国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2347号】 本日14時30分、両陛下ご臨席の下に「東日本大震災四周年追悼式」

2015/03/11

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成27(2015)年 3月11日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2347]
1>> 本日14時30分、両陛下ご臨席の下に「東日本大震災四周年追悼式」
2>> 日本人留学生たちが今年で4回目となる台湾へ感謝の心を伝えるイベントを開催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 友愛グループ『友愛』(第1号〜第14号) お申し込みフォーム *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

● 手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』お申し込み *new
  http://goo.gl/XHYvdt

● 李登輝元総統新著『新・台湾の主張』お申し込み
  http://goo.gl/XHYvdt

● 漫画版『KANO 1931海の向こうの甲子園』お申し込み
  http://goo.gl/XHYvdt

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 本日14時30分、両陛下ご臨席の下に「東日本大震災四周年追悼式」

 本日、マグニチュード9.0という日本の地震観測史上最大の地震に見舞われ、1万8,483人(2015
年1月9日現在)もの犠牲者を出した2011年3月11日の東日本大震災から4年目を迎えた。今なお2,5
84人が行方不明だと伝えられる。

 政府は、本日午後2時30分から東京・千代田区内の国立劇場において、天皇・皇后両陛下ご臨席
の下に「東日本大震災四周年追悼式」を執り行う。内閣府が発表した「東日本大震災四周年追悼式
次第 」は以下のとおり。

 民主党政権下で行われた一周年追悼式で台湾代表は指名献花の対象からはずされたが、自民党政
権下の二周年目からは「礼は尽くさなければならない」と加えられ、台湾側も「外交団や国際機関
と同じ来賓席を台湾に用意してくれたことに感謝している」と表明している。

                ◇   ◇   ◇

・開式(午後2時40分) 
・国歌斉唱 
・黙とう(午後2時46分から1分間) 
・内閣総理大臣式辞 
・天皇陛下のおことば 
・追悼の辞 ・衆議院議長 ・参議院議長 ・最高裁判所長官 ・遺族代表(3名)
・献花
・閉式(午後4時15分頃)

※ 追悼式閉式後、一般の方々の献花をお受けします。一般の 方々の献花の時間は、午後4時30分
  頃から約1時間30分を予定しています。午後4時頃まではお待ちいただける場 所がありませんの
  で御了承願います。御香典、御供物は御遠 慮ください。献花用の花は会場に御用意します

 また、追悼式実行委員長をつとめる安倍晋三・内閣総理大臣は2月24日に「国民の皆様へ(東日
本大震災四周年に当たって)」を発表し、昨日は記者会見を開いて改めて下記のように述べてい
る。

                ◇   ◇   ◇

 あの東日本大震災から、明日で4年となります。改めて、大震災によってお亡くなりになられた
方々に心より哀悼の意を表したいと思います。

 愛する家族を失い、そして友を失い、被災した皆さんの今も癒えることのない悲しみと厳しい生
活環境の下での御苦労に、今後もしっかりと寄り添いながら復興に全力を挙げていく。その決意を
新たにしております。

 4年前、発災直後に被災地へと足を運んだ際、その被害の大きさに愕然といたしました。あの時
の光景は今もこの目に焼きついて離れません。

 そんな時、宮城県の避難所で1人の女の子に出会いました。震災で曾お祖母さんとお母さんを
失った小野望美ちゃんは当時、小学校3年生でありました。私は望美ちゃんに「夢」と書いた色紙
を贈りました。2年前、総理大臣となって再会を果たした時、望美ちゃんは小学校を早く建ててほ
しいという夢を私に語ってくれました。そして、昨年夏、その夢は叶いました。10月、新しく完成
した長瀞(ながとろ)小学校の校舎を、6年生になった望美ちゃんは誇らしげに私に紹介してくれ
ました。

 住まいの再建は、この春までに1万戸の公営住宅が完成し、随時、避難していた皆さんの入居が
始まっています。これからの1年で更に1万戸の完成を目指します。高台移転も加速し、来年3月ま
でに全部で1万戸分の宅地を整備してまいります。

 津波で大きな被害を受けた1万8千隻に及ぶ漁船の復旧が完了し、水産加工施設はその8割で業務
を再開しています。

 今年は震災前の7割を超える農地で作付けが行われる予定です。

 被災地を南北に貫く常磐自動車道も全線で開通しました。浜通り地域のおいしいお米や海の幸を
消費地へと送り、観光客が行き交う大動脈として、復興の起爆剤となることを期待しています。

 福島では、除染した土の中間貯蔵施設への搬入が、いよいよ今週から始まります。受入れを決断
してくださった双葉町、大熊町の皆さんに改めて御礼を申し上げます。皆さんのふるさとを思う気
持ちを胸に刻みながら、福島の再生に向けて除染を一層加速し、県内8万8千か所に及ぶ仮置場の一
日も早い解消に取り組んでまいります。

 長期にわたって仮設暮らしを強いられている皆さん、厳しい状況に置かれている方々がまだまだ
たくさんいらっしゃることも事実です。そうした皆さんのお気持ちを考えると大変辛い思いです。

 東京電力福島第一原発の廃炉・汚染水対策についても、引き続き、国が前面に立ち取り組んでま
いります。

 そうした中でも、一歩ずつではありますが、復興は確実に新たなステージへと移りつつある。月
1回のペースで続けてきた被災地訪問で、私はそのように感じています。

 福島に完成したばかりの復興公営住宅で一人の御婦人が私にこのように語ってくださいました。
「将来への不安はある。しかし、前向きに、明るく生きていきたい。」大きな不安を抱えながら
も、懸命に今を生きる、こうした被災者の皆さんの気持ちにしっかりと寄り添っていく。そして、
必要な支援は全てやっていく。この安倍内閣の決意は、これからも揺らぐことはありません。

 地域の新たなきずなづくりを支援します。長期にわたって厳しい避難生活を送っている皆さんへ
の見守り体制を強化するなど、心の復興に一層、力を入れてまいります。そして、生業(なりわ
い)の復興も今後、更に加速してまいります。

 今般訪れた岩手の大船渡では、再建された魚市場が震災前を上回る水揚げに沸いていました。朝
5時からの仕事は大変だと思いますが、「やりがいを持ってやれる仕事です。」と、一人の若者が
語ってくれたことが今でも強く印象に残っています。

 来年3月で、5年間にわたった集中復興期間は終了いたしますが、次の5年間の新たな復興支援の
枠組みをこの夏までに策定いたします。

 閣僚全員が復興大臣である。その思いの下、内閣の総力を結集して策定作業に当たるよう、先ほ
ど指示をいたしました。

 被災地の皆さんの自立を支援し、一人一人が希望に満ちた将来を描くことができるよう、政府と
してこれからもできる限りの支援を行っていく考えであります。

 福島では、新しい復興拠点をつくり、まちづくりを進めてまいります。さらに、ロボットや再生
可能エネルギーといった分野で、世界最先端の研究、新産業が生まれる地へと再生してまいりま
す。

 あの原発事故から5年目を迎える今、被災者の皆さんの自立への道を後押しする。そのために、
営業損害賠償の再検討と併せ、事業や生業(なりわい)の再建に向けた支援策を大幅に拡充してま
いります。

 こうした福島再生のための政策パッケージを、早ければ本年5月にも決定し、福島の自立に向け
た将来像をこの夏頃までに取りまとめてまいります。

 復興はいまだ道半ばです。しかし、私たちの歩みは確実に前へ前へと進んでいます。そして、こ
れからも前進あるのみであります。

 先週、岩手では、地元の皆さんが待ちに待ったJR山田線の復興工事が始まりました。その起点
となる釜石は、先日、2019年ラグビーワールドカップの開催地に決まりました。海外からもたくさ
んの観光客がお越しになるはずです。その時には、是非とも、日本が誇る美しい三陸海岸を北から
南まで満喫してほしいと思います。

 宮城では、この春、地域の皆さんの足である石巻線、仙石線が順次全線で運行を再開する予定で
す。

 福島の富岡駅には、2年前に私も訪れました。駅の周辺には今もなお、津波と原発事故の爪跡が
残されたまま、帰還困難区域を通るJR常磐線は4年を経た今でも再開の見通しが全く立っていま
せんでした。

 今般、地元の皆さんの強い期待に応え、JR常磐線については、浪江−富岡間も含めて、将来的
に全線で運行を再開させる。その方針を決定いたしました。今後、順次開通を目指してまいりま
す。

 「外で遊べるようになって、みんなが元気になった。」真新しい長瀞(ながとろ)小学校のグラ
ウンドで笑顔いっぱいの小野望美ちゃんがこう語ってくれました。この春、望美ちゃんは中学生に
なります。夢と希望を持って新たなスタートを切ってほしいと願います。

 福島では、この春、ふたば未来学園高校が誕生します。少し早いですが、152人の新入生たちの
新たな船出を心から祝福したいと思います。双葉地域は今、原発事故から再び立ち上がり、力強く
復興しようとしています。その姿を自らの目に焼きつけながら、先進的な教育環境の下、成長して
いく。3年間の学びの日々は、必ずこれからの人生において大きな糧となるに違いありません。

 子供たちは未来への希望であります。大いに学び、遊び、そして、友達と交わりながら、福島の
みならず、日本、更には世界をリードする人材へと成長してもらいたいと大いに期待しています。

 私からは以上であります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 日本人留学生たちが今年で4回目となる台湾へ感謝の心を伝えるイベントを開催

 去る3月8日、台湾の日本人留学生たちでつくる「謝謝台湾活動実行委員会」は、交流協会台北事
務所と台湾日本人会の後援の下、東日本大震災への台湾からの支援に感謝を示すイベントを台北郊
外の淡水で開催した。今年で4回目となる。それを伝えるNHKニュースを下記にご紹介したい。

 開催後、実行委員会代表の石黒亜実さんは「皆様のご協力のおかげで、第4回謝謝台湾イベント
も無事大成功を収めることができました。学生だけの力では難しい『継続』すること。それが皆様
の御陰でこうして第4回目も無事に幕を下ろすことができたこと、大変嬉しく思います。……これ
からも・台湾に感謝を伝え続けるため、・東北にエールを届けるため、・日台の絆をより深めてい
くため、私たちは活動を継承・継続していきます。どうかこれからも、ご理解・ご協力をよろしく
お願い致します」と感謝の言葉をつづっている。

◆『日台・心の絆』謝謝台湾
 https://www.facebook.com/arigatoutaiwan?fref=nf

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾の復興支援に感謝伝えるイベント
【NHKニュース:2015年3月8日】
動画:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150308/k10010008271000.html

 東日本大震災からまもなく4年になるのを前に、被災地に多額の義援金を送った台湾の人たちに
感謝の気持ちを伝えようというイベントが、台北近郊で行われました。

 このイベントは、被災地におよそ200億円の義援金を送ってくれたことへの感謝の気持ちを伝え
ようと、台湾に留学している日本人の大学生たちが中心となって、毎年行っています。

 台北近郊で行われた8日のイベントでは、津波で大きな被害を受けた宮城県名取市の櫻井広行
(さくらい・こういち)さんが、津波の映像を見せながら当時の状況を説明し、「家族や家を失っ
た人たちが、台湾からの義援金に勇気づけられました」と感謝を述べました。そして、参加者全員
で震災の犠牲者に黙とうをささげたあと、日本と台湾の大学生たちがステージに上って、声を合わ
せて「ありがとう、台湾」と中国語で叫びました。また、参加者たちは復興への祈りを込めて被災
地に送る千羽鶴も折りました。

 イベントを訪れた台湾の女性は、「被災地の人たちが、今も台湾に感謝してくれていることを
知って感動しました。復興に向けて、頑張ってほしい」と話していました。

 また、主催した日本人の大学生は「日本と台湾の理解が深まり、交流がより活発になればいいと
思います」と話していました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム *new
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

●パイナップルケーキの入荷再開まで案内を中止します!
台湾で起きている食品安全問題で、台湾からの輸入食品全般に対する日本の税関の検査が厳しく
なった関係で入荷がストップしています。入荷再開まで案内を中止します。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

★沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・台湾点心セット 2,650円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

・台湾産天然カラスミ 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』 *new
・李登輝著『新・台湾の主張』 *new
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。