国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2024号】 李登輝元総統から「日台共栄の夕べ」に特別メッセージ

2013/12/25

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成25(2013)年12月25日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2024]
1>> 李登輝元総統から「日台共栄の夕べ」に特別メッセージ
2>> 台湾修学旅行の大津高校の生徒たちは「誇りを持って帰ってきた」
3>> 中国、北朝鮮、韓国の「事大」をめぐる駆け引き  黄 文雄(評論家)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 台湾産うなぎセットや映画セデック・バレDVDなどのお申し込みは本誌下欄から!
 *詳しくはホームページをご覧ください。→ http://www.ritouki.jp/

● 台湾向け「りんご」お申し込み【【期間限定:2014年1月9日まで】
 https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma 【PC用】

◆【戸籍署名(第9期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
 *第9期署名:2013年9月1日〜12月31日
 *署名用紙とアピールチラシのダウンロードは本会ホームページからお願いします。
http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 李登輝元総統から「日台共栄の夕べ」に特別メッセージ

 12月23日に本会が開催した「日台共栄の夕べ」には180名ほどが参加し、片倉佳史(かた
くら・よしふみ)氏の講演「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」に聞き入った。

 小田村会長の開会の挨拶に続き、李登輝元総統からの特別メッセージが披露された。こ
こに全文をご紹介したい。

 なお、第1部では、片倉氏を学生時代からご存じだったというJET日本語学校理事長で
評論家の金美齢(きん・びれい)さん、昨年12月に親友でもある田母神俊雄(たもがみ・
としお)元航空幕僚長らと訪台し、すっかり台湾が気に入られた元銚子市長で新しい歴史
教科書をつくる会副会長の岡野俊昭(おかの・としあき)氏が来賓として挨拶。

 また第2部の大忘年会では、李登輝総統から台湾に招待されて以来、台湾が大好きになっ
たという「歴史通」編集長の立林昭彦(たてばやし・あきひこ)氏、台湾の桜守の王海清
さんなどを描いた『トオサンの桜』、屏東に地下ダムを造った鳥居信平を日本で初めて紹
介した『水の奇跡を呼んだ男』などでも著名なノンフィクション作家の平野久美子(ひら
の・くみこ)さんが挨拶し、蔡焜燦氏と許文龍氏に感謝状を贈呈した台湾協会理事長湾生
の根井洌(ねい・きよし)氏に乾杯の音頭を取っていただいた。

 さらに、NHK「JAPANデビュー」裁判を闘って来られた弁護士の尾崎幸廣(おざ
き・ゆきひろ)氏、李登輝元総統の単行本を間もなく出版するウェッジ取締役営業部長の
吉村伸一(よしむら・しんいち)氏、日本から台湾の世界遺産登録を応援する会代表理事
の辛正仁(しん・まさひと)氏にそれぞれ関連するお話をいただいた。

 恒例のお楽しみ抽選会では、チャイナエアラインやエバー航空の台湾往復チケット、台
湾高級ホテル宿泊券、李登輝元総統ご揮毫の文鎮、台湾鉄道弁当、月刊「正論」半年無料
購読券、台湾茶器、白柚、老酒などが景品として提供されていて、抽選のたびに一喜一
憂、2個入りの白柚が当たった方の中には1個をお知り合いの方に分けられる方もいて、本
当に和気あいあいの裡に閉会となった。

 最後の締となる恒例の万歳三唱は、映画「台湾アイデンティティー」に出演され、東京
台湾の会や日本媽祖会でも役員をつとめる理事の呉正男(ご・まさお)氏が日台の共栄を
祈って声を限りに行い、盛会裡に終了した。

-----------------------------------------------------------------------------------------

 祝 辞

 「日台共栄の夕べ」にお集まりの小田村四郎会長はじめ会員の皆さま、台湾の李登輝で
す。今年も恒例の「日台共栄の夕べ」を開催されるそうで、心から祝意を表します。ま
た、この一年間の皆さまの台湾に対するご支援、台日関係促進におけるご努力に敬意を表
します。

 さて、本年も残りわずかとなりました。今年もいろいろありましたが、何といっても嬉
しかったのは4月に「台日漁業協定」が締結されたことです。台湾と日本の間に横たわる大
きな問題はこの尖閣諸島の漁業権だけでしたし、台湾の漁民のために早期妥結を望んでき
た私にとって、実に喜ばしいことでした。まさに歴史的快挙です。

 また、日本は台湾と断交後、法的根拠を欠いたまま交流を続けています。このような現
状に対して日本李登輝友の会の皆さまが「日台関係基本法」の早期制定を発表されたこと
は深く胸に刻まれました。日本に残された課題はまさに日本版「台湾関係法」の制定で、
私も訪ねてくる日本の国会議員の方々に必ずこの件を説明し、制定を急ぐべきとお話しし
ているところです。

 安倍総理は台湾について、民主、自由、平和といった基本的価値観を共有する重要なパ
ートナーと表明しております。恐らく日本の総理大臣でここまで踏み込んで表明したのは
安倍総理が初めてではないかと思います。お陰でこれまで以上に台日関係は緊密になりつ
つあり、この安倍政権でぜひ「日台関係基本法」が成立することを希望しています。

 台湾と日本は兄弟のように、心の通う、仲のよい国です。今後も台日共栄の理念の下、
貴会とはさらに提携を強め、両国のため、そしてアジア全体のために努力、邁進していき
たいと考えております。

 本日のご盛会と、来年における皆様のますますのご健闘をお祈りいたします。

  2013年12月23日

                              台湾元総統 李 登 輝

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 台湾修学旅行の大津高校の生徒たちは「誇りを持って帰ってきた」

 熊本県の大津高校が台湾修学旅行を初めて実施したのは2年前の平成23(2011)年12月の
ことだった。熊本の県立高校として初の台湾修学旅行で、当時の白濱裕(しらはま・ひろ
し)校長の英断だった。

 親御さんの理解を得るため金美齢さんを講師に講演会を開いたり、事前研修のオリジナ
ル教材を作成、また交流したい台湾の高校へ何度か足を運んだりと並々ならない苦労を重
ねて実現した。

 白濱校長は翌年春に定年退職されたが、次の校長も修学旅行先を台湾に選んだ。そして
今年も12月4日から3回目となる台湾修学旅行を実施している。2年前の修学旅行で新北市の
市立海山高級中学を訪問して以来、大津高校は海山高級中学と交流を重ね、今年11月には
海山高級中学からの訪問団(70名)来校も実現したそうだ。

 この台湾修学旅行をきっかけとして、今年9月には熊本県と熊本市が組んで高雄市と「国
際交流促進覚書」を締結するに至っている。

 12月20日、台北駐大阪経済文化弁事処福岡分処(略称:台北駐福岡弁事処)が主催した
忘年会で、中華航空九州山口支店の西崎鉄士氏が大津高校の台湾修学旅行について「現地
の高校生達と交流することで、逆に、日本人の先輩たちの功績を教えてもらい、誇りを持
って帰ってきた」とその意義を高く評価するスピーチをしたという。中華航空の営業戦略
を差し引いても、先に述べたような有意義な交流が積み上げられているのだから、スピー
チにウソはない。下記にそのニュースを紹介したい。

 中国や韓国への修学旅行では「侵略」や「植民地支配」をお詫びしてきたとは聞くが、
日本人の誇りを取り戻して帰国したとは、寡聞にして知らない。

 修学旅行を謝罪の旅とするのは、生徒の罪ではない。学校や担当教員のなせることだ。
台湾修学旅行も「謝罪の旅」にしようとした朝霞高校の例をみればよく分かる。

 修学旅行は楽しい旅でなければならない。大津高校のように、日本人の誇りを取り戻し
て帰国できる修学旅行なら願ってもないことだ。それは台湾だからできることだ。いや、
台湾しかできないと言っても過言ではないだろう。本会としても、これからも多くの高校
が台湾に行くようバックアップしたい。

◆熊本県立大津高校
 http://sakura1.higo.ed.jp/sh/oozuhs/
 *海山高級中学との交流や今年の台湾修学旅行の報告も掲載しています。

-----------------------------------------------------------------------------------------

台湾の「領事館(弁事処)」主催の忘年会、福岡で開催
【NET-IB NEWS:2013年12月24日】

 台湾の領事館に相当する「弁事処」が主催する忘年会が20日、福岡市内のホテルで開か
れ、福岡からは地元の政治家やメディア関係者、県関係者ら約70名が出席した。

 日本と台湾は国交がないため、実質的な領事館を「弁事処」と称し、東京にある大使館
を「代表処」としている。会を主催した台北駐福岡経済文化弁事処の戎義俊処長は「これ
からの日本と台湾の関係も『ラブラブ』な関係にしていきましょう」と挨拶、出席した5
人の台湾人留学生に対し「留学生の皆さんは両国の架け橋、橋渡し役として、日本での勉
強を終えて台湾に帰国しても日台関係に貢献できるように努力して欲しい」と激励した。

 参加した鬼木誠・衆議院議員は「近々、台湾を訪れたいと考えている。日台両国がます
ます手を携え発展することを祈念したい」と述べた。また、中華航空九州山口支店の西崎
鉄士氏は「日台の絆で言えば、熊本県大津高校が台湾に向け修学旅行に行なったが、現地
の高校生達と交流することで、逆に、日本人の先輩たちの功績を教えてもらい、誇りを持
って帰ってきた。教育面で意義深い交流ができたのではないか」と航空関係者ならではの
視点を語った。そのほか、山崎拓前衆議院議員や、福岡県台湾友好議員連盟・加地邦雄議
員らが登壇し、日台友好に向けた挨拶を行なった。

 会では、参加者全員で「上を向いて歩こう」「月亮代表我的心(テレサテンさんの名
曲)」を合唱し、福岡・台湾を結ぶ交流イベントの1年の締めくくりにふさわしい盛り上
がりを見せた。今年も日台友好の流れを受け、日本、台湾間の交流活動やイベント、商談
会は順調に行われた。来年は、九州国立博物館(太宰府市)で「故宮博物院展」の開催も
あり、福岡と台湾の関係性は更なる「追い風ムード」に包まれそうだ。

                                 【杉本 尚丈】
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 中国、北朝鮮、韓国の「事大」をめぐる駆け引き  黄 文雄(文明史家)

 本会副会長もつとめる文明史家の黄文雄氏が有料と無料の2つのメールマガジンを発行し
ています。ここでは無料メルマガの12月23日号を紹介します。

◆無料メルマガ:黄文雄の歴史から読み解くアジアの未来
 http://www.mag2.com/m/0001620602.html
 
◆有料メルマガ:黄文雄の日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実
 http://www.mag2.com/m/0001617134.html
 *1カ月購読料金600円+税 毎週火曜日発行

-----------------------------------------------------------------------------------------
中国、北朝鮮、韓国の「事大」をめぐる駆け引き 
【黄文雄の歴史から読み解くアジアの未来:2013年12月23日号】

 みなさん、こんにちは。黄文雄です。

 もう今年も残すところ10日ほどですが、休み前で何かと忙しい方も多いのではないでし
ょうか。

 さて、北朝鮮のナンバー2である張成沢(チョン・ソンテク)の処刑は日本にとっても
大きな衝撃をもって報じられましたが、これに対して中国は激怒しています。

 東亜日報によれば、北朝鮮が親中派とされる張成沢を何の相談もなく処刑したことに、
中国指導部は「中国に対する無視であり挑戦」と受け止めているといいます。

 もともと、金正日の時代から親中派の力は強く、トップの人事を左右するほどの力を持
っていたと言われています。そのため、金正日にとって、じつは米国より中国のほうを強
く嫌っていたのです。

 朝鮮半島は長らく中華帝国の属国でしたし、かつて豊臣秀吉の征明(朝鮮から道を借り
るための朝鮮出兵)のとき、明は朝鮮を守るために国費を使い果たし、明が滅びる一因と
なりました。

 朝鮮戦争では北朝鮮のために人民解放軍は多くの血を流しましたし、そうした史実か
ら、中国人は朝鮮人に対し、繰り返し「恩を忘れるな」と主張しています。

 それだけに、北朝鮮は親中派が多いわけですが、共産主義は世襲を否定します。建前と
しては、あらゆる資本も土地も権利も平等で、国民に均等に分け合うのが共産主義ですか
ら、1つのファミリーが権力の座を継承していくことはありえません。

 だから中国でもソ連でも、国家主席や総書記の座が世襲されることはありませんでした。

 しかし、北朝鮮ではそれが行われてきました。金一族と親中派との間には、そうした根
本的な思想の違いがあるのです。

 金正日の時代から、北朝鮮がミサイル実験や瀬戸際外交を行うたびに、世界各国が中国
に「なんとかしろ」と迫り、中国が北朝鮮に援助を行ってなだめすかす、という構図が出
来上がっていました。

 北朝鮮が瀬戸際外交をすればするほど、困るのは中国だったわけです。

 とはいえ、まだ張成沢の処刑を誰がどのような意図で命じたのかは、明らかではありま
せん。

 韓国の国会外交統一委員会の委員長は、今回の張成沢の処刑は、金正恩の意向ではな
く、ナンバー3の崔竜海(チョ・ヨンヘ)によるクーデターだという説を主張しています。

 いずれにしても、まだ事実は混沌としてわかりませんが、これが習近平政権の顔に泥を
塗ったことだけはたしかです。

 北朝鮮は12月17日の金正日の2周忌の際に、韓国のソウルで行われた反北朝鮮デモに関
し、「予告なしに韓国を攻撃する」と通告・挑発してきたようです。

 現在、韓国は中国に急接近していますが、北朝鮮は親中派を粛清し、韓国を脅迫するこ
とで、中国に対して何らかの譲歩を引き出そうとしている可能性もあります。

 韓国の朴槿恵大統領が訪中し、習近平との首脳会談で異例の歓待を受けたことは記憶に
新しいですが、金正恩のほうは、中国に断られて、まだ訪中すらできていません。

 そこで現在、来年の訪中を打診しているようです。

 韓国は韓国で、アメリカのミサイル防衛システムに参加しないことを表明したり、2015
年にはこれまでアメリカが持っていた戦時作戦統帥権が韓国に移管されます。

 要するに、アメリカ軍が在韓米軍の規模を縮小し、韓国もアメリカ離れが進むというこ
とです。

 韓国は日本の集団的自衛権の行使に反対していましたが、これもアメリカはじめ、先進
国各国が日本に賛同したため、韓国は孤立化しました。

 そこで韓国はさかんに「反日」で中国に擦り寄っているわけですが、こうなると、パワ
ーバランス上、北朝鮮はどこにつくか。これから東アジアのパワーバランスが大きく変わ
る可能性があります。

 歴史上、朝鮮半島は東アジアの火薬庫でした。朝鮮戦争は言うまでもなく、元寇も、日
清戦争、日露戦争も、直接・間接的に、朝鮮半島がその原因をつくってきました。

 事大主義(大きな国に仕える)ことが宿命であった朝鮮は、大国と大国の間を行ったり
来たりを繰り返し、それがこの地に新たな火種を作ってきたのでした。

 一方、中国としては擦り寄ってきた韓国を厚遇し、北朝鮮を冷遇することで、「事大」
を演出しながら、両国の忠誠心を競い合わせるための好機として利用しています。

 北朝鮮による張成沢の処刑は、そうした中国に対する一つの挑戦ともいえるわけです。

 このような、歴史的に繰り返されてきた虚々実々の駆け引きが、いま行われていると見
るべきです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 映画「セデック・バレ」DVDお申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

● 渡部昇一先生講演録DVDお申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

● 台湾向け「りんご」お申し込み【【期間限定:2014年1月9日まで】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma【携帯用】

● 台湾産「うなぎセット」お申し込み【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

● パイナップルケーキお申し込み【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

● 台湾産天然カラスミお申し込み【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

● 台湾飲茶6袋セットお申し込み【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

● 喜早天海編著『日台の架け橋』お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

● 李登輝元総統推薦! 小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

● 宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』お申し込み 
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

● 李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rcirfviqm6wd  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/rcirfviqm6wd【携帯用】

● 荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』 お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbq2livmbqmm  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbq2livmbqmm【携帯用】

● 映画「台湾アイデンティティー」全国共通「前売券」お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/u1nyi0fpku01  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/u1nyi0fpku01【携帯用】

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

● 李登輝元総統推薦! 石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0149.reg

●「台湾フルーツビールお試しパック(3本セット)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/taiwanbeer-otamesi.html

●「台湾フルーツビール・台湾ビール(金牌・瓶)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0142.reg

● 李登輝・中嶋嶺雄『THE WISDOM OF ASIA』(『アジアの知略』英語版)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0138.reg

● 林建良氏新著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0136.reg

● 映画「台湾人生」DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0064.reg

● 映画「父の初七日」DVD(日本語字幕)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 映画「海角七号」DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0069.reg

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。