国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1947号】 【第11回台湾セミナー】 尾崎幸廣弁護士と反町佳生氏を講師に9月28日に開催!

2013/09/11

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成25(2013)年 9月11日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1947]
1>>【第11回台湾セミナー】 尾崎幸廣弁護士と反町佳生氏を講師に9月28日に開催!
2>> 小泉進次郎・自民党青年局長らが李登輝元総統の講演を拝聴
3>>【読者の声】 2020年の東京オリンピックに台湾は「台湾」で参加を!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 尾崎幸廣弁護士・反町佳生氏「第11回台湾セミナー」(9月28日)お申し込み *new
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch 【PC用】

● 第20回「日本李登輝学校台湾研修団」お申し込み【締切:10月20日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/sdbtsix1k40x 【PC用】

◆【ネット署名(第9期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  *第9期署名:2013年9月1日〜11月30日
  *署名用紙のダウンロードは本会ホームページからお願いします。
   http://www.ritouki.jp/suggest/koseki.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>>【第11回台湾セミナー】 尾崎幸廣弁護士と反町佳生氏を講師に9月28日に開催!

 日本の台湾統治を差別と弾圧だとして放映した平成21(2009)年4月5日のNHK「JA
PANデビュー・アジアの“一等国”」は出演者からも批判され、1 万人以上が原告とな
って裁判を起こした。裁判は控訴審の審理を終え11月に判決が下される。高池勝彦弁護団
長とともに、当初から弁護団の中心として担当してきた尾崎幸廣弁護士に裁判の争点や問
題点についてお話しいただく。

 また、台湾と関わるようになったきっかけは人それぞれだが、家族まで台湾への関心を
深めさせることはなかなかできない。妻や子供4人全員を大の台湾ファンにさせた反町佳生
理事に、台湾と巡り合ったきっかけや、台湾を通じた家族とのコミュミケーション、台湾
の魅力などについてお話しいただく。

 ご参加の方は、申し込みフォーム、メール、FAXにてお申し込み下さい。【当日受付可】

*次回の第12回台湾セミナーは10月28日(土)14時から開催の予定です。

                   記

◆日 時:平成25(2013)年9月28日(土) 午後2時〜5時(1時30分開場)

◆会 場:アカデミー茗台(めいだい) 7階 学習室A
     東京都文京区春日2−9−5 TEL:03-3817-8306
     【交通】地下鉄:丸ノ内線 茗荷谷駅 徒歩8分 
    *春日通り沿い、茗台(めいだい)中学校の隣
     http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1995

◆講 師:尾崎幸廣氏(本会理事・弁護士)

◆演 題:NHK・JAPANデビュー裁判の控訴審を終えて─その争点と問題点

     尾崎幸廣(おざき・ゆきひろ) 昭和23(1948)年、福井県福井市生まれ。京
     大法学部卒業。同47年、旧防衛庁入庁。経理局会計課勤務。同51年に検事とな
     り、連続企業爆破事件などに携わり、平成3年から6年まで公安調査庁審理課
     長。同18年、釧路地方検察庁検事正を最後に退官。それ以後、弁護士。弁護団
     の一員としてNHK・JAPANデビュー裁判やNHK受信・契約裁判に臨
     む。本会理事、メディア報道研究政策センター理事。

◆講 師:反町佳生氏(本会理事・千葉ガス勤務)

◆演 題:邂逅の宝島

     反町佳生(そりまち・よしお) 昭和37(1962)年、愛知県生まれ。同61年に
     東京ガス(株)に入社し、平成25年4月、千葉ガス(株)に出向。平成21年、日本李
     登輝学校台湾研修団に長女とともに初参加。以後3回参加し、同22年9月実施の
     第14回では長男とともに参加し副団長をつとめる。同23年、友愛会入会。家族
     (妻と二男二女)全員が大の台湾ファンで、年2回程度のペースで渡台してい
     る。本会理事。

◆参加費:1,000円(会員) 1,500円(一般) *当日ご入会の方は会員扱い

◆申込み:申込フォーム、メール、FAXにて。 *9月27日(金) 締切 【当日受付可】

     申込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch

     E-mail:info@ritouki.jp  FAX:03-3868-2101

◆懇親会:終了後、講師を囲んで会場の近くにて。

     参加費=男性:3,000円 女性:2,500円 学生:1,000円

◆主 催:日本李登輝友の会
     〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
     TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101 E-mail:info@ritouki.jp

-----------------------------------------------------------------------------------------

9月28日「第11回台湾セミナー」申込書

ご氏名:

会 籍:  会員 ・ 一般 ・ 入会希望

お電話:

メール:

懇親会:  参加 ・ 不参加

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 小泉進次郎・自民党青年局長らが李登輝元総統の講演を拝聴

 9月9日から自民党青年局の海外研修として局長の小泉進次郎(こいずみ・しんじろう)
衆議院議員ら33名と地方議員など約100名が3泊4日で訪台している。

 昨日は、馬英九総統への表敬訪問や総統府視察、立法委員との意見交換会などの日程を
こなし、その後、台北市内のザ・リージェント・台北(台北晶華酒店)に李登輝元総統を
招き「安倍晋三首相のリーダーシップ」をテーマとする講演を拝聴した。

 李登輝元総統は椎骨動脈のステント手術後の7月29日に退院しているが、公の場で講演す
るのは、退院後初めて。自らが董事長をつとめる李登輝基金会による8月24日開催の募金パ
ーティーには、退院後初めて公の場に姿を現したが、体調不十分とのことで登壇しての挨
拶はされず、令嬢の李安[女尼]さんが代わりに挨拶に立った。

 報道によれば、小泉青年局長は訪台前、麻生太郎副総理から激励を受けた際、青年局長
として台湾訪問を必ず実現させるようアドバイスを受けていたそうで、李元総統とお会い
するのも小泉青年局長の念願だったという。朝日新聞が自民党青年局と台湾を軸に記事を
まとめているので下記に紹介したい。

 朝日の記事でも紹介されているが、青年局長経験者では、竹下登、宇野宗佑、海部俊
樹、安倍晋三、麻生太郎の5名が後に総理となり、平沼赳夫、故中川昭一、古屋圭司、岸田
文雄、水野賢一、金子恭之、萩生田光一、井上信治など、知台派、親台派といわれる議員
を排出している。

 ちなみに、小泉青年局長らは本日、台中市霧峰区にある九二一地震教育園区や烏山頭ダ
ムなどを視察し、夜には王金平・立法院長主催の夕食会に臨む予定だという。

-----------------------------------------------------------------------------------------
小泉進次郎氏ら台湾訪問 自民青年局、続く交流の窓口
【朝日新聞:2013年9月11日】

http://digital.asahi.com/articles/TKY201309100500.html?ref=comkiji_txt_end_kjid_TKY9・11201309100500

写真:台湾の国会議員にあたる立法委員と意見交換する自民党青年局の小泉進次郎青年局
   長(左から2人目)=10日、台湾・台北市の立法院、三輪さち子撮影

 【三輪さち子】自民党の小泉進次郎青年局長(32)が10日、台湾を訪問し、馬英九総
統、李登輝元総統らと相次いで会談し、東日本大震災での台湾の支援に謝意を伝えた。小
泉氏には青年局の国会議員33人や地方議員ら計約100人が同行した。 

 台湾との関係強化は中国を刺激しかねない面もあるが、小泉氏は「東アジア地域の安定
のため、周辺国とどうつきあうか。外交関係はなくても新しい日台関係を築きたい」と語
る。 

 小泉氏らとの会談で、李氏は「将来の指導者となる若い皆さんの参考になるよう、安倍
晋三首相のリーダーシップについて話す」と日本語で語りかけた。安倍首相は96〜97年に
青年局長を務め、李氏とも長い付き合いがある。 

 馬氏との会談では、馬氏が沖縄・尖閣諸島について「係争を棚上げにしたことで日台漁
業協定が締結された」と主張。小泉氏はその場で応じなかったものの、会談後、「忌憚の
ない意見交換ができるのが青年局との交流のいいところだ」と語った。 

 日本政府が台湾との国交を持たないなか、自民党では長年にわたり青年局が交流の窓口
となってきた。小泉氏は2年前に就任した際、経験者の麻生太郎財務相から「青年局長とし
て一つだけ変わらずにやってほしいことがある。それが台湾だ」と言われたという。 

 青年局の参加資格は45歳以下の党員で、国会議員は94人。青年局長は将来、党を背負う
人材になる「登竜門」とされ、歴代局長から5人の首相が輩出した。第2次安倍内閣の閣僚
でも麻生氏ら4人が局長経験者だ。72年の断交後も党内には根強い親台派がおり、青年局が
日台議員のパイプ役を担う。 

◆自民党青年局と台湾の関係 

1967年 青年局を窓口に日華青年親善協会設立(小渕恵三会長)、国民党の蒋経国氏(後
    の総統)と交流開始 

1972年 日中国交正常化。台湾との国交断絶以降も毎年相互訪問を続ける

1994年 塩谷立青年局長、安倍晋三青年局次長ら議員団が訪台

1997年 安倍晋三青年局長ら議員団が訪台 

2011年 「中華民国建国100年」式典出席のため麻生太郎元首相ら歴代青年局長が訪台

2013年 小泉進次郎氏ら約100人が訪台 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>>【読者の声】 2020年の東京オリンピックに台湾は「台湾」で参加を!

 2020年のオリンピックの開催地が東京に決定(日本時間9月8日未明)したことを受け、
台湾チームは「中華台北(チャイニーズ・タイペイ)」ではなく、「台湾」という名称で
参加できないものだろうかと本誌で提案したところ、少なからぬ反響をいただいた。

 台湾がオリンピックなどの国際的なスポーツイベントに参加する場合、その名称は「中
華台北(チャイニーズ・タイペイ)」だが、世界の国々が台湾出身者の居留証で使用して
いる名称のほとんどは「台湾(TAIWAN)」であり、日本も外国人登録証明書では
「中国」と表記していたが、昨年7月9日から実施している在留カードでは「台湾」と改め
ている。外国人住民基本台帳でも「台湾」と表記している。

 日本で開催するオリンピックなのだから、台湾には「台湾」の名称で参加できる道をぜ
ひ開きたい。ご意見ご感想をお待ちしています。

◆ご意見ご感想は下記アドレスへお願いします。
 E-mail:info@ritouki.jp

-----------------------------------------------------------------------------------------

●2020年東京オリンピアード、台湾が「台湾国」として出場するのは当たり前の事です。
 CHINESE TAIPEI←この名称は、台湾人が嫌々名のらされているのですから、親友たる
 我々日本人が是正するのは、当たり前の事です。 是非、頑張りましょう。(9月10日)

●台湾人の意見も訊かず、国民党が勝手に「中華台北」という変な名称を付け、使わせて
 来たことに異議、憤慨を感じていました。率直に「台湾」と言えば皆分かるのに、「中
 華台北」と言わされるので、オリンピックの解説者もいつも説明をさらに加えないとい
 けないはめになる。堂々と「台湾」の二字で参加させるべき!(9月10日)

●本当に、実現して欲しいです。「台湾!」・・・

 開会式では、大勢の日本人も、台湾団に拍手を送るでしょう。考えただけでも涙でそう
 な光景ですね。

 台湾の今の状態は、本当に暗澹たる状況です。中国との交流はあらゆる方面で進んでい
 ます。馬英九の今の支持率は、10%ちょっとに過ぎませんが、手段は強引です。司法へ
 の介入、第四原発建設続行支持、説明無しの両岸貿易サービス協定調印など、やってい
 ること全てが、国民の気持ちとかけ離れており、独裁者・馬英九から人々はどんどん離
 れています。(こちら側からすれば、もともとそういう人物だったのに、気がつくのが
 遅い!ということなのですが)。

 しかしながら、中国の要素は日に日に台湾を蝕んでいる状態で、雑誌、TVなどのメディ
 アを通じて、洗脳、統一工作も進んでいるといわざるを得ません。この政府が倒れない
 限りは、台湾の将来はありません。

 来年には、大きな地方選挙が待ち構えており、民進党も選挙対策に力を入れています。
 しかし、総統選挙は2016年、まだまだ先です。

 台湾の名で、オリンピックを、という「正論」が、独裁者馬英九の元ではなかなか実現
 し難いかもしれませんが、2020年のオリンピックの4年前、2016年に政権がグリーン陣営
 に交代すれば、「台湾名でオリンピック参加を」の話が新しいリーダーの元で、国民に
 も広まりやすくなり、台湾人の支持も広がっていくと感じます。

 それまで、日本人の台湾支持をどんどん増やしていきたいですね。そして、台湾の人た
 ちの覚醒を同時に願います。(9月10日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人』 お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbq2livmbqmm  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbq2livmbqmm【携帯用】

● 映画「台湾アイデンティティー」全国共通「前売券」お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/u1nyi0fpku01  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/u1nyi0fpku01【携帯用】

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr  【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

● 李登輝元総統推薦! 石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0149.reg

●「台湾フルーツビールお試しパック(3本セット)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/taiwanbeer-otamesi.html

●「台湾フルーツビール・台湾ビール(金牌・瓶)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0142.reg

● 李登輝・中嶋嶺雄『THE WISDOM OF ASIA』(『アジアの知略』英語版)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0138.reg

● 林建良氏新著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』≪特別頒価≫ お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0136.reg

● 映画「台湾人生」DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0064.reg

● 映画「父の初七日」DVD(日本語字幕)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 映画「海角七号」DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0069.reg

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン「日台共栄」

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/09/11

    台湾人が一番好きな国は日本。その日本でオリンピックが行われるのですから、台湾は何としても台湾(TAIWAN)で参加したいのです。チャイニーズ・タイペイではイヤです。チャイニーズ・タイペイって「中国・台北」であって「中華台北」じゃないです。中華なんて大嫌いです。