国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2330号】 乱七八槽―馬政権のレームダックで司法も迷走?  迫田 勝敏(ジャーナリスト)

2015/02/16

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成27(2015)年 2月16日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.2330]
1>> 乱七八槽―馬政権のレームダックで司法も迷走?  迫田 勝敏(ジャーナリスト)
2>> 李登輝元総統著『新・台湾の主張』が順調に重版! お申し込みは本会まで!
3>> 漫画版『KANO 1931海の向こうの甲子園』も好調! お申し込みは本会まで!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

●「台湾フルーツビール・台湾ビール」のご案内を再開
  http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

● 李登輝元総統新著『新・台湾の主張』お申し込み
  http://goo.gl/XHYvdt

● 漫画版『KANO 1931海の向こうの甲子園』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 乱七八槽―馬政権のレームダックで司法も迷走?  迫田 勝敏(ジャーナリスト)

 「今の台湾は無茶苦茶。無政府状態ですよ」─年頭に台湾の友人が年賀メールに書いてきた。昨
年の統一地方選挙での国民党惨敗やら台南市議会の議長選挙買収事件など一連の騒ぎを指してい
る。少し大げさと思ったが、2月に入って相次ぐ「事件」はまさに友人の言う通り「乱七八槽」
(滅茶苦茶)だ。馬英九政権のレームダック化は予想されていたことだが、ここまでとは…。

◆司法の意地? ヒマワリ起訴

 2月11日の台湾主要紙の一面トップは2つに分かれた。中国時報と蘋果日報は太陽花(ヒマワリ)
学生運動の一連の事件のリーダー118人の起訴。自由時報と聨合報は大陸委員会(陸委会)の主任
委員(閣僚)、王郁琦の辞任表明と前副主任委員の張顕耀の不起訴。ともに司法関連の大きな
ニュースだ。

 ヒマワリでは昨年3月18日、中国と結んだサービス貿易協定に反対して学生たちが立法院(国
会)に乱入、24日間占拠した。立法院長(国会議長)王金平の調停で学生は占拠を解いた。総統・
馬英九は何度も協定の早期審議を呼びかけたが、いまだに審議も、発効もできない。中国は切歯扼
腕だろう。中国寄りといわれる中国時報は5人のリーダーに強盗や侵略者を意味する「寇」の字を
付けて報じた。

 運動は脱政党の市民を巻き込んだ新しい政治潮流を生んだともいえ、その流れが年末の地方選挙
で国民党を惨敗させた。それでも違法は違法と起訴。ここは司法の意地をみせたともいえるが、騒
ぎで多くの学生たちが怪我をしたのになぜ過剰警備の警察官を罰しないか、学生だけになく一般市
民も不満。占拠一周年の3月18日には新たな活動を計画、政権与党の国民党には逆風が強くなるの
は必死だ。

◆通敵叛国がなぜ不起訴?

 ヒマワリには罪は罪とした司法だが、陸委会の事件では誰もが「?」を付ける処分だ。副主任委
員の張は昨年8月、「通敵叛国」、つまりスパイ容疑の解任なのに不起訴、王はそれを不満として
辞任。王・張不仲説もある。それでは子供の喧嘩だ。王は閣僚。それがいくらなんでも仲が悪いか
らといって「外患罪」まで持ち出して解任するなんてことはないだろう。

 実際、王は捜査に全面協力、張は中国との交渉で台湾側のボトムラインまで教えていたとしてい
た。それが不起訴。本来なら復職が筋だろうが、それはない。張は解任の際、涙で身の潔白を訴え
たが、命の危険があることも匂わせ、真相は「遺書に書いた」としかいわなかった。

 そこから張の背後には米国との説も出た。中国と常に接触していた張から米国は中国情報を得よ
うとしていた? しかし不起訴ですべては闇に。不起訴に合わせるように日本の交流協会に相当す
る窓口機関、米国在台湾協会(AIT)の新任執行理事が訪台している。

◆司法判断揺れて保釈金高騰

 昨年来、偽食用油の問題でマスコミから滅多打ちにされている頂新製油前董事長・魏應充の身柄
拘束では司法の判断は右に左に揺れた。事件発覚直後は、責任者である魏がなぜ拘束されないの
か、世論は騒いだ。一つの推測は「魏は、総統選の時、馬英九の後援会副会長だったから、馬が魏
をかばっている」だった。その後、馬への二億元の政治献金問題も発覚した。

 世論の批判に馬が指示したのか、司法当局の独自判断なのか、事件発覚から10日ほどして魏を身
柄拘束したが、2ヵ月後の年末、台北法院は保釈金1000万元で保釈。すると「金持ちは入牢せず、
金のない者が入獄する」と批判され、以後、再三の身柄拘束、保釈を繰り返し、結局、現金の保釈
金合計は6億1000万元(約23億円)まで釣り上がった。

 これは過去最高の東森集団前総裁・王令麒の3億5000万元を大きく上回る新記録だ。しかも書面
の保証金10億元がプラスされ、合計すれば16億1000万元(約58億円)。ここまで来ると、魏にはな
んの義理もないが、魏が可哀想にみえてくる。司法は世論を見ながら保釈金を上げた?

 高雄の監獄で起きた人質事件では暴力団幹部の犯人は「仮病の陳水扁の自宅療養を認めたが、獄
内には陳よりもっと重病の受刑者がいるのに出られない」など司法の不公平を訴えて自決したが、
思わず頷いてしまう。馬政権が唱えてきた司法改革の結果がこの惨状だ。矯正署長がメディアの前
で自決した犯人の訴えを代読している姿は今の無政府状態を如実に表している。

                    【「透視台湾」(EconoTaiwan 速報掲載)2月号より】

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 李登輝元総統著『新・台湾の主張』が順調に重版! お申し込みは本会まで!

 李登輝元総統が1月16日に出版された『新・台湾の主張』が順調に版を重ね、発売以来、きわめ
て堅調な売れ行きだという。発売から4日目の20日に第1回目の重版(2刷)が決まり、2月早々に第
2回目の重版(3刷)、2月13日には第3回目の重版(4刷)が決まったそうだ。出版不況が続くさな
か、かなり早いペースの増刷と言えるだろう。

 読者の反応も上々のようで、「本書を読んで、ようやく李登輝先生の考えていることが分かった
ように思った」「李登輝元総統の戦後史は、まさに台湾の戦後史」「他の人に薦めたくなる内容」
などの感想を寄せていただいている。

 本会でも発売当初からご案内していて、すでに100冊以上のお申し込みをいただいている。

                ◇   ◇   ◇

 誕生から現在まで、李登輝元総統の軌跡をご自身の論考から時系列で組み立てた本書は、台湾で
進んでいる「国造り」を理解するうえでも、台湾の素顔を知る点からも最良の本!

                *   *   *

 台湾の民主化を成し遂げ、哲人政治家と称される著者は、台湾人は今こそ「日本精神」を顧みな
ければいけないと説く。日本統治時代の日本人が持っていたとされる「誠実」「勤勉」「奉公」
「遵法」などを胸に、台湾との統一併合をめざす中国と対峙せよと語るのだ。

 ベストセラー『台湾の主張』から16年、92歳になった著者が、改めて日本と台湾への思いを著
す。新渡戸稲造や後藤新平からの影響、農業経済学者としての活躍、台湾総統として抱いた志、中
国の軍事膨張に対して示した毅然たる姿勢……。そして日台の今後を見据え、東アジアの平和のた
めに進むべき道を説く。(本書「内容紹介」より)

第1章:日本精神に学ぶ  第2章:台湾民主化への道
第3章:新台湾人の時代へ 第4章:日本と台湾の国防論

【PHP研究所  発売:2015年1月  定価:842円(税込) 新書判・並製・208頁】

               ◇   ◇   ◇

◆頒 価:会員:760円(税込)  一般:840円(税込)

     *送料:2冊まで=82円 3冊以上=実費 (日本国内のみ。入会希望の方も会員価格)

◆お申込:申し込みフォーム、メール、FAX

     ・http://goo.gl/XHYvdt
     ・E-mail:info@ritouki.jp
     ・FAX:03-3868-2101

◆申込先:日本李登輝友の会
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp
 HP:http://www.ritouki.jp/

◆支払い:代金後払い  *本と一緒に請求書を送付します。

-----------------------------------------------------------------------------------------
李登輝著『新・台湾の主張』お申し込み書

・注文数:   冊

・振込先: 郵便振替 ・ ゆうちょ銀行 ・ 銀行 (いずれかを〇で囲んで下さい)

・会 籍: 会員 ・ 一般 ・ 入会希望 (いずれかを〇で囲んで下さい)

・ご氏名:

・ご住所: 〒 

・電話: 

・E-mail :

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 漫画版『KANO 1931海の向こうの甲子園』も好調! お申し込みは本会まで!

 池井優・慶応大学名誉教授が2月13日付の産経新聞「正論」欄で、映画「KANO」を取り上
げ、「なぜ現在、台湾の人々がこの映画に共感するのか、ぜひ見て考えてほしい」と記している。

 映画を観る前に、また観た後にぜひ読んでいただきたいのが、この漫画版『KANO』だ。

                ◇   ◇   ◇

 台湾で大ヒットし、アンコール上映も行われた映画「KANO」は、台湾代表として嘉義農林学
校野球部こと「KANO」が甲子園に初出場して準優勝した奇跡の実話を映画化した物語。

 台湾では映画公開後にいち早く公式コミックとして漫画化されたが、日本では公開前に出版。魏
徳聖プロデューサーと馬志翔監督のインタビュー、台湾野球の原点とその歴史、近藤監督や部員一
人ひとりの人物史や逸話を掲載。さらに、時代背景も丁寧に解説。

 映画をほぼ忠実に再現しつつ、映画ではカットされた場面も描かれているなど、映画よりも詳細
に描かれているのが特徴の一つ。これにより流れや心象風景もわかりやすくなっている。台湾では
日本の漫画やアニメが氾濫しているだけあって、日本の漫画と同じなので日本人にも非常に読みや
すく、より深く映画を知りたい人にも、台湾を知りたい人にも満足できるものとなっている。

 映画公開まで待ちきれない方も、すでにご覧になった方も、そして映画を見た後に読み返して
も、より深く映画『KANO』を味わうことができる。

【翔泳社  発売:2014年12月  定価:1,499円  B6判・並製・480頁】

                ◇   ◇   ◇

◆頒 価:会員:1,300円(税込)  一般:1,400円(税込)

     *送料:1冊=300円 2冊以上=実費 (日本国内のみ)
     *入会希望の方も会員価格

◆お申込:申し込みフォーム、またはメール・FAXにて

     ・https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px
     ・E-mail:info@ritouki.jp
     ・FAX:03-3868-2101

◆申込先:日本李登輝友の会
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp 
 HP:http://www.ritouki.jp/

◆支払い:代金後払い  *本と一緒に請求書を送付します。

-----------------------------------------------------------------------------------------
漫画版『KANO 1931海の向こうの甲子園』お申し込み書

・注文数:   冊

・振込先: 郵便振替 ・ ゆうちょ銀行 ・ 銀行 (いずれかを〇で囲んで下さい)

・会 籍: 会員 ・ 一般 ・ 入会希望 (いずれかを〇で囲んで下さい)

・ご氏名:

・ご住所: 〒 

・電話: 

・E-mail :

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/
ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム *new
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

●パイナップルケーキの入荷再開まで案内を中止します!
台湾で起きている食品安全問題で、台湾からの輸入食品全般に対する日本の税関の検査が厳しく
なった関係で入荷がストップしています。入荷再開まで案内を中止します。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

★沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・台湾点心セット 2,650円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

・台湾産天然カラスミ 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・李登輝著『新・台湾の主張』 *new
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』 *new
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。