国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2360号】 就等死[口巴]―蔡英文独走気配の総統選だが…  迫田 勝敏(ジャーナリスト)

2015/03/28

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成27(2015)年 3月28日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.2360]
1>> 就等死[口巴]―蔡英文独走気配の総統選だが…  迫田 勝敏(ジャーナリスト)
2>> 尖閣問題で片山さつき氏ら中国メディアを論破  安積 明子(ジャーナリスト)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 第23回「日本李登輝学校台湾研修団」お申し込み 【申込締切:4月24日】*new
  http://goo.gl/KKnEAO 

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 ります。お急ぎの場合、お申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合は送料が変わる
 こともあることをご承知おき願います。

● 李登輝元総統新著『新・台湾の主張』お申し込み
  http://goo.gl/XHYvdt
 *送料:4月1日から1冊=82円が113円(2冊以上=実費)となります。

● 漫画版『KANO 1931海の向こうの甲子園』お申し込み
  http://goo.gl/XHYvdt
 *送料:4月1日から1冊=300円が165円(2冊以上=実費)となります。

● 手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』お申し込み
  http://goo.gl/XHYvdt
 *送料:4月1日から1冊=164円が165円(2冊以上=実費)となります。

● 友愛グループ『友愛』(第1号〜第14号) お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
 *送料:4月1日から1冊=164円〜350円が165円(2冊以上=実費)となります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 就等死[口巴]―蔡英文独走気配の総統選だが…  迫田 勝敏(ジャーナリスト)

 来年の総統選挙は1月16日、立法委員(国会議員)と同日選挙と決まった。民進党は主席の蔡英
文を総統候補に確定。一方の国民党は、昨年の統一地方選挙の大敗で自信喪失したのか、主席の朱
立倫を含め、いまだに誰も名乗りをあげない。党内からは「国民党は死を待っているのか(就等死
[口巴])!」との声も。このままでは蔡英文独走かと思えるが、舞台裏はそう単純ではない。

◆同日選挙、民進党の票減る

 総統の任期は4年で、来年5月20日に新総統が就任する。現職の馬英九は2期目。規定で3選はでき
ない。総統選は通常は3月だが、早くやるのは一向に構わない。そこで馬政権は、前回2012年は1月
14日に立法委員と初の同日選挙を敢行。総統と立法委員の相乗効果で同日選挙は与党に有利ともい
う。

 加えて1月14日という日も国民党に有利という見方も。この時期は大学の期末試験。遠方出身で
下宿や寮生活の学生が投票するには戸籍のある実家に戻らなければならない。試験か、投票かの選
択。学生は試験に合格しなければ、進級も卒業もできないから、投票を諦めざるを得ない。若者は
民進党贔屓が多いから、民進党の票が減ることになる。

 そんな目論見が当たったせいか前回は、蔡英文が子豚の貯金箱で優勢と思われていたのが、年明
け、相次ぐ大企業トップの馬英九支持表明もあって、馬英九が約80万票もの差をつけて逆転勝利し
た。2匹目の泥鰌を、というわけか、国民党政府は今回も学生にとっては期末試験と重なる同日選
挙を設定。野党側は期末試験の日程変更を教育部に求めている。

◆陳水扁の献金問題の裏は?

 民進党の蔡英文はそんな国民党の策略を見て「早くから準備したほうがいい」と春節(旧正月)
前に党内予備選を決めた。これには前主席の蘇貞昌が「俺は聞いてない!」と不満表明。自ら主席
選挙にも立候補したことがある独立派の長老、辜寛敏は人気ナンバー1の台南市長・頼清徳を強力
に推薦したが、結局、頼清徳も蘇貞昌も立候補見送り。蔡英文だけが立候補表明し、4月に正式に
公認候補として決める。

 これで党内一丸─とならないのが民進党。民進党の女性市議会議員が陳水扁の企業献金問題を暴
露し、大騒ぎになった。蔡英文は女性議員を弾劾するとしたが、消息筋は、実はやらせと見る。女
性議員は蔡英文に近い。陳水扁の息子、陳致中は立法委員選挙に立候補の動き。陳水扁支持勢力の
巻き返しになる。

 民進党内に陳勢力が広がるのはクリーン蔡英文・民進党にとってはイメージダウン。蔡英文にす
れば、陳水扁には大人しく自宅療養していてほしい。そこで献金問題暴露で圧力? 筋書き通り
か、陳致中は立候補を辞退した。

 党内団結がなかなかできないのは民進党の宿痾だ。陳水扁時代の四天王のうち謝長廷は息子が昨
年、台北市議会議員に当選。それに刺激されたか、蘇貞昌は娘を新北市から立法委員選に出す。そ
れを見て游錫●も息子の出馬を検討、呂秀蓮も陳水扁問題で蔡英文批判と、4人ともそれなりの存
在感を示す。蔡英文は自分の選挙だけでない。立法委員選挙も含め党内をどうまとめるか力量を問
われている。

●=[方方の下に土]

◆朱習会談後に立候補表明?

 そんなざわざわ民進党と対照的に国民党は静まりかっている。前副主席で立法院副院長の洪秀柱
は「だれも名乗りを挙げたくないなら、国民は死を待つだけじゃないか!」と訴える。神輿を担ぐ
人はいるが、神輿とされる朱立倫も立法院長・王金平も副総統・呉敦義も「……」。洪秀柱は「4
月末までに決めないと…」と言う。

 しかし実は静かなのは表面だけ。大方は朱立倫を最有力候補とみている。朱立倫周辺では署名運
動の動きがあり、とくに元台湾省議会議長の岳父、高育仁が激しくあちこち回っている。朱立倫自
身、相変わらず「新北市長の仕事を精一杯やるだけ」というだけだが、台湾の外ではシンガポール
のリー・シェンロン首相、香港の梁振英行政長官と相次いで会談。華人圏でお披露目か。いわば国
際的お墨付きをもらいに回っているのだろうか。

 その総仕上げが、中国共産党総書記、習近平との会談。中国側も前向きのシグナルを送る。一部
では5月開催の可能性も囁かれる。朱習会談実現なら、台湾海峡の平和を象徴することになり、多
くの台湾人も、米国も歓迎だろう。そのうえで総統選に名乗りを上げれば、朱立倫の支持率は大幅
アップ確実。国民党は1月に照準を当てて動いている。蔡英文は痩せ馬の先走りにならない手綱捌
きが必要だ。(敬称略)

                   【「透視台湾」(EconoTaiwan 速報掲載)3月号より】

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 尖閣問題で片山さつき氏ら中国メディアを論破  安積 明子(ジャーナリスト)

 3月24日、尖閣諸島を日本領土として表記した中国政府発行の地図をめぐり、自民党の原田義
昭・衆院議員と片山さつき・参院議員が日本外国特派員協会で記者会見し「尖閣諸島は日本の固有
の領土という証拠だ」と指摘した。

 その模様を、ジャーナリストの安積明子(あづみ・あきこ)氏が克明にレポートしているので下
記にご紹介したい。安積氏は慶應義塾大学経済学部卒業後、国会議員秘書として勤務するも執筆業
に転身、政治や経済関係の記事を月刊誌等で発表している。

                 ◇   ◇   ◇

尖閣問題で片山さつき氏ら中国メディアを論破 事実と異なる意見にも冷静に対処
安積 明子(ジャーナリスト)
【ZAKZAK(夕刊フジ):2015年3月27日】

 沖縄県・尖閣諸島が日本固有の領土である証拠の1つ、中国政府発行の地図が、東京・有楽町の
日本外国特派員協会で披露された。中国系メディアなどの外国人記者からは反発・批判する意見も
聞かれたが、自民党の原田義昭衆院議員と片山さつき参院議員は、完全に打ち負かした。

 「(この地図は)尖閣諸島が日本領土という証拠だ」「中国は、尖閣への物理的な威嚇を直ちに
やめるべきだ」

 原田、片山両氏は24日、日本外国特派員協会での記者会見で、こう語った。原田氏の背後には、
自身が入手し、2月末の衆院予算委員会で紹介した、中国政府発行の地図があった。

 注目の地図は、日本の国土地理院にあたる中国の政府機関「中華人民共和国国家測絵総局(現・
国家測絵地理信息局)」が1969年に刊行したもの。前文に「毛沢東語録」が添えられて権威付けさ
れているうえ、日本側の「尖閣群島」「魚釣島」などの呼称が使われており、中国政府が「尖閣諸
島=日本領」と認識していた物証といえる。

 69年といえば、国連の海洋調査で、尖閣周辺に石油埋蔵の可能性が報告された時期と重なる。中
国や台湾が尖閣の領有権を主張し始めたのは、2年後の71年以降だ。

 ところが、外国人記者からは「米国は沖縄の施政権を日本に返したが、当時は友好関係にあった
台湾の依頼に応じて主権の返還は拒否した」などと、勝手な意見や質問が飛び出した。

 これについて、片山氏は「施政権は72年に日本に戻されたが、主権については52年に発効したサ
ンフランシスコ平和条約で日本に返還されている。また、沖縄返還前のUSCAR(琉球列島米国
国民政府)の文書に、領海に入った台湾漁船を『違法な外国漁船』として排除した記載がある。台
湾は外国として認識されていた」と反論した。

 別の記者からは「44年に東京地裁が沖縄と台湾の漁業組合の紛争をめぐって尖閣が台湾に属する
との判決を出している。尖閣諸島は台湾にあると考えるべきではないか」という質問もあった。

 これに対し、原田氏は「地方裁判所の判決には国境を画定する権限はない」と一蹴。片山氏も
「44年当時は台湾が日本領土だった。単なる国内の漁業管轄を判断したものだろう」と答えた。

 会見後、中国の記者が「この地図は証拠にならない」と、原田氏らに詰め寄る場面も見られた
が、尖閣諸島が日本領であることは、さまざまな証拠に加え、歴史的にも国際法上も間違いない。

 事実をねじ曲げようとすれば、自らの矛盾が露呈するという道理を、彼らも理解すべきだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 ります。お急ぎの場合、お申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合は送料が変わる
 こともあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム *new
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

●パイナップルケーキの入荷再開まで案内を中止します!
台湾で起きている食品安全問題で、台湾からの輸入食品全般に対する日本の税関の検査が厳しく
なった関係で入荷がストップしています。入荷再開まで案内を中止します。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

★沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・台湾点心セット 2,650円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

・台湾産天然カラスミ 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張』
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。