国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2236号】 芝山巌精神に殉じた教育烈士「関口長太郎先生慰霊顕彰祭・講演会」を11月8日に開催

2014/10/16

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成26(2014)年10月16日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2236]
1>> 芝山巌精神に殉じた教育烈士「関口長太郎先生慰霊顕彰祭・講演会」を11月8日に開催
2>> 秋田県の佐竹知事が今年3度目の訪台
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 第22回「日本李登輝学校台湾研修団」お申し込み 【締切:10月24日】 *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/sdbtsix1k40x

◆ 李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」お申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

◆【戸籍署名(第11期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
 *第12期署名:2014年8月1日〜12月31日
 *署名用紙とアピールチラシのダウンロードは本会ホームページからお願いします。
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 芝山巌精神に殉じた教育烈士「関口長太郎先生慰霊顕彰祭・講演会」を11月8日に開催

 台湾教育の始まりは明治28年(1895年)4月17日の下関条約によって日本領となった時です。日
本の音楽教育を担った文部省学務部長心得の伊沢修二先生は日本全国から集めた7人の優秀な人材
を連れ台湾に渡り、台北北部の士林に「芝山巌学堂」という最初の学校を開きました。伊沢先生が
今の愛知教育大学に奉職されていた際に出会ったのが若き関口長太郎先生。既に西尾において小学
校を設立し、初代の西尾小学校・平坂小学校校長として、更に幼児教育の魁として関口先生はご活
躍になってみえました。

 台湾行きを是非と志願。家族を残し台湾に行かれ、寸暇を惜しんで教育をされたのです。この七
先生の教育は芝山巌教育と尊称されています。

 この頃の台湾は内地人を敵視するゲリラ、匪賊がおり、周辺住民は教師たちに再三退避を勧めま
したが、「もとより教育とは命がけなもの」として聞き入れようとしませんでした。

 明治29年元旦、6人の先生方と1人の用務員が新年の参賀会に出席するため、芝山巌を下山しよう
としたとき、100人の抗日ゲリラに取り囲まれ、惨殺されてしまいます。

 6人の先生のお名前(敬称略)
 山口県 楫取 道明(38歳)久坂玄瑞・吉田松陰の甥
 愛知県 関口長太郎(37歳)
 群馬県 中島 長吉(25歳)
 東京都 桂 金太郎(27歳)東京府士族
 山口県 井原順之助(23歳)
 熊本県 平井 数馬(17歳)

 教育に文字通り命を懸けられた諸先生の御霊に深く感謝し、教育の再生に向けて心新たにいたし
たく思います。

 ちなみに、来年のNHK大河ドラマは吉田松陰先生の妹、六氏先生のお一人楫取道明先生のご母
堂と伺っています。芝山巌教育もテーマとなるのではと期待いたしております。御都合のおつきに
なる方のご参列を心よりお待ちいたします。

                   ◇  ◇  ◇

関口長太郎先生・六氏先生慰霊顕彰祭

◆日 時:平成26年11月8日(土)午前9時30分集合

・慰霊祭 10時より

・講演会 10時40分より
  演題 「青少年の健全育成に果たす地域のカ」
  講師 神谷義国先生
     アイシン元重役。台湾には50回以上渡って、日台の交流を果たされてみえます。地元を
     支える人材育成をテーマに地域活性化にご活躍中。

・食事会 12時〜13時

◆場 所:

・慰霊祭 関口長太郎先生の碑前(西尾市立西尾小学校・西尾城との両隣)
     西尾市錦城町162

・講演会 歴史公園「尚古荘」(0563-53-0380)
     西尾小学校北隣(駐車場あり。碑まで徒歩3分)

◆連絡先:愛知の教育を考える会 事務局 杉田謙一
     岡崎市赤渋町河原17 TEL:090-8554-0817

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 秋田県の佐竹知事が今年3度目の訪台

 去る10月13日、秋田空港に台湾からのチャーター便が到着した。エバー航空便が14時10分、中華
航空便が17時30分にそれぞれ台湾から到着した。今年は11月5日までに11往復、22便が運航され
る。

 秋田県庁によれば、秋田空港へのチャーター便運航は、佐竹敬久(さたけ・のりひさ)知事の
トップセールスによる働きかけだという。

 佐竹知事は8月4日の記者会見で「毎年10月からのチャーター便の(運航スケジュール等が)決ま
るのが9月の初めですので、いつも今の時期に、最終の詰めの段階で私が行って、チャーター便に
ついてあちらのトップに要請をしています」と述べ、8月18日から21日まで訪台している。

 少し調べてみると、佐竹知事は2009(平成21)年に知事に当選、翌年から毎年夏、チャーター便
誘客のため台湾を訪問している。今年で5年目となるが、それが奏功しているようだ。

 ただ、今年の佐竹知事は1月にも訪台している。1月9日から11日の2白3日だ。この訪台は急遽決
まったようで、その理由を昨年12月24日の記者会見で以下のように明らかにしている。

<今回の訪問については、春以降の、冬のみならず大分春・夏のチャーター便も台湾からの、各県
がかなり競争状態になってございます。秋田は春・夏も大変素晴らしい、冬だけではない様々な観
光の芽がありますので、春・夏の誘客促進ということで航空会社を回ってきます。>

 かなりの力の入れようだ。実は、この1月の訪台にはもう一つの目的があったという。それが、
秋田県スキー連盟と台湾スキー協会の友好協定締結だった。

 本誌でもお伝えしたように、今年の8月19日、秋田県スキー連盟が台湾スキー協会と友好協定を
締結している。スキー団体同士の日台協定は日本初だ。佐竹知事はその背景についてもこの記者会
見で明らかにしている。

 台湾からのスキー客がどんどん増えていて、すでに岩手県と青森県にはスキー専用チャーター便
が出ていたため、秋田県としてもこのスキーチャーター便を実現しようと、1月に訪台して働きか
けることを決めたという。それが8月の友好協定締結に至ったという。

 佐竹知事は8月の記者会見でもこのことに触れ、以下のように説明している。

<あちらの方ではスキーはまだまだ特殊なスポーツですので、観光業者が送り込むんじゃなくて、
スキー協会がその協会の指導員も含めてセットするということで、スキー客の誘致もしやすい>

 岩手県や青森県とは違った角度から、スキーチャーター便による観光誘客を考えての友好協定締
結だった。

 佐竹知事はこの10月19日から今年3度目となる訪台を予定しているという。これは7月24日に秋田
銀行が「台湾・フィリピン経済交流ミッション」として案内しているが、「秋田銀行の業務提携先
である中國信託ホールディング(台湾)とメトロポリタン銀行(フィリピン)が持つネットワーク
を活用し、政府機関への訪問(台北・高雄、マニラ)、現地企業との個別商談会(台北)、市場セ
ミナー(マニラ)など本県と両地域の経済交流の拡大」のため、台湾とフィリピンを訪問するの
で、佐竹知事も主催者として訪台の予定だという。

 自治体による日台交流は実利がなければ長続きしない。その点で、観光客の相互訪問が増えるこ
とは重要ポイントの一つであることは間違いない。ただし、さらに長い目で見れば、相互訪問に若
い世代を取り入れることも必要になってくる。

 千葉県の森田健作知事は10月25日から6日間の日程で訪台し、特に教育旅行に重点を置いてア
ピールするつもりだという。

 都道府県の特徴はそれぞれ異なるものの、日台の将来を担う青少年交流という視点から、秋田県
でも今後はぜひ台湾修学旅行に力をいれていただきたいものだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい ます。5月1日から消費税対応価格の台湾食品をご案内しております。

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾ビール&フルーツビール【12本セット・24本入り】お申し込みフォーム *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze【携帯用】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

・台湾産天然カラスミセット 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円
・パイナップルケーキ 2,480円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円
・台湾飲茶セット 3,620円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」*new
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』 
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』 
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』
・喜早天海編著『日台の架け橋』
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『台湾アイデンティティー』 
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南』
・『台湾人生』
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。