国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1994号】 桜募金 ご協力のお願い 日本から台湾に桜を贈り一緒にお花見をしよう!!

2013/11/14

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成25(2013)年11月14日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1994]
1>> 桜募金 ご協力のお願い 日本から台湾に桜を贈り一緒にお花見をしよう!!
2>> 急増する日台の姉妹都市  柚原 正敬(日本李登輝友の会事務局長)
3>> 関口長太郎先生の慰霊顕彰祭を無事に実施  杉田 謙一(愛知の教育を考える会)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 台湾向け「りんご」や「ポンカン」などお申し込みは本誌下欄をご参照ください。

● 映画「セデック・バレ」DVDお申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】

● 渡部昇一先生講演録DVDお申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】

● 2013年台湾出身戦歿者慰霊祭(11月23日)お申し込み
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/15vq4jb3iotr  【PC用】
 *本会ホームページで案内しています。→ http://www.ritouki.jp/

◆【戸籍署名(第9期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
 *第9期署名:2013年9月1日〜11月30日
 *署名用紙とアピールチラシのダウンロードは本会ホームページからお願いします。
  http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>> 桜募金 ご協力のお願い 日本から台湾に桜を贈り一緒にお花見をしよう!!

 日本李登輝友の会では平成18(2006)年からこれまで5000本を超える河津桜の苗木を台
湾に寄贈し、たいへん喜ばれています。

 この寄贈は、その前年、桜が大好きな李登輝元総統お立会いの下、日本から台湾に桜の
苗木を寄贈、日台で協力して1万本の桜を台湾に咲かせようという趣旨の寄贈調印式を行
ってから始まっています。

 平成22(2010)年には再び李元総統にお立会いいただき、本会は李登輝民主協会(蔡焜
燦理事長)と姉妹提携し、桜を寄贈することで合意しています。また、来期からは台日文
化経済協会(黄天麟会長)へも寄贈することになりました。

 つきましては、本年も引き続き日台の絆を象徴する桜寄贈を行いますので「桜募金」を
お願いすることになりました。ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 平成25(2013)年11月吉日

                                 日本李登輝友の会

-----------------------------------------------------------------------------------------

【桜募金要項】

◆ 1口=2,000円

 *募金にご協力いただいた方のお名前のプレートを植樹する桜に掛け、長く銘記いたし
  ます。

 *15口(3万円)以上の篤志者の方には、蔡焜燦先生の和歌と篤志者のお名前を入れ、
  万葉仮名の第一人者として著名な蔡先生ご友人の荘有徳先生揮毫の色紙を贈呈させて
  いただく予定です。

◆募金期間 平成25(2013)年11月15日〜同26(2014)年3月31日

●郵便局 加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
     口座番号:00110−4−609117

 *郵便局備え付けの「郵便払込取扱票」をお使いください(「桜募金」とお書き添えく
  ださい)。

 *会員の方は、機関誌『日台共栄』の最後に添付の「郵便払込取扱票」をお使いください。

●ゆうちょ銀行 加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
        店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417

 *他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

●銀 行 三菱東京UFJ銀行 本郷支店 普通 0012742
     口座名:日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
         (ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

 *銀行振込の場合はお名前しかわかりませんので御礼状はお出しできません。ご了承く
  ださい。

◆日本李登輝友の会
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp
 ホームページ:http://www.ritouki.jp/
 Facebook:http://goo.gl/qQUX1

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 急増する日台の姉妹都市  柚原 正敬(日本李登輝友の会事務局長)

【日本政策研究センター「明日への選択」平成25年10月号「一刀論断」】

◆「明日への選択」10月号表紙と目次 
  http://www.seisaku-center.net/monthly?page=1

 去る9月9日、熊本県と熊本市が台湾の高雄市と「国際交流促進覚書」を締結した。これ
は、貿易や投資の促進、観光・教育分野の相互交流を図るほか、航空定期便の就航に向け
て協力関係を築こうということで結ばれた覚書で、姉妹都市の一形態だ。

 台湾の通信社である中央通信社が報じ、地元の熊本日日新聞も同行記者による記事とし
て伝えたが、全国紙でこの覚書締結を伝えるところはなかった。

 実は、日本と台湾の間では近年、自治体同士が覚書や友好交流都市、友好協力協定を結
ぶケースが格段に増えている。しかし、台湾紙か日本の地元紙が報道する程度で、全国紙
には載らないケースが多い。ニュースにならなければ事実として認知されない。したがっ
て日本では、日台の自治体がこのような姉妹都市を結んでいることはほとんど知られてい
ないと言っても過言ではない。

 熊本のケースは、今年すでに4件目となる。他の3件は、群馬県と高雄市(友好協力協
定、3月4日)、長野県松川村と彰化県鹿港鎮(友好都市、6月12日)、浜松市と台北市(観
光交流都市、7月31日)がそれぞれ締結している。

 昨年は北海道津別町と彰化県二水郷の友好都市提携など5件(長野県と高雄市の教育観光
協定、美濃市と高雄市美濃区の友好交流協定、群馬県と彰化県の友好協力協定、群馬県と
台中市の友好協力協定)も結ばれていて、この2年間で9件も結ばれている。

 日本李登輝友の会の調査によれば、一昨年は1件もなく、その前年の平成22(2010)年も
7月に鳥取県北栄町が台中県大肚郷と友好交流都市を結んだ1件、その前の年も、日光市と
台南市による観光友好都市提携の1件だけだった。昨年から今年にかけてがいかに多いか分
かる。

 その理由はいくつか考えられる。まず東日本大震災に対する台湾からの200億円を超える
義捐金と多大な物資支援により、台湾の親日ぶりが日本人に強烈な印象として残ったこと
が挙げられよう。

 例えば、震災が起こった当時、仙台市と平成18(2006)年1月20日に交流促進都市を結ん
でいた台南市の頼清徳市長が市議会議長らと4月下旬に駆けつけ、市民が集めた義捐金1億
円余を仙台市に直接贈呈している。台南市は先にも述べたように、平成21(2009)年1月16
日に日光市と観光友好都市を締結していたことから、震災で外国人観光客が激減した日光
市の要請を受けた頼市長は、仙台から2ヵ月も経たない6月中旬、300人もの大観光団を率い
て鬼怒川温泉を訪れている。

 台南市のこの心温まる積極的な行動は、朝日新聞や読売新聞などの全国紙も大きく取り
上げていた。

 これらの報道で、日台間の観光客は格段に増えた。台湾からは2010年が127万人、2011年
は震災の影響で114万人に落ち込んだものの、2012年は149万人と過去最高を記録してい
る。日本からは2010年は108万人だったが、2011年は129万人、2012年は143万人と、日本も
過去最高の訪台者数だった。

 台湾からの観光客の多さは自治体によるチャーター便や定期便誘致につながり、交流活
動の誘因の一つになっている。

 政治の動向も見逃せない。民主党が政権を握っていた平成21年9月から安倍晋三氏が自民
党総裁に返り咲くまでの3年間で、日台間の姉妹都市提携は2件しかない。ところが、平成
24年9月末、安倍氏が自民党総裁に就いて以降、現在までの1年間で9件も提携しているのだ。

 その背景には、安倍政権が日米同盟を強化しつつ価値観外交を展開、着々と中国包囲網
を構築していることと無関係ではない。

 例えば、10年前のことだ。岡山市が台湾の新竹市と姉妹都市を進めようとしたところ、
岡山市と姉妹提携していた中国の洛陽市からやめて欲しいというクレームが入った。それ
ばかりではない。中国大使館や親中派議員からも圧力がかかったという。当時、岡山市長
だった萩原誠司氏がそのときの状況を、今年になって初めて明らかにしている。

〈在京中国大使館の書記官が私に接触してきて、「外交部長の顔に泥をぬるようなこと
は、やめてくれ。あなたのためにもならない」と伝えに来た。……岡山にゆかりの政治家
お二人、橋本龍太郎さんと片山虎之助さんから「萩原君、暴走はいけない」とご忠告をい
ただいた。〉(「日台共栄」平成25年8月号)

 萩原市長はそれまで日中共同声明や日中平和友好条約を精査し、外務省条約局にも台湾
の自治体と交流協定を結ぶことがそれらの声明や条約に違背しないことを確認していた。
だから、中国大使館と親中派政治家の要請をはねのけ、新竹市と友好交流都市を締結し
た。平成15(2003)年4月21日のことである。

 この3年後に仙台市は台南市と交流協定を結んでいるが、このときも中国は市長の後援会
組織など様々なルートを使い、当時の仙台市長だった梅原克彦氏に圧力をかけてきたそう
だ。梅原氏も「中国側の横槍には、本当にうんざりしました」と当時の状況を「日台共
栄」誌(平成22年5月号)で明らかにしている。

 ところが、冒頭に紹介した今年9月の熊本県と熊本市による高雄市との提携では、中国や
政治家からの圧力はなかったと漏れ聞く。これだけ事例が多くなると、中国側も対処しき
れなくなったという事情に加え、現政権下での内政干渉的な妨害活動は中国にとって不利
であることをよく分かっているからでもあろう。

 国交がない台湾とはいえ、交流の密度はますます高まっている。閣僚に近い政治家や官
僚高官の訪台も頻繁になり、修学旅行先に台湾を選ぶ高校も急増している。今後、日台の
自治体交流がさらに緊密になってゆくことは確実な流れとなっている。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 関口長太郎先生の慰霊顕彰祭を無事に実施  杉田 謙一(愛知の教育を考える会)

 11月9日、芝山巌(しざんがん)事件で非命に斃れた六士(氏)先生の一人、愛知県西尾
市出身の関口長太郎(せきぐち・ちょうたろう)命の慰霊顕彰祭(祭主は山口周行・日台
友愛さくらの会会長)と講演会が地元の西尾市で開かれました。

 主催した愛知の教育を考える会の杉田謙一(すぎた・けんいち)氏から、無事、盛会裡
に終了したとのご連絡をいただきましたので下記にご紹介します。

 ちなみに、芝山巌事件は今から117年前の明治29(1896)年1月1日に起こり、台湾の芝山
巌公園には今も六士(氏)先生のお墓があり、台湾の人々に守っていただいています。今
夏、本会青年部もお墓を守る士林小学同窓会会長の林政毓(りん・せいいく)先生のご案
内で参拝しています。

 しかし、現在、ご遺族は別として、六士(氏)先生の慰霊顕彰が続けられているのは、
この関口長太郎命のみのようです。

 なお、杉田氏からお送りいただいた慰霊顕彰祭に奏上された懇篤な祝詞(のりと)の振
り仮名は杉田氏が付けたものですが、読みやすさを考慮し改行していることをお断りします。

-----------------------------------------------------------------------------------------

関口先生慰霊顕彰祭・講演会、無事実施

                         愛知の教育を考える会 杉田 謙一

 無事、芝山巌精神、六氏先生関口長太郎先生慰霊顕彰祭・講演会を終えました。有難う
ございました。30名のご参加です。

 国会議員は地元の維新、重徳和彦先生のご参加。青山周平先生は祝電。地元市議も参加
くださいました。地元新聞にも取り上げられました。

 以下、当日、神主先生が奏上してくださいました祝詞であります。

              ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

鶴城(つるしろ)と名付けられし 、美(うるわ)しき 城跡に建設(たてま)けられし、
西尾小学校の築山に 天立たす石碑(いしぶみ)の大前に、祭の庭を設(ま)けて、招
(お)ぎ奉り、坐(ま)せ奉る、関口長太郎大人(うし)命(みこと)の御前(みまえ)
に(吉野由美)、慎み敬(いやま)ひ 、恐(かしこ)み恐みも白(もう)さく。 

永きに亘る武士(もののふ)の政治(まつりごと)を改め、御親政の御世を開かせ給ひ、
大日本帝国となりし明治の御世、未だ修理固成(つくりかため)ならざる内、外国(とつ
くに)の邪(よこしま)なる醜(しこ)の嵐吹き荒び、ゆくりなくも日清の御戦(みいく
さ)と成れり。我が皇軍良く戦ひ、終に下関にて平和(おだひ)の誓ひを結ぶに至れり。
これによりて、台澎諸島我が版図に帰す。

これを受けて、総督府台湾の民を教育せんと、有為の士を求めたるも、炎熱たる彼の地、
未だ目覚めざる荒ぶる者共跋扈し、声挙ぐる者無し。秋(とき)に、明治の大帝(おほみ
かど)の詔(みことのり)「今ひとつ国にならむ 彼の地に、良き民多(さわ)に生み成す
は、神の命ずるところなり」を拝し奉り、恩師伊沢修二先生率ひる六氏先生、危険(あや
ふき)を侵して教員(おしへのおや)に任(ま)けられ給ふ。

明くる明治二十九年(はたとせあまりここのとせ)、新玉の年の寿ぎせむとて、総督府に
参る道すがら、血に左迷へる大勢の狂徒(たわぶれめ)、攻め寄せ来たり。諭しの業(わ
ざ)も甲斐無く、奮闘の果て、六氏先生悉く身失せ給ひけり。「一視同仁」「たおれて
後、己む」「身を殺して仁を成す」を、そのままに、明き清き真(まこと)心の学舎(ま
なびや)での教への業、途の始まりにて閉ざされし無念や如何にと、胸裂くるばかりなり。

されど後の世に、彼の地にて、「芝山厳精神」「リップチュンシン(日本精神)」と称へ
られし、美わしき精神(こころね)は、汝(いまし)命(みこと)等の御勲(みいさお
し)の著(しる)くも顕(あら)はれし証にして、あはれ喜ばしく、心嬉しき事なり。

さる程に、先の大東亜御戦、御国開けてこの方、長き歴史(ふみ)にも例(ためし)無き
由々しき状に終わりぬるぞ、只只憂たき事限り無し。

これによりて、台湾の人々とも、心ならずも国分かちける。彼の地の芝山厳の学舎・神社
(かむやしろ)・石碑・奥都城(おくつき)、悉く取り潰されしなり。戦い終わりしより
六十八年(むそとせあまりやとせ)、人の心驕り、荒み、危ふく、軽々しく、ただ物質
(もの)を尊び、精神(こころ)軽みて、正しき道は廃れ、美はしき習ひ顧みられず。心
ある人々皆、御国の行く末を思ひ計りて、転(うた)て嘆きてあり。

今、大人の恵を慕ひみ、功(いさおし)を仰ぐ事いよいよ深く、いよいよ高し。

大人の生まれ給ひし神無月十一日(とおかあまりひとひ)に程近き、今日九日、日台友愛
さくらの会 山口周行会長を祭主(まつりぬし)として、志厚き人々、み縁深き人々、相議
(はか)り、相語らひて、御前も狭(せ)に参列(まひつらな)み、御饌(みけ)御酒
(みき)を始めて、海山野の種々(くさぐさ)の味物(ためつもの)を机代(つくえし
ろ)に置き足らはし捧げ奉りて、玉緒(たまのを)の御霊鎮(みたましず)めの神事(か
むごと)仕(つか)へ奉りて、高き御蔭(みかげ)を仰ぎ、深き御恵を偲び、八十(や
そ)玉串の取々に拝(おろが)み奉る様を、平らけく安らけく、宇豆(うづ)なひ聞こし
召して、今も行く先も、愛(め)ぐしき学徒(まなびご)らを始めて、日出(ひいづ)る
大和の国体(くにがら)、及び、彼の台湾の国民(くにたみ)達をも、恵みの幸霊(さき
みたま)配(きま)り給ひて、各(おの)も各も、大人の御心を忘るる事無く、失くす事
無く、承継(うけつぎ)持ちて、いや遠永に 御大国の立て直しの大き厳しき業に勤しみ仕
へ奉らしめむと、顕然(あらたか)に神諭し、神諭(おし)へ、神導き給へと、仰ぎ乞祈
(こひの)み、辞(こと)竟(を)へ拝(おろが)み奉らくと恐み恐みも白す。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 映画「セデック・バレ」DVDお申し込み *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

● 渡部昇一先生講演録DVDお申し込み *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

● 台湾向け「りんご」お申し込み【【期間限定:2014年1月9日まで】 *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma【携帯用】

● 2013年・台湾ポンカンお申し込み【期間限定:2013年12月6日まで】 *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a0mm6tpx6wtx 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/a0mm6tpx6wtx【携帯用】

● 台湾産「うなぎセット」お申し込み【随時受付】 *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

● パイナップルケーキお申し込み【随時受付】 *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

● 台湾産天然カラスミお申し込み【随時受付】 *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

● 台湾飲茶6袋セットお申し込み【随時受付】 *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

● 喜早天海編著『日台の架け橋』お申し込み *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

● 李登輝元総統推薦! 小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)』お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

● 宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂』お申し込み 
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

● 李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rcirfviqm6wd  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/rcirfviqm6wd【携帯用】

● 荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』 お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbq2livmbqmm  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbq2livmbqmm【携帯用】

● 映画「台湾アイデンティティー」全国共通「前売券」お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/u1nyi0fpku01  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/u1nyi0fpku01【携帯用】

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

● 李登輝元総統推薦! 石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0149.reg

●「台湾フルーツビールお試しパック(3本セット)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/taiwanbeer-otamesi.html

●「台湾フルーツビール・台湾ビール(金牌・瓶)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0142.reg

● 李登輝・中嶋嶺雄『THE WISDOM OF ASIA』(『アジアの知略』英語版)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0138.reg

● 林建良氏新著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』≪特別頒価≫ お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0136.reg

● 映画「台湾人生」DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0064.reg

● 映画「父の初七日」DVD(日本語字幕)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 映画「海角七号」DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0069.reg

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン「日台共栄」

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。