国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2022号】 蔡焜燦氏と許文龍氏に台湾協会から感謝状贈呈

2013/12/22

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成25(2013)年12月22日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2022]
1>> 蔡焜燦氏と許文龍氏に台湾協会から感謝状贈呈
2>> JR九州と台湾高速鉄路の客室乗務員がお互いの列車に乗務して日台交流
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 台湾産うなぎセットや映画セデック・バレDVDなどのお申し込みは本誌下欄から!
 *詳しくはホームページをご覧ください。→ http://www.ritouki.jp/

● 台湾向け「りんご」お申し込み【【期間限定:2014年1月9日まで】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma 【PC用】

◆【戸籍署名(第9期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
 *第9期署名:2013年9月1日〜12月31日
 *署名用紙とアピールチラシのダウンロードは本会ホームページからお願いします。
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 蔡焜燦氏と許文龍氏に台湾協会から感謝状贈呈

 台湾の日本語世代を代表する人物といえば、もちろん李登輝元総統が筆頭に挙げられる
だろうが、蔡焜燦(さい・こんさん)氏と許文龍(きょ・ぶんりゅう)氏もまた日本でよ
く知られる代表的人物と言ってよい。

 去る11月、台湾協会の一行が台湾で催された台湾日本人会などが主催する「日本人物故
者慰霊祭」に参列した機会をとらえ、根井洌(ねい・きよし)理事長から蔡焜燦氏と許文
龍氏に、日台の友好親善と学術文化の交流に多大の貢献をされたとのことで感謝状が贈呈
された。12月15日発行の月刊「台湾協会報」からご紹介したい。

 なお、台湾協会の詳細についてはホームページをご覧ください。

◆台湾協会ホームページ
 http://www.taiwankyokai.or.jp/

-----------------------------------------------------------------------------------------

蔡焜燦氏と許文龍氏に台湾協会から感謝状贈呈
【台湾協会報:平成25(2013)年12月15日号】

◆感謝状の贈呈

 本年9月度の理事会で決定した、日台の友好親善と学術文化の交流に多大の貢献をされて
いる台湾在住の蔡焜燦氏と許文龍氏に対する当協会からの感謝状贈呈式が台湾にて執り行
われた。

◆蔡焜燦氏への感謝状贈呈式

 11月16日午前11時より、台北国賓大飯店にて根井理事長より蔡焜燦氏へ感謝状と記念品
が贈呈された。蔡焜燦氏ご夫妻、交流協会台北事務所から小松康人主任、台湾日本人会か
ら荒牧直樹理事長、山本幸男総幹事、高雄日本人会から高橋克己会長、亜東関係協会元理
事長の羅福全氏ご夫妻、李雪峰氏、台湾歌壇から曽昭烈氏、黄教子氏、荘進源氏、鄭昌
氏、陳姿菁氏、黄伯超氏、劉心心氏、自由時報の呉阿明社長が出席され、森田常務理事と
中村理事が陪席した。

 贈呈式終了後の蔡焜燦氏による招宴では、参加者全員が蔡焜燦氏のこれまでのご尽力に
対して感謝の意を表明すると共にご貢献を讃え、和やかなひと時を楽しんだ。

 なお、記念品としてミキモトが真珠養殖を始めて120年になるのを記念して作られた、真
珠12個をあしらった白蝶貝のフォトフレームを贈呈した。

             ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

感謝状

                                   蔡焜燦先生

貴台に「日本人よ胸を張りなさい!」と励まして頂いた日本人は幅広い分野において数限り
ありません また台湾歌壇の代表者として美しい日本語を用いた心打たれる短歌を台湾の
方々にご指導頂いております 特に東日本大震災に際しての台湾歌壇の皆様の心の籠った
作品に多くの日本人は感涙を禁じ得ませんでした 日台友好の促進にご尽力下さいました
結果 台湾関係者に深い感銘と勇気を与えて頂きました
ここに貴台の功績を顕彰し感謝の意を表します

 平成25年11月16日

                            一般財団法人台湾協会
                                 理事長 根井洌

◆許文龍氏への感謝状贈呈式

 11月19日午後6時30分より、台南市の許文龍氏ご自宅にて根井理事長より許文龍氏へ感謝
状と記念品が贈呈された。交流協会高雄事務所から中村隆幸所長、山口幸文副所長、高雄
日本人会から高橋克己会長、奇美文化基金会から石榮暁氏、許富吉氏、石麗蘭氏、李南楚
氏が出席され、森田常務理事と中村理事が陪席した。

 贈呈式終了後の晩餐会では、氏が釣り上げられた魚の料理を頂戴した。

 懇談の場では、氏が執筆された書籍や自ら作られた胸像、奇美博物館などについて、氏
の趣味の広さと深さを余すところなくご披露して頂いた。また、氏自らバイオリンを奏で
られ、「仰げば尊し」、「故郷」、「蛍の光」等懐かしい曲を全員で合唱し、「赤トン
ボ」の歌に送られながら帰途に就いた。

 なお、これらの歌を氏が歌われるのは、台湾開発に貢献した日本人が、幼い時に歌った
だろうと思いながら故人を偲んでおられるとの事である。

             ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

感謝状

                                   許文龍先生

貴台は戦後の台湾の歪められた歴史観を是正して日本と日本人を正しく評価し日本人に自
信と誇りを取り戻すことを促して下さいました 経済界においては多くの日本企業と親密
な関係を樹立されることにより日台親善に多大の成果を上げて頂きましたまた 台湾の発
展に貢献した多くの日本人の胸像をその人物とゆかりのある場所や施設などに寄贈して下
さいました その結果その人物を台湾の若い世代のみならず多くの日本人にも知らしめて
頂く事により日台相互理解促進の実を挙げ台湾関係者に深い感銘と勇気を与えて下さいま
した
ここに貴台の功績を顕彰し感謝の意を表します

 平成25年11月19日

                            一般財団法人台湾協会
                                 理事長 根井洌

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> JR九州と台湾高速鉄路の客室乗務員がお互いの列車に乗務して日台交流

 こういう日台交流もあったのかと思わされたのが、JR九州と台湾高速鉄路(台湾新幹
線)の客室乗務員同士の相互交流だ。

 JR九州は11月19日、台湾高速鉄道の列車にJR九州の客室乗務員が乗務し、次は台湾
高速鉄路の客室乗務員がJR九州の列車に乗り込んで車内サービスを体験するとする発表。
12月9日から客室乗務員5人が訪台し、現地で教育・訓練を受けた上で列車に乗り込んで20
日まで車内サービスを体験していた。

 21日、台湾での実務交流を終えた5人は帰国したが、「台湾ではお世話になりいろいろ学
んだとし、研修の期間があまりに短く日本に帰りたくないほどだと語った」と語っている
という。

 2014年1月13日から25日まで台湾高速鉄道から5人の客室乗務員が来日し、今度はJR九
州の列車に乗り込んで車内サービスを体験する。

 毎日新聞は「両社はかねて視察するなど友好関係にあり、今回も相互交流の一環として
初めて実現した。担当者間で『こんな研修ができたらいいね』と話していたという」と伝
えている。

 交流は積み重ねであり、お互いが必要とするところに生まれ、人と人との心の交流が伴
わなければ絆は深まらないことを伝えるエピソードだ。編集子がテレビのプロデューサー
やディレクターだったら、日台5人の客室乗務員のドキュメンタリー番組を企画するところ
だ。

-----------------------------------------------------------------------------------------

JR九州乗務員ら、台湾新幹線での研修終えて涙のお別れ
【中央通信社:2013年12月21日】

http://japan.cna.com.tw/news/atra/201312210008.aspx

 (台北 21日 中央社)JR九州の客室乗務員5人が台湾での実務交流を終え、21日帰国の途
についた。5人は台湾がすっかり気に入り、涙する人もいた。 

 この相互交流は台湾高速鉄道とJR九州で、客室乗務員のスキルアップと鉄道会社の知名
度向上をはかるため行われているもので、日本人乗務員5人の研修が台湾で今月9日から始
まった。 

 5人は日本語のできる台湾高鉄側の乗務員とペアを組んで列車に乗り込み接客業務を体
験。中国語での簡単な会話にもチャレンジして乗客からも好評だった。 

 2週間の研修が終わり20日に行われた修了式では、台湾高鉄の欧晋徳会長が挨拶の中で今
回の交流で鉄道協力の新しい1ページが切り開かれたとし、今後も各界の声に応えるべく
鉄道同士の協力提携を続けていきたいとの考えを示した。 

 日本人乗務員らは今回初めて台湾を訪れ、研修期間中は毎日、台湾高鉄の乗務員らと生
活を共にし、台湾の食事も気に入ってすっかり台湾が好きになったといい、修了式では涙
していた。 

 乗務員の1人、有須田知美さん(=写真右)は声を詰まらせながら、台湾ではお世話にな
りいろいろ学んだとし、研修の期間があまりに短く日本に帰りたくないほどだと語った。
また、“謝謝(シエシエ)”と何度も言う以外、どうやってお礼の気持ちを伝えてよいか
わからなくて悔しいと述べた。 

 この5人は21日、帰国の途についたが、来年1月13日、今度は台湾高鉄の乗務員5人がJR九
州へ赴き交流する。 

                           (汪淑芬/編集:谷口一康)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 映画「セデック・バレ」DVDお申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

● 渡部昇一先生講演録DVDお申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

● 台湾向け「りんご」お申し込み【【期間限定:2014年1月9日まで】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma【携帯用】

● 台湾産「うなぎセット」お申し込み【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

● パイナップルケーキお申し込み【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

● 台湾産天然カラスミお申し込み【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

● 台湾飲茶6袋セットお申し込み【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

● 喜早天海編著『日台の架け橋』お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

● 李登輝元総統推薦! 小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

● 宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』お申し込み 
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

● 李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rcirfviqm6wd  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/rcirfviqm6wd【携帯用】

● 荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』 お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbq2livmbqmm  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbq2livmbqmm【携帯用】

● 映画「台湾アイデンティティー」全国共通「前売券」お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/u1nyi0fpku01  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/u1nyi0fpku01【携帯用】

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

● 李登輝元総統推薦! 石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0149.reg

●「台湾フルーツビールお試しパック(3本セット)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/taiwanbeer-otamesi.html

●「台湾フルーツビール・台湾ビール(金牌・瓶)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0142.reg

● 李登輝・中嶋嶺雄『THE WISDOM OF ASIA』(『アジアの知略』英語版)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0138.reg

● 林建良氏新著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0136.reg

● 映画「台湾人生」DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0064.reg

● 映画「父の初七日」DVD(日本語字幕)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 映画「海角七号」DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0069.reg

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 下津井よいとこ2013/12/22

    天長節一般参賀・・・・・・12月23日です。

    新年皇居一般参賀・・・・・・1月2日です。



    「輝かしき明治の文化展」・・・・・・平成26年2月2日迄、明治神宮文化館にて。(明治神宮の境内では、

                6月30日迄、昭憲皇太后百年祭記念のパネル展が行われています。)

    遊就館特別展「奉納 新春刀剣展」・・・・・・26年元日から1月18日迄、靖国神社遊就館にて。

    上野東照宮冬ぼたん祭り・・・・・・26年元日から2月23日迄。



    「東京オリンピックとテレビ」展・・・・・・1月13日迄、NHK放送博物館にて。

    「日本の主要都市における地下鉄開通の歴史展」・・・・・・1月13日迄、地下鉄博物館(東京・葛西)にて。



    ふくしま大交流フェアー・・・・・・12月23日、東京国際フォーラムにて。



    十日戎〈主に阪神地区〉・・・・・・1月9日から11日迄。

      (神話に登場する蛭子神は、三歳になっても足が立たず、哀れなことに葦の舟に乗せられて流されてしまったと云います。日本列島の造成が続いていた頃、なかには陸地として出来かけても定着せずに流れてしまった島があったのかもしれず、そこから、この話が語られるようになったのかもしれません。ところが、或る時、摂津地方の海岸に御神像が流れ着き、これはあの蛭子神に違いないと、人々が手厚く西宮の地に祀ったと伝えられています。西宮神社は、もともと広田神社の写しのような存在であったそうですが、次第に蛭子神(えびす)が中心に位置するようになったのでしょう。また全国各地に蛭子神社(戎神社)が建てられ、特に摂津地方では、盛大なお祭りが行われるようになりました。

     特定地域の複数の神社(またはお寺)で同時に行われるお祭りとしては、酉の市や六月燈なども挙げられ、夫々、由来や特徴がありますが、盛大さと云う点では、十日戎が特に際だっているのではないかと思われます。

     阪神地方では、歳末やお正月に続く楽しい行事として十日戎が親しまれてきました。その賑やかさで、日本の景気を良くして欲しいと思います。また、商売の神であるだけでなく、軍(いくさ)の神であり、海の神でもある蛭子神が国家を守って下さるよう願いたいと思います。)



    交通科学博物館(大阪・弁天町)・・・・・・26年4月6日が最終開館日です。電気科学館と並んで長年、特に近畿の子供達に親しまれてきた交通科学館が閉館します。これでまた一つ、昭和のものが消えてしまうことになります。残念です。



                              以上、情報として書いておきます。

  • 名無しさん2013/12/22

    台湾人「あそこがないなんて・・・」日本人が選ぶ東京で人気の観光地TOP10 

    http://kaola.jp/2013/12/22/18156/

  • 名無しさん2013/12/22

    台湾協会様が蔡焜燦さんと許文龍さんに感謝状を贈られたことに感銘しました。日本はもっと「愛日」「親日」の台湾の方々を大事にすべきです。

  • 名無しさん2013/12/22

    JR九州の試みはナイスアイディアだと思います。彼女たちにとって、台湾新幹線で乗務したことは一生の思い出になると思います。こういう心の財産を作り出すのが交流でしょう。桜を贈ってもセレモニーで終わってしまえば、心の交流がなければ絆は深まりません。