国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2337号】 3月8日、呉叡人氏を招き台湾独立建国聯盟日本本部が「台湾2・28時局講演会」

2015/02/25

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成27(2015)年 2月25日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.2337]
1>> 3月8日、呉叡人氏を招き台湾独立建国聯盟日本本部が「台湾2・28時局講演会」
2>> 愛媛県が市町と連携して台湾との自転車交流拡大の強化策
3>>「吉田証言」誤報で朝日新聞に訴訟ショック 提訴続々、原告2万人超えと異例の規模に
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 李登輝元総統新著『新・台湾の主張』お申し込み
  http://goo.gl/XHYvdt

● 漫画版『KANO 1931海の向こうの甲子園』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 3月8日、呉叡人氏を招き台湾独立建国聯盟日本本部が「台湾2・28時局講演会」

 中国国民党による大虐殺によって、台湾人を恐怖のどん底に陥れた1947年の2・28事件から68年
が経ちました。台湾は今も「台湾併呑」を狙う中国の野望にさらされ、中国の妨害により国際社会
から孤立しています。中国は経済面からの平和的統一を目論んでいますが、あろうことか、台湾の
馬政権は中国に手を貸す政策を推し進めてきました。2014年春の「ひまわり学生運動」は、政府の
傾中姿勢に危機感を覚えた若者たちの抗議でした。若者たちは台湾独立をはっきり表明していま
す。そして、11月末の統一地方選挙で、国民は馬政権にNOをつきつけました。

 今年は、台湾から呉叡人(ご・えいじん)先生をお招きし、お話を伺います。呉先生は野百合運
動などの民主化活動をされ、行動する政治学者、哲学者とも言われています。若者たちの信望厚
く、昨年は、立法院の中で学生たちと行動を共にされました。又、香港の学生達と共に、昨年『香
港民族論』を出版されました。どうぞ、台湾の現場の声を聴きにいらして下さい。       

                                   【使用言語:日本語】

 2015年(平成27年)2月吉日

                       台湾独立建国聯盟日本本部 委員長 王 明理

                 ◇   ◇   ◇

◆日 時:2015年3月8日(日) 14:00〜16:15 (13:30開場)

◆会 場:京王プラザホテル 南館4階 花の間

      東京都新宿区西新宿2-2-1 Tel:03-3344-0111
      【交通】JR「新宿駅」西口徒歩7分/地下鉄大江戸線「都庁前駅」徒歩5分

◆講 師:呉叡人先生(台湾中央研究院副研究員)

      呉叡人先生:1961年生まれ。台湾大学卒。シカゴ大学大学院修士・博士。早稲田大学
      政経学部講師、台湾大学助教授を務め、現在、台湾中央研究院副研究員。専門は比較
      政治。比較政治思想。ナショナリズム研究の古典『Imagined Communities』(想像の
      共同体)中文版の翻訳者。

◆演 題:「意志の反乱―二・二八とひまわり学生運動における台湾の青年たち」

◆参加費:2,000円 (学生1,000円)

◆懇親会:16:30〜18:30  講演会会場の隣室  会費5,000円

◆主 催:台湾独立建国聯盟日本本部
      TEL:03-3351-2757 FAX:03-3359-8475
      E-mail:wufijapan@googlegroups.com

◆後 援:在日台湾婦女会、在日台湾同郷会、日本台湾医師連合、メルマガ「台湾の声」、日本李
     登輝友の会、台湾研究フォーラム、日台交流教育会、日本文化チャンネル桜、日本政策
     研究センター、アジア自由民主連帯協議会

◆申込み:下記のフォーム又はFAXで。【締切:3月2日】
      http://goo.gl/forms/7o8gIcrguu

-----------------------------------------------------------------------------------------

台湾2・28時局講演会 FAX用申し込み票 (03−3359−8475 宛て)

氏 名:
FAX:
連絡先:

     (  )講演会に参加します。  (  )懇親会に参加します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 愛媛県が市町と連携して台湾との自転車交流拡大の強化策

 昨年10月25日、日台初となる姉妹自転車道協定を「瀬戸内しまなみ海道」(瀬戸内しまなみ海道
振興協議会)と台湾の「日月潭サイクリングコース」(台湾サイクリスト協会:中華民国自行車騎
士協会)が締結した。

 これまで日台間では、自治体をはじめ、湖、山、博物館、温泉、鉄道、学校などさまざまな姉妹
協定が結ばれてきているが、サイクリングコース同士の姉妹提携は画期的な発想だ。

 愛媛県は今後、台湾との交流を拡大するため、県と市町が連携して多言語案内板の設置など受け
入れ態勢を強化しようと取り組む。下記にその記事を紹介したい。

 日本全国にサイクリングコースがある。瀬戸内しまなみ海道がモデルになるよう期待するととも
に、今後も台湾と日本のサイクリングコース同士の提携が出てくることにも期待したい。

-----------------------------------------------------------------------------------------
愛媛県など、台湾と自転車交流拡大
【日本経済新聞:2015年2月18日】

 愛媛県は17日、県・市町連携推進本部の会合を開き、2015年度に取り組む市町との連携事業を決
めた。瀬戸内しまなみ海道でのサイクリングを核に台湾との交流拡大を進める。多言語案内板の設
置など外国人観光客の受け入れ態勢を強化する。四国での新幹線の実現を目指し、市町と連携して
啓発事業を実施し、導入に向けた機運を高めていく。

 県と市町との間での新規の取り組みは17項目。観光振興では、西日本最高峰の石鎚山を中心とす
る山岳地域のブランド化に取り組む。モニターツアーを実施したり、県外の旅行会社に旅行商品化
を打診したりするなど、観光客の増加を目指す。

 大規模災害に備えて障害者の意思表示カードの導入を目指す。例えば、聴覚障害者に手話か筆談
で状況説明を求めるカードを持ってもらうことで、周囲が戸惑うことなく支援できるようにする。
16年度の運用開始が目標だ。

 このほか愛媛の認知度が低いため、首都圏など都市部のメディアで露出度を高める戦略を練る。
15年度は県産農水産物のほか、宇和島伊達400年祭など節目の行事の情報発信を強化する。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 「吉田証言」誤報で朝日新聞に訴訟ショック 提訴続々、原告2万人超えと異例の規模に

 2月23日、「朝日新聞を糺す国民会議」の加瀬英明(かせ・ひであき)代表呼びかけ人と水島総
(みずしま・さとる)事務局長は東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見し、「お金の問題では
なく、心の問題。日本人の名誉と誇りの問題」など、訴訟の意義を説明した。

 加瀬英明氏は本会副会長、水島総氏は理事。本会の小田村四郎会長も原告の一人で、本会関係者
の多くも原告となっている。

 この朝日訴訟に関連し、メディアに対する大規模訴訟として平成21年(2009年)に小田村会長や
水島氏らが原告となって提訴したNHK「JAPANデビュー」裁判がよく持ち出される。平成25
年(2013年)12月、一部敗訴の高裁判決を不服としたNHKは最高裁に上告、すでに1年以上経つ
がまだ判決は出ていない。

 今回の朝日訴訟と先のNHK「JAPANデビュー」裁判をからめて、J-CASTニュースが詳しく
報じているので下記にご紹介したい。

-----------------------------------------------------------------------------------------
「吉田証言」誤報で朝日新聞に訴訟ショック 提訴続々、原告2万人超えと異例の規模に
【J-CASTニュース:2015年2月19日】

 いわゆる従軍慰安婦が済州島で多数強制連行されたとする「吉田証言」に基づく誤報を朝日新聞
が30年以上取り消さなかった問題で、「日本国及び日本国民の国際的評価は著しく低下」したなど
とする訴訟が相次いで起こされている。いずれも謝罪広告の掲載と原告に対する慰謝料の支払いを
求めており、多いものでは原告数は2万人を超える見通しだ。

 過去にもメディアに対する大規模訴訟は起きており、09年には、NHKの番組をめぐって原告1万人
が損害賠償を求めて提訴し、係争中だ。今回の訴訟の請求額はNHK訴訟の2倍程度になりそうだ。た
だ、NHK訴訟では、1、2審ともに一般視聴者に対する賠償請求は退けられており、今回の朝日新聞
に対する訴訟でも、訴えが認められるかは不明だ。

◆在米日本人ら約2000人が、主要米紙への謝罪広告掲載などを求める

 上智大学の渡部昇一名誉教授を原告団長とする約8700人は2015年1月26日、原告1人あたり1万円
の慰謝料と謝罪広告の掲載を求めて提訴した。訴状によると、

「朝日新聞の本件一連の虚報により、日本国及び日本国民の国際的評価は著しく低下し、原告らを
含む日本国民の国民的人格権・名誉権は著しく毀損せしめられた」

というのがその理由だ。

 「朝日新聞を糺(ただ)す国民会議」を名乗る団体が原告の事務局を担当しており、原告に加わ
るために必要な「訴訟委任状」の数は2月14日に2万通を超えた。2月下旬にも2次提訴に踏み切る予
定で、原告数が2万人を超える異例の訴訟となりそうだ。

 2月23日午後には「国民会議」の加瀬英明・代表呼びかけ人と水島総事務局長が東京・有楽町の
日本外国特派員協会で会見予定だ。

 これとは別に、2月18日には在米日本人ら約2000人が、主要米紙への謝罪広告掲載と原告1人あた
り100万円の慰謝料を求めて提訴。この訴訟でも、朝日新聞の記事で慰安婦問題に関する誤った事
実関係が世界に広がったと主張。在米韓国系団体がカリフォルニア州グレンデール市に慰安婦像を
建立するなどして誤った認識が「定着」したとしている。

 これ以外にも、2月9日には「朝日新聞を正す会」を名乗る会メンバー約400人が、誤報の検証が
遅れたことで「読者が真実を知る権利を侵害された」として原告1人あたり1万円を求める訴訟を起
こしている。

◆NHK訴訟では視聴者に対する賠償請求は棄却

 メディアに対する大規模訴訟はこれが初めてではなく、日本による台湾統治に焦点を当てたNHK
スペシャル「シリーズJAPANデビュー」の初回「アジアの『一等国』」をめぐる09年に起きた訴訟
が有名だ。

 この訴訟では、09年6月に「放送法などに反した番組を見たことで精神的苦痛を受けた」などと
して約150人の台湾人を含む約8400人が、約8400万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴。同10月
には、番組で取り上げられた先住民族パイワン族の出演者を含む約1900人が2次提訴し、原告数は
約1万300人、請求総額は約1億1000万円に膨らんだ。

 12年12月の1審判決では原告が全面的に敗訴。13年1月には原告42人が控訴し、13年11月の高裁判
決ではパイワン族の女性に100万円の支払いを命じた。

 ただ、視聴者として原告になった人については、

「さまざまな立場の人たちへの十分な配慮もないまま、先入観に基づいて本件番組を制作し、放送
してしまって被控訴人(編注:NHK)に対して損害賠償を請求したいという思いは理解できないわ
けではないが」

と一定の理解を示しながら、法的責任については、

「個々の具体的な権利を侵害するものでない限り、いわば報道のマナー違反にとどまるべき」

として認めていない。

 NHKは高裁判決を不服として13年12月に上告し、係争中だ。今回の朝日新聞に対する訴訟も長期
化する可能性が高い。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/
ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム *new
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

●パイナップルケーキの入荷再開まで案内を中止します!
台湾で起きている食品安全問題で、台湾からの輸入食品全般に対する日本の税関の検査が厳しく
なった関係で入荷がストップしています。入荷再開まで案内を中止します。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

★沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・台湾点心セット 2,650円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

・台湾産天然カラスミ 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・李登輝著『新・台湾の主張』 *new
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』 *new
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。