国際情勢

メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や、他では知りえない台湾情報などを、日本李登輝友の会の活動とともに配信するメールマガジン。

全て表示する >

【メルマガ日台共栄:第1880号】 【戸籍問題】 6月22日(土)、新宿駅・西口広場で街頭署名! ご協力者を募集!

2013/06/12

>>>>> http://www.ritouki.jp/ ━━━━━━━━━━━━━ 平成25(2013)年 6月12日】

    ☆★☆★ 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 ☆★☆★
            日台共栄のためにあなたの力を!!
<<INDEX>> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [Vol.1880]
1>>【戸籍問題】 6月22日(土)、新宿駅・西口広場で街頭署名! ご協力者を募集!
2>>【戸籍問題】 小田村四郎会長が谷垣禎一法務大臣に改正要望書と第7期署名を送達
3>> 住田良能・産経新聞前社長が逝去─故黄昭堂主席を偲ぶ会に馳せ参じたジャーナリスト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【ネット署名(第8期)】台湾出身者の戸籍を中国から台湾に改正しよう!!
  http://www.shomei.tv/project-2048.html
  *第7期・第8期ネット署名数:396人(6月12日現在)
  *第8期署名:2013年6月1日〜8月19日

● 許世楷大使講演・第8回台湾セミナー申し込み【締切:6月14日】
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0155.reg

● 2013年・黒葉ライチご案内【締切:6月15日】
  http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-lychee.html 

● 2013年・台湾アップルマンゴーご案内【締切:7月15日】
  http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-mango.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>>【戸籍問題】 6月22日(土)、新宿駅・西口広場で街頭署名! ご協力者を募集!

 戸籍問題解決のため、平成23年(2011年) 7月25日に開始した署名活動は、3ヵ月を1期と
して行ってきていて、6月1日から第8期に入りました。そこで、来る6月22(土)午後2時か
ら新宿駅西口広場において街頭署名を行います。

 署名活動にご協力いただける方を募集しています。ご協力いただける方は日本李登輝友
の会事務局までご連絡をお願いします。

◆日 時:6月22日(土)  午後2時〜4時 *雨天の場合は中止します。

◆場 所:新宿駅・西口

◆内 容:大型拡声器による呼びかけとアピールチラシ配布および街頭署名

◆当日連絡先:090-1269-3918(柚原)

◆主 催:日本李登輝友の会
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
 TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
 E-mail:info@ritouki.jp 
 ホームページ:http://www.ritouki.jp/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>>【戸籍問題】 小田村四郎会長が谷垣禎一法務大臣に改正要望書と第7期署名を送達

 第7期(2月26日〜5月31日)の署名活動を終え、本会の小田村四郎会長は一昨日(6月10
日)、谷垣禎一法務大臣にこの第7期の署名用紙とともに「台湾出身者の戸籍表記是正を求
める要望書」を送達しました。ここにその全文をご紹介します。

 ちなみに、これまでの署名総数は33,185名(第1期:15,604名、第2期:11,105名、第3
期:1,228名、第4期:1,296名、第5期:2,592名、第6期:570名、第7期:790名)となって
います。

 一刻も早く戸籍問題を解決するため、引き続き署名にご協力のほどよろしくお願いします。

-----------------------------------------------------------------------------------------
台湾出身者の戸籍表記是正を求める要望書

 私ども日本李登輝友の会は、文化交流を主とした日本と台湾の新しい関係を構築するこ
とを目的として活動している民間団体です。

 法務省はこれまで、台湾出身者が日本人と結婚したり帰化した場合、戸籍の国籍や出生
地を「中国」や「中国台湾省」と表記してきました。中国とは中華人民共和国のことであ
り、中国台湾省とは中華人民共和国の行政区を指します。即ち、台湾出身者を中国人とし
ているのが現在の戸籍制度です。

 戸籍において、台湾出身者の国籍を「中国」としたのは、昭和39(1964)年6月19日付で
出された法務省民事局長による「中華民国の国籍の表示を『中国』と記載することについ
て」という通達でした。これは政府も、大江康弘・参議院議員の「質問主意書」に対する
「答弁書」で明確に認めています。

 昭和39年といえば今から約50年も前、東京オリンピックが開催された年で、日本が中華
民国と国交を結んでいた時代です。しかしその後、日本は中華民国と断交して中国と国交
を結ぶなど、日本と台湾・中国の関係は大きく変わっています。

 そこで日本政府は平成17年9月から台湾観光客に対するビザ免除を恒久化し、平成19年9
月には自動車運転免許証の相互承認を行い、中国とは異なる対応を続けてきています。東
京都も平成20年5月、住民基本台帳の表記について、台湾からの転入・台湾への転出の際に
は「台湾」の表記を認めるという通知を出しています。

 さらに、昨年7月9日、外登証を廃止し在留カードを交付するに際しては「国籍・地域」
欄を設け、台湾出身者は「中国」ではなく「台湾」と明記しています。同時に実施された
外国人住民基本台帳でも、台湾出身者の「国籍・地域」は「台湾」と表記するようになり
ました。もちろん、台湾が官民挙げて歓迎していることは周知の通りです。

 ましてや台湾は、これまで一度たりとも中華人民共和国の統治を受けたことはなく、台
湾を中国領土とするのは、台湾侵略を正当化するための中国の政治宣伝以外のなにもので
もありません。事実、この戸籍表記は日本政府の見解にも合致しておらず、これを放置し
ておくことは中国の覇権主義的主張を受け入れているとみなされかねません。

 この現状を憂え、昨年10月、石川県議会と宮城県議会が相次いで法務省民事局長通達の
見直し措置を求める「意見書」を可決していることはご存じのとおりかと思います。

 ついては、法務大臣は戸籍の国籍欄および出生地欄を在留カードにならって「国籍・地
域」とし、台湾出身者は「中国」ではなく「台湾」と表記すべく、早急に民事局長通達を
出し直すよう強く要望します。併せて、ここに私どもの要望に賛同する署名(第7期)790
名分を呈します。

 ご承知のように、賛同署名は一昨年11月の第1期分(15,604名)以来、本年2月の第6期ま
で32,395名分の署名を要望書とともに送付しています。

 法務大臣におかれては、すでに在留カードや外国人住民基本台帳が実施された現在、そ
の整合性を図るためにも早急に民事局長通達を出し直し、台湾出身者は「台湾」と表記す
るよう強く要望します。

 平成25年6月10日

                      日本李登輝友の会 会長 小田村 四郎

法務大臣 谷 垣 禎 一 殿

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3>> 住田良能・産経新聞前社長が逝去─故黄昭堂主席を偲ぶ会に馳せ参じたジャーナリスト

 昨日、産経新聞前社長で台湾への理解が深かった住田良能(すみだ・ながよし)氏が亡
くなられた。

 住田氏は、昨年11月17日に台湾独立建国聯盟日本本部が主催した「故黄昭堂主席を偲ぶ
会─陳南天新主席を迎えて」に出席、来賓として挨拶していただいたことがある。

 このときも体調はあまり良くなかったようだ。出席の返事はいただいていたが、産経新
聞社秘書室からは当日の体調次第という返答だった。会場に見えた住田氏は杖をつき、台
北支局長をつとめた山本秀也氏が寄り添うように付き添っていた。何を措いても馳せ参じ
たという印象だった。

 中津川博郷・衆院議員(当時)に引き続き挨拶した住田氏は、病気のせいだろうか、少
ししゃがれた声で「一人のジャーナリストとしてお話しさせていただきます」と切り出
し、黄昭堂主席との交わりが1970年代はじめ、産経新聞と台湾との交流の中ではじまり育
まれたと振り返り、「お亡くなりになってポッカリと大きな穴が空いた。先生は人に対し
てある種の成熟しきった人間性を示され、巨体をゆすった笑顔が忘れられない。慈愛に満
ちた巨大な存在であったことが改めて偲ばれます」と述べ、黄昭堂主席を偲ばれた。

 住田氏が台北支局長をつとめた断交直後の台湾では、未だ蒋介石が「大陸反攻」を呪文
のように唱えていた。住田氏は『蒋介石秘録』をまとめ、その意味では日台関係の一時代
を象徴する新聞記者だった。

 しかし、その後の台湾は李登輝総統の出現で一変し、住田氏は台湾の行方が気になって
しょうがなかったようで、頻繁ともいえるほどに訪台していた。

 その新聞記者が台湾の独立建国に命を張って闘ってきた黄昭堂主席を偲ぶ会にはせ参じ
た。改めて黄昭堂主席の「慈愛に満ちた巨大な存在」に思いを馳せるとともに、故住田良
能氏のご逝去に謹んで哀悼の意を表するとともに、心からご冥福をお祈り申し上げます。

-----------------------------------------------------------------------------------------
産経新聞前社長、住田良能氏が死去
【産経新聞:2013年6月12日】
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130611/trd13061115070008-n1.htm

 産経新聞社前代表取締役社長で相談役の住田良能(すみだ・ながよし)氏が11日午前2時
57分、多発性骨髄腫のため東京都内の病院で死去した。68歳。

 通夜は14日午後6時、葬儀・告別式は15日午前11時、東京都港区南青山2の33の20、青山
葬儀所で。喪主は妻、幾枝(いくえ)さん。葬儀は住田家、産経新聞社の合同葬として執
り行われる。葬儀委員長は熊坂隆光・産経新聞社代表取締役社長。

 住田氏は慶応義塾大学を卒業後、昭和44年に産経新聞社に入社。台湾での「蒋介石秘
録」の執筆やワシントン特派員、外信部長を歴任するなど主に国際報道畑を歩んだ。平成
10年に常務取締役主筆・東京編集局長、12年に専務取締役主筆・大阪代表などを経て、16
年6月から23年6月まで代表取締役社長を務め、デジタル事業分野の拡充などに力を注いだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 李登輝元総統推薦! 石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0149.reg

●「台湾フルーツビールお試しパック(3本セット)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/taiwanbeer-otamesi.html

●「台湾フルーツビール・台湾ビール(金牌・瓶)」ご案内
http://www.ritouki.jp/news/distribution/2013-taiwanbeer.htm

● 李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0142.reg

● 李登輝・中嶋嶺雄『THE WISDOM OF ASIA』(『アジアの知略』英語版)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0138.reg

● 林建良氏新著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』≪特別頒価≫ お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0136.reg

● 映画「台湾人生」DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0064.reg

● 映画『父の初七日』DVD(日本語字幕)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0126.reg

● 盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0122.reg

● 李登輝元総統も激賞の映画『跳舞時代』DVDお申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0120.reg

● 『台湾歌壇』(第17集) お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0123.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』(第1号〜第12号)お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 台湾産天然「カラスミ」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0135.reg

● ボリュームたっぷり「飲茶5袋セット」お申し込み
http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg

-----------------------------------------------------------------------------------------
◆メールマガジン「日台共栄」

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先: 

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2011  Friends of Lee Teng-Hui Association in Japan

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-10-06  
最終発行日:  
発行周期:週3回以上刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。