荘、にかほ市の名
所を回るなど地元観光業界への貢献は大きく、本格的なシーズンを迎える7月から秋にかけて、さ
らに増えると期待が高まる。

 由利鉄が台湾からの誘客を模索し始めたのは今から2年前。春田啓郎社長が、民間の台日鉄道交
流事業促進協議会を窓口に台湾鉄路管理局に相互交流を提案した。昨年4月には平渓線との姉妹提
携にこぎ着け、主要駅に由利鉄紹介コーナーが設けられた。由利本荘市も全面支援に乗り出し、今
年2月には長谷部誠市長が訪台、トップセールスで交流の機運を盛り上げた。

 由利鉄は今年秋にも、初の台湾パックツアーを組んで、相互に観光客を送り合う考えだ。同協議
会の峰雪剛副会長は「大きな鉄道会社がこぞって台湾に営業をかける中、由利鉄は規模は小さいな
がらもよく頑張っている。台湾からの観光客はまだまだ増えるはずだ」と話している。

 佐竹知事は22日の県議会本会議で「由利高原鉄道が台湾へ積極的に乗り出したことは、国内外か
らの誘客に大きな可能性を秘めている」と述べ、同社の台湾戦略にエールを送った。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 花巻空港─台北の定期便(中華航空)が2017年度から就航で合意

 熊本県の蒲島郁夫(かばしま・いくお)知事は6月16日から訪台、翌17日、中華航空側と定期航
空路線を10月25日に開設することで合意した。日曜、火曜、金曜の週3往復で運航を予定し、158人
乗りのジェット旅客機ボーイング737−800の使用を検討しているという。

 岩手県の達増拓也(たっそ・たくや)知事も蒲島知事とまったく同じ日の6月16日に訪台、中華
航空に定期便化を要請、一昨日の定例記者会見で「2017年度からの定期便化を目標に準備を進める
ことで合意した」と発表した。日本経済新聞が伝えている。

 先に報じたように、全日空系の格安航空会社「ピーチ・アビエーション」は8月8日から羽田空港
と台北・桃園空港線を開設することが決まり、中華航空系の格安航空会社「タイガーエア台湾(台
湾虎航)」も台北―沖縄(那覇)線が6月29日、台北―大阪(関西)線が7月3日、高雄―大阪線も7
月3日に就航することがそれぞれ決まっている。

-----------------------------------------------------------------------------------------
花巻―台湾、定期便化へ 岩手知事発表 17年度目標に準備  
【日本経済新聞:2015年6月26日】

 岩手県の達増拓也知事は25日の定例会見で、花巻空港―台湾の定期チャーター便を運航する中華
航空(台湾)と「2017年度からの定期便化を目標に準備を進めることで合意した」と発表した。達
増知事は16〜19日に県産品のPRなどで台湾を訪問しており、中華航空台北支社を訪れた際に同社
会長と会談した。

 05年度から始まった花巻―台湾の定期チャーター便は、14年度に過去最高の98便が運航され、約
1万3600人が利用した。特に秋季便は搭乗率が90%を超え、好調だった。今年4月にも8便に560人
が搭乗、利用率は89%に達している。達増知事は14年4月にも台湾を訪れて定期便化を要請してい
た。

 花巻空港は今年度、12億円を投じて国際線の受け入れを強化する増改築工事を行っている。達増
知事は「工事をしっかり進め、旅行者を増やす工夫を考えたい」と話した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 りました。お急ぎの場合はお申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合、送料が変わ
 ることもあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』*new
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』*new
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。