国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2324号】 民進党が抱える爆弾─陳水扁・一辺一国連線  鈴木 上方人(中国問題研究家)

2015/02/06

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成27(2015)年 2月6日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.2324]
1>> 民進党が抱える爆弾─陳水扁・一辺一国連線  鈴木 上方人(中国問題研究家)
2>> 金門島で開催予定の台湾と中国の閣僚級会談が延期
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 間もなく台湾ビール&フルーツビールの案内を再開します!
  台湾ビール(缶)の入荷が確認できました。間もなく案内を再開します。

● 李登輝元総統新著『新・台湾の主張』お申し込み
  http://goo.gl/XHYvdt

● 漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 民進党が抱える爆弾─陳水扁・一辺一国連線  鈴木 上方人(中国問題研究家)

 台湾の統一地方選挙で大勝した民進党が議長選挙において、なんと22の県・直轄市のうち、国民
党が15席を獲得、民進党は3席しか獲得できないという異常事態が起こった。

 中国問題研究家の鈴木上方人(すずき・かみほうじん)氏は新潟時局研究所(水野孝吉所長)が
発行する月刊「ヴェクトル21」で中国問題や台湾問題をテーマに連載しているが、その2月号で
「民進党が抱える爆弾─陳水扁・一辺一国連線」と題し、その真因について論じている。括目すべ
き論考だ。

-----------------------------------------------------------------------------------------
民進党が抱える爆弾─陳水扁・一辺一国連線

                              中国問題研究家 鈴木 上方人

 2014年は台湾にとって大きな転換期だった。3月18日に起こったヒマワリ運動によって2001年よ
り始まった中国傾斜路線にひとまずブレーキがかかった。ヒマワリ運動の影響は11月29日の統一地
方選挙にまで及び、親中派の国民党を大敗させた。

 台湾社会における中国傾斜にノーというコンセンサスは、この選挙で確固たるものとなった。政
治の地殻変動で国民党が2016年に行われる総統選挙で政権を失うことも予想されている。だからこ
そ、地方選挙後の話題は、将来の総統は民進党党首の蔡英文になるか、台南市市長の頼清徳になる
かで賑わっていた。

◆議長選挙で負けた民進党

 だが、そうは問屋が卸さない。2014年12月25日に行われた地方の議長選挙では22の県と直轄市の
内、民進党は3席しか獲得できず、国民党が15席も獲得したのだ。特に首を傾げざるを得ないのは
新北市と台南市である。この2つの直轄市では民進党の議席数が多かったのにも関わらず、議長選
挙には国民党に負けてしまい、親中派の国民党にとどめを刺そうと期待していた民進党の支持者た
ちにとってはまさに青天の霹靂となった。

 一体、何が起こったのか。民進党議員が国民党に買収されたのである。所属議員がいとも簡単に
買収される民進党に国民の信頼は地に墜ちた。当然のこととして蔡英文も頼清徳も監督責任を問わ
れる。勿論、票を買収する国民党も批判はされてはいるが、民進党の傷の方がより深刻だ。そもそ
も国民党は露骨的な利益誘導で今までの勢力を築いたのだから、支持者は買収という不正行為に対
し寛容的だ。しかし、民進党の支持者たちは国民党の不正や腐敗を毛嫌い人たちであり、買収は許
しがたいものがある。

◆民進党の最大派閥になった「一辺一国連線」

 さらに、民進党を悩ませる問題はそれだけではない。陳水扁を精神的リーダーとする民進党内の
派閥「一辺一国連線」は選挙後、党本部を巻き込んで陳水扁の釈放を求めた。地方選の躍進を「陳
水扁釈放を要求する民意の表れ」とした「一辺一国連線」の主張は、決して台湾社会のコンセンサ
スではない。それなのに、民進党はいとも簡単にこの圧力に屈してしまった。民進党は地方選で得
たエネルギーを喫緊の課題である選挙制度改革や憲政改革に注がず、陳水扁釈放運動に使ったの
だ。

 全身の細胞が政治で構成されていると言われる陳水扁は、仮釈放の直後に長男の陳致中を立法委
員選挙へ出すようにと民進党に圧力をかけ、蔡英文を悩ました。蔡英文の悩みが陳致中の出馬だけ
ならばまだしも、陳水扁の野心がこれだけで止まるはずもなく、現在、「一辺一国連線」はすでに
民進党の最大派閥になっており、派閥を持たない蔡英文をライバル視する手強い反対勢力になって
いる。

◆陳水扁は独立志向なのか

 この問題が民進党内部のみにとどまるならば大したことではないのだが、独立建国を潰す要因が
孕んでいるから始末が悪い。「一辺一国連線」は急進独立派と見做されるため、独立勢力のエネル
ギーを吸収して真の独立派の力を削ぐことになるのだ。この現象を中国的に表現すれば、「打着紅
旗反紅旗」(紅旗を掲げて紅旗を倒す)ということになる。つまり、台湾独立の旗を掲げているこ
の勢力は台湾独立を潰す勢力と見做されるべきなのである。

 そのことはまず、精神的リーダーである陳水扁が果たして独立志向なのかを検証しなければなら
ないだろう。民進党きっての理論家である林濁水元立法委員は、陳水扁は台湾独立を権力闘争の道
具として利用しているに過ぎないと断言している。独立派と期待された陳水扁は、2000年に政権を
とってからすぐさま中国傾斜路線を推進し、中国進出に急ぐ企業から莫大な政治献金をせしめてい
た。独立の仮面を被りながら実際中国統合政策を進めていた陳水扁を見破れる識者は、李登輝元総
統と黄天麟元第一銀行会長ぐらいだと林濁水は嘆いている。

◆政治ハゲタカ

 しかし、陳水扁は統一を悲願としている馬英九のような親中派ではない。彼が台湾独立を権力の
頂点に立つための道具として利用したのと同様に、中国傾斜政策もまた利権を貪るための道具に過
ぎないのだ。

 そもそも陳水扁は政治理念を持って政治の世界に投身したわけではない。彼は政治をビジネスと
して従事し、独立の旗を掲げた方がこのビジネスに有利であるから、独立派のお面を被っただけの
ことで、その彼に集まってきた「一辺一国連線」人たちを台湾の政治評論家陳茂雄は「政治ハゲタ
カ」と表現している。いくら腐っていても利益があれば、群がってくるからだ。

 この「一辺一国連線」は12月25日に行われた台南市の議長選挙でもその「ハゲタカ」ぶりを存分
に発揮した。台南市議会では民進党籍の市会議員は28名、国民党藉の議員は16名だったが、5名の
民進党議員が買収されたために議長席を親中派である国民党の李全教に譲ってしまったのである。
李全教に買収された民進党議員の5名の内に「一辺一国連線」の議員は3名もいた。台湾独立派であ
るはずの一辺一国連線が、親中派と結託して有権者を裏切ったのだ。この議長選挙で判明したこと
は、民進党は派閥に分断されており、その権力闘争の体質からして台湾を独立国家にする意欲も気
力もないということだ。

◆台湾の独立を阻む最大の阻害

 現在の小選挙区の選挙制度の下では第三勢力の存在は極めて困難である。もっとも台湾の発展を
阻害するこの選挙制度は2005年に陳水扁主導の憲法改正で決められた。憲法に組み込まれたこの選
挙制度を改正しようとするのならば、憲法を改正しなければならない。だが、2005年の憲法改正は
実質的に憲法をこれ以上修正できないものとなった。民進党と国民党の合意で憲法改正条項を国会
議員の4分の3の出席と4分の3の賛成で発議し、国民投票を付して、全有権者数の過半数が賛成しな
ければ改正できないものにしたのである。このハードルの高さが実質的に憲法改正を不可能にし
た。

 「国民党不倒、台湾不会好」(国民党を倒さなければ、台湾は良くならない)という若者の掛け
声で国民党は統一地方選で大敗を喫した。だが、民進党はこのエネルギーを陳水扁復権に費やし、
権力闘争に熱をあげている。民進党の主導権を握りつつある「一辺一国連線」による表面的独立急
進路線と実質的権力争奪戦は、すでに台湾の独立を阻む最大の阻害になっている。残念ながら、そ
れを見抜いているのは李登輝前総統と彼に近い一握りの識者のみである。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 金門島で開催予定の台湾と中国の閣僚級会談が延期

 2月4日午前、松山空港から金門島に向って離陸した復興航空機が墜落した。58人中31人の死亡が
確認された。

 報道では「5日午前6時半からは、33隻の潜水艇、60人の潜水部隊、60人の消防員が出動し、基隆
河に入って救援活動を続けており、午前10時には事故機のエンジンと一部残骸が河から引き上げら
れた。5日午後2時の時点で、既に31人が死亡、12人が行方不明だという」(台湾国際放送)と伝え
られている。

 復興航空機には中国からの旅行者が31人搭乗しており、5日午後6時現在、18人が死亡、負傷者3
人、行方不明者10人だと報じられている。

 これを受け、金門島で7日と8日に行われる予定だった同委員会の王郁●・主任委員と中国大陸
側・中共国務院台湾事務弁公室の張志軍・主任による第3回「両岸業務主務官庁トップ会談」を当
面の間、延期すると発表した。NHKニュースが伝えている。

●=埼の土へんが王

-----------------------------------------------------------------------------------------
中国・台湾 閣僚級会談を当面延期
【NHKニュース:2015年2月5日】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150205/k10015252161000.html

 台湾の中国政策を担当する大陸委員会は、4日に台湾で中国からの旅行者が乗っていた旅客機が
墜落する事故が起きたことなどを受けて、7日に予定されていた中国との閣僚級の会談を、当面の
間、延期すると発表しました。

 台湾の中国政策を担当する大陸委員会は5日、記者会見し、7日に台湾西部の金門島で予定されて
いた中国の台湾政策を担当する台湾事務弁公室とのトップどうしの閣僚級会談について、当面の
間、延期すると発表しました。

 それによりますと、4日に台湾で起きた旅客機の墜落事故では、53人の乗客のうち中国からの旅
行者が31人に上り、中国と台湾が協力して対応する必要があるためだとしています。

 一方、中国の台湾事務弁公室の報道官は国営新華社通信を通じてコメントを出し、旅客機の事故
を受けて「双方は当面、善後策に集中しなければならない」としています。

 ただ、台湾側は、中国が先月、台湾海峡の上空に新たに設定し、台湾の航空当局などが「一方的
だ」と反発している民間航空機の航路の問題について、協議に進展が見込めないことも延期の理由
に挙げており、この問題については今後、改めて台湾側の立場を説明したいという考えを示しまし
た。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/
ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

●パイナップルケーキの入荷再開まで案内を中止します!
台湾で起きている食品安全問題で、台湾からの輸入食品全般に対する日本の税関の検査が厳しく
なった関係で入荷がストップしています。入荷再開まで案内を中止します。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

★沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・台湾点心セット 2,650円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

・台湾産天然カラスミ 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・李登輝著『新・台湾の主張』 *new
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』 *new
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。