国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2045号】 李登輝元総統が月刊「WEDGE(ウェッジ)」2月号で「日本への期待」を表明

2014/01/21

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成26(2014)年1月21日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  [Vol.2045]
1>> 李登輝元総統が月刊「WEDGE(ウェッジ)」2月号で「日本への期待」を表明
2>> 「SAPIO(サピオ)」2月号も李登輝元総統の論考を掲載
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 「2014台湾・桜ツアー」お申し込み【申込締切:2月6日】
   http://goo.gl/e2DPCR 【PC用】
 *詳しくはホームページをご覧ください。→ http://www.ritouki.jp/

● 田久保忠衛氏を講師に「第14回台湾セミナー」(1月25日)お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch 【PC用】

● 台湾飲茶6袋セットや映画セデック・バレDVDなどのお申し込みは本誌下欄から!
 *詳しくはホームページをご覧ください。→ http://www.ritouki.jp/

◆【戸籍署名(第10期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
 *第10期署名:2014年1月1日〜3月31日
 *署名用紙とアピールチラシのダウンロードは本会ホームページからお願いします。
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 李登輝元総統が月刊「WEDGE(ウェッジ)」2月号で「日本への期待」を表明
   日本に残された課題は日本版「台湾関係法」の制定

 昨日(1月20日)発売された月刊「WEDGE(ウェッジ)」2月号に、李登輝元総統へのインタ
ビュー「日本への期待 安倍総理への期待」が掲載されている。

 タイトルにも現れているように、安倍総理の内政と外交を中心に語ることで日本への期待を表明
した内容となっている。

 冒頭、安倍総理の靖国参拝についての質問に、ズバリ「国のために命を捧げた英霊に国の指導者
がお参りをするのは当然のこと」で、「これは政治の問題ではなく魂の問題だ」と答え、靖国神社
の成り立ちをよく理解した上で発言されている。

 また、「アベノミクス」についても、国内消費、投資、輸出、イノベーションという経済成長の
四要素を挙げ、「為替切り下げは近隣窮乏策だという人がいるが、そうならない。輸出が増えると
輸入も増える」からだと明快に指摘し、アベノミクスがデフレ脱却の鍵を押さえていることを高評
する。

 さらに、安倍総理の外交について「中国や韓国の理不尽な要求に屈せず、アジアで主体性を持っ
た外交を展開しようとしている」と高く評価した上で、安倍総理に「日本は、世界のためにアジア
の指導者たれ」と激励の言葉を贈られている。

 このように、指導者としてのリーダシップを高く評価する安倍総理にさらに期待することとし
て、李元総統は日本版「台湾関係法」の制定を挙げられる。日本版「台湾関係法」とは、本会が唱
導している「日台関係基本法」に他ならないが、なぜ制定が必要かと言えば、日台の交流が法的根
拠を欠いているからであり、さらに視野を広げれば「「今後『日米台』という連合によって、新し
い極東の秩序をつくる上で、良い礎となる」からだと指摘される。まさに慧眼というにふさわしい
指摘の数々だ。

 月刊「WEDGE」は新幹線のグリーン席に搭載されている他、JR線や私鉄、地下鉄の駅売
店、大型書店で販売している。詳しくは下記ホームページ「販売店一覧」をご覧いただきたい。

◆月刊「WEDGE(ウェッジ)」(定価:400円)
 http://wedge.ismedia.jp/category/wedge

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 「SAPIO(サピオ)」2月号も李登輝元総統の論考を掲載

 李登輝元総統が1月10日発売の月刊「Voice」2月号に、緊急寄稿として「なぜ人類は戦争を繰り
返すのか」と題する論考を寄せられたことを本誌で紹介したが、実は同日発売の月刊「SAPI
O」2月号にも寄稿されている。

 月刊「SAPIO」2月号は「新春大提言特集」と銘打って「平成26年、天駆ける日本」として
「暴走韓国」として櫻井よしこさんと呉善花さんの対談、「中国問題」としてダライ・ラマ14世な
ど、13本のテーマに14名の著名人を起用しているが、「歴史」は李登輝元総統による論考「『国を
守るため』私も兄も志願兵となった 今も生きる『日本精神』がある限り日本は大丈夫だ」を掲載
している。

 李元総統は、日本が台湾をどのように統治したかについて、それは教育と農業を中心に据える統
治だったとして、芝山巌学童の開設や八田與一の事跡をつづる。そして「教育によって浸透した日
本精神があったからこそ、台湾は中国文化に呑み込まれず、戦後の近代社会を確立できた」と述べる。

 では、なぜ台湾に日本精神がこれほど浸透したのかと言えば「台湾人を搾取する対象の植民地の
人間としてではなく、原則的に同じ日本人として扱ったからである」と指摘する。そこに「国を守
る」という意識も生まれてきたのだとも指摘し、実兄が海軍に志願し、自らが陸軍に志願した淵源
を明らかにしている。

 また、台湾と同じように日本に統治された韓国がなぜ日本に恨みの念を抱いているかについても
言及し、それは「韓国は曲がりなりにも一つの『国』であった。そのプライドを踏みにじった」か
らで、日本は「事実として認識しなければならない」と釘を刺す。

 ただし、「韓国や中国は、自国の宣伝工作の一環として捏造した『歴史』を利用する。その最た
る例が『慰安婦』だ」と剔抉する。

 この慰安婦の実態について、李元総統は戦時中の例を持ち出し、「台湾の東北地方には売春婦が
たくさんいたが、その多くが朝鮮人女性だった。……彼女たちはグループを作り、軍隊がいる場所
へ移動して行った。みずから望んで戦地に行ったわけで、強制などなかった」と、歴史の証人とし
てその目で見た当時のことを明かしている。

 韓国についても「常に強い国に寄り添って生き延びてきた国」と本質を衝き、朴槿恵大統領が中
国に寄り添おうとしているのは「日本より中国が強いと考えているからだ」と指摘する。

 その中国についても「南京大虐殺のようなホラ話を世界に広め、日本の尖閣諸島や南沙諸島や西
沙諸島の領有を主張するなど、近隣諸国との間で軋轢を生み続ける有り様で、グローバルなリー
ダーたる資格などない」と容赦なく切り捨てる。

 「SAPIO」編集部が「歴史」のテーマに李元総統を起用したいと思った理由は、おのずから
明らかであろう。

 現台湾総統の馬英九氏は、台湾メディアが伝えるところによると「18日に南部・屏東県に住む元
従軍慰安婦とされる女性を訪ねており、靖国神社参拝について、『隣国の慰安婦が受けた迫害など
の悲惨な歴史を少しも省みていない』、『日本政府の行為は大変遺憾だ』などと日本を非難した」
(中央通信社)という。

 慰安婦の実態にも靖国神社の成り立ちにも理解が及ばないこのようなセンチメントな「歴史認
識」では、李元総統から「リーダーたる資格などない」と切り捨てられるのが落ちだろう。

 歴史事実に基づいて日本を励ます李元総統の論考やインタビューが掲載された月刊「Voice」
2月号、月刊「WEDGE」2月号、そして月刊「SAPIO」2月号を味読されたい。

◆月刊「SAPIO」(定価:700円)
 http://www.shogakukan.co.jp/magazines/detail/_sbook_1409702114

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』(会員:1,300円 一般:1,500円)
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』(会員:1,600円 一般:1,750円)
・喜早天海編著『日台の架け橋』(会員:1,100円 一般:1,260円)
・李登輝元総統対談掲載の『月刊「MOKU」9月号』(会員:1,500円 一般:1,700円)
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』(会員:1,500円 一般:1,700円)
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』(会員:1,400円 一般:1,500円)
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』(会員:1,300円 一般:1,400円)
・盧千恵著『フォルモサ便り』』[日文・漢文併載](会員:1,200円 一般:1,500円)
・廖継思著『いつも一年生』(会員:1,000円 一般:1,200円)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』(会員:850円 一般:900円) 
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話』(会員:1冊=2,000円 一般:2,500円)
・蕭錦文著『二二八事件の真相』(会員=1,000円 一般=1,300円)
・李登輝・中嶋嶺雄『The Wisdom of Asia(『アジアの知略』英語版)』(会員:2,200円 一般:2,400円)

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『セデック・バレ(豪華版)』(会員:6,500円 一般:7,000円 送料:1枚290円)
・『セデック・バレ(通常版)』(会員:4,700円 一般:5,200円 送料:1枚160円)
・『海角七号 君想う、国境の南』(会員:4,000円 一般:4,500円 送料:1枚160円)
・『台湾人生』(会員:3,150円 一般:3,360円 送料:1枚160円 5枚セット:無料)
・『跳舞時代』(会員:3,500円 一般:3,980円 送料:1枚160円)
・『父の初七日』(会員:3,100円 一般:3,300円 送料:1枚160円)

● 映画「台湾アイデンティティー」全国共通「前売券」お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/u1nyi0fpku01  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/u1nyi0fpku01【携帯用】

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・「集団的自衛権の確立と台湾」渡部昇一先生講演録(2013年3月24日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)
・「台湾の将来と日本」中嶋嶺雄先生講演(2003年6月1日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」盧千恵先生講演(2004年12月23日)
・「台湾の現状と日台関係の展望」許世楷先生講演(2005年4月3日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・「二二八記念台湾問題講演会」阮美妹先生・西村眞悟先生講演(2009年2月28日)
・「台湾からの再出発」野口健先生講演(2010年12月23日)

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

・『台湾産うなぎセット』5,250円(税・送料込)
・『台湾飲茶6袋セット』4,200円(税・送料込)
・『台湾産天然カラスミセット』4,200円+送料600円(共に税込)
*同一先へお届けの場合、10枚まで600円
・『パイナップルケーキ』2,300円+送料500円(共に税込)
*同一先へお届けの場合、10箱まで500円

●「台湾フルーツビール・台湾ビール(金牌・瓶)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。