国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第2021号】 台湾修学旅行問題で埼玉県教育長から本会に「配慮足りなかった」と真摯な回答

2013/12/21

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成25(2013)年12月21日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.2021]
1>> 台湾修学旅行問題で埼玉県教育長から本会に「配慮足りなかった」と真摯な回答
2>> 岡山学芸館高校で許文龍氏から寄贈された新渡戸稲造の胸像除幕式
3>> 自虐史観克服と台湾修学旅行  森 靖喜(森教育学園理事長・本会理事)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 台湾産うなぎセットや映画セデック・バレDVDなどのお申し込みは本誌下欄から!
 *詳しくはホームページをご覧ください。→ http://www.ritouki.jp/

● 台湾向け「りんご」お申し込み【【期間限定:2014年1月9日まで】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma 【PC用】

◆【戸籍署名(第9期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
 *第9期署名:2013年9月1日〜11月30日
 *署名用紙とアピールチラシのダウンロードは本会ホームページからお願いします。
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 台湾修学旅行問題で埼玉県教育長から本会に「配慮足りなかった」と真摯な回答

 埼玉県立朝霞高校の生徒が台湾修学旅行の事前学習として、「NHKスペシャル シリー
ズ JAPANデビュー 第一回 アジアの“一等国”」を視聴していた問題で、本会は関根
郁夫・埼玉県教育委員会教育長と東山修二・朝霞高校校長宛に、係争中の裁判資料を教材
とすることや担当教諭への対応について意見と要望書を提出していた。

 昨12月20日、関根郁夫・埼玉県教育委員会教育長から本会の柚原正敬・事務局長宛に真
摯な内容の回答が届いた。

 関根教育長はこの回答の中で「この番組を教材として使用したことについては、係争中
であるとの認識がなかったことを含め、配慮が足りなかった」ことを認め、また「後藤新
平や八田與一など台湾の近代化に寄与した我が国の先人たちの功績について紹介する」授
業を実施させたとも回答してきている。回答の全文を下記に紹介したい。

 東日本大震災をきっかけに、高校生たちが「台湾に感謝したい」と自発的に台湾修学旅
行を希望するケースが多くなってきている。台湾修学旅行は、台湾や日台関係について知
るもっともいい機会だ。

 このような機会を利用して自虐史観を生徒に刷り込もうとする教師が出てくることも当
然予想されたが、まさか係争中の番組を視聴させるとは思いも寄らなかった。これは常識
外のことであり、学習指導要領に悖(もと)る「悪用」だ。

 朝霞高校の担当教諭には、今後とも埼玉県教育委員会からの適切な指導を望むととも
に、迅速に回答していただいたことに、この場を借りて深く感謝申し上げたい。

 台湾への修学旅行は自治体の姉妹提携と同じように、トップの指導力に左右されること
が多い。台湾修学旅行を実施している高校では、校長自ら訪台して交流高校と折衝したり
訪問先を下見するなどし、教材選択も指導しているケースが少なくない。朝霞高校の東山
修二校長からの回答はまだ届いていないが、真摯な回答を待ち望みたい。

-----------------------------------------------------------------------------------------

埼玉県立朝霞高校・台湾修学旅行の事前研修教材について

 柚原様のお問い合わせに、ご回答申し上げます。

 朝霞高校では、平成24年12月の修学旅行(2年生)に向けて、1年生の時から様々な事前
学習を実施しており、この番組の視聴はその一環として行いました。

 この番組の視聴の他に、1年生の遠足として、横浜の中華学院を訪問し、2年生の夏休み
には、日本と台湾の文化・民族・芸能・自然などについて、比較紹介する壁新聞を一人一
人が作成するなど、日台の生徒同士の交流や日台への理解を深めるための活動などを行っ
ております。

 県教委委員会では、生徒が多面的・多角的に考察し、主体的に判断できる力を身につけ
られるよう、教員がバランスのよい授業を展開していくことが肝要であると考えています。

 そういった点で、この番組を教材として使用したことについては、係争中であるとの認
識がなかったことを含め、配慮が足りなかったと考えております。

 そこで、県教育委員会としては、校長を通して当該教員を指導し、生徒に対して再度授
業を実施させております。

 その中では、後藤新平や八田與一など台湾の近代化に寄与した我が国の先人たちの功績
について紹介するなど、生徒が多面的・多角的に考察し、主体的に判断できるよう指導し
ております。

 県教育委員会としては、当該校ばかりでなく、すべての学校において、今回ご指摘をい
ただいたようなことが起こらないように、適切に対処してまいります。

 本県では、これまで7校の県立高校が台湾への修学旅行を実施しているほか、今年度5校
の県立高校で台湾からの修学旅行を受け入れ、生徒同士の交流を図っております。

 今後とも、こうした生徒同士の交流を通して、日台友好の取組を推進してまいりますの
で、ご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 平成25年12月20日

 柚原 正敬 様

                      埼玉県教育委員会教育長  関根 郁夫

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 岡山学芸館高校で許文龍氏から寄贈された新渡戸稲造の胸像除幕式

 本会理事をつとめる森靖喜(もり・やすき)氏が理事長の森教育学園が運営する岡山学
芸館高校(森健太郎校長)は、平成23年から台湾への修学旅行を実施している。今年3月の
台湾修学旅行では李登輝元総統の「日本の若き龍馬たちへ──日本はワルくないよ。もっ
と胸を張って!」と題したご講演も実現している。

 このことを知った隔月刊誌「歴史通」の立林昭彦(たてばやし・あきひこ)編集長は、
今年の7月号で「高校生が訪ねた台湾研修旅行報告」というミニ特集を掲載、李登輝元総統
の講演録や森靖喜氏と修学旅行を引率した小笠原健二(おがさわら・けんじ)教諭の対談
「今、なぜ台湾か──」、また、修学旅行に参加した生徒4人の感想文「李登輝先生の話を
聞いて」も併せて掲載している。

 森理事長はそれまでに何度も訪台し、奇美実業創業者の許文龍氏などとも懇意にしてき
た関係で、台湾修学旅行では許文龍氏の講演も実現している。このような経緯を経て、許
文龍氏に許氏自ら制作した新渡戸稲造の胸像の寄贈を願い出たところ、台湾人の日本への
心を知ってもらえたらということで快諾いただいた。

 昨12月20日、岡山学芸館高校で許氏から寄贈された胸像の除幕式が行われた。産経新聞
が伝えているので下記にご紹介したい。

 岡山学芸館高校は来年3月、4度目となる台湾修学旅行を実施の予定だ。「歴史通」7月号
に掲載された生徒の感想文を読むと、日本人としての誇りを持つことの大事さに触れるな
ど、台湾修学旅行で受けた感銘を瑞々しい筆致でつづっている。それだけ深い感銘を台湾
修学旅行が生徒たちに与えたことに、こちらが逆に感激してしまうほどだ。

 このような岡山学芸館高校の台湾修学旅行の対極にあるのが、係争中のNHK「JAP
ANデビュー」を台湾修学旅行の事前学習で視聴させた朝霞高校だ。

 320名の生徒が書いた感想文のうち、県教委に提出した8名分のみを残してすべて廃棄し
たと伝えられている。学校側は「個人情報のため……講演会などの感想文も同様の処理を
しており、意図的なものではない」と説明しているそうだ。

 改めて、校長や理事長などトップや担当教諭の指導力、すなわち「台湾認識」の違いに
思い至るとともに、NHK「JAPANデビュー」裁判の控訴審判決で「本件番組こそ、
その配慮のない取材や編集等によって、台湾の人たちや特に高士村の人たち……父親を誇
りに思っている控訴人高許の心に、深い傷を残したものというべき」と指摘していたこと
を思い出す。

 朝霞高校は台湾修学旅行が生徒たちに「深い傷を残したものというべき」で、岡山学芸
館高校の台湾修学旅行をぜひ見習って欲しいものだ。

◆岡山学芸館高校
 http://www.gakugeikan.ed.jp/

-----------------------------------------------------------------------------------------

新渡戸稲造の胸像除幕 台湾の実業家が自作 岡山学芸館高へ寄贈
【産経新聞:平成25(2013)年12月21日】

 五千円札に描かれた明治時代の教育者、新渡戸稲造(1862〜1933年)の胸像が、岡山市
東区の岡山学芸館高に建立され、20日に除幕式が行われた。台湾の実業家から寄贈された
ブロンズ像で、同校は「台湾近代化に尽力した新渡戸の功績を再認識し、教育理念の象徴
としたい」としている。

 胸像は、台湾の石油化学会社「奇美実業」創業者、許文龍氏(85)自らが製作、台湾と
交流のある同校に寄贈した。この日の除幕式には約60人が出席。許氏の代理人と同校を運
営する森教育学園の森靖喜理事長らが除幕すると、台座も含めて高さ約180センチのブロン
ズ製胸像が現われた。

 著書「武士道」でも知られる新渡戸は台湾総督府の臨時台湾糖務局長を務め、当時の植
民地政策を単なる収奪型にせず、現地のインフラ整備から立ち上げようと製糖業の近代化
に力を尽くした。その功績を認める許氏は東日本大震災で2億円を寄付した親日家。今回の
胸像寄贈は、台湾人の日本への心を知ってほしい─と実現した。

 森理事長は「台湾にはいわゆる反日教育と真逆の事実がある。その根底にあるのは新渡
戸の武士道精神。改めてこの思いを見直し、教育に反映させていきたい」と話している。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 自虐史観克服と台湾修学旅行  森 靖喜(森教育学園理事長・本会理事)

 岡山学芸館高校などを運営する森教育学園の森靖喜(もり・やすき)理事長は本会理事
もつとめていることから、今年10月に発行した機関誌「日台共栄」の巻頭エッセイ「台湾
と私」で「自虐史観克服と台湾修学旅行」と題して執筆いただいた。

 すでに本誌でもご紹介したが、台湾修学旅行をはじめた経緯や新渡戸稲造の胸像寄贈に
も触れているので、改めてご紹介したい。本会ホームページではPDF版でも掲載してい
るので下記からご覧いただきたい。

◆機関誌「日台共栄」10月号(33号)[巻頭エッセイ「台湾と私」]PDF版
 http://www.ritouki.jp/magazine/magazine033.html

-----------------------------------------------------------------------------------------

自虐史観克服と台湾修学旅行

                      本会理事・森教育学園理事長 森 靖喜

 平成14年11月19日、産経新聞に李登輝元総統の「日本人の精神」が掲載された。慶応大
学三田祭で講演を依頼された李登輝閣下に、あろうことか日本外務省はビザを出さず、講
演は幻となった。そのような経緯から、ならばと産経が講演の全文を紙上掲載したのである。

 大正9年から10年の歳月をかけて烏山頭ダムを完成させ、台湾では「神さま」と慕われ、
銅像やご夫妻の墓が造られ、台湾で最も愛されている日本人「八田與一」(1886―1942
年)の業績を紹介し、清明・誠実な日本精神のすばらしさを訴えたものであった。ダムと
灌漑用水路(24000km=万里の長城の4倍)により、洪水・干害・塩害・風土病の荒地で
あった嘉南平野(香川県と同じぐらいの面積)が穀倉地帯に変身したのである。戦前の日
本のすばらしい歴史が台湾にある。私には衝撃的な内容であった。

 烏山頭ダムだけでなく、台湾には多くの日本人の業績がある。この史実を学園の教育に
取り入れれば、戦後日本を支配している「自虐史観」を克服できる、と確信したのである。

 中国の文化大革命の最中、朝日新聞などが「すばらしい革命」が進行していると賞賛す
る中で、真実は毛沢東による劉少奇追放の凄惨な権力闘争だ、と書く産経新聞を中国は昭
和42年に北京から追放。産経以外の日本のマスコミはどこも北京政府に阿り、台湾には記
者を送り込まないばかりか、台湾のことを記事にすることはほとんどなかった。以後、反
米親中の風潮と台湾無視は現在も続いている。従って、李登輝閣下のすばらしさを知る日
本人は残念ながら少数である。

 そのような言語空間の中で、産経新聞社の主宰で実施された第1回「李登輝学校」に私も
参加し、以後数回「李登輝学校」に参加、閣下の講義を受け卒業証書もいただいた。本学
園の社会科教師を何回かに分けて「李登輝学校」に参加させ、ようやく平成23年より生徒
の修学旅行としての訪台が実現した。

 2回目の今年の3月は、生徒に加えて保護者も参加、日本李登輝友の会事務局のお世話に
より、李登輝先生に講演していただくことができた。「武士道はすばらしい、日本精神を
持つ日本はアジアのリーダーになるべきだ」という講演に生徒は感激し、保護者もすっか
り李登輝ファンに。大成功でした。

 李登輝閣下のご講演とともに、「日経アジア賞」を受賞された、奇美実業創業者の許文
龍会長の講演と、氏が社員研修用に書かれた『台湾の歴史』も衝撃的であった。「日本人
は台湾を侵略したと悪く言うが、日本の統治を受けた台湾人が、日本の統治はすばらしい
と言っているのに、なぜ日本を貶めるのか」「台湾も朝鮮も近代化の基礎は日本が造っ
た」、 故に日本人はもっと胸を脹れと、自虐史観に覆われ自信喪失した日本人に警鐘を鳴
らしておられる。

 このたび、奇美の許瑤華・東京事務所代表のご尽力により、台湾の近代化に大きな功績
を残した新渡戸稲造博士の胸像を寄贈してくださることになった。学園の玄関前に設置す
る予定である。訪台のたびに歓待してくださる蔡焜燦氏とともに、心より御礼を申し上げ
たい。

 終わりに、高雄市の隣、屏東市の私立屏栄高級中学(高校に相当)と姉妹縁組を結び、
相互交流が始まった。昨年は本学園が訪問し、この五月は屏栄の校長以下30数名が来校、
交流を深めている。日台は運命共同体であり、「侵略国家日本」を覆す歴史が、欧米の植
民地政策とは異なる歴史が台湾にはたくさんあることを知ってほしいものである。今後も
両国の絆をしっかり築いていく覚悟です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 映画「セデック・バレ」DVDお申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

● 渡部昇一先生講演録DVDお申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

● 台湾向け「りんご」お申し込み【【期間限定:2014年1月9日まで】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma【携帯用】

● 台湾産「うなぎセット」お申し込み【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

● パイナップルケーキお申し込み【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

● 台湾産天然カラスミお申し込み【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

● 台湾飲茶6袋セットお申し込み【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

● 喜早天海編著『日台の架け橋』お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

● 李登輝元総統推薦! 小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

● 宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』お申し込み 
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

● 李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rcirfviqm6wd  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/rcirfviqm6wd【携帯用】

● 荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』 お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbq2livmbqmm  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbq2livmbqmm【携帯用】

● 映画「台湾アイデンティティー」全国共通「前売券」お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/u1nyi0fpku01  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/u1nyi0fpku01【携帯用】

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

● 李登輝元総統推薦! 石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0149.reg

●「台湾フルーツビールお試しパック(3本セット)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/taiwanbeer-otamesi.html

●「台湾フルーツビール・台湾ビール(金牌・瓶)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0142.reg

● 李登輝・中嶋嶺雄『THE WISDOM OF ASIA』(『アジアの知略』英語版)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0138.reg

● 林建良氏新著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0136.reg

● 映画「台湾人生」DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0064.reg

● 映画「父の初七日」DVD(日本語字幕)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 映画「海角七号」DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0069.reg

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/12/21

    朝霞高校の台湾修学旅行は生徒が希望したものなのでしょうが、修学旅行を楽しみにしている生徒にウソを刷り込んで傷つけるとは、NHKと同じ穴のムジナでしょう。NHKはウソにウソを重ねる回答を何度も出しましたが、その点で、埼玉県の教育長は日本李登輝友の会の要望に誠実に回答してきていて感心しました。

  • 名無しさん2013/12/21

    中国や韓国に比べて台湾関係は嬉しいニュースが多いですね。埼玉県の教育長さんも立派です。