国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1917号】 【報告】 暑さにも負けず呉正男氏と川村純彦氏を講師の「台湾セミナー」は大盛会!

2013/08/01

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成25(2013)年 8月1日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
           日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1917]
1>>【報告】 暑さにも負けず呉正男氏と川村純彦氏を講師の「台湾セミナー」は大盛会!
2>> 続々増える映画「台湾アイデンティティー」の上映館
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第8期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-2048.html
  *第7期・第8期ネット署名数:494人(8月1日現在)
  *第8期署名:2013年6月1日〜8月19日

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込み【PC用】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

● 本会青年部台湾研修ツアーお申し込み【PC用 】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/jj7e92nevyjj

● 映画「台湾アイデンティティー」全国共通「前売券」お申し込み【PC用】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/u1nyi0fpku01

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>>【報告】 暑さにも負けず呉正男氏と川村純彦氏を講師の「台湾セミナー」は大盛会!

 本会は去る7月27日、東京・文京区内のアカデミー茗台(めいだい)において、呉正男
(ご・まさお)氏と川村純彦(かわむら・すみひこ)氏の2人を講師に「第9回台湾セミナ
ー」を開催した。

 お天気を気にしつつの開催だったが、蒸し暑い中を約50名が参加し、2人の話に聞き入っ
た。この日は隅田川の花火大会と重なり、参加者の中にはセミナーが終わってから見に行
くという人もいた。ただ残念ながら、予想どおり天気が崩れて大雨となり、隅田川の花火
大会は開会30分ほどで中止となった。

 司会は柚原正敬・事務局長がつとめ、常務理事の石川公弘(高座日台交流の会会長)が
開会の挨拶を述べ、まず呉正男氏が「映画『台湾アイデンティティー』と台湾人のアイデ
ンティティー」と題して講演。

 映画「台湾アイデンティティー」に出演している呉氏は、18日間で平均170人が映画を観
に来ていることや、台湾で中国語の字幕を付けての公開が決まったことなど、好調ぶりを
報告するとともに、8年前にさかのぼる酒井充子(さかい・あつこ)監督とのお付き合いに
も触れ、昨年末、映画出演の依頼があったときは「来たか」という感じで淡々と受け入れ
た心境を披露した。

 呉氏は自らの来歴を話しつつ、中学受験に2度失敗したお蔭で日本に来ることができた、
ソ連に2年間抑留されたお蔭で2・28事件渦中の台湾に帰れなかったので命拾いしたなど、
塞翁が馬のようなプラス思考で生きてきたことなども披瀝。

 日本への帰化申請について、軍人としての経験もあるので簡単に手続きできるのではな
いかと考えていたら、窓口で3度も「申請しても出ないことがある」と言われて嫌気がさ
し、その上、日本人の夫人から「今さらなぜ申請するの? メリットもデメリットもない
なら止めたら」と諭されたことや、夫人が旧姓をけっして名乗らず「呉」で通してきたこ
とも併せて紹介された。

 映画の中で、酒井監督から「呉さんは何人ですか?」と聞かれて「台湾人」と答えた
が、その後、台湾に住む人々の中には今でも「中国人」と名乗る人がいることに疑問を覚
え、「今なら台湾籍日本人と答えたい」と述べ、約1時間にわたった講演を締めくくった。

 5分ほどの休憩の後、「なぜ日本は『日台関係基本法』を制定しなければならないのか」
と題した川村純彦氏の講演が始まった。

 川村氏は、本会の「日米台の安全保障等に関する研究会」の座長もつとめる防衛問題の
専門家。尖閣諸島をめぐって浮上してきている中国の動向やその目的、台湾の重要性につ
いて詳しく分かりやすくお話しいただいた。

 中国の目的はアメリカと肩を並べる覇権国家になることであり、核を積める潜水艦を持
ち、航空母艦を備えることなどによって、その潜水艦を沈めておくために南シナ海を核心
的利益としていると指摘。南シナ海を聖域化したいために、東シナ海の制空権や制海権を
確保したいがために尖閣諸島への挑発行為を繰り返しているとも指摘。

 しかし、中国軍には航空母艦はあるが飛行機を飛ばせるような状態ではなく、中国自身
も南西シーレーンを使っているのでマラッカ海峡を封鎖すれば国内は大混乱に陥るなどの
弱点も少なくなく、逆に日本は対潜哨戒機P3Cを100機や優秀な潜水艦もあると説き、日
中の軍事力では日本が優っている現状を紹介した。

 しかし、日本にとって台湾はシーレーン防衛上も大事なポイントであるにもかかわら
ず、台湾との法的関係が一切ないという状態は危険であり、アメリカが台湾関係法を制定
しているように、政策提言の4つのポイントを紹介しつつ、日本も日台関係基本法を制定す
るようしなければならいと強調された。

 その後に開かれた懇親会には、講師の呉氏や川村氏をはじめ24名が参加、セミナーで聞
き洩らしたことなどを質問したり、台湾の話題で遅くまで盛り上がった。お開きのころに
は、文京区内を襲った大雨もあがっていた。

 取材に来た「台湾新聞」が、当日の写真とともに講演内容を詳しくレポートしているの
で下記にご紹介したい。

 なお、この台湾セミナーは6月から毎月開催することとなり、今後は月末の土曜日開催と
なる。8月は31日の午後2時から「アカデミー茗台(めいだい)」で、9月は28日の午後2時
からやはり「アカデミー茗台」での開催を予定し、近々、8月セミナーを案内します。

-----------------------------------------------------------------------------------------

呉正男さん、川村純彦さん、W講師の講演会が開催 
【台湾新聞:2013年7月30日】
http://blog.taiwannews.jp/?p=14844

 日本李登輝友の会主催の「第9回台湾セミナー」が7月27日、都内で開催され、日本李登
輝友の会理事でもある呉正男さん(横浜台湾同郷会最高顧問)、同会の常務理事でもある
川村純彦さん(NPO法人岡崎研究所副理事長)が講演を行った。

 冒頭、司会の日本李登輝友の会の柚原正敬事務局長は、「本日は、呉正男さんの『映画
台湾アイデンティティと台湾人のアイデンティティ』と題する講演と本会が政策提言を行
っている『日台関係基本法』について川村純彦さんに講演を行っていただきます」と挨拶
し、開会宣言を同会の常務理事でもある石川公彦さん(高座日台交流の会会長)が行っ
た。

 呉正男さんは、東京・ポレポレ東中野で7月6日からロードショー公開された、自らも出
演しているドキュメンタリー映画「台湾アイデンティティー」の好調な観客動員を喜ぶと
同時に、「親台湾の多くの方々にPRしていただき感謝したい。こうした状況は、何より
最近の台湾人に対する日本人の関心の高まりが大きな原因だろうと思います」と述べた。

 呉さんは続けてこの映画の宣伝に力を入れていること、酒井充子監督との出会い、自ら
の戦争時代の体験談、映画出演への思いを熱心に語った。

 最後に、呉さんは「映画のなかで酒井監督に『呉さんは何人ですか』と質問されて『台
湾人です』と答えたが、後で考えて後悔している面もある。外省人がもう台湾で何十年も
住んでいるのに『中国人』と答えているのはおかしいと思うから。今、言うなら自分は
『台湾籍日本人』というのが正確だと思います」と力を込めた。

 一方、川村純彦さんは、中国が尖閣諸島問題で日本に仕掛けてきている背景のひとつに
は中国国内問題があるとし、格差拡大、環境破壊、人権問題、少数民族問題、共産党幹部
の汚職問題などを挙げた。「こうした問題が自分に向かわないよう、日本という国向けた
いというのが中国の考え方です」(川村さん)

 川村さんは東シナ海、南シナ海の軍事上の意味と中国の軍事戦略、中国の軍備・兵器の
現状、脅威と欠点などについて詳細に分析した上で「こうした中国の行動の基本になって
いるのが1992年に、尖閣諸島、西沙諸島、南沙諸島を中国の領土であると規定した『領海
法』を施行したことです。これは国内法で国際的には意味がないわけですが、我が国はこ
のとき、きちんと抗議をしなかった」。

 川村さんはまた、仮に台湾が中国の側につけば日本の防衛はスカスカになり、その意味
で台湾は日本にとって運命共同体であるにもかかわらず、国交がないのは大きな問題。ア
メリカが国交断絶の際、台湾関係法を制定したように我が国も法の整備が必要だと説い
た。

 川村さんが日本李登輝友の会の政策提言で訴えている政策の柱は大きく4つあるが、その
一番目。

「緊迫するアジア太平洋地域において我が国と台湾との関係は、現行の経済、社会、文化
に限定した民間の実務関係だけで律することは極めて困難となっており、交渉相手の台湾
の地位を法的に明確に規定するとともに、台湾との総合的な外交を行うための根拠法規日
台関係基本法を作る必要がある」。

 こうした政策提言に対し、質疑応答が活発に交わされていた。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>> 続々増える映画「台湾アイデンティティー」の上映館

 台湾セミナーで呉正男氏も言及したように、映画「台湾アイデンティティー」が好調
だ。続々と上映館が決まっている。

 上映館や上映日の詳細は映画「台湾アイデンティティー」の公式ホームページでご確認
ください。

◆ 映画「台湾アイデンティティー」公式ホームページ
  http://www.u-picc.com/taiwanidentity/index.html

 全国どの上映館でも観られる「全国共通・前売券」の取扱いは日本李登輝友の会のみ。
下記からお申し込みを!

● 映画「台湾アイデンティティー」全国共通「前売券」お申し込み【PC用】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/u1nyi0fpku01

● 映画「台湾アイデンティティー」全国共通「前売券」お申し込み【携帯用】
  https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/u1nyi0fpku01

-----------------------------------------------------------------------------------------
【関東】

1 東 京:ポレポレ東中野  7月6日(土)〜

2 神奈川:ジャック&ベテ   8月3日(土)〜

3 群 馬:シネマテークたかさき  8月3日(土)〜

4 埼 玉:川越スカラ座  8月10日〜8月16日

【北海道】

5 北海道:シアターキノ  8月24日(土)〜

【東北】

6 青 森:シネマディクト  近日

7 宮 城:フォーラム仙台  9月

【甲信越】

8 新 潟:シネウィンド  8月31日(土)〜

9 長野:佐久アムシネマ  9月21日(土)

【東海】

10 静 岡:シネマe-ra  10月26日(土)〜

11 愛 知:シネマテーク  近日

【北陸】

12 石 川:シネモンド  近日

13 福 井:コロナシネマワールド  近日

【関西】

14 京 都:京都シネマ  9月7日(土)〜

15 京 都:南会館  近日

16 大 阪:第七藝術劇場  9月14日(土)〜

17 兵 庫:元町映画館  近日

【中国・四国】

18 岡 山:シネマクレール丸の内  近日

19 広 島:シネマモード  近日

20 愛 媛:シネマルナティック  近日

【九州・沖縄】

21 福 岡:KBCシネマ  近日

22 福 岡:小倉コロナシネマワールド  近日

23 大 分:シネマ5  近日

24 熊 本:Denkikan  近日

25 鹿児島:ガーデンズシネマ  10月12日(土)〜

26 沖 縄:桜坂劇場  7月20日(土)〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 本会青年部台湾研修ツアーお申し込み【PC用 】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/jj7e92nevyjj

● 本会青年部台湾研修ツアーお申し込み【携帯用 】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/jj7e92nevyjj

● 映画「台湾アイデンティティー」全国共通「前売券」お申し込み【携帯用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/u1nyi0fpku01

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込み【PC用】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
  *現在、品切れとなっています。入荷は7月中旬を予定しています。

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込み【携帯用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

● 李登輝元総統推薦! 石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0149.reg

●「台湾フルーツビールお試しパック(3本セット)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/taiwanbeer-otamesi.html

●「台湾フルーツビール・台湾ビール(金牌・瓶)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

● 李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0142.reg

● 李登輝・中嶋嶺雄『THE WISDOM OF ASIA』(『アジアの知略』英語版)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0138.reg

● 林建良氏新著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』≪特別頒価≫ お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0136.reg

● 映画「台湾人生」DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0064.reg

● 映画『父の初七日』DVD(日本語字幕)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 『台湾歌壇』(第17集) お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 台湾産天然「カラスミ」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0135.reg

● ボリュームたっぷり「飲茶5袋セット」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン「日台共栄」

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 下津井よいとこ2013/08/02

    1 麻生副総理が言おうとしたことは、民主主義や大衆政治の内包する危険性を忘れてはならないと云うことです。

     

     世の中、大衆的な熱狂(往々にして、背後で操る黒幕がいる)により、政治があらぬ方向に導かれてしまいかねない危険性が、多かれ少なかれつきまとうことを忘れてはならないのです。



     政治に就いて考える時、この問題を常に念頭においている人もいますが、逆に、それに理解が及ばない人や、それどころか、例えば安保条約改訂の時に左翼学生が起こした騒動等を賞讃するような低次元の人もいます。



    2 唯、以前から時々、麻生副総理の発言には、もう少し表現を工夫したほうがよいのではと思われるところが見受けられます。

    今回も、講演の前に、真意がうまく伝わるよう、もう少し言い方を検討しておけばよかったのではないかと思います。

  • 名無しさん2013/08/01

    【台湾】日本情緒を味わえる駅を教えて(´・ω・`)http://pika2.livedoor.biz/archives/4540189.html