国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2341号】 これからは「チャイニーズ・タイペイ」と言わず「台湾」と呼ぼう! ショーウォルター監督

2015/03/02

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成27(2015)年 3月 2日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.2341]
1>> これからは「チャイニーズ・タイペイ」と言わず「台湾」と呼ぼう! ショーウォルター監督
2>> 日比谷図書文化館が「内田嘉吉文庫が伝える日本統治期の台湾」を開催中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ ホームページをリニューアル中です!
  現在、本会ホームページをリニューアル中で、ご不便をおかけしています。近日中に公開の予
  定です。

● 友愛グループ『友愛』(第1号〜第14号) お申し込みフォーム *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

● 手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』お申し込み *new
  http://goo.gl/XHYvdt

● 李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』お申し込み
  http://goo.gl/XHYvdt

● 李登輝元総統新著『新・台湾の主張』お申し込み
  http://goo.gl/XHYvdt

● 漫画版『KANO 1931海の向こうの甲子園』お申し込み
  http://goo.gl/XHYvdt

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> これからは「チャイニーズ・タイペイ」と言わず「台湾」と呼ぼう!  ショーウォルター監督

 最近、アメリカのメジャーリーグ(MLB)「ボルチモア・オリオールズ」の監督をつとめる
バック・ショーウォルター氏の言った「台湾は台湾で中国ではない。これからはチャイニーズタイ
ペイと言わずに台湾と呼ぼう!」という発言が、再び注目を集めているという。

 王明理・台湾独立建国聯盟日本本部委員長がメルマガ「台湾の声」で、この発言を紹介している
のでご紹介したい。

 日本李登輝友の会も昨年の総会において、台湾のオリンピック参加名称について「東京オリン
ピックに台湾が参加する場合、これまでの『中華台北(チャイニーズ・タイペイ)』ではなく『台
湾』の名称で参加できるよう関係機関に働きかける」ことを可決している。バック・ショーウォル
ター監督の発言に、全面的に賛同だ。

 ちなみに、ショーウォルター監督は昨年、オリオールズを17年ぶりの地区優勝に導き、3度目の
最優秀監督賞を受賞しているという。

-----------------------------------------------------------------------------------------
「私は、台湾は台湾、中国は中国、両者は2つ異なる国であることを良く理解している!」

                       台湾独立建国聯盟日本本部 委員長 王 明理

 このタイトルは私が言ったのではなく、アメリカ人、大リーグの監督が言ったのである。

 一昨年3月のオリオールズのバック・ショーウォルター監督の注目すべき発言が、最近、再び在
米台湾人の間で話題になっている。

 彼は言った。「台湾は台湾で中国ではない。これからはチャイニーズタイペイと言わずに台湾と
呼ぼう!」と。

 それに引き比べ、日本のマスコミの見識の無さには愕然とする。

 連日、春節の中国人観光客の爆買いを取り上げているが、台湾人を中国人観光客として取り扱っ
ている。台湾人と中国人の区別がつかないのか、わざとやっているのか?

 日本人が世界中の誰よりも一番よく分かっているはずのことなのに!

 戦争中、日本兵として一緒に命を賭して戦ったのが台湾人、敵だったのが中国人ですよ!

 苦楽を共にした台湾人のことを、全て忘れ去ろうというつもりでしょうか?

 例えば、話題の映画「KANO」が伝えるように、日本がもたらした野球文化は今も台湾に深く
根付いている。スポーツはフェアプレーの世界。運動競技以上の貴い価値観を青少年はもちろんの
こと、社会に育んできたはず。日本が残してきた数えきれない文化遺産が、台湾には温存されてい
る。それをよく知って文化を共有し育てていくことが、日本をも豊かにするはずだと思う。

 そんな貴重な台湾という存在をないがしろにして、金と権力こそが全てと考える中国人と同列に
扱い、札束を数える様子を追いかける日本のマスコミには本当にがっかりします。

 お口直しに、ショーウォルター監督の発言をお読みください。気分すっきりします。

                 ◇   ◇   ◇

「中華台北」ではなく「台湾」と呼べ!:メジャーリーグ・オリオールズ監督
【TAIPEI TIMES:2013年3月13日】  英文和訳:趙天徳

 ボルチモア・オリオールズの監督バック・ショーウォルター氏は、台湾の国を代表する野球球団
の呼称「中華台北」を一蹴し、「台湾」という球団名を国際トーナメントで使用する支持を表明し
た。

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ゲームを観戦して、ショーウォルター氏はチーム
名を「台湾」と呼ぶよう台湾のメディアに訴えかけた。

 “Don’t use ‘Chinese Taipei’ anymore,” he said.

 これ以上「中華台北」と呼ぶな! とショーウォルター氏。

 ショーウォルター氏は、昨年メジャーリーグで台湾のピッチャー・チェン・ウェイ・イン(陳偉
殷)のルーキー・シーズンに12-11と勝越し勝利の記録を導いた後に、台湾と深い繋がりを持つよ
うになった。

 昨年、優秀な成績を収めたチェン・ウェイ・インはオリオールズのレギュラーメンバーの先発投
手として、米国大リーグのサウスポーピッチャーで同国最大のスター、ワング・チェン・ミン(王
建民)にとって代わって、地元ファンの追従の焦点となった。

 昨年、多くの台湾スポーツジャーナリストやテレビ局がボルチモアでチェンの取材を通じて
ショーウォルター氏を知るようになった。

 WBCゲームを観戦している間、ショーウォルターは他のナショナル・チームだけでなく台湾
チームに心を打たれた。

 月曜日にサラソタ(フロリダ)のオリオールズ春季トレーニング球場のチーム練習のセッション
で、ショーウォルター氏はティム・リン(林為鼎)(チェン・ウェイ・インの通訳担当)に対し
「あなたは『台湾人』ですか、あるいは『中華台北人』ですか?」と尋ねた。

 “Of course, I’m Taiwanese,” Lin replied without hesitation.

 「当たり前『台湾人』だよ!」と林氏、間髪を入れずに即答した。

 ショーウォルーター氏はさらに「素晴らしい! 私が思った通りの返答だ! 『台湾人は台湾
人』。これからは君の野球チーム・ジャージーは『台湾の文字』を表に出さないといけないね。こ
れ以上『中華台北』を使うな! 君たちはWBCで優秀な成績を収め第2ラウンドにコマを進め
た」

 かつてニューヨーク・ヤンキース、アリゾナ・ダイアモンドバックス、そしてテキサス・レン
ジャースの監督を歴任したショーウォルター氏は国籍混乱の問題を最も嫌う。

 昨シーズン、数人のジャーナリストはチェン・ウェイ・イン(陳偉殷)を中国の国民であると誤
解したのに対し、ショーウォルター氏はすぐさまその誤りを指摘しその場で正した。

 “I know this very clearly. China is China and Taiwan is Taiwan. They are different 
 countries,” he said.

 「私は、台湾は台湾、中国は中国、両者は2つ異なる国であることを良く理解している!」

                        【メルマガ「台湾の声」:2015年2月26日】

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 日比谷図書文化館が「内田嘉吉文庫が伝える日本統治期の台湾」を開催中

 日本統治時代の台湾では、樺山資紀(かばやま・すけのり)から安藤利吉(あんどう・りきち)
まで19人が台湾総督をつとめた。内田嘉吉(うちだ・かきち)は、文官総督となった田健治郎(で
ん・けんじろう)の次の総督で第9代目。

 台湾との関係は、第5代の佐久間佐馬太(さくま・さまた)総督の民政長官をつとめたのを皮切
りに、次の安東貞美(あんどう・さだよし)総督の下でも民政長官をつとめた後、大正12年(1923
年)9月から翌年9月までの1年間、台湾総督をつとめている。

 この間に限らず、内田は台湾に強い関心を抱いて数多くの台湾関連資料を収集、その蔵書は約
16,000冊に及び、現在、日比谷図書文化館の内田嘉吉文庫が収蔵している。内田嘉吉文庫の収蔵品
は自由に手にとって閲覧できるという。

 日比谷図書文化館の特別研究室では「内田嘉吉文庫が伝える日本統治期の台湾」として、本年1
月13日から3月15日まで展示している。内田総督の目に映った明治末から大正後期の台湾。ぜひ足
を運んで見てみたい。

                  ◇   ◇   ◇

●特別研究室企画展示「内田嘉吉文庫が伝える日本統治期の台湾」

 台湾総督府民政長官、台湾総督を歴任した内田嘉吉は逓信官僚時代から晩年まで台湾に強い関心
を寄せ、数多くの台湾関連資料を収集しました。台湾総督を務めた人物が実際に所蔵していた台湾
関連資料にはどのようなものがあるのか、総督府内部資料や写真集、インフラ整備、人類学、植物
学、地誌、産業等さまざまな分野から紹介し、日本と台湾の歴史を振り返ります。

◆企画展示チラシ
 http://hibiyal.jp/kdata/9d0d53d8c9b2010fb772d8631f2c6ed8.pdf

◆期 間:2015年1月13日(火)10:00 〜2015年3月15日(日)16:00

◆会 場:千代田区立日比谷図書文化館 4階 特別研究室
      〒100-0012 千代田区日比谷公園1番4号
      http://hibiyal.jp/hibiya/index.html
      *休館日:毎月第3月曜日、12月29日〜1月3日

◆参加費:無料

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。*現在、リニューアル中です。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム *new
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

●パイナップルケーキの入荷再開まで案内を中止します!
台湾で起きている食品安全問題で、台湾からの輸入食品全般に対する日本の税関の検査が厳しく
なった関係で入荷がストップしています。入荷再開まで案内を中止します。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

★沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・台湾点心セット 2,650円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

・台湾産天然カラスミ 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』 *new
・李登輝著『新・台湾の主張』 *new
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr


●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。