国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2385号】 台湾の人気みやげ、奇美食品の「パイナップルケーキ」(鳳梨酥)が入荷再開!

2015/05/04

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成27年(2015年)5月4日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.2385]
1>> 台湾の人気みやげ、奇美食品の「パイナップルケーキ」(鳳梨酥)が入荷再開!
2>> 最高級珍味「台湾産天然カラスミ」をご賞味あれ!
3>> 大陸委員会副主任だった馬英九氏自身が「92年コンセンサス」を否定していた!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 2015年・ドラゴンライチ、黒葉ライチお申し込みフォーム【締切:5月24日】*new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/96xzbtxzdhkn

● 2015年・台湾特産アップルマンゴーお申し込みフォーム【締切:7月20日】*new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

● 奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」お申し込みフォーム【随時受付】 *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

● 最高級珍味「台湾産天然カラスミ」お申し込みフォーム【随時受付】 *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 台湾の人気みやげ、奇美食品の「パイナップルケーキ」(鳳梨酥)が入荷再開!

 昨年、台湾で起きた食品安全問題で、台湾からの輸入食品全般に対する日本の税関検査が厳しく
なった関係から入荷がストップしていた人気の「パイナップルケーキ」(鳳梨酥)ですが、4月末
にようやく入荷が再開されました。

 チーズ、バター、卵黄を使った生地がサクサクほろほろで美味しい! たっぷりパイナップルを
使ったあんも甘すぎず、お茶請けなどにも最適と評判の奇美食品のパイナップルケーキ。

 今後は1年中いつでも受け付けております。ちょっとしたお遣い物にも、手軽にお贈りできる高
級感あふれるご贈答品として喜ばれています。

 平成27年(2015年)5月吉日

                                    日本李登輝友の会

◆これまでライチやマンゴーなどをお申し込みの方にご案内チラシをお送りしています。裏面の
 「お申し込み書」に必要事項を記入いただき、FAXでお申し込みください。

◆本会ホームページでも案内し、ホームページからお申し込みもできますし、お申し込み書もダウ
 ンロードできます。

 日本李登輝友の会ホームページ:http://www.ritouki.jp/

◆ご自宅用などは下記のお手軽で簡単な「お申し込みフォーム」からどうぞ。また、5名様までお
 送りできます。

 パイナップルケーキお申し込みフォーム
 https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

-----------------------------------------------------------------------------------------

1.価 格
  2,910円 + 送料600円 (ともに税込み) 

 ・50g×12個入り

 ・同一先へお届けの場合、10箱まで600円
  【例:5箱の場合、2,910円×5箱+600円=15,150円】

 ・沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いた
  だきます。

2.お申し込みとお支払い方法 【前金制】

 ・「お申し込み書」に必要事項をご記入いただき、FAXでお申し込みください。

   FAX送信先:03-3868-2101 (日本李登輝友の会)

 ・前金制です。お申し込みと同時に、下記の郵便貯金口座または銀行口座までご入金ください。

 ・お申し込み者名とお振込み者名が異なる場合は、お申し込み書の所定欄にお振込み者名もお書
  き添えください。

 ・振込手数料はご負担願います。

 ・お支払先 【代金前払い制】

  1)郵便貯金:記号番号  10180  95214171  
    日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)

  2)銀行口座:みずほ銀行本郷支店  普通預金  2750564 
    日本李登輝友の会  事務局長  柚原正敬 (ユハラ マサタカ)

3.お申し込みと配達

 ・パイナップルケーキ(鳳梨酥)のお申し込みは「随時」受け付けています。ご入金の確認後、
  1週間をメドに「常温便」にてお届けいたします。

 ・ご希望のお届け日時がある場合は、お申し込み書にお書き添えください(時間指定は「午前中
  〜21時」までのヤマト便の対応範囲内でお願いします。ご不明の場合は本会までご連絡くださ
  い)。

 ・お届け先様が長期ご不在などの場合は、お申込者へ転送いたしますのでご了承願います。

 ・熨斗(のし)は「御中元」と「御歳暮」を用意していますが、「御祝」などをご希望の場合は
  その他のカッコ内に表書きをご記入ください。

4.輸入・協力  池栄青果(株)  台湾物産館
                〒170-0013 東京都豊島区東池袋3丁目15番7号

◆日本李登輝友の会
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp
 ホームページ:http://www.ritouki.jp/
 Facebook:http://goo.gl/qQUX1

*月〜金、10:00〜18:00 土・日・祝日は休み

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 最高級珍味「台湾産天然カラスミ」をご賞味あれ!

 カラスミ(といえば台湾です。台湾のお土産物屋さんや空港の免税店にも必ずあります。カラス
ミは言わずと知れたボラのタマゴで、その食感は形容しがたく美味。

 ご案内のカラスミは、台湾南部・屏東の外海で捕獲した天然もので、160g〜170gほどありま
す。日本ではけっして味わえない、この台湾直送の最高級珍味をぜひご賞味ください。1年中いつ
でも受け付けております。

 平成27年(2015年)5月吉日

                                    日本李登輝友の会

◆これまでライチやマンゴーなどをお申し込みの方にご案内チラシをお送りしています。裏面の
 「お申し込み書」に必要事項を記入いただき、FAXでお申し込みください。

◆本会ホームページでも案内し、ホームページからお申し込みもできますし、お申し込み書もダウ
 ンロードできます。

 日本李登輝友の会ホームページ:http://www.ritouki.jp/

◆ご自宅用などは下記のお手軽で簡単な「お申し込みフォーム」からどうぞ。また、5名様までお
 送りできます。

 台湾産天然カラスミお申し込みフォーム
 https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

-----------------------------------------------------------------------------------------

1.価 格
  4,160円 + 送料700円 (ともに税込み)

 ・同一先へお届けの場合、10枚まで700円
  【例:5枚の場合、4,160円×5枚+700円=21,500円】

 ・沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いた
  だきます。

2.お申し込みとお支払い方法 【前金制】

 ・「お申し込み書」に必要事項をご記入いただき、FAXでお申し込みください。

   FAX送信先:03-3868-2101 (日本李登輝友の会)

 ・前金制です。お申し込みと同時に、下記の郵便貯金口座または銀行口座までご入金ください。

 ・お申し込み者名とお振込み者名が異なる場合は、お申し込み書の所定欄にお振込み者名もお書
  き添えください。

 ・振込手数料はご負担願います。

 ・お支払先 【代金前払い制】

  1)郵便貯金:記号番号  10180  95214171
    日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)

  2)銀行口座:みずほ銀行本郷支店  普通預金  2750564
    日本李登輝友の会  事務局長  柚原正敬 (ユハラ マサタカ)

3.お申し込みと配送

 ・台湾産天然カラスミのお申し込みは「随時」受け付けています。ご入金の確認後、1週間をメ
  ドに「冷蔵便」にてお届けいたします。

 ・ご希望のお届け日時がある場合は、お申し込み書にお書き添えください(時間指定は「午前中
  〜21時」までのヤマト便の対応範囲内でお願いします。ご不明の場合は本会までご連絡くださ
  い)。

 ・お届け先様が長期ご不在などの場合は、お申込者へ転送いたしますのでご了承願います。

 ・熨斗(のし)は「御中元」と「御歳暮」を用意していますが、「御祝」などをご希望の場合は
  その他のカッコ内に表書きをご記入ください。

4.輸入・協力 ・・・ 池栄青果(株)  台湾物産館
                   〒170-0013 東京都豊島区東池袋3丁目15番7号

◆日本李登輝友の会
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp
 ホームページ:http://www.ritouki.jp/
 Facebook:http://goo.gl/qQUX1

*月〜金、10:00〜18:00 土・日・祝日は休み

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 大陸委員会副主任だった馬英九氏自身が「92年コンセンサス」を否定していた!

 昨日の本誌で、李登輝元総統が「92年コンセンサス」(九二共識)について、当時の全貌を掌握
する総統だった立場から改めて「92年コンセンサス」合意を否定し、蘇起・大陸委員会主任委員
(当時)が作ったことを明らかにし、「台湾は台湾、中国は中国、中国とは関係がない」と持論を
述べられたことを紹介した。

 この件に関して、政治や経済、IT、金融などの中国関連情報を配信している「サーチナ」の昨
日号で、如月隼人記者が詳細かつ的確に解説している。

 記事によれば、李元総統がその合意を否定した「92年コンセンサス」について、当時、行政院大
陸委員会の副主任を務めていた馬英九氏自身が「共通認識も成立しなかった」と合意を否定してい
たというのだ。

 如月記者は「92年に在職中だった李登元輝総統、さらに陳水篇前総統、92年に大陸委員会主任に
在職中だった黄昆輝氏、同じく在職中だった海峡交流基金会の辜振甫董事長(理事長)のいずれも
『九二共識』の存在を否定した」とも書く。これに、大陸委員会副主任だった馬英九氏も加わる。

 黒を白と言い張る馬英九氏のなんとも呆れた話で、これを歴史の捏造と言う。いかにも中国人ら
しい変節ぶりだ。このような見え透いたウソに、台湾の人々は騙されてはいけない。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾・李登輝元総統が馬総統の「大陸政策」に激怒・・・「お笑いだ」、「でっちあげ」、「台湾は台湾」
【サーチナ:2015年5月3日】
http://news.biglobe.ne.jp/international/0503/scn_150503_4041519644.html

 台湾の李登輝元総統は2日、民間団体が主催した台湾の憲法改正を求める会議に出席し、国民党
の朱立倫主席が中国大陸を訪れて中国共産党トップの習近平総書記と会談することに関連して、馬
英九総統が対大陸政策の基本にしてきた「ひとつの中国」を認める「九二共識(九二コンセンサ
ス)」に改めて激怒。「九二共識」はそもそも「でっちあげ」と主張し、馬英九総統のやりかたを
「見ただけで笑ってしまう」と非難した。

 李元総統は、台湾の新憲法制定を求める「台湾憲改藍図会議」に出席。国民党の朱主席が4日に
共産党の習近平総書記と会談することに関連して、「(朱主席は)おそらく国民党代表として
(2016年の)総統選挙に出馬するのだろう。ならば、台湾人民のために頭脳を使って発言してほし
い。馬英九総統は10年間も『九二共識』を言い続けている。指導者の態度とは言えず、見ただけで
笑ってしまう」と述べた。

 李元総統はさらに、「九二共識」は「でっちあげ」と激怒。「九二共識」を認めれば台湾はなく
なってしまうと危機感を表明し、「台湾は台湾。中国は中国。双方は別の存在。彼らは彼ら。われ
われはわれわれ」と、中台は別の存在と改めて強調した。

 中国が「ひとつの中国」を政治上の原則にしていることについては、「中国の古い概念。(正統
政権を重視する)法統概念だ。中国人はそういう言い方をするものだ。だが、台湾には通用しな
い。台湾は民主的で自由な社会であり、ひとつの中国には含まれない」と述べた。

**********

◆解説◆

 「九二共識」は、中台双方の交渉窓口機関である中国大陸側の海峡両岸関係協会と台湾側の海峡
交流基金会が1992年10月下旬に香港で開催した交渉において、1992年に口頭で合意したと中国大陸
側や台湾の馬英九総統が主張する「共通認識」で、主な内容は◆ひとつの中国との原則を堅持、◆
中台双方がそれぞれ、中国の代表権についての解釈を留保する――だ。

 しかし1992年の会議終了後に同「九二共識」が発表されることはなかった。逆に海峡交流基金会
側は、11月16日になり、「『ひとつの中国』について多くの提案をしたが、相手側はいずれにも同
意しなかった」、「交渉終了後、双方は電話でさらに意見交換をした」などと発表した。

 「九二共識」の言い方が登場したのは、2000年に台湾独立を綱領に掲げる民進党の陳水扁主席が
総統選で当選した直後だった。行政院(台湾政府)大陸委員会の蘇起主任(国民党所属)が、「九
二共識」が存在すると述べた。

 92年に在職中だった李登元輝総統、さらに陳水篇前総統、92年に大陸委員会主任に在職中だった
黄昆輝氏、同じく在職中だった海峡交流基金会の辜振甫董事長(理事長)のいずれも「九二共識」
の存在を否定した。

 その後、2005年に国民党の連戦主席(当時)と中国共産党の胡錦濤総書記の会談で、「九二共
識」が両党の合意文書に明記された。さらに、2008年に就任した馬英九総統は、「九二共識」を基
礎に中台関係を促進すると表明した。

 1992年の中台の交渉で、「ひとつの中国」を巡って最大の争点になったのは「双方がひとつの中
国を認めつつ、中国の代表権についてはそれが自らの主張を留保する(一中各表)」を認めるかど
うかだったとされる。「一中各表」は「中国大陸側が、台湾側に『中国を代表する政権は中華民国
政権』との主張が存在することを認めること」を意味する。

 馬英九政権は、「『九二共識』とはすなわち『一中各表』を意味する」との見解を示している。
しかし大陸側は「一中各表」を盛り込まない形での「九二共識」に双方が合意したとの解釈を示し
ている。

 なお、馬英九総統は1992年に行政院大陸委員会の副主任を務めていた。後になって「九二共識」
が存在すると主張しはじめたが、92年の中国大陸側との交渉終了直後は、「ひとつの中国につい
て、きちんと話し合えず、共通認識も成立しなかった。中国共産党側はわが方の政治的働きかけに
対して誠意を見せなかった」と発言した。

 同発言は台湾紙の中央日報が11月6日付で報じた。馬総統は1992年当時、台湾側で交渉を担当し
た海峡交流基金会が、「ひとつの中国について合意にはいたらなかった」と発表する前に、自らが
大陸側との「共通認識」を否定したことになる。

 2016年の総統選に出馬する民進党の蔡英文主席は、「九二共識」を認めないとの同党見解を改め
て表明し、民進党が政権を奪取した後には新たに「台湾コンセンサス」(台湾共識)を法制化する
との考えを示した。(編集担当:如月隼人)

*写真はサーチナ編集部が2014年9月21日に撮影

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 りました。お急ぎの場合はお申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合、送料が変わ
 ることもあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・パイナップルケーキ(鳳梨酥) 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・台湾産天然カラスミ  4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・王明理著『詩集・故郷のひまわり』*new
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2015/05/04

    嘘を繰り返して事実のように仕立てるのが中国人であり、中華思想と言っていいだろう。韓国も朝日新聞も、その意味では中華思想に染まっている。馬英九もやはり中国人であることを九二共識問題があぶり出した。