国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2300号】 尾道高校初の台湾研修旅行  加藤 晴彦(尾道学園理事長)

2015/01/05

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成27(2015)年 1月 5日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[Vol.2300]
1>> 尾道高校初の台湾研修旅行  加藤 晴彦(尾道学園理事長)
2>> 台湾地方選で示した嫌中感情  鈴木 上方人(中国問題研究家)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』お申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

● 黄文雄先生を講師に「第21回台湾セミナー」(1月31日)お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch

● 片倉さんと行く台湾200%満喫の旅「台湾鉄路の旅&故宮博物院」お申し込みフォーム
  http://goo.gl/rRHJa9

● 第2弾:台湾向け「りんご」お申し込みフォーム【締切:1月20日(火)】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 尾道高校初の台湾研修旅行  加藤 晴彦(尾道学園理事長)

 広島県の私立尾道高校(黒木巖校長)といえば、かつては水泳の名門校だった。ミュンヘンオリ
ンピック(1972年)の平泳ぎで金メダルに輝いた田口信教もOBの一人。

 近年はラグビーやサッカーが強い。少林寺拳法でも全国大会出場を果たしている。現在、第94回
全校高校ラグビー大会が行われているが、初めてベスト4に駒を進めている。本日の東福岡高校戦
に勝てば広島勢初の決勝進出となる。

 実は、海外交流・国際理解教育を推進している尾道高校の修学旅行先は台湾で、今年3月にも実
施を予定している。2年生約300人が参加するという。

 昨夏は、3月の台湾修学旅行とともに「海外の地で見聞を広め,そこに集う外国の人々と接して
ものの考え方や価値観を肌で感じ,同時に我が国や自己のそれらと照らし合わせることを通じて,
自己の志を高くしていく絶好の機会」(黒木校長)にしようということで、台湾研修旅行も実施し
ている。

 この台湾修学旅行や研修旅行を先頭に立って牽引しているのが理事長をつとめる加藤晴彦(かと
う・はるひこ)氏だ。機関誌「日台共栄」12月号で、加藤理事長にお忙しい合間を縫って台湾研修
旅行についてご執筆いただいた。

 生徒たちの感想文をご紹介いただいたことで、中学生や高校生たちが李登輝元総統のご講話をい
かに深く理解しているかを知って驚かされた。台湾を研修旅行先に選んだ成果は、ラグビーやサッ
カーのように、必ずや現れるだろうと確信させる感想だ。

-----------------------------------------------------------------------------------------
尾道高校初の台湾研修旅行 李登輝元総統のご講話に感銘

                           学校法人尾道学園理事長 加藤 晴彦

 今年7月28日から8月1日にかけて、尾道高等学校初の国外研修となる台湾研修旅行を実施した。

 本校では、2学年の3月に学年約300名全体での修学旅行をしており、台湾の台北を訪れ、観光の
ほか学校間交流を実施している。今年度は大学や企業の訪問も新たに織り込むこととしている。し
かし、日台関係や、英語教育をはじめ国際理解教育への取り組みが進んでいる台湾の教育につい
て、より深く知るにつれ、また、生徒・保護者の中に英語の短期語学留学の要望もあることから、
希望者を募って台湾での特別研修旅行を実施することにした。

 その企画にあたっては、第1に、日台関係ひいては世界に関心を向けさせること、第2に、卒業後
の進路として台湾を含む海外大学留学にも関心を持たせうる語学研修とすること、この2つを主目
的と考え、本校独自の研修プログラムを組み立てることとした。

 第1については、李登輝元総統から生徒たちに直接お話ししていただけるならば、それが最も良
いと考え、日本李登輝友の会を通してご無理をお願いした。第2については、台湾国立中正大学の
国際事務所長である施慧玲教授の特別の計らいにより、同教授の指導ならびに同大学生チューター
の支援のもとの合同研修となった。

 第1の李登輝元総統のご講話については、生徒たちの感想文の一部を紹介するのがよいだろう。

「李登輝さんは91歳で読書と哲学がお好きだそうです。……日本と台湾はよき隣人で、日本は台湾
を50年間統治することで、台湾の近代化に協力したとのことでした。統治の間に、日本から台湾に
鉄道やダム、工業、現代の教育が伝えられました。日本の統治により台湾人が台湾人らしさを求め
るようになったとのことでした。また、台湾と日本は運命共同体でありお互いがなくてはならない
存在だともおっしゃっていました」(中三男子)

「講話の最後に『台湾なくして日本なし、日本なくして台湾なし』とおっしゃられて、とても感慨
深かったです。なぜなら、一時は日本に編入された台湾の人から、功罪を含めたうえで、日本をい
い意味で認めてくれていることや、さらに武士道で示された日本人としての捉え方や考え方が素晴
らしいものだということを聴き、外から日本を見る良い機会となりました」(高一男子)

「中でも印象に残ったのは、日本と台湾の歴史についてです。日本が下関条約から戦後まで台湾を
占拠し、その間に新教育制度を取り入れ、高度な教育を受けることを可能にしたことや、戦後の台
湾では、二・二八事件により、国民党の非民主主義に気づき、絶望した一方で、日本は経済的発展
を遂げたことなどをお話ししてくださいました。また、台湾人は日本人を尊敬しているとも教えて
くださいました。私は李登輝元総統の講話を聴いて、台湾人の方が日本を良く思ってくれていると
いうことを知って安心しました。また、日本人ももっと台湾について知るべきだと思いました。」
(高二女子) 

「李登輝先生は、戦前から戦後にかけて日本の様々なものが変わっていく中で、米軍による厳しい
占領時期があったにもかかわらず変わることなく残った『武士道の精神』を大切にするようにと言
われました。私はこの話を聞くまで、日本の武士道が世界的に知られているものだとは思いもしま
せんでした。……これらの話のなかでも、最初に言われた『これから世界は大きく変わっていく、
その中で日本がどうするかを国民全員考える必要がある』という言葉と、最後に言われた『台湾な
くして日本なし、日本なくして台湾なし』という言葉に今後の進路を考えさせられました」(高二
男子)

 第2の日台高校生合同研修は、両校から3名ずつ計6名のグループを4つ作り、グループごとに日台
の文化の違いなどのテーマを自ら設定して英語で議論し、その成果をパワーポイントを使ってプレ
ゼンするものだった。このような経験は全員の生徒が初めてであり、四苦八苦しながらも、台湾の
高校生たちとすぐに打ち解け、大学生の親身なサポートに感謝しつつ、なんとかやり遂げた。全員
が大変有意義であったと感想を述べており、今後の勉学におおいに刺激になった模様である。

 最後に、この研修旅行のために大変お世話になった多くの皆様に、心から感謝し、改めて御礼を
申し上げます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 台湾地方選で示した嫌中感情  鈴木 上方人(中国問題研究家)

 新潟時局研究所(水野孝吉所長)が月刊で発行する「ヴェクトル21」という時局研究レポート
で、中国問題研究家の鈴木上方人(すずき・かみほうじん)氏が中国問題や台湾問題をテーマに連
載している。

 本誌の昨年10月15日号で「台湾統一地方選挙─政治を変えようとする若者たち」を紹介したこと
がある。

 その1月号で鈴木氏が「台湾地方選で示した嫌中感情」と題し、台湾の統一地方選挙を的確に分
析したレポートを執筆している。

 鈴木氏が指摘しているように、今回の選挙戦は「親中国勢力と反中国勢力の戦い」だった。民進
党自身もそれをよく自覚していたように、けっして民進党の勝利ではなく、「若者を中心とした厳
密な組織を持たない一般人」の勝利だった。台湾の民意が奈辺にあったかが示されたのだ。下記に
その全文をご紹介したい。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾地方選で示した嫌中感情

                              中国問題研究家 鈴木 上方人

●親中国勢力VS反中国勢力

 11月29日に行われた台湾の統一地方選挙で、与党国民党は大敗を喫した。一部の日本のマスコミ
はこの選挙結果を野党民進党の勝利と報道しているが、これは全く的を射ない論調であり、日本の
報道関係者が如何に不勉強で台湾事情に疎いかと言う証左となった。

 今回の選挙戦を一言で言うのならば、親中国勢力と反中国勢力の戦いであった。旗色をこれほど
までに鮮明にした戦いはかつてなかったのである。しかし、親中勢力の馬英九国民党に立ち向かっ
て勝利を勝ち取ったのは民進党ではなく、若者を中心とした厳密な組織を持たない一般人であっ
た。確かに、民進党は親中勢力ではない。だが、反中勢力でもないのだ。

●中国傾斜政策は陳水扁政権から始まった

 日本のマスコミではよく「独立志向の民進党政権」という表現が使われている。それは無理もな
いことで、実際に多くの日本の台湾ウォッチャーも同じような過ちを犯しているのだが、これは事
実ではない。民進党には確かに独立綱領が存在している。だが実際には、2000年に政権をとってか
ら独立路線を事実上放棄していた。正確に言えば、台湾の中国傾斜というものは2001年の民進党の
陳水扁政権から始まったのである。

 政権をとった直後の陳水扁は、中国傾斜路線を強く主張する蕭万長を「経済総設計師」とし、2
回の経済発展会議を経て李登輝政権時代の「戒急用忍」(急がず忍耐強く)という中国と距離を置
く政策を完全に捨て、資金の中国流出のみならず、高度の産業技術までをも解禁して中国に抱き込
まれる方向へと舵を切った。その瞬間から、「台湾の子」と自称する陳水扁は完全に台湾を裏切っ
たのである。

●格差を広げた中国傾斜政策

 2008年に民進党から政権を奪った馬英九は蕭万長を副総統にし、陳水扁の中国政策を継承して更
に中国傾斜路線を加速させた。結果として、台湾経済の中国依存は益々深まった。中国に依存する
事で恩恵を享受できたのは、一握りの「紅頂商人」と言われる中国高官と癒着した巨富を築いた者
のみである。その代表的人物と言えば、シャープの買収劇で日本でも有名になった鴻海集団の郭台
銘がそうだ。

 その一方、企業の中国進出によって台湾の産業空洞化が急速に進み、辛うじて台湾に止まる企業
も洪水のような中国製品に市場を奪われ、庶民には仕事がなくなっている。失業率の上昇に連動し
て台湾の労働賃金は低下し続け、労働者の給料所得の水準は16年前に落ちてしまうほど極端に所得
格差が広がったのである。

 更に、中国進出で財をなした富豪たちが都会の不動産を買い漁ったために、不動産の価額は釣り
上がった。現在では、台北市内の不動産の価額は東京都内の同等の物件よりも倍以上の値が付いて
いるため、若者は一生働いたとしても都会ではマイホームを手に入れることは不可能となった。

●ブレーキ役を果たそうとしない民進党

 台湾人は所得低下と物価高騰とのダブルパンチに喘ぐだけでなく、巷に溢れた中国人による治安
の悪化にも頭を悩ませている。馬英九政権は、こうした台湾人の気持ちを分かっていながら黙殺
し、狂ったかのように中国に傾斜していった。

 何よりも台湾人の無力感を更に深めたのは、中国傾斜へのブレーキ役をまったく果たそうとしな
い民進党だった。民進党は2012年の総統選挙で負けると、党内では「中国に信任されていないから
負けた」とし、「独立綱領を凍結しろ」という意見が平然と出たのである。こうして与野党ともに
中国傾斜の政策を競っている中、台湾国民の絶望感が益々深まった。

●台湾を救った「太陽花学生運動」

 絶望の淵から台湾を救ったのは、中国とのサービス貿易協定に反発して国会を占拠した学生たち
であった。彼らは与野党ともに不信感を抱くだけでなく、現存の政治制度そのものも信頼していな
い。だから機能しない民意の府である国会を占拠して「中国にノー」というメッセージを世界に発
したのだ。

 後に「太陽花学生運動」と言われるこの義挙は、一瞬の花火では終わらなかった。3週間にわた
る国会占拠の後、彼らは「遍地開花」という戦略を立て、台湾社会の津々浦々に地に足の着いた草
の根運動を始めた。彼らは各大学で座談会を開き、台湾の街頭では即席の演奏会や演説会をし、台
湾の中国傾斜の危険性を分りやすく訴え続けた。同時に彼らは反中国感情を共有している香港の若
者たちにも連携して共同戦線を張る。香港の「雨傘革命」は、まさに台湾の太陽花運動と表裏一体
だった。

 しかし血迷う馬英九はその大きな流れに頑なに抵抗し、氷山にぶつかるタイタニックのように親
中路線を堅持したままで選挙戦に突入した。馬英九は目前の状況を直視する事が出来ず、正常な判
断さえも出来ないのか、選挙後も「今までの路線は正しかった」とし、「悪いのはネットユーザー
とマスコミだ」とブラックユーモアさながらの結論を出した。

●象徴になる台北市市長選

 今回の選挙戦に於いて象徴的な戦いはやはり台北市の市長選であろう。

 実質的に一騎打ちとなった台北市長選だが、国民党候補連勝文と無党派の柯文哲とは対極的な存
在だった。連勝文は連戦国民党名誉主席の長男で、立候補を事前に習近平に報告するほどの親中派
だ。連一族は権力を利用して利権を貪り、数千億円に上る財産を築き上げている。その腐敗体質は
まさに中国的そのものであり、台湾人からすれば連勝文こそが打倒すべき親中国勢力の権化であ
る。

 対する柯文哲はごく普通の台湾人家庭の出身で苦学の末、台湾大学医学部の教授になった人物で
ある。彼はアスペルガー症候群(自閉症の一種)患者ではないかと揶揄されるほど人付き合いが極
度に苦手な事で有名であり、30年間務めた職場で友人の一人もいない怪人である。この二人が中国
勢力と台湾勢力の代表として戦った末に、柯文哲が25万票の大差をつけて連勝文を下した。

●世界に波及する「中国嫌い」の流れ

 台湾人はこの選挙を通じて中国に明確にノーと言った。国民党の大敗はそのまま中国に対する嫌
悪感の現れと言ってよいだろう。台湾人はこのメッセージを国際社会へ送り届けた。ニューヨー
ク・タイムズ、CNN、BBC、「ドイツの声」、ガーディアンなど世界の大手マスコミはこぞって「親
中勢力にノー」と的確に核心を捕えて報道しているが、中国は「一地方選挙に過ぎない」と平静を
装っている。にもかかわらず「今までの交流を大切するように」と公式にコメントを出し、台湾人
の中国離れを牽制しようとしている。しかし「中国嫌い」の流れは台湾に止まらず、世界隅々まで
に波及するであろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/
ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

●パイナップルケーキの入荷再開まで案内を中止します!
台湾で起きている食品安全問題で、台湾からの輸入食品全般に対する日本の税関の検査が厳しく
なった関係で入荷がストップしています。入荷再開まで案内を中止します。

●台湾ビール&フルーツビールが在庫切れのため案内を一時中止します!
入荷は1月上旬から始まる予定です。詳細が分かり次第ご案内いたします。

●第2弾:台湾向け「りんご」お申し込みフォーム【締切:1月20日(火)】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

★沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・台湾点心セット 2,650円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

・台湾産天然カラスミ 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』お申し込み *new
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』 
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。