国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2413号】 達増拓也・岩手県知事が今年もミッション団を率いて6月16日から訪台

2015/06/09

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成27年(2015年) 6月9日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.2413]
1>> 達増拓也・岩手県知事が今年もミッション団を率いて6月16日から訪台
2>> 日本版・台湾関係法の早期制定を!  柚原 正敬(日本李登輝友の会事務局長)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 2015年・台湾特産アップルマンゴーお申し込みフォーム【締切:7月20日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

● 2015年・黒葉ライチお申し込みフォーム【締切:6月14日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn
 *収穫次期の遅れで、配達は6月20日以降(下旬)となる予定です。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム *12本セットも!
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 達増拓也・岩手県知事が今年もミッション団を率いて6月16日から訪台

 岩手県の達増拓也(たっそ・たくや)知事が6月16日から19日にかけ、県内関係市町村長や商工
団体、観光関係者など29人のミッション団を率いて訪台、台北市の花博ドームで開かれる観光物産
イベント「2015新・日本旅遊節」に出席するなどトップセールスを行う。「岩手日報」が伝えてい
るので下記に紹介したい。

 これは、昨年5月8日から11日にかけて行った、台湾の地方都市との友好交流関係の強化促進を目
的として宜蘭県および羅東鎮訪問に続く訪台で、いずれも花巻空港発着の国際定期チャーター便を
利用する。

 昨年は全国知事の約3割がトップセールスのために訪台しているが、今年に入ってからも、すで
に4月に沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事、5月に宮城県の村井嘉浩嘉浩(むらい・しひ
ろ)知事が訪台して台湾との交流を図っている。

 岩手県と台湾の縁は深い。民政長官としてインフラ整備に尽力した後藤新平や糖業発展に貢献し
た新渡戸稲造、台湾を全島踏査した人類学者の伊能嘉矩(いのう・かのり)、台北帝国大学医学部
長や台北帝大総長をつとめた法医学者の三田定則(みた・さだのり)などを輩出している。

 これだけ台湾との縁の深い人物を輩出している岩手県だが、未だに日台交流の基礎となる自治体
同士の姉妹提携はないようだ。達増知事の活躍に期待したい。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾定期便化へ本県の魅力発信 知事、16日から訪問
【岩手日報:2015年6月2日】

 達増知事は16〜19日の日程で台湾を訪問し、花巻空港と台湾を結ぶ国際定期便の実現や県産品の
消費拡大を目指してトップセールスを行う。台湾大手の中華航空幹部と懇談するほか、同社など主
催の観光物産イベント「新・日本旅遊節」を利用して本県の魅力を発信する。

 参加者は知事を団長とするミッション団として、県商工会議所連合会の谷村邦久会長や上田東一
花巻市長ら自治体や観光関係者約30人。花巻空港発着の国際定期チャーター便を利用する。

 旅遊節は18〜21日に台北市内で開かれ、日本側から本県を含む約20自治体が出展。本県は県産米
の試食や久慈市の郷土食まめぶ、地酒販売などを予定し、達増知事らは17日の記者会見や18日の開
幕式に出席する。

 花巻―台湾間の定期便実現を目指して中華航空幹部との懇談会を開くほか、台湾政府観光局、企
業の訪問や台湾県人会との交流会なども予定している。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 日本版・台湾関係法の早期制定を!  柚原 正敬(日本李登輝友の会事務局長)

【呉竹会アジアフォーラム「青年運動」:平成27年5月15日号】

 日本と台湾の絆は深い。国交がないにもかかわらず、交流の幅も広く密度も濃い。

 例えばそれは、人的往来に端的に現れている。昨年は台湾から約283万人が来日して韓国や中国
を追い抜き、1998年以来16年ぶりにトップに立った。日本からも163万人が訪台し、いずれも過去
最高を更新している。

 人的往来だけではなく、近年は自治体同士による姉妹都市提携も少なくない。1979年10月の青森
県大間町と雲林県虎尾鎮の提携以来、2014年11月の群馬県渋川町と彰化県社頭郷まで35の自治体が
協定を結んでいる。仔細にその状況を見てみると、2012年以降の3年間で約半数の17件に及んでい
る。

 日台の提携は都市提携に限らない。大手メディアで報道されないためあまり知られていないよう
だが、鉄道関係の提携も少なくない。1986年1月の大井川鐵道と阿里山森林鉄道の姉妹鉄道提携を
嚆矢として、2013年4月の黒部峡谷鉄道と阿里山森林鉄道、本年3月の西武鉄道と台湾鉄路管理局ま
で12件ある。大井川鐵道と阿里山森林鉄道以外の11件は2013年以降に結ばれている。

 それ以外に、昨年だけでも富士山と玉山の友好山協定(2月)、広島県教育委員会と桃園県教育
局の教育協定(5月)、秋田県スキー連盟と台湾スキー協会の友好協定(8月)、瀬戸内しまなみ海
道と日月譚自転車道の姉妹自転車道協定(10月)など枚挙に暇がない。

 台湾を修学旅行先とするケースも急増している。文部科学省は昭和61年以来、2年ごとに高校生
の修学旅行先の調査をしている。最近の中国と台湾を見てみると、平成18年度は中国の16,000人に
対して台湾は3,600人、20年度は中国が11,000人に対し台湾は8,000人と徐々に差を縮め、ついに平
成23年度には台湾は12,000人となって中国の9,000人を抜いて逆転している。25年度はさらに差を
広げた。

 日台間の交流が密になった背景として、やはり東日本大震災のことを抜きには語れない。台湾か
らは200億円を超える義捐金と560トンもの支援物資が寄せられ、これに感謝の念を表しようとする
日本からの訪台が相次いだ。都市提携や鉄道提携の背景には、観光客誘致という経済的要因もある
が、東日本大震災をきっかけとした台湾への安心感と信頼感がその根底にあることは疑えない。

 ところが、日本と台湾の間には国交がない。日本は昭和47年9月に中国と国交を樹立すると同時
に台湾と断交した。その後、台湾との関係を「非政府間の実務関係」とし、政府間交渉は一切行っ
ていない。日本は交流協会、台湾は亜東関係協会をお互いの窓口として、断交直後の12月に交わし
た3項14目からなる「在外事務所相互設置に関する取決め」を唯一の拠り所として実務関係を維持
してきた。

 この「取決め」に従って、交流協会は邦人保護やビザ発給、情報収集、友好親善など、ほぼ大使
館の機能を果たす事務所を台湾に設け、台湾側も日本に設けた台北駐日経済文化代表処がその機能
を果たし、お互い主権に関わることを処理している。

 しかし、これは「取決め」であって法律ではない。現在、日台間の実務関係を保障する法的裏づ
けは一切ない。日台関係はこの不安定な中で辛うじて実務関係を維持しているのが現実で、この無
法状態は法治国家として異常だ。

 台湾を「核心的利益」と位置づけ、「中華人民共和国の領土の不可分の一部」と公言して台湾併
呑を目論む中国は、その不安定を衝くように、交流協会台北事務所のビザ発給について、2つの中
国の出現を引き起こし、台湾を単独の政治実体としてみなすものだと抗議したことがあった。1983
年6月のことだ。

 日本はこのとき中国の抗議に屈しなかったが、中国は近年、急速な経済発展を背景に、海軍力を
中心とした軍事力の拡大を図りつつ強引な海洋進出を企てており、アジア・太平洋地域の平和と安
定にとって最大の脅威となっている。今後さらに緊張の高まることが予想され、日本政府が中国か
らの抗議を極端に恐れた場合、日台間の交流が途絶する可能性も否定できない。そのため、日本が
今後も負担と犠牲を避ける無責任な態度をとり続ければ、日米同盟の絆が弱まることは避けられ
ず、アジア・太平洋地域の平和と安定が失われ、ひいては日本の国益が大きく損なわれることは衆
目の一致するところであろう。

 アメリカは1979年1月に中国と国交を樹立すると同時に台湾と断交したが「台湾関係法」を制定
し、台湾との外交関係を保つ法的根拠としている。「防御的な性格の兵器」という限定はついてい
るものの、台湾への武器供給も定めている。

 ところが、日本は台湾と運命共同体という関係にありながら、これまで台湾問題について主体的
な関与を避け責任を回避してきた。日本が今後、国益を損なわずにアジア・太平洋地域の平和と安
定を維持しようとするなら、台湾関係法に基づいて安全保障を含む台湾との緊密な関係を維持して
いるアメリカの政策との整合性を有する台湾政策を策定して推進する必要があることは多言を要し
まい。

 従って、日本が安全保障を含む台湾との緊密な関係を維持しようとするなら、「日本版・台湾関
係法」を制定することが喫緊の課題と言える。

 日本李登輝友の会が2年前に「日本版・台湾関係法」の制定を提唱して以来、台湾の李登輝元総
統はその賛同者であり、台湾では政府の外交部、民進党や台湾団結聯盟などの政党、台湾安保協会
などの民間機関も「日本版・台湾関係法」の制定に賛意を表している。

 一方、中国は「断固反対」を表明している。この反対表明こそ制定の必要性を雄弁に物語ってい
る。早急に制定されなければならない所以でもある。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 りました。お急ぎの場合はお申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合、送料が変わ
 ることもあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年』*new
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』*new
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。